ブログ

「災害シミュレーション動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

地球には様々な災害が起こる可能性があり、いつどんな時に起こってもいいようにシミュレーションという形で備えておく必要があります。
また、大規模な自然災害が重なったことで、防災に対しての関心も高まっています。

学校でも防災に対する教育が本格的になった今、自治体や企業で積極的に災害シミュレーションの制作を行うところも増えていますが、実際にどのような内容に仕上げていくべきか迷うこともあるでしょう。
そこで今回は、災害シミュレーション動画に関する制作事例やコツなどをご紹介します。

・災害シミュレーション動画とは?

災害シミュレーション動画とは、地震や津波、台風や河川氾濫などの自然災害が身近に起こった場合、どのような行動で身を守るかが学べるシミュレーション動画のことです。
災害はいつ自分の身に起こるか予測することが難しく、実際の災害が起こった際にはどのような行動を取るべきなのか、分からない場合もあるでしょう。

しかし、災害の内容に合わせて適した対処方法や、今いる場所で起こる可能性の高い災害に備えることで適切な行動が取れるだけでなく、冷静で迅速な対応や行動にもつながっていきます。
災害に対して常に意識することは備えにもつながるため、災害シミュレーション動画は防災の知識を高めて自分自身を守るためにも重要です。

-災害シミュレーション動画の利用シーン

災害シミュレーション動画は災害時に命を守る行動が取れるか、どのような災害が起こる可能性があるかを映像で公開しています。
防災目的で活用されているため、学校や保育園などの教育の現場や自治体の防災訓練、企業の防災セミナーなどでも利用されています。

これまでは防災に関して、パンフレットや施設などで行う防災体験などで学ぶ機会もありました。
しかし、大震災と呼ばれる程大きな被害に連続して見舞われるようになったことで、より防災を身近に考える方が増えたのです。
そこで、今までの紙媒体では伝えきれない災害時の状態をよりリアルに伝える方法として災害シミュレーション動画が多くの場面で利用されるようになっていきました。

-災害シミュレーション動画の効果

災害シミュレーション動画では、災害時に起こる可能性のある内容を動画にすることで災害の備えに対して再度考え直す機会を与え、被害をできるだけ少なくするために何をするべきなのかを考えていきます。
地震や津波、台風や河川氾濫は単独で起こる場合もあれば、1つの災害が二次災害を引き起こす可能性もあり、想像を超える力で向かってくる場合もあります。

様々な想定から何をするべきなのかを考えるためにも、災害シミュレーション動画は多くの効果を得られると考えられます。
もちろん災害シミュレーション動画に含まれていない出来事が起こる可能性も否定できません。
しかし、災害時は多くの知識や備えによって被害を少なくできることを覚えておき、災害シミュレーション動画で学ぶことが役立ちます。

・「災害シミュレーション動画」の制作事例!

今回はいくつかの災害シミュレーション動画の制作事例をご紹介します。

-鎌倉市津波シミュレーション動画

鎌倉市津波シミュレーション動画は、大地震が起こった場合に大きな津波が押し寄せることを想定し、短時間で避難するための経路や避難場所の確認など、正しい知識を身に付けることを目的に制作された動画です。
市内4ヶ所をポイントにして具体的な非難イメージが出来るように、津波のメカニズムや到達時間などを解説しています。

実際に宮城県で起こった津波の映像を交えて、鎌倉に津波が来た場合の高さの予想から避難方法を解説しています。
また、地形から津波が到達する地域など3DCGを交えて紹介しており、リアリティのある動画に仕上がっています。

-白糠町防災シミュレーション動画

津波編

洪水編

北海道白糠町では町民が災害に備えるだけでなく、自ら命を守る行動が取れるように防災啓発動画として、災害シミュレーション動画を作成しています。
いつ起こるか分からない自然災害の怖さや身を守る方法を伝えていくために、津波編と洪水編、全編のパターンで動画を公開しています。

