ブログ

【2019年最新】インスタ動画広告とは?メリットや事例も解説!

インスタグラムは写真や動画を中心としたSNSで、若年層を中心に根強い人気があるSNSです。
趣味で写真や動画を掲載するだけではなく、流行のチェックにも役立つので情報収集にツールでも活用されています。その特徴を狙ってインスタグラムユーザーに向けて動画制作が打ち出す企業は多いです。

そんなインスタグラムに動画広告を配信するメリットとは何なのでしょうか?
今回はメリットや事例、動画広告の出稿方法などについてご紹介していくので、インスタグラムで動画広告を運用したい方は参考にしてみてください。

・インスタグラム動画広告とは?

インスタグラムは5大SNSの1つで、2019年3月時点の月間アクティブユーザー数は3,300万人存在します。
特に若い女性を中心に盛り上がりを見せる、写真・動画共有に特化したSNSです。
まずはインスタグラムで配信できる動画広告の特徴からご説明しましょう。

-インスタグラム動画広告の配信場所

インスタグラム動画広告が配信される場所は2ヶ所あるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

【ニュースフィード内】

ニュースフィードは自分がフォローしているインスタグラマーの投稿が表示されるタイムラインです。
動画広告は通常の投稿と同じように表示されるので、広告感が強く主張せずにユーザーの注目を集めてもらえます。
アプリを起動すると最初に見る場所でもあるので、動画広告が目に留まりやすいところも特徴的です。

動画広告にも「いいね」が可能なので、その数から動画広告の注目度を把握できます。
また、ツイッターやフェイスブックなどでシェアすれば、他のSNSを通じての拡散も可能です。

【ストーリーズ内】

ニュースフィードとは異なり、アプリ上部に表示されるストーリーズ機能にも動画広告を掲載できます。
ストーリーズは縦長のフルスクリーンで写真や動画を表示でき、24時間経過すると自動的に削除されるところが特徴的です。
削除される安心感から気軽に投稿できると人気があり、小まめにチェックしているユーザーは多いです。

動画広告の場合は設定された配信期間を経過するまで表示が消えることはありません。
表示も一般のストーリー投稿と同じように表示されるので、より自然にアプローチできます。

【カルーセル広告について】

インスタグラム広告の1つにカルーセル広告というものがあり、この方式で動画広告を配信することが可能です。
カルーセルとは、3~5枚の画像や動画を1つの広告に表示できるスタイルです。
1つの商品説明やメリットのアピール、カタログとしての利用などに活用できます。

カルーセル方式なら具体的にストーリーが伝えられ、また複数の潜在顧客へアピールすることも可能です。
ニュースフィードとストーリーズの両方を配信できます。

なお、インスタグラムの親会社であるフェイスブックはストーリーズに動画広告の配信をすることを推奨しています。
その理由は、ストーリーズだとスマホに広告が表示される割合が増え、より強く印象に残るためです。
ただ、ニュースフィードとストーリーズでは広告効果の特徴も少し変わるので、目的に合わせて最適な配信元を選ぶようにしましょう。

-インスタグラム動画広告の規定

インスタグラムへ動画広告を出稿には規定があるので、動画制作・映像制作は意識して行う必要があります。
配信する場所によって少し変わるので、インスタグラム動画広告の規定を確認していきましょう。

ニュースフィードとストーリーズのどちらも動画ファイルの推奨形式は「mp4」、「mov」、「gif」の3つです。
ファイルサイズは最大4GB、再生時間は60秒となっているので、この範囲で動画制作・映像制作を行いましょう。
動画フォーマットやアスペクト比、最小解像度は配信場所によって異なります。

どちらも横長(1.91:1)・縦長(4:5)、正方形(1:1)の動画フォーマットが使え、ストーリーズの場合は横長もしくは縦長のフルスクリーンも配信可能です。
縦長のフルスクリーンのアスペクト比は16:9、縦長は9:16となります。

