ブログ

よい動画制作会社の選び方

商品やサービスの売り上げを伸ばしたいと考える時や、会社の魅力を伝え、顧客や求人を増やしたいと考える時に、動画制作はとても有効な手段です。動画制作といっても、企業によって伝えたいことや表現方法は様々です。動画によって制作スタッフに必要なスキルや経験が異なります。しかし、無数にある制作会社の中からよい制作会社を見極めるのはとても難しいですよね。そこで今回は、よい動画制作会社の選び方をご紹介したいと思います。動画制作を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

■得意なジャンルで選ぶ

動画制作会社だからといってどんな動画制作も得意と考えるのは危険です。動画制作会社を選ぶ際に最も重要なことは、その会社が「どんなジャンルの動画制作を得意としているか」というところにあります。動画をよりよいものにしたいと考えるとき、撮影方法や撮影技術、CGや3Dアニメーションを使う技術などさまざまな技術が必要になります。また、できあがった映像の編集技術もとても大切ですよね。動画制作を依頼する際には、動画制作会社の技術力を確認することが重要です。

多くの動画制作会社がホームページを持っているかと思います。今では、インターネットで制作会社の情報を簡単に調べることができるようになりました。ホームページにはこれまでに制作した動画やサンプルが実績動画として紹介されていることが多くあります。あまりよいと思わない動画ばかりが紹介されている場合や、自分が作りたいイメージの動画とかけ離れている会社に依頼することはおすすめできません。

よくない動画というのは、単純に動画のクオリティーが低いということだけではありません。依頼者が考えるよい動画、よい動画と思えるセンスや感覚からかけ離れている場合にも依頼するのは避けた方がよいでしょう。動画制作においては、制作会社の担当者と依頼者が同じゴールを見据えて制作に取り掛かることが重要になります。商品やサービスの魅力を理解し、依頼者の狙いや本当に伝えたい思いが伝わる動画を制作しなくては、動画を作る意味がありません。よい動画と思える感覚がズレてしまっていると、その感覚を合わせる作業から取り組む事が必要になり、お互いに労力を使うことになってしまいます。

■制作実績がない会社に注意

先ほども述べたように、多くの制作会社がこれまでに制作した動画を紹介しています。制作した動画を見てもらうことで、会社の得意としているジャンルや編集技術をアピールすることができ、制作会社にとってもメリットがあるからです。それなのに、実績動画がひとつも紹介されていない場合には、紹介できる動画がないもしくは制作実績がないということが考えられます。そのため、例えホームページが素晴らしいものであっても、実績動画がない場合には依頼することはやめておいた方がよいでしょう。

しかし、制作会社によってはホームページ上での動画紹介はしておらず、依頼者からの要望があった場合にのみ見せてくれるケースもあります。中には、ホームページに力を入れていない制作会社もあり、ただ単に載せ忘れていたり後回しにしたりしている場合もあります。その場合には、動画DVDを郵送してくれるなどなんらかの方法で見せてもらうことができるでしょう。動画制作を依頼する前に実績動画を確認し「本当に依頼したい制作会社なのか」ということを再度確認することが大切です。

■ニーズに合っているか

制作会社に依頼する際には、依頼者のニーズに合っている制作会社を選びましょう。動画制作に自分が一番求めていることは何でしょうか。料金の安さ、高いけれど高品質、どこよりも早く仕上がる、などニーズによって選ぶべき制作会社が違ってくると思います。自分の求めている条件に合わせて会社を選ぶこともひとつのポイントになります。

■品質で選ぶ

人の心を惹きつける動画を作るためには、さまざまな要素が必要になります。クオリティーの高い動画を制作するには、演出やテロップ、BGMやナレーションなどをより効果的に組み合わせる技術が必要になります。依頼者が本当に伝えたい商品やサービスの魅力を伝え、さらに企業のイメージ作りをすることができる動画こそがクオリティーの高い動画といえます。

動画を制作することで伝えられるのは商品やサービスのよさだけでなく、企業のイメージを作ることもできるのです。逆に言えば、制作する動画によっては商品やサービスの良さをアピールできないどころか企業のイメージまで壊してしまう可能性があるのです。そのため、インパクトやイメージばかりを追求し、視聴者を置き去りにしてしまうような動画はとてもマイナスになってしまいます。せっかく動画を制作しても伝えたいことが伝わらない動画になってしまっては意味がありません。

クオリティーの高い動画を制作するためには、制作会社が得意とする編集方法ばかりをおすすめされていないことも大切です。企業のイメージしている動画や商品やサービスの魅力を、制作会社にきちんと理解してもらうことが重要になります。依頼者と制作会社の制作目的をひとつにし、よりクオリティーの高い動画を制作しましょう。

■企画力と提案力で選ぶ

動画制作が初めての方にとっては、動画の完成イメージがしっかりと抱けない場合が多いと思います。これまでに動画制作に携わったことのない方にとって、企画や構成、編集などの作業は非常に難しいですよね。イメージをしっかりと持ち、よい動画を制作するには動画制作会社の提案力がとても重要になってくるのです。依頼者とイメージを共有し、形にすることができる力こそ何よりも大切なことです。インパクトやイメージを押し出し過ぎて一番伝えたいことが伝わらないなんてことが起こらないよう、依頼者の意見がマイナスになってしまうような場合にはストップをかけてくれることも重要なポイントです。どんな層をターゲットにしている動画なのか、どんな目的で使う動画なのか、というところを理解し、提案してくれる制作会社を見つけましょう。

