ブログ

マーケティング部署必見!FACEBOOKでリーチ数を高める動画・映像シェアの効果

マーケティングにおいて欠かせない広告、宣伝はより目的やターゲットに合ったSNSを選択し、企業やサービスのブランディングを日頃から図る事は非常に重要です。
趣味やライフスタイルに合わせたブランディングを行うことで投資を募ったり、または会社の売上自体にも大きな影響を与えます。
しかしそのままSNS上で投稿しているだけではリーチ数を高めることは出来ません。
FACEBOOKでリーチ数を高める動画シェアをする、また仲間や同業者、スタッフとシェアをしていくことで大きな広告として利用することが出来る他FACEBOOK広告(有料)を利用すれば最大1500人までのリーチをFACEBOOKが自動で行ってくれます。

■Facebookで動画・映像広告を利用する大きなメリット

まず国内ユーザーの数が3000万人以上であり、コンテンツを自由に選択することが出来、テキスト、リンク、画像、動画、LIVEの形態から選択することが出来ます。
更に実名性があり、信用性も有ります。
FACEBOOKビジネスページを誰が運営しているのかも分かり、動画投稿も容量制限なく公開することが出来るのは大きな魅力です。 Twitter:リアルタイムで情報発信が可能でハッシュタグを利用すれば瞬時で拡散することが出来ます。
ユーザーは国内だけでも4500万人とFACEBOOK 同様かなりにユーザー登録数を誇ります。

○ここでなぜ動画・映像投稿がリーチ数が高いのか説明します

FACEBOOKはテキスト、リンク、画像、動画、LIVEの形態での投稿が可能ですが、この中でも最も目を引きやすいのが動画です

○テキスト

テキストは宣伝としては最適ですがテキストのみではユーザーに興味をわかせることは難しくスルーされがちです。
読んでももらえないことがあります。

○リンク

リンクはショッピングサイトへ購入を促す際には効果的ですが、FACEBOOKユーザーはその他のサイトへの移動を嫌う傾向があります。
そのまま掲示板のニュースを見ているのにその他のサイトに移動するのが面倒という方も少なくありません。
そのためリンクのみでは広告としてはあまり良い効果を得ることが出来ません。

○動画・映像やLIVE

動画やLIVEはFACEBOOK上でそのままクリックをするだけで観覧することが出来その他のサイトに移動する事なく、またテキストを読み返す必要もなく情報をSNSユーザーに完結に知らせることが出来ます。

○LIVE映像も同じく効果的ですがストリーミングに時間がかかる

そのためリーチ数を高め結果的に多くのネットユーザーにコマーシャルをすることが可能となりますLIVE映像も同じく効果的ですがストリーミングに時間がかかるケースもあるので動画コンテンツのほうがストレスなく広告配信をすることが可能でマーケティングに最適です。

■多くの企業がSNSに取り組んでいるように

SNSを利用することで低コストで広告掲載を行うことが出来ますがただファンを獲得すればよいというだけではなく販売促進をして、直接売上に貢献することが大切です。
リーチ数が上がれば興味を示している人が多く、リーチの種類はオーガニック、有料、口コミリーチと別れます。
オーガニックサーチは自信のページでの投稿になり有料ページはリンクされた広告を見たユーザーのリーチ数になります。

○クリック率が高い動画・映像コンテンツ

そのためここで活用したいのが動画コンテンツです、SNSのマーケティングにおいて最も使いやすいコンテンツでクリックされやすいのが最もな特徴と言えます。
FACEBOOKの管理ページでは各投稿のリーチ数をすべて確認することが可能となります。
ここではオーガニックリーチか有料リーチしか確認することは出来ませんが管理して数値を上げるためには動画コンテンツが一番有効的です。

○検索キーワードを意識したタイトルやディスクリプション

キーワード検索回数調査ツールを利用してターゲトに適したSEOも重要です。
SNSの上でも検索が可能で検索にヒットさせればさらなる需要を高めることが出来ます。
検索キーワードを意識したタイトルやディスクリプションで動画コンテンツのタイトル、説明を記載していればSNS上で検索した時に検索されやすくなります。
SNSでの検索においてもSEOを意識していれば投稿後も検索した人が簡単にコンテンツを見つけやすくなります。
検索した人に向けて有力な情報発信も必要です。
動画コンテンツを見た人が欲しくなるようなキャンペーンなどを同時に行うと集客がしやすくなったり、興味のある人が早速フォローしてくれることになります。

○GIF形式の動画・映像コンテンンツが利用勝手が良い

動画の形式はAVIやMP4等動画形式を選択できますが近年はGIF形式の動画コンテンンツも増えています。
理由としては軽量で、短時間に動画を繰り返すというプロモーションが可能というメリットがあります。
IT先進国アメリカは実はマーケティングのような人並み以上に機能を利用するなど経験がないと企業においても一流のマーケターとしては務まりません。

■SNSでもSEOが必要です

SNSは検索機能がついているのでSEOをする必要があります。
そのままだと説明を書いて投稿しているだけでは、SNSの検索をしても投稿は埋もれたままで結果表示されることはありません。
しっかり自分で工夫してSEOをしておけば目的にあった検索が可能となり購買者と売り手を結びつけることが出来るようになります。
動画コンテンツでも同じくtagをつけます。

○欲しい商品や求めているキーワード

投稿にキーワードをつけて投稿すれば、その他のユーザーが探しやすく十分なマーケティングに繋がります。
また欲しい商品や求めているサービスを紹介する際にもキーワードは必要です。
もしあなたがサービスや商品を販売しているならばそのカテゴリに当たるものをキーワードとして含めることが大切です。
スポーツ用品の販売ならば「スポーツ用品」とキーワードを説明に含めてから投稿をすることが大切です。FACEBOOKのユーザーが検索した時にあなたの投稿が表示されそのまま商品の購入ページにリンクを飛ばすことが可能です。

○GOOGLE等のオーガニックサーチエンジンにも検索が常に引っかかるように

GOOGLE等のオーガニックサーチエンジンで検索されるように自社サイトにもSEOを施しておきましょう。
基本的に自社サイトはSEOをしていなければ検索した時に上位表示されないために最終的に売上や利益を挙げることが出来ず、新たな顧客を掴むことは出来ません。
そのためSNSマーケティングをしながらSEOも抜かりなく行っておくことが大切です。
SEOは複合キーワードを意識して含ませておきましょう。基本的に自分が出来るような

■まとめ

FACEBOOKでリーチ数を高める動画シェアの効果は非常に高いです。
SNSマーケティングで最もクリック率が高いのが動画コンテンツシェアの効果になります。
テキストコンテンツや静止画コンテンツよりも動画コンテンツのほうが簡潔に商品やサービスのプロモーションが出来、FACEBOOKビジネスページからは投稿にリーチをした人の数を知ることが出来るため投稿ごとに確実にPRをしていくことが出来るのはSNSマーケティングを行う上でデータ分析として参考になり、近年のSNSはビジネスにおいても非常に有効なサービスと言えます。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>