解像度は最低でも横長動画は600×315p、フルスクリーンの場合は1067×600pは必要です。縦長動画は600×750p、フルスクリーンだと600×1067pとなります。
そして、正方形動画は600×600pです。

-動画広告の広告費目安と課金方式

インスタグラム動画広告を配信するためには広告費の支払いが求められます。
課金方法は複数あるので、広告費の目安や課金形態をチェックしていきましょう。

【動画広告費の目安】

インスタグラムの広告は元々フェイスブック広告をベースとしており、1日に使用可能の広告費の上限は任意で設定可能です。
1日の広告費予算は100円から設定できるので、最低料金の目安は100円です。
実際に出稿する際は運用計画に基づき、1日の予算または総額を設定しましょう。

【CPC課金】

CPC課金はクリック課金とも言い、動画広告がクリックされると広告費が発生する課金形態です。
主にWebサイトやアプリのダウンロードページなどに手引きしたい際に最適です。

【CPM課金】

インプレンション課金とも呼ばれており、一定の表示回数を達成した時点で課金が発生するタイプです。
インスタグラムの場合は、1000回動画広告が表示されると広告費が発生します。

クリックでは課金が発生しないので、何度クリックされても広告費が増える心配はありません。
しかし、インスタグラム内に広告が表示されれば課金条件となることを理解しておきましょう。
認知の拡大もしくはリーチに適しています。

【CPV課金】

CPV課金は動画広告のみ利用できる課金方法で、一定時間まで再生された時に広告費が発生します。
認知拡大を狙った動画広告での利用におすすめです。

インスタグラムの場合は10秒以上の視聴が条件です。
3秒以上10秒未満の動画の場合は、2秒以上の継続再生での課金設定が可能です。

【CPI課金】

CPI課金は、インスタグラム動画広告を介してアプリをインストールされた際に広告費が発生します。
インスタグラムはスマホのアプリを通じて見る人が多いので、アプリを紹介する広告と親和性が高いです。

・インスタグラム動画広告のメリット

インスタグラム動画広告の特徴をご紹介してきましたが、インスタグラムに動画広告を投稿することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?他のSNSやプラットフォームとは異なる、インスタグラム動画広告のメリットについてご紹介していきましょう。

-10代~20代ユーザー、女性ユーザーを中心にリーチできる

商品やサービスを売り出したい場合、その商品・サービスを活用すると予想される年代や性別をあらかじめターゲットとして設定した方が、効率的にアプローチを図ることができます。
SNSやプラットフォームはそれぞれ使用するユーザーの年代・性別の利用者割合が別れており、その割合を理解することで最適なリーチを掛けられるのです。

例えば、ツイッターであれば20~40代の比較的幅広い年代の男女に利用されています。
フェイスブックになると30~50代の利用者が多く10代の利用者が少ないため、若者向けの商品やサービスをリーチするのに適していません。

では、インスタグラムの場合、どの年代や性別で利用者割合が高いのでしょうか?
実は、他のSNSに比べて10代~20代の若者、特に女性ユーザーの利用者が多いことが分かっています。

なぜインスタグラムが若年層の女性に支持されているかと言うと、その理由は非常にシンプルで使いやすいこと、画像をフィルター加工させることでまるでアーティストのようなオシャレな写真を投稿できることなどが考えられます。
日常の他愛もないことから素敵な出来事まで、様々なことを写真に収めて投稿し、「いいね」をもらうことで承認欲求を満たしてくれるのです。

こうした理由から若年層の女性に支持されるインスタグラムなので、自社で取り扱う商品やサービスが若者・女性向けであればインスタグラム動画広告は非常に効果的なマーケティングになると言えるでしょう。
もしこれまでツイッターやフェイスブックでマーケティングを行ったが効果があまり見られなかったという場合は、インスタグラム動画広告を活用してみてください。

-詳細なターゲティングが可能

インスタグラムはフェイスブックと同じ広告ツールが使われています。
実は、2012年にインスタグラムはフェイスブックに買収され、現在もフェイスブック傘下にあるのです。