打ち合わせの際に、商品やサービスの魅力を伝えてもなかなか理解してもらえなかったり、完成イメージに大きなズレがあり何度もやり直しになってしまったりしては、費用も時間も無駄にしてしまいます。また、依頼者の言うことを全て受け入れたために、全てを盛り込んだ長い動画ができてしまい、視聴者に全て見てもらうことができないなんてこともあります。

しっかりと依頼者のイメージをくみ取り、丁寧なヒアリングをしてくれることが重要です。また、動画を制作することによってどのような効果を得ることができるのか、といったマーケティング面も考えて打ち合わせを進めてくれる制作会社こそよい制作会社といえるでしょう。

■工程に力を入れてもらえる

動画制作は撮影さえできれば、後は簡単なようなイメージがある方も少なくないと思います。しかし、動画制作をするには、企画構成、撮影、デザイン、編集、修正などのさまざまな工程が必要になります。この工程を簡単なものにすることで費用を削減することができますが、その分動画のクオリティーも下がってしまいます。事前にホームページなどで確認した実績動画が、実は予算よりもずっと高い費用で制作されているケースはとても多いのです。そのため、安さに惹かれて動画制作を依頼したら工程が適当でクオリティーの低い動画が出来上がってしまった、というトラブルは意外と多いのです。安いからといって工程に力を入れてくれない制作会社に依頼するのはおすすめできません。

また、完成した動画に修正が必要になる場合も多く、何度も修正の追加料金の支払いを請求されてしまうこともあります。提示された費用の中に、すべての工程が含まれているのか、工程にどの程度力を入れてもらえるのか、といったことを詳しく説明してもらうことが大切です。料金だけでなく内訳を確認し、どこまでやってもらうことができるのか、ということをしっかりと確認しましょう。

■編集者で選ぶ

これまでに制作した動画を見てみて、良いと思える動画があったらその動画を制作した編集者に依頼するのがとてもよい方法です。同じ制作会社であっても、編集者によって仕上がりは大きく違ってきます。よいと思って依頼したのに、思っていたものと少し違うものが出来上がってしまうことは少なくありません。これは、よいと思った動画と自分の動画の編集者が違うためにおこるのです。自分の求めるセンスのある動画を制作したいと考える場合には、編集者を指名することでよい動画を制作することができるでしょう。

経験が豊富な編集者は、これまでの経験から依頼者が何を求めているのかということを理解し、動画制作を進めてくれます。担当の編集者に自分のイメージしている動画を制作してもらうためには、イメージをしっかりと伝え理解してもらうことが何よりも重要になります。「視聴者に何を伝えたいのか」ということを編集者に伝える作業は、実は物凄く大変な作業でもあるのです。動画制作を依頼する際には制作担当者と直接会い、本当に任せることができるのか判断するのがよいでしょう。

また、打ち合わせでどんな動画にしたいのか、何を伝えたいのか、動画によってどんな効果を得たいのか、などをしっかりとヒアリングしてくれない編集者に依頼するのは危険です。特に、料金と納期だけを説明するような編集者は、流れ作業で動画制作をしている場合が多いのです。満足のいく仕上がりでなければ何度も手直しや作り直しをする必要があり、予算を大きくオーバーしてしまうことも少なくありません。動画制作の専門家として、的確なアドバイスをしてくれる編集者はとても信頼できる編集者といえます。

■アフターフォローがある

動画制作後のアフターフォローも制作会社選びの大切なポイントになります。動画に間違っているところがあった場合やミスがあった場合には、無料で修正してもらうことができなければ困ってしまいます。また、動画の反響によっては、仕上がった動画を手直ししたい、編集を変えたい、などの要望が出てくることもあります。そういった場合に、依頼者の要望にしっかりと応えてくれる制作会社がよいでしょう。制作後の要望にどの程度応えてもらうことができるのか、どのくらいの時間がかかるのか、といったことを確認しておきましょう。

さらに、動画をどのように利用すると効果的なのか、次に制作するとしたらどんな動画がよいのか、など制作後のアドバイスをしてくれる制作会社はとても依頼者思いであるといえます。

■見積もりをとる

動画制作会社を選ぶ際には、よさそうと思う制作会社複数から見積もりを取るのがよいでしょう。複数の制作会社から見積もりを取ることで、制作会社の特徴や実力、料金を比べることができます。複数の制作会社を比べるためには、できるだけ同じ条件で見積もりをとる必要があります。どんな動画を制作したいのかということを、ある程度イメージしておくことが大切です。「動画を制作することによって、どれ程の利益を生むことができるのか」ということを考えておきましょう。

制作の予算が大きく違ってしまえば、当然仕上がりにも大きな差が生まれてしまいます。予算によって制作スタッフはもちろん、機材や撮影方法、編集方法が変わります。また、依頼する動画のイメージが違うと、演出方法も大きく変更されることがあります。そのため、できる限り同じ条件で見積もりをとることが大切です。それぞれの会社を比較し、その会社がどんなジャンル、どんな動画制作を得意としているかをチェックしましょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? 動画制作会社の選び方についてご紹介させていただきました。

動画制作会社は無数にあり、どれも同じに見えてしまいがちです。よい制作会社を見極めることはとても難しいですよね。インターネットで検索したときに、上位にくる会社がよい会社という訳ではないのです。よい制作会社を選ぶためには、ある程度の知識が必要になります。どんな動画を作りどんな効果を得たいのか、ということをイメージし、それを実現してくれる制作会社なのかというところを判断することが大切です。この記事を参考にし、自分に合った制作会社を見つけてみましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>