ブログ

「電動工具事故動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

切る・削る・穴を開けるなどの作業に用いられる電動工具は、最近のDIYの流行を受けて一般消費者向けに販売されています。
ホームセンターなどでは電動工具をレンタルしているところもあり、便利に使用できる一方で事故も多発しているのが現状です。

電動工具が身近になったことで、今まで使用したことがない人や高齢者が事故に遭遇する可能性が高く、事故を未然に防ぐための電動工具事故動画の需要が高まっています。
しかし、危険性をきちんと伝えるためにはどのような表現方法が適しているのか分からない部分もあるでしょう。

そこで今回は、需要の高まった電動工具事故動画の制作事例やコツについてご紹介していきます。
これから電動工具事故動画を作りたいと考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

・「電動工具事故動画」とは?

電動工具事故動画とは、どのような内容の動画なのでしょうか?電動工具事故動画の内容や効果、利用シーンについてご紹介します。

-何を目的にした動画か

電動工具とは、DIYなどものづくりに関する効率を高めてくれる工具であり、切る・削る・穴を開けるなどの作業によって使用する工具が異なります。
最も身近な工具として使用される電動ドライバーは、DIY作業でも多く用いられる基本的な電動工具です。

スイッチだけで先端が回転するため特別な技術も必要なく、簡単にビス止めやネジ絞めといった作業が誰でも行えるシンプルな工具です。
しかし誰もが簡単に使用できる一方で、初心者に限らず事故に巻き込まれるケースが多くなっていることも懸念されています。

書面において使用方法の注意は以前から明記されていましたが、慣れや間違った使用方法によって事故に遭遇する場合も少なからず存在しています。
そのため電動工具事故動画は、安全に工具を使用することを目的にしています。

-利用シーン

電動工具事故動画の利用シーンは、電動工具を使用する消費者を対象に利用されることが多いです。
また、電動工具を取り扱っているホームセンターなどの販売店でも警告動画として利用する場合があります。

Youtubeや国民生活センターなどでも、電動工具の正しい使い方を広めるために電動工具事故動画を流し、実際にどのような事故が起こっているのか、また事故によってどのような怪我が起こるのか警告しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

-効果

電動工具に限らず、利便性が高いものに関してはメリットだけが先走りしてしまいがちです。
しかし電動工具事故動画を流すことで正しい使用方法を認知してもらう機会が増えるだけでなく、取扱いに関しての注意点も伝えることができます。

事故動画ということで過激な部分はあると思いますが、どれだけ危険なのかを的確に伝えることができるため、事故抑制という意味でも動画の効果は高くなるでしょう。
文字では表わせない部分も動画なら視覚で説明できるため、さらに意識させやすくなります。
また、短時間で多くの情報を映像にすることで、文章より理解しやすくなるという効果も期待できます。

・「電動工具事故動画」の制作事例!

電動工具事故動画に関しては、ネット上に多くの動画がアップされています。
今回は独立行政法人 国民生活センターの動画をご紹介します。

-家庭用電動工具の使い方に注意!-指の切断や内臓損傷の事故も-

http://www.kokusen.go.jp/douga/20111208_1_news/n-20111208_1_high.html

独立行政法人 国民生活センターでは、家庭用電動工具に関しての使用方法の注意や、事故によって予測できる事態を言葉と動画で説明しています。
シーンを4つに分け、様々な条件によって起こる事故の様子を説明し、使用上の注意を紹介しています。

シーン1の動画では現象の内容と共にスロー再生された映像を流し、現象が起こる理由を分かりやすく説明している点が特徴です。
起こり得る現象が動画になっていることで、動きに関する仕組みも理解しやすくなります。

シーン2では、家庭用電動工具を使用する際に装着する手袋に関する注意を動画にして、巻き込まれる様子や危険性を警告しています。
これによって手袋をしているから安全ではなく、使い方次第で危険になることを伝えているのです。

