ブログ

「電子レンジ火災実験動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

現在ほとんどの家庭で使用されている電子レンジは、誤った使い方をすると火災などの事故やトラブルを引き起こす可能性もあります。
実際に、電子レンジによる過熱によって電子レンジ内で食品が燃えてしまったり、爆発したりするという例も見受けられます。

電子レンジを開発・販売している企業を始め、火災の防止を啓蒙している消防所や消防団などの自治体でも電子レンジ火災実験動画の需要は高まっています。
しかし、実際に電子レンジ火災実験動画を制作する場合、どのように制作すれば良いか分からない点もあるでしょう。
そこで今回は、電子レンジ火災実験動画の制作事例や制作のコツなどを合わせてご紹介していきます。

・「電子レンジ火災実験動画」とは?

電子レンジ火災実験動画とは、電子レンジを実際に使用して、食品を過剰に加熱した場合などに火災がどのように発生するかをシミュレーションした動画です。
冷凍食品のパッケージにはワット数による推奨加熱時間や包装紙ごと加熱しないなどの各説明、注意書きが記載されています。

あえて説明書きを無視して誤った加熱や過剰な加熱を行うとどのような現象が起こるのかといった内容の映像を流し、電子レンジの誤使用によって起こる火災を紹介する動画内容が多いです。
誤った使い方だとどのようなリスクに陥るのか動画を通して知ることができます。

-何を目的にした動画か

電子レンジ火災実験動画は、主に電子レンジの誤使用による事故(火災)を未然に防ぐことを目的として作られている動画です。
電子レンジの正しい使い方は、説明書に詳しく記載されています。
しかし、説明をきちんと読まない方や使い方をよく知らない子ども、お年寄りなどの誤使用による事故は時々起こります。

その際に、電子レンジ自体の不備や故障ではないのにメーカーや企業にクレームが来る場合もあるでしょう。
電子レンジ火災実験動画をあらかじめ企業のホームページに載せておくことで、事故やクレームといったリスク回避を行えます。

-利用シーン

電子レンジ火災実験動画は、主に家電の安全使用を普及させる目的の場所で利用される場合が多いです。
具体的には、電子レンジを含む家電販売企業の公式ホームページに掲載されたり、家電のセミナーなどで使用されたりしています。
また、その他にも、市民の火災への意識を高めるために各消防局や自治体によって制作・利用される場合などもあります。

-効果

電子レンジ火災実験動画が視聴者に与える効果は、家電の危険な使用法を広められることです。
家電開発企業は、電子レンジを始めとする家電を各家庭で正しく、安全に使ってほしいと考えています。

電子レンジ火災実験動画を購入者に視聴してもらうことで、家電を誤使用することで生まれるリスクと同時に安全な使用方法を普及できます。
実際の映像を用いることで、口頭や文章のみの説明よりも多くの正確な情報が観る人に伝わりやすく、記憶に残りやすくなるといった効果も期待できるでしょう。

・「電子レンジ火災実験動画」の制作事例!

それでは、実際の電子レンジ火災実験動画制作事例をご紹介していきます。

-札幌消防局消防科学研究所

札幌消防局消防科学研究所は、札幌市民の安全な暮らしを守ると共に、消防活動の安全性や効率性を向上させるために様々な研究や試験を行うことで、消防の科学化、近代化を推進しています。
活動の一環として、電子レンジ火災実験動画が制作されました。

-制作上でのこだわり

こちらの動画では、冷凍肉まんを加熱中の電子レンジの横に大きなデジタルタイマーを置くことで、時間の経過による変化が一目で分かりやすくなっています。
また、単に実験映像のみを流すのではなく、テロップを適宜加えて映像の状況を詳しく説明しています。

また、火災実験動画なので特に視聴者に注目してほしい場面は、肉まんから火がでる瞬間です。
そこでは「発火」という文字をそれまでの白字テロップから赤字のテロップに変更し、火災の原因になり得る火の発火現象を強調しています。

映像の後半では、過熱する前の肉まんと加熱後の黒こげになった肉まんの写真を並べることで、電子レンジの誤った使用によってどのような変化が生まれるのかを明示しています。

・「電子レンジ火災実験動画」の制作のポイント

電子レンジ火災実験動画を作る際のポイントをご説明していきます。
電子レンジ火災実験動画は、電子レンジの誤った使用(過熱など)による火災を防ぐための動画です。つまり、どのような使い方をすると火災が起きてしまうか、また安全に使うためにはどのように使うべきかといった点が観る人に伝わりやすくする工夫が必要です。

具体的には、映像のみでなくテロップによる説明も詳しく入れると、観ている人に注意すべき内容が伝わりやすくなります。
また、電子レンジはどの家庭のキッチンにも置いてあり誰でも簡単に使える家電なので、子どもやお年寄りにも正しい使い方が伝わるような映像にしなければなりません。
大きな文字のテロップやアニメーションなども合わせて使用すると、より多くの人にとって見やすく伝わりやすい動画になるでしょう。

・GJCの「電子レンジ火災実験動画」制作フロー!

電子レンジ火災実験を外注する際には、動画・映像制作が得意なGJCにお任せください。
ここからはGJCの動画制作フローについてご紹介していきます。

-サービス内容

3,000社以上の動画制作実績を持つGJCは、低価格かつ高品質な動画制作を行っています。
各主要都市にいる現地スタッフが打ち合わせから撮影まで広く綿密に対応します。
メール連絡も必ず24時間以内に返信し密なコミュニケーションを取っています。

大まかな動画テーマや目的が決まっていれば、後はプロライターが台本を作成し趣旨に合った動画を制作します。
完成した動画の修正も無料で対応しており、GJCが他の動画・映像制作会社と比較して好評をいただいている部分でもあります。

-制作フロー

まずはお気軽にフォームかお電話からご相談ください。
動画制作のご依頼が初めての方でも専門スタッフが丁寧に対応します。
動画制作に関するヒアリングや打ち合わせまで完全無料で行っています。
ヒアリングの内容から動画の企画・構成をご提案し、納得いただけたら正式発注となり、実際の動画制作を開始します。

動画完成後、納品前にお客様に映像チェックを行っていただき、修正も適宜加えます。
ご了承いただいた映像が納品となります。
GJCでは納品後のアフターフォローにも力を入れています。
簡易修正や動画について知りたいことなどがありましたら何でもお気軽にご相談ください。

-問い合わせ

電子レンジ火災実験動画の制作ならGJCへお問い合わせください。
GJCでは、3DやCG、アニメーションを取り入れた動画・映像制作の実績も豊富です。
電子レンジ火災実験動画を制作する際には、3Dやアニメーションを取り入れると子どもからお年寄りまで伝わりやすい動画に仕上がります。

https://gjc.me/case/3dcg/

・まとめ

普段の生活で身近な存在である電子レンジの事故を防ぎ正しい使い方を普及させるために、電子レンジ火災実験動画は役立ちます。
電子レンジによる火災事例を実際の映像で観ることによって、電子レンジだけでなく、その他の家電もきちんと説明書を読んで使おうという気持ちを多くの人に芽生えさせることができるでしょう。
また、火災は身近にきっかけが潜んでいるので注意しなくてはならないと改めて注意喚起ができます。

家電開発・販売企業や火災の啓蒙活動を行っている消防局などの各自治体で電子レンジ火災実験動画を利用したい場合は、プロの動画・映像制作会社への外注がおすすめです。
GJCでは電子レンジ火災実験にCG・アニメーション等の映像技術を取り入れ、納得のいくクオリティの動画制作ができます。
動画制作はGJCまで気軽にお問い合わせください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>