ブログ

FACEBOOKやYOUTUBEを利用した動画マーケティング

SNSの利用は利用価値が高いのはその利用中のユーザーの数で一般のサラリーマン、社会人、学生、主婦まで日頃から利用しているサービスになります。
そのため利用者は国内でも月に約20万人以上が登録し利用しているサービスになります。
そのため国内登録者は7,732万人となり、SNSを毎日利用するユーザーにとっては常に利用しているサービスでは第三者の広告やサービスや商品を知る機会となり企業やビジネスを営む方にとっては非常に利用価値の高いサービスなのです。

■情報分散化が可能に

近年は利用者は情報を選ぶことが出来、SNSは情報元もしっかり知ることが出来ます。
更にFACEBOOKでは情報をシェアすることが出来る様になりシェアをすることでその他のユーザーの掲示板に商品やサービスの告知をすることが出来るようになります。
これは情報分散化をすることが出来るため、動画コンテンツで一度の投稿で1000人以上へのリーチ数を可能としています。
その利用価値は非常に高くスピーディな宣伝告知が可能です。

○商品やサービスに関連する情報のグループに参加

FACEBOOKでの宣伝、告知のやり方について一般的にFACEBOOK での宣伝、告知をするためにはグループ投稿をしていく、または商品やサービスに関連する情報のグループに参加する必要があります。
このことでグループへの広告や、商品のインフォメーションを掲載することが出来るようになり結果的にネットユーザーへ商品や、サービスの購買を進めることが出来るようになります。
このことから20回シェアをすればその分の宣伝効果は20倍になります。

■FACEBOOKビジネスページの利用について

FACEBOOKビジネスページのでは1ドルの広告費を支払うことで宣伝広告を行うことが出来るようにうなり、FACEBOOKの友人や友人まで広告を掲載することが出来るようになります。
更に宣伝をしたい地域を世界中から指定をすることが出来るようになり、このサービスを利用して世界的なPRなどが可能な店は大きいなメリットです個人で商品やサービスを販売している方でもこのシェア機能を利用すれば更に魅力的な利用が可能となり、動画コンテンツは定めたターゲットに向けて情報を発信することが出来るようになります。

○FACEBOOKビジネスページを利用することで、検索している人を探すことが可能

FACEBOOKビジネスページを利用することで検索されているかどうかを確認することが出来ビジネスとしては非常に有意義な利用価値を誇っています。
もしあなたのサービスや商品を検索している人が入ればFACEBOOK上でも検索している人がいることを知らせてくれたり、動画コンテンツの投稿でのリーチ数がどのくらいその他の投稿よりも高いのかをパーセンテージにして知らせてくれます。
そのためユーザーは投稿の注目度を確認することが出来、更には投稿でのクリック数を教えてくれるので投稿をしての結果も知ることが出来るのはビジネスにとってはメリットです。
まとめると

●検索している人が居るとお知らせ機能がついている

●投稿でのリーチ数がどのくらいその他の投稿よりも高いのかをパーセンテージとして確認できる

●最終的に投稿でどのくらいの人がクリックをしたのかがわかるようになっています。

○ではYOUTUBEマーケティングについて紹介します

YOUTUBEマーケティングは、動画が視聴された回数を確認でき、更にどこの地域出、どのくらいの年代のユーザーが視聴しているのかと細かいデータ分析が可能です。
ビジネスとして利用するならば、反響を確認するために最適なツールがすべて備わっているのがYOUTUBEです。
YOUTUBEマーケティングをする上での翁メリットはデータ分析です。
しっかりデータ分析をシていれば、どのような商品が人気で、反響があるのかを確認することが出来、更にはその商品やサービスの購入を促進することが出来るのも大きな魅力です。
外部リンクに自社サイトのリンクを挿入しておけば誰でも簡単にショッピングが出来るようになっています。

その他にもアフィリエイトも可能なので、様々な状況でアフィリエイトをして収入を得ることが出来るサービスも提供しています。
このようなことから多くの企業がSNSアカウントを所有していて、活用しながら情報発信をしています。
また、今後はSNS上での動画広告において企業が投資を検討するほどの魅力があると言えます。
企業はコミュニケーション予算に多くをソーシャル・メディアで利用するなど今後も商売においても非常に利用価値が高いことを想定出来ます。
SNSマーケティングにおいて大切なのはどのSNSを利用していくかFacebook、YOUTUBE、Twitter、instagram等すべてのアカウントを持っていれば、投稿をその他のSNSですれば反響は2倍、3倍に広がります。
どれだけ多くの人に宣伝をしていくかどうかが大切な鍵となるわけです。

■また目的や利用のメリットなども考慮して各システムを上手に利用していくことが望ましいです。

売上なども反映されるため販売促進のために利用する他にも商品のブランディングのためにまたブランドを形成するためにも利用価値は高いです。
イメージ戦力として利用している企業もあり、企業の活動や車内の状況、スタッフの働き方、商品製造の過程など活動自体を投稿することでブランド価値を形成し、企業のイメージアップに繋がるための目的にも利用することが可能です。

○法人団体や企業の活動においても利用者は増えています。

団体の活動をPRして募金を募るクラウドファウンディングというサービスが有ります。
これは寄付を募るためのサービスで活動自体への献金を可能としているサービスです。
こういった活動自体をFACEBOOKでPRしながら募金を募ることも可能なので、更にリンクを添付して活動をPRすることが出来るようになります。
募金活動や法人団体の活動などにおいても非常に使いやすく魅力的な機能が備わっています。

○コミュニティの時代だからこそ利用したいSNS

コミュニティの時代だからこそ多くの仲間と情報をシェアしながら多くの人に情報を拡散することが大切です。
コミュニティによって仲間や社員、スタッフと一丸になって情報を拡散することでより高いリーチ数を期待することが出来ます。
各種のビジネスの販売促進に繋がるわけです。

○FACEBOOKでシェアをして仲間同士で情報を拡散20人ならば20倍の情報拡散

こういった活動自体もすべてPRをすることが出来る様になっています。FACEBOOKでシェアをして仲間同士で情報を拡散することで3人ならば3倍、また20人ならば20倍の情報拡散が可能となり高い認知度を記録することが出来るようになります。
FACEBOOKでの利用価値はこのシェアと言えます。
動画コンテンツなどをシェアをした数が多ければそれだけ更に多くの人に拡散をすることが出来ることになり、多くの人に情報発信を一度ですることが出来るようになります。

■まとめ

SNS、FACEBOOKの利用者は一般のサラリーマン、社会人、学生、主婦まで利用しているサービスです。
ビジネスを営む方にとっては良い宣伝の機会となり非常に利用価値の高いサービスなのです。
情報分散化をするので多くの人へのリーチを可能としています。
その利用価値は非常に高く一度で多くのユーザーに情報を提供することが出来るようになります。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>