フェイスブック広告の魅力は詳細なターゲティングが行えるという点です。
年代や性別、住んでいる地域以外にも、ユーザー一人ひとりの興味や関心事から生活習慣、学歴、人脈などもターゲット設定することができます。
つまり、詳細なターゲティングが行えるため、効率良く狙ったターゲットに対してリーチを掛けられてミスマッチを減らせるのです。

インターネットを活用した広告媒体は、老若男女問わず利用していることから詳細なターゲティングは欠かせません。
インスタグラム動画広告はターゲティングにおいて大きなメリットを持っていると言えます。

-最大60秒間で幅広い表現ができる

インスタグラム動画広告の最大再生時間は60秒に設定されています。
60秒というと短いように感じられるかもしれませんが、テレビCMでも一般的な広告の長さは15秒か30秒なので、60秒は長い再生時間となります。

60秒という比較的長めの尺を使って色んな表現を取り入れることができます。
特にインスタグラム動画広告はセンシティブでオシャレな動画の方が拡散される確率も高くなるので、様々な表現方法を駆使しターゲットに受けやすい動画広告を制作しましょう。

-ビジネスアカウントをフォローする人が多い

パソコンやスマートフォンでネット上のサイトを閲覧する場合、広告に対してあまりよく思わない人は多く見られます。
例えば、スマートフォンでサイトを閲覧している時に、バナー広告をうっかりタップしてしまい、興味のない広告へ飛ばされて不快に思った人は多いのではないでしょうか?

ただ、近年はSNSで企業やブランドがSNSでビジネスアカウントを作成し、情報を提供するケースが増えてきています。
これはツイッターやフェイスブック、インスタグラムでそれぞれ言えることなのですが、情報収集にビジネスアカウントをフォローするユーザーは多いです。

インターネット上の広告に対して不快に感じる人が多い中、なぜ企業のビジネスアカウントにはフォロワーが付くのかと言うと、ユーザーが情報を取捨選択できる点が挙げられます。
様々な情報が錯綜するインターネットで、自分が知りたい情報だけを得たいという時にSNSのビジネスアカウントは非常に便利なのです。
特に、最近ではビジネスアカウントで広告だけでなくお得なクーポンを配布するケースも増えています。

つまり、インスタグラムならビジネスアカウントを作り、動画広告を定期的に配信することでフォロワー数を伸ばし、より情報の拡散につなげられるのです。
フォロワー数が増え、多くの方にアカウント情報を見てもらえれば、認知度のアップはもちろん商品の購買率にもつながるでしょう。

-クリエイティブな動画広告作りで拡散されやすくなる

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどそれぞれのSNSでは、投稿内容の雰囲気や拡散されやすい動画広告の内容にも違いが出てきます。
例えばツイッターの場合、真面目な広告よりも動画広告の内容に大きなインパクトがあるものや、面白い内容・ビックリするような内容だと拡散されやすいです。

インスタグラム動画広告の場合、面白さよりもクリエイティブやセンスを重視した動画広告を作った方が拡散される傾向にあります。
しかも、商品やサービスを全面に押し出した内容よりも、さりげない使用感でオシャレに演出した方が拡散されやすいのです。

ツイッターやフェイスブックで拡散されやすい動画広告の雰囲気が、自社の商品・サービスと合っていない、もっとセンシティブな動画広告を作ってブランディングも行っていきたいという場合は、インスタグラム動画広告を選んだ方が良いでしょう。

-海外に向けたマーケティングも行える

日本で海外に向けたマーケティングを行う場合、海外用のサイトを改めて制作しコンテンツを充実させていく必要があります。
しかし、インスタグラムなら海外用のアカウントを作ってしまえば後は海外の方に向けた投稿をしていくだけでマーケティングが行えます。

これはツイッターなどでも行うことは可能ですが、ハッシュタグを活用することでリーチできるユーザー特性を変えられるインスタグラムは海外に向けたマーケティングをしやすいという特徴を持っています。
また、インスタグラムは全世界で約8億人以上のアクティブユーザーが存在しているため、海外向けマーケティングのハードルはかなり低くなるでしょう。