シーン3では電動工具の使用によって起こるやけどの可能性、シーン4では間違った使用法を紹介しています。
正しく使用していても事故の可能性がないとは言い切れないことを伝えているのです。

このように、消費者に向けて家庭用電動工具の使い方や事故の例を分かりやすく紹介し、正しい使い方や注意すべきポイントを解説し普及に努めています。

・「電動工具事故動画」の制作のポイント

電動工具事故動画の制作に関して、どのようなポイントを重視するべきなのでしょうか?ここからは電動工具事故動画を制作する時のポイントをご紹介していきましょう。

-消費者に対するアドバイス

電動工具事故動画を提供する理由は、消費者に対して使用上のアドバイスをする意味もありますが、事故がないように使用してほしいという意味が強いです。
実際に電動工具に関しては、2006年~2011年までの約5年間で寄せられた相談件数が360件近くあり、中には危害情報も含まれています。

一般用に電動工具が普及していった一方で事故件数も増えています。
消費者に注意喚起や使用上のアドバイスをする意味でも電動工具事故動画の制作は重要なものだと考えられるでしょう。

-動画による効果を得られるような工夫

電動工具事故を説明書などの文章に入れた場合、言葉では伝わらない部分もあります。
しかし、動画で事故が起こる現象や仕組みに関して、より詳しい内容を映像で伝えることで理解しやすくなるでしょう。
動画で分かりにくい部分はアニメーションや3DCGなどを加えると、動画による効果をさらに得られます。

-短時間で伝わるようにする

使用方法において注意する点が多い場合、注意事項を読みながら作業するのは難しくなります。
短時間で要点のみを簡潔に伝えられる電動工具事故動画の制作では、過激な表現になってしまう部分もありますが注意すべき点は伝えやすくなるでしょう。

・GJCの「電動工具事故動画」制作フロー!

GJCでは、様々な動画制作や映像制作を行っています。
電動工具の注意喚起に使用される事故動画の制作も可能です。

-サービス内容

GJCは全国対応で動画制作・映像制作を行っています。
制作オペレーションを特化することで、動画や映像制作のコストを最小限に抑えることが可能です。
一定の効果が期待できる動画や映像を低コストで作成し、予算内で要望通りの電動工具事故動画を制作できます。

-制作フロー

どのような電動工具事故動画を制作したいのか、ヒアリングや打ち合わせで確認します。
ヒアリングの情報を元に企画や構成を提案し、意見の一致を目的として方向性を決めていきます。

動画制作に関しては、撮影が必要な場合は企画に合わせた場所を用意し、画像の加工やアニメーション、イラストなどの素材も取り入れることが可能です。
ナレーションに関しても制作段階で決めていき、お好みの内容に仕上げていきます。

編集に関しても撮影素材やエフェクトなどを加えて仕上げていき、安定したクオリティの電動工具事故動画が出来上がります。
完成後にもチェックがあり、最終的な修正も可能です。

-問い合わせ

個人的に電動工具事故動画を制作する場合、専門的な知識がなければ難しい部分が多いだけでなく、事故動画という危険な演出を行ったことで本当の事故に巻き込まれてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、専門的な内容を含めた電動工具事故動画を制作したい場合、個人で制作するよりも外注がおすすめです。
動画制作で実績のあるGJCであれば、3DCGやアニメーションなどを取り入れ、より分かりやすい動画制作が可能です。
一定の効果を得たい場合は、動画マーケティングにおいて知識のあるGJCまでご依頼ください。

https://gjc.me/case/3dcg/

・まとめ

DIYの普及によって身近な存在になった電動工具は、正しい使用方法であっても事故に巻き込まれてしまう可能性があります。
しかし、電動工具事故動画の制作によって危険な状況を知る機会となり、より安全に配慮した使用が可能でしょう。

電動工具の事故を減らすためには、正しい使用方法や危険性を動画で示すことをおすすめします。
GJCであればハイクオリティな動画制作が可能なのでお気軽にご相談ください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>