ブログ

「食品安全動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

食品は人が口にするものなので、美味しさと同時に安全を意識して製造や調理がされています。安心して食品を食べられる理由は、食品安全が徹底されているためです。
しかし、時には衛生面や品質管理不足から食に関するトラブルが起きることもあります。

食品安全対策や食の安全性を伝える手段として、最近は動画が活用されるようになりました。
食品を扱う企業や店舗、工場に向けた内容だけではなく、一般家庭用の食品安全動画も制作されています。
ここでは食品安全動画の特徴や事例、動画・映像制作のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

・「食品安全動画」とは?

食品安全動画とは、具体的にどのような動画を指すのでしょうか?まずは食品安全動画の目的や利用シーン、効果について解説していきます。

-何を目的にした動画か

食品安全動画は、食の安全性について紹介している動画を指します。
内容は多岐にわたり、食品製造や調理において徹底したい衛生や品質管理、食品添加物の安全性、輸入食品の安全管理など色々な動画が制作されています。

制作の目的は、主に食品の安全性の証明や安心して食べるためのポイント・注意喚起です。
例えば、食品製造や飲食店であれば、加工・調理での衛生指導や品質管理の指導、一般家庭向けなら食中毒の対策法、安全に食べるための調理ポイントなどの内容で制作されています。

-利用シーン

食品安全動画が利用できるシーンは、目的によって大きく異なります。
企業や製造工場向けであれば、社内研修で活用することが可能です。
企業・一般人問わず、食に関するセミナーやイベント、食品関連の学校での講義などにも活用できるでしょう。

また、食品関連企業の場合、どういう安全管理対策を取っているか紹介する動画を制作すれば、企業のアピールにもなります。
工場見学や会社説明会などの活用に最適です。

食中毒の対策法や安全な調理法など一般向けの動画であれば、Webサイトや動画共有サイトで公開する手段が取れます。
SNSなどを併用すれば、拡散されて大勢の人に見てもらい、食の安全意識を高めてもらえる可能性があるでしょう。

-効果

食品安全動画は、どのように調理や管理を行えば安全なのか分かりやすく説明されています。テロップとナレーションだけではなく、実写やアニメーションという形で対策法などを具体的に伝えることができるからです。
人の言葉ではイメージしにくい内容も映像やアニメーションなら理解しやすくなります。

食品製造においては、従業員一人ひとりが共通の食品安全管理を意識し、取り組む必要があります。
話す人によって伝え方が異なるため、聞いた人も受け取り方が人によって変わってしまう恐れがあります。
しかし、動画は均等にメッセージを伝えられるので、共通認識の差異を生みにくい利点があるのです。

・「食品安全動画」の制作事例!

-厚生労働省

厚生労働省では食品安全情報を発信しています。
情報発信の手段の一つとして、一般家庭から企業向けに食品安全に関する動画を配信しています。

食中毒防止の手洗い方法を紹介した動画では、正しい手の洗い方以外にグラフで食中毒原因や患者数の割合、洗う時の注意点なども取り入れ分かりやすく解説されています。
根拠のあるデータなどを取り入れる構成にすることで、見た人が納得できる動画となっています。
手洗いのポイントを紹介するシーンでは右下に手のイラストを表示し、洗っている部分を光らせて主張する工夫もされていました。

・「食品安全動画」の制作のポイント

食品安全動画で大事なことは、根拠と分かりやすさです。
その対策や管理を行うことでどのような効果があるのか正確に伝えなければならないので、根拠のある情報や注意点・ポイントなどを取り入れると説得性のある動画に仕上がります。

同時に分かりやすい内容にすることも大事です。
何かを実演で説明する場合、一連の動作だけを流すだけの動画では、なかなかポイントを掴むことができません。
一つひとつ手順やポイントを取り上げ、丁寧に紹介できる内容が理想的です。

特に一般向けの食品安全動画の場合、難しい言葉や専門用語を多用すると内容が伝わりにくくなってしまいます。
専門用語や仕組みについても分かりやすく説明すると、一般の人にも理解しやすい動画となります。
誰が視聴するのか想定した上で、動画・映像制作を行っていきましょう。

・GJCの「食品安全動画」制作フロー!

GJCはこれまで3000社以上の動画・映像制作を行った実績があり、食品安全動画の制作経験もあります。
ここからは、GJCのサービス内容や制作フローについてご紹介しましょう。

-サービス内容

GJCはハイクオリティな動画を低価格で制作できる動画・映像制作会社です。
現地スタッフが全国にいるので、どこでも打ち合わせや撮影に対応できます。
また、編集を札幌に集中させ、グラフィックも内製するなど無駄なコストを出さない工夫をしているので、ハイクオリティでありながら予算に合わせた動画を提供できるのです。

GJCは60業種のノウハウを蓄積しているので、業界や目的に合わせた効果の高い動画・映像制作が行えます。
大まかなテーマは決まっていても、構成や演出などが決まっていないという方には、プロの作家が適した構成や台本を提供しているので安心です。

動画・映像制作ではクオリティによっては数ヶ月かかってしまうことがあります。
しかし、GJCは効率化を図っているので、通常は2週間から1ヶ月程で納品対応しています。
納品前の修正は基本無料で対応しているので、イメージに合わない動画が納品される心配もありません。

-制作フロー

食品安全動画を制作したい方は、まずはGJCへ相談してください。
始めに電話または対面での打ち合わせ・ヒアリングとなります。
対面を希望する際は事前にお伝えください。

ヒアリングでは動画・映像制作の目的や要望を伺い、その内容を基に作家が動画の企画や構成を提案します。
発注前の提案となるので、よく考えた上で発注が可能です。
費用や提案内容に納得してもらった上で、正式な発注となります。

発注後は企画通りの撮影やアニメーション制作、ナレーションにBGMの選択などを行います。
必要な素材が集まり次第、プロの編集スタッフが一本の動画にまとめ、エフェクトなどを加えてハイクオリティな動画へと仕上げます。
完成した動画は事前にチェックを行い、理想と違う点があれば修正が可能です。

大掛かりな修正となると別途料金が発生しますが、GJCは基本的に修正が無料対応なので気軽に相談してください。
修正も済んで納得のいく出来栄えとなったら、希望する形式で納品となります。特急も料金なしで対応可能です。

また、GJCはアフターフォローも大事だと考えています。
納品後も簡易的な修正に対応でき、他にも食品安全動画を有効に活用する方法などの情報も提供しています。

-問い合わせ

食品安全についてよく知ってもらうためには、分かりやすい動画に仕上げることが大事です。
個人でも作れますが、多くの人に関心を持たれ、また伝えたいメッセージがしっかり伝わる動画にしたいのであれば、プロに作ってもらうことをおすすめします。
GJCは食品安全動画の実績もあるので、動画・映