-ハッシュタグを使って動画広告を多くのユーザーに拡散できる

インスタグラムの特徴の1つとして、ハッシュタグが挙げられます。
ハッシュタグとは「#」の後ろにキーワードを入れることで、投稿を検索しやすくする機能です。

ハッシュタグ検索で動画広告は表示されないものの、ハッシュタグを検索することで自社商品を利用した人の投稿や画像をまとめて閲覧できるので、商品・サービスの認知度向上や自社の他商品へのアプローチにも効果的です。
ハッシュタグを動画広告と共にうまく活用していけば、一気に認知度を拡大させていくことができるでしょう。

・インスタグラム動画広告の出稿方法

インスタグラムのアカウントから通常の投稿を行うのは非常に簡単ですが、動画広告を出稿するためにはいくつかの手順を踏まなくてはなりません。
効果的なインスタグラム動画広告を出稿するためにも、あらかじめ手順を把握しておきましょう。

-インスタグラム動画広告の出稿手順

インスタグラム動画広告を出稿するためには、フェイスブックの広告マネージャからアカウントの連携を図る必要があります。
まずはその作業から開始しましょう。

まずはフェイスブックとインスタグラムのアカウントを紐付けさせます。
それぞれでアカウントを作成しておき、インスタグラムのアプリを起動させてプロフィールページにある設定ボタンをタップしましょう。
設定項目の中にある「リンク済みアカウント」をタップすると、インスタグラムと連携可能なSNSが一覧になって出てきます。

連携可能なSNS一覧の中からフェイスブックを選択し、フェイスブックアカウントを使ってログインしましょう。
もう一度SNS一覧に移動しますが、フェイスブックを再びタップすると連携が完了します。

フェイスブックとインスタグラムが連携すると広告が利用できるだけでなく、インスタグラムで投稿したものをフェイスブックにもポストできるようになります。
非常に便利な機能なので、フェイスブックとインスタグラムのアカウントを作った時点で紐付けをしておきましょう。

アカウントの紐付けが完了したら次にFacebook Businessに移動して、「広告」から「配置」を選択し、「Instagram」へ進み「キャンペーンを作成」を押しましょう。
キャンペーンから広告の目的を選択するとマーケティングの目的を選ぶ場面に移動します。
「認知」「検討」「コンバージョン」それぞれの項目から適切なものを選択してください。

続いては、広告セットを作成していきます。
まずはターゲットです。
ターゲティングは「ターゲットを編集」をクリックすると細かなターゲット設定が行えます。

地域や年齢、性別、言語はもちろんですが、利用者層や趣味・関心、行動をさらに追加することでターゲットを絞ることが可能です。
また、自由にカスタムオーディションを設定することもできるので、明確なターゲティングを図るためにもターゲット編集は十分に行っていくことが大切です。

ターゲットの設定が完了したら「配置を編集」をクリックし、配置の編集に入ります。
基本的にフェイスブックでは自動で配置されるようになっているのですが、フェイスブックではなくインスタグラムだけで広告を配信したい場合は配置を編集しておきましょう。

最後に予算と掲載期間を設定しておきます。フェイスブック広告の課金方式に従い、予算は通算予算と1日予算から選ぶことができます。
掲載期間は「広告セットを今日から継続的に掲載する」か「開始日と終了日を設定」から選ぶことが可能です。

広告セットの設定が完了したら、実際の動画広告を作っていきましょう。
広告を作るにはまずアイデンティティからインスタグラムのアカウントを設定しておきます。

次に形式を決めますが、広告の形式は3種類から選択できます。
「カルーセル」と「1件の画像または動画」、「コレクション」から選択できますが、今回は動画広告を出稿したいので「1件の画像または動画」を選びましょう。

あとはテキスト部分を作成し、表示させたい動画の設定、見出しの作成、商品・サービスに関する概要、リンク先のURL、CTAボタンの文言を決めれば動画広告が完成します。
「公開する」を押せばインスタグラム動画広告が出稿されます。

