ブログ

いわきでの動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

東北地方太平洋沖地震で大きな被害を受けた地域の1つでもあるいわきですが、現在はだいぶ復興し、観光客の数も徐々に増えています。
ご当地ヒーロー「いわき郷土戦士ジャンガ~」の活動も、復興のサポートになっているようです。

そんないわきには、徐々に復興し始めた観光スポットがあります。それらの場所は、いわきの復興に関する動画制作や映像制作に利用することができるのではないでしょうか。
それでは、いわきのおすすめロケ地をご紹介しましょう。

■スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズは、いわき市にある大型の温水プールや温泉、ゴルフを楽しむことができるスポットで、敷地内にはホテルもあります。
前身である常盤ハワイアンセンターができた当時、ハワイは日本人が行ってみたい外国No.1だったため、ハワイをテーマにしたレジャー施設を作ろうということで建設されました。

スパリゾートハワイアンズにある大露天風呂「江戸情話 与市」は、非常に人気が高く、プールも温泉も楽しむことができる贅沢な時間を過ごせるのはスパリゾートハワイアンズならではといえるのではないでしょうか。
映画の舞台にもなったことから、「ワイワイ・オハナ」や「アロハタウン」、「フラ・ミュージアム」などをオープンし、いわきでハワイを楽しむことができる場所が増えたこともあり、観光客は増加しています。

いわきの数ある観光スポットの中でもハワイを楽しめるスポットとして、旅番組などで取り上げるのが最適なスポットです。
ロケ地として使用する場合は、スパリゾートハワイアンズに連絡して制約の有無などを確認しましょう。

■ふくしま海洋科学館

ふくしま海洋科学館は、アクアマリンふくしまの愛称で親しまれています。
ふくしま海洋博物館では、水生生物の環境事業も行っています。そのため、館内にはタッチングプールや展示物などもあり、水生生物保全センターもあります。

ふくしま海洋科学館の愛称であるアクアマリンふくしまは、全国に公募した結果選定されたものです。
AquariumとMarine Museumの2つの言葉を合わせた造語であるアクアマリン、ドームの水槽がきらきらと輝く様子が宝石のアクアマリンを彷彿させること、航海を守る石でもあるアクアマリンが小名浜港の安全を守ってくれるように願う気持ちが込められています。

また、ふくしま海洋科学館は新潟市水族館マリンピア日本海と友好館提携契約を結んでいて、協力し合いながら情報交換などを行っています。
どちらかの年間パスポートを持っている人であれば、割引になるサービスも行っています。

ふくしま海洋科学館は、環境教育活動に力を入れている施設です。
そのため、子どもの環境教育に関する特集などを行う際に取り上げることができるのではないかと考えています。

その他にも、様々な参加体験コーナーを楽しむイベントなどもふくしま海洋科学館の魅力を伝えることができるのでおすすめです。
ふくしま海洋科学館で撮影を行う場合は、指定管理者である公益財団法人ふくしま海洋科学館に確認を取って、確認しましょう。

■四倉商店街

四倉商店街は、国道6号線から1本入った市街地にあります。
昭和の名残を感じる商店街があり、食堂やお菓子屋さん、鮨屋など古くから地域の人に愛されている店が立ち並んでいます。

夏祭りでは、四倉ねぶたが町内を練り歩き、地域のイベントとして親しまれています。
四倉ねぶたは、四倉ねぶたといわきおどりの夕べというお祭りの中で練り歩くのですが、練り歩くねぶただけではなく、「どんわっせ!」という掛け声と共に踊り歩く様子も見応えがあります。

いわきの夏を伝える映像を作成するのであれば、四倉ねぶたといわきおどりの夕べを撮影に行くのも良いのではないでしょうか。
いわきには、他にもたくさんのお祭りがありますが、まず夏の訪れを告げるこのお祭りを取り上げることで、より多くの人に魅力を感じてもらえるはずです。
撮影に関して知っておきたいことがあれば、いわき市総合観光案内所に問い合わせてみると良いでしょう。

■いわきの里 鬼ヶ城

いわきの里 鬼ヶ城は、鬼ヶ城山の裾野に広がっているレクリエーション施設です。
いわきの里 鬼ヶ城からは阿武隈山系の山々を一望することができ、レストランや宿泊施設も完備しています。
その他にも、イベント広場やキャンプ場、コテージ、ドッグランなどがあります。

いわきのレクリエーション施設を紹介するのであれば、いわきの里 鬼ヶ城でロケがオススメです。
キャンプ番組やドッグランでの楽しみ方など様々なロケが可能になる施設になっています。

また、大人から子どもまで楽しむことができるスポットでもあるので、家族向けの動画にも最適です。
いわきの里 鬼ヶ城で撮影を考えている場合は、ホームページに記載されている電話番号から問い合わせ、確認することができます。

■小川諏訪神社

小川諏訪神社は、神仏加護の事と諏訪大社に詣で御神霊の御分霊を祀るために、建立された神社です。
参道は高い木に囲まれていて、左手には竹林が広がっています。

また、拝殿の前には、樹齢約500年のエドヒガン桜が経っています。
エドヒガン桜はしだれ桜ですが、その美しさは見る者の心を奪ってしまうほどです。

春には、その桜がライトアップされ、とても幻想的な姿を見せてくれるので、満開になる時期にこそ足を運びたい場所です。
桜の時期に特集するにも良い場所と言えるでしょう。

小川諏訪神社は、いわき市有数のパワースポットとしても知られているので、パワースポットの特集番組で取り上げるのも良いのではないでしょうか。撮影に関する問い合わせは、直接小川諏訪神社に連絡をしましょう。

■四倉海岸

四倉海岸は、真っ白な砂浜が長く続く、開放感たっぷりな海岸です。
夏には、四倉海水浴場として多くの人で賑わいます。無料で使うことができるシャワーや更衣室が完備されているので、海水浴を楽しむ人に優しい海水浴場です。

また、四倉海岸はサーファーにも人気のスポットになっています。
波がそこまで荒くない海岸なので、サーフィン初心者でも楽しむことができるので、サーフィンでビューには最適な海岸と言えるでしょう。
夏の暑い時期にいわきで楽しむことができるスポットを取り上げる際のロケ地として最適な場所の1つとして、四倉海岸での撮影をしてみるのはいかがでしょうか。

■谷地温泉 石川屋

谷地温泉 石川屋は、三森渓谷から程近い雑木林の中にあります。
古くから、痔の湯や子授けの湯として親しまれてきた谷地温泉 石川屋は、長く滞在する湯治客も多くいます。

泉質は、クセがない無色透明です。入浴すると、体がツルツルになるという特徴があります。

浴槽に備え付けられている蛇口からは、鉱泉を好きなだけ足すことができるので、かけ流しの様なスタイルで入浴することも可能です。
ただし、その日によって浴槽の湯温が異なるため、鉱泉の入れ具合には気をつけなければいけません。

いわきの温泉を紹介する際に、昔ながらの鉱泉宿である谷地温泉 石川屋を取り上げるのも良いのではないでしょうか。
谷地温泉 石川屋は創業100年の老舗でもあるので、老舗宿の特集などで取り上げるのがぴったりです。

いわきは、震災で大きな被害を受けました。
しかし、復興に向けて前向きに動いているため、どんどんと復興に近づいています。
まだまだ全てが復興できているわけではありませんが、いわきで動画制作・映像制作を行う際には、今回紹介したスポットを参考にしてみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>