ブログ

「防災訓練動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

災害はいつ起こるか分かりません。地震や津波、雪崩などの自然災害に加えて、火事や海難事故、テロなどの人為的災害に巻き込まれる可能性があります。

防災訓練は災害に備えた訓練です。
災害が発生してもそれぞれが適切な行動が取れるように、事業所や学校など、様々な施設において実施されています。

そんな防災訓練を動画にすることで、様々なシーンに役立てることができます。
そこで今回は、防災訓練動画がどういった動画であるのか解説すると共に、防災訓練動画の制作事例や制作フローをご紹介していきます。防災訓練動画を制作するためのコツもご紹介していくので、防災訓練動画を作ろうと計画されている方はぜひ参考にしてみてください。

・「防災訓練動画」とは?

まずは、防災訓練動画についての詳細を解説していきましょう。

-何を目的にした動画か

防災訓練動画は、その名の通り防災訓練の様子を映像に収めたものです。
その目的としては災害が発生した際の動く流れを把握することが挙げられます。災害は突発的に発生するため、災害が起こった時に適切な対処ができない可能性があります。

防災訓練ではプログラム通りの配置につき、訓練を進めていきます。
しかし、訓練に参加できなかった人や訓練をしてから時間が経過した際には、防災訓練がどういった内容で行われていたのか分からない場合も多いです。
災害が発生しても的確に行動できるよう、災害発生時の行動の流れを知るためにも、防災訓練動画が制作されているのです。

また、企業や自治体においては防災訓練をきちんとしていることをアピールするための方法でもあります。
災害が発生しても最適な行動ができるよう、定期的に訓練をしていることを知ってもらうことで、利用者を安心させることができます。

-利用シーン

防災訓練動画が利用されるシーンは様々です。医療の現場においては、防災訓練動画を残しておくことで災害が発生した際に医師や看護師がどのように行動すれば良いのかを動画を通じて再確認できます。
定期的に動画を確認することで、災害が発生した時にも冷静に対処することができるでしょう。

また、病院の利用者や地域住民においては、医療機関が防災訓練をしっかりと実施していることが動画で理解できるので安心感を得やすいです。
その他にも、企業や学校で防災訓練動画を残しておくことで、防災訓練時の行動を振り返るために役立てることができます。

また、自治体においては防災訓練の必要性を広めるために防災訓練動画を活用することも可能です。
災害時でも的確に行動できるよう、訓練のやり方を紹介することで、企業や団体の防災訓練の参考となります。

-効果

防災訓練動画は、災害発生時の行動に役立つでしょう。
災害が発生した際の対処法を覚えることができ、災害が発生した際でも迅速に行動できます。

スムーズに避難することや的確な行動を取るためにも有効です。
防災訓練動画があることで、防災意識も高めることができ、自身が取るべき行動を見直すことにも役立ちます。

・「防災訓練動画」の制作事例!

防災訓練動画の制作事例をご紹介していきます。
制作する際の参考にもなるでしょう。

-首相官邸

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg19397.html

令和元年に行われた全閣僚が参加した総合防災訓練の動画が公開されています。
訓練を通じて災害発生時にどのような行動を取るべきか理解を深めることが重要だとし、動画を視聴することで災害に備えることに役立ちます。

-愛媛県

子どもに向けて地震や津波災害の知識をつけるだけではなく、災害発生時の的確な行動力や判断力を身に付けてもらうため、愛媛県では「みきゃんのぼうさい教室 ~じしんからいのちをまもろう~」という動画を制作しました。

キャラクターが先生となり、災害時のイメージ映像や対処法をイラストや映像を用いて解説しているため、分かりやすい内容となっています。
防災訓練の大切さを教えてくれる動画でもあるでしょう。

-明石市

明石市では、地域で行う防災訓練の参考になるよう、「地域における防災活動」のポイントを紹介するためホームページ上に動画を掲載しています。
DVDもあり、防災研修の際に利用することも可能です。

地震が発生した際の対処法や避難方法、避難所の開設方法のほか、実際に明石市で行われた総合防災訓練の様子も紹介されています。
企業や地域に役立つ防災訓練動画でしょう。

・「防災訓練動画」の制作ポイント

防災訓練動画の制作時のポイントをご紹介していきましょう。

-分かりやすさを重視する

どういった流れで防災訓練が行われてきたのか様々な人たちに知ってもらうためにも、防災訓練動画は分かりやすいことが重要です。
防災訓練に参加していない人でも的確に行動してもらうためには、ナレーションを入れて解説することや字幕を入れることがポイントになります。

-ターゲットの明確化

防災訓練は様々な世代の人が実施します。誰に観てもらうのか明確にすることで、より分かりやすさを意識した動画が制作できるでしょう。
例えば、子どもに向けて防災訓練の大切さを教えるため、もしくは防災訓練時の動きを把握してもらうには、ひらがなでの字幕やアニメーションの活用も有効です。

・GJCの「防災訓練動画」制作フロー!

GJCでは、様々な動画制作や映像制作を行っています。
防災訓練動画の制作も可能となっており、ハイクオリティで低価格な動画の制作を強みにしています。
サービス内容やせ策フローをご紹介していきましょう。

-サービス内容

GJCはこれまでに3000社以上もの企業や団体の動画・映像制作に携わってきた実績を誇り、高い満足度を得ています。
防災訓練動画では、多くの人たちに「伝わる」動画の制作が重要となります。
そのためにも、演出のプロが台本を作成しているので、効果的な動画を制作することができるのです。

全国の各主要都市に現地スタッフがいて、対面で打ち合わせから撮影まで対応しています。
電話やメールだけではなくスカイプも活用しているため、コミュニケーションを密にとりながら要望をお聞きすることができます。

無料で対応する修正や圧倒的な低価格が自慢で、高品質な動画制作はどの企業にも負けない自信があります。

-制作フロー

GJCでは、相談・ヒアリング・ご提案までを無料で行っています。
制作する動画のイメージが合い、費用にも問題がなければ正式発注となり、企画に合わせた具体的な映像制作に取り掛かります。

BGMやナレーション、テロップも加え、要望通りのイメージにぴったりな映像を作り上げていきます。
映像チェックでは、お客様にチェックしてもらい修正希望があれば無料で対応いたします。
アフターフォローにも万全な体制を整えているので、納品後に問題が発生した場合も対処させていただきます。

-問い合わせ

防災訓練動画の制作は訓練の様子を伝えるだけではなく、分かりやすいよう工夫することが重要です。
子どもでも理解できるように制作する場合には、アニメーションや3DCGを活用することも有効でしょう。

360度動画を活用することで、防災訓練の様子をより細かな部分まで確認することもできます。
災害意識を高めるためにも有効な防災訓練動画の制作を考えているのなら、お気軽にGJCまでご相談ください。

https://gjc.me/case/360vr/

・まとめ

地域の住民や企業内、子どもたちの安全を守るためにも、防災訓練動画は重要な役割を持ちます。
災害が発生した際でも、的確・迅速に行動できるよう対処するためには防災訓練を実施することが大切です。

防災訓練の様子を動画に収めていることで、いつでも見直すことができ、参加していない人にも災害発生時の行動を周知してもらうために役立ちます。プロならではの台本や編集によって、幅広い年代の人にアプローチできるような防災訓練動画の制作をGJCでは行っています。
動画や映像制作の外注を考えている場合にはお気軽にGJCまでお問い合わせください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>