-インスタグラム動画広告を出稿する際に気を付けたいポイント

インスタグラム動画広告を出稿する際にいくつか気を付けた方が良いポイントがあるので、あらかじめ把握しておきましょう。

【広告ポリシーは必ずチェックする】

上記の手順を踏まえてインスタグラム動画広告を作成し、出稿したとしても必ず配信されるわけではありません。
まずフェイスブック側で審査が行われ、禁止コンテンツなどが盛り込まれていないか確認できたらようやく配信されるようになります。
そのため、動画広告を制作する際には事前にフェイスブックの広告ポリシーを確認しておくようにしましょう。

【インスタグラムのコミュニティガイドラインも確認しておく】

フェイスブックの広告マネージャを使用しているためフェイスブックの広告ポリシーをチェックすることは当然のこととも言えますが、インスタグラム動画広告なのでインスタグラム側のガイドラインもチェックしておく必要があります。

インスタグラムのコミュニティガイドラインの一部をご紹介すると、例え芸術的であてもヌード画像を許可していないので動画広告の中にヌード要素が含まれていると配信されない可能性が高いです。
他にも様々な禁止事項があり、場合によっては動画広告が配信されないだけでなく、アカウントまで停止されてしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。

【動画内で使用するテキストは2割以内に抑える】

動画広告の内容でテキストの割合が多いと配信量は減ってしまうようになっています。
場合によっては配信されない可能性もあるので注意しなくてはなりません。

これは、フェイスブックの「テキストオーバーレイツール」という専用ツールを使用することでテキストと映像の割合を知ることができます。
テキストが多いかもしれないと不安を感じた方は、テキストオーバーレイツールを使って確認しましょう。

・インスタグラム動画広告で効果を出す方法

インスタグラム動画は、動画が親しまれている現代では身近な存在です。
企業がインスタグラム動画広告を取り入れるなら、どのような工夫をすればより高い効果が得られるか理解しておく必要があります。
では、インスタグラム動画広告で効果を出す補法にはどのようなものがあるのでしょうか?

-再生時間は目的に応じて変えよう

例えば、動画制作・映像制作をする時には自社の商品やサービス紹介など、必ず目的があります。
再生時間は、動画広告を制作する目的によって決めると良いでしょう。

単純に盛り込みたい情報をたくさん入れると、どうしても再生時間が長くなってしまいます。
再生時間が長くなれば、視聴者は最後まで見続けなければならず、途中で離脱してしまう可能性も出てくるでしょう。
視聴者に何を一番伝えたいのか考えて、動画制作・映像制作会社と相談しながら最適な再生時間にする必要があるのです。

動画広告として投稿できるのは60秒ですが、15秒以内にまとめるようにすれば宣伝効果が得られやすいです。
15秒と聞くと短いようにも感じられますが、広告として制作するならコンパクトにまとまっていた方が視聴しやすくなります。また、商品やサービスの訴求を入れるなら、冒頭がおすすめです。

-ニュースフィード・ストーリーズで動画サイズを変える

動画のサイズも制作の目的に応じてその都度変えることが望ましいですが、分かりやすいのはニュースフィードに投稿するのかストーリーズに投稿するのかで分けることです。
ニュースフィードでは、正方形が最も宣伝効果が高いと言われています。

横長や縦長のフォーマットよりも見栄えが良く、視聴しやすいという特徴があります。
正方形の方が商品・サービスはもちろん、企業と視聴者とのつながりを表すエンゲージメントを高める効果があるのです。

一方で、ストーリーズに動画広告を掲載する場合はフルスクリーンの動画サイズにすると良いでしょう。
ストーリーズは、躍動感のある動画をシェアできるとして注目されており、スマホ画面いっぱいに動画が流れることでインパクトを与え、訴求内容も伝えやすくなります。
ニュースフィード・ストーリーズのどちらに掲載するかによって、特性を最大限に活かせるサイズに変えることが大切です。

-音声がなくても伝わる内容にする

ユーザーがインスタグラムに投稿したり画像や動画を視聴したりする時には、自宅だけでなく外出先であることも多いでしょう。
特に電車やバスなどで移動中の場合は音を消した状態で動画を視聴する方もたくさんいます。
どんな場所にいても視聴しやすい内容にするためには、音声がなくても訴求内容が伝わるよう字幕を取り入れたり、ポイントだけを絞ってストーリーのような内容にしたりすると効果的です。

-ユーザーの心を掴む工夫

インスタグラムは、雑誌やメディアなどで「インスタ映え」という言葉が飛び交うようになったことで幅広い世代から注目を集めるようになりました。
インスタ映えは、可愛い・珍しい・オシャレ・試したいなどと思えるような視聴者の心を掴む特徴があります。

このインスタ映えのように、インスタグラムは独自の世界観や文化にマッチする内容にすることもポイントです。
インスタ映えの世界観に沿った動画広告にするなら、画質が美しく見栄えの良い内容にする必要があります。

・インスタグラム動画広告事例

実際に企業がインスタグラム動画制作・映像制作をした事例をいくつか紹介していきましょう。

-スキンケアブランド・エスケーツー

大手スキンケアブランドの1つであるエスケーツーは、女優の有村架純さんを起用しストーリーズ動画広告を制作・投稿しています。内容は「ジェノプティクスオーラエッセンス」の訴求です。

18歳~44歳の女性をターゲットにしていますが、若手女優を起用したことで若い世代へのブランド認知力を上げることに成功しました。
インスタグラムのストーリーズに広告を掲載したことで、動画再生数は増加し、6割超えのユーザーが最後まで視聴してくれたことが分かっています。

-トラベルジェイピー

国内で最大の旅行情報サイトのトラベルジェイピーは、利用する方のニーズに合った条件からリアルタイム検索できる便利なサービスを提供しています。
インスタグラムの動画広告は、そんなトラベルジェイピーが提供するモバイルアプリのインストールを伸ばす目的で制作されました。
動画の内容は、外出先や移動中でも利用しやすいモバイルアプリの特徴やメリットを分かりやすく伝えており、インストールを促す内容を最後に入れています。

-リクルートマーケティングパートナーズ・ゼクシィ

リクルートマーケティングパートナーズが提供する結婚情報サービスのゼクシィは、インスタグラム動画広告を配信しています。
目的はモバイルアプリのインストールを伸ばすことと、利用者や会員などのコンバージョン獲得です。動画は、花嫁が着たドレスをスライドショー形式で紹介する内容になっており、手書きの英字でドレスの説明をしつつ、アプリで詳しいドレスの情報を知ることができる内容も伝えています。

-花王

花王は、ヘアケアブランドである「PYUAN」のプロモーションとして18歳~29歳の若い世代の女性をターゲットにインスタグラム動画広告を制作し配信しました。
動画は、空想のキャラクター「赤毛のピュアン」の生活をスライドショー形式・ストーリー仕様で盛り込んだ内容になっています。
短時間でも印象に残りやすいよう、ストーリーズ広告を活用し訴求につなげています。

・まとめ

今回は、インスタグラムの動画広告の特徴やメリット・出稿方法やより効果を出す方法などを紹介してきました。
現代は、特に若い世代の動画注視時間が短くなっていると言われています。
また、テレビCMよりもスマホのSNSを通じて広告を視聴する方も増えてきているため、インスタグラム動画広告で得られる効果は非常に期待できます。

インスタグラムを活用すれば、企業のブランド認知度アップや販売促進につなげることも可能です。
インスタグラムは動画だけでなく画像の出稿もできますが、動画の方がユーザーの目に留まりやすく、ポイントを意識して制作すれば目的達成も叶いやすいでしょう。

自社で制作するのが難しい場合は、インスタグラム動画広告制作の実績がある制作会社に依頼すると効率的です。
インスタグラム動画広告で、商品・サービスの訴求につなげてみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>