地形が分かりやすい地図に3DCGの映像を加えて、津波が起こるメカニズムや到達時間、到達場所をイメージ映像で作り上げました。
ドローンを使用した映像で全体図が分かるようになっています。

-和歌山県南海トラフ大地震の津波シミュレーション動画

サイトURL:

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/bousai/shinsui/trough/nk_cg.html

和歌山県では、南海トラフ大地震の津波シミュレーション動画を防災わかやまに掲載しています。
特定の市町村に限定し、津波の速度や範囲などを2Dと3Dに分けて公開されました。
津波の動きは建物の構造などによって変わると考えられ、浸水分布を参考にしています。

-ホームセンター ビバホーム

3DCG動画・アニメーション

ホームセンターのビバホームは、3Dアニメーション技術を使用して家具転倒防止ポールの動画を公開しています。
地震の際に家具の転倒により下敷きになる事例が多く、災害時の備えとして非常用の荷物以外にも家具の固定の重要さを伝えています。

・「災害シミュレーション動画」の制作のポイント

災害シミュレーション動画を制作するためのポイントは、どのような災害を想定しているかが大きなポイントです。
今までのデータやそれぞれの地方で発生が予想される災害についてシミュレーションされることがほとんどで、データがある場合は様々な条件に基づいた動画が制作されていきます。

陸上の詳細な地形データや海岸構造物、シミュレーションプログラムや航空写真、過去に起こった災害時の様子など、様々なデータを組み合わせてリアリティのある動画を制作することがポイントです。
これによって災害時に不安解消や命を守る行動につなげることができます。

3DCGを使用した災害シミュレーション動画の制作やよりリアリティな動画を希望する場合は、専門的な知識を持った業者への外注もおすすめです。

・GJCの「災害シミュレーション動画」制作フロー!

災害シミュレーション動画を外注したいなら、動画制作のGJCに依頼してみましょう。GJCのサービス内容や制作フローについてご紹介します。

-サービス内容

様々な動画をハイクオリティで、さらに低価格に仕上げるGJCではリアルな映像が特徴の3DCGを使用した動画制作を行っています。
料金や動画のジャンルをサンプルから選ぶこともできますが、災害シミュレーションなどの目的から選ぶことも可能です。

-制作フロー

動画制作を依頼する場合、ヒアリングや打ち合わせにて動画制作の依頼や目的、演出など細かい部分まで対面で打ち合わせしていきます。
ヒアリングは動画制作の結果を左右する部分となるため細かな情報まで共有し、これらの情報から幅広い知識を持った映像構成作家によって最適な企画の構成を提案します。

発注前に大まかな構成を決めていくため、イメージの相違もなくリスク回避も可能です。
発注前の確認だからこそ、安心感が得られるでしょう。
見積りや問題点がない時点で正式な契約となり、本格的な制作が始まります。

撮影が必要な場合は企画に合わせた場所で行い、映像確認後にチェックが行われます。
この時点でも要望によって変更可能なので納得いく映像に仕上げることができるでしょう。

-問い合わせ

災害シミュレーション動画に3DCGを活用して制作したい場合、こちらからお問い合わせください。DGや3DCG、アニメーションを使用した動画が、ハイクオリティな映像で表現できます。
実写で難しい部分も作成可能です。

3DCG動画・アニメーション

・まとめ

誰も予測できない災害に対して、災害シミュレーション動画という形で予測をすることで、災害に遭遇した場合に命を守る行動に移せます。
また、防災に関して関心が集まっている今こそ、災害に関しての知識を得るチャンスとなるでしょう。

住んでいる地域の特性や災害時に起こりうる可能性のある事態を知るためには、災害シミュレーション動画が大きな役割を果たします。
小さな子どもから高齢者まで理解しやすい動画は、専門の制作会社に外注することをおすすめします。

GJCなら災害シミュレーション動画に3DCGを使用したり、アニメーションでハイクオリティな映像に仕上げたりできるため、災害シミュレーション動画を納得のいく映像に仕上げることができます。
動画制作ならGJCで制作してみましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>