ブログ

紙媒体のマンガ広告を使用した動画制作事例

紙媒体のマンガ広告を使用した動画

ストーリーが完成された広告の為
そこに「ナレーション」「BGM」「動画演出」を加え
臨場感を与える事でサービスの魅力を訴求できます。

またテンポのよい演出でマンガサービスを利用すると
ビジネスが加速する印象を与えます。

重要なのは、Webサイトに訪問後、極わずかな時間で読むか読まないかを判断されてしまうということです。
その短い時間でいかにユーザの興味を惹きつけるかがポイントになります。

日本人は漫画に対して「漫画=楽しい、面白い、親しみがある」というイメージを持っている人が多いため、
漫画があることで「あっ、漫画がある」と興味を惹きつけやすくなります。

その後「とりあえず読んでみよう」と思ってもらうことができれば、直帰率改善にもつながります。

このようにWebサイトをパッと見た瞬間に、漫画は文字と比べて、圧倒的に目を惹きつけやすく、
かつ興味を持って読んでもらえる可能性が高くなります。

ご興味のある方は是非札幌の動画制作会社GJCへご相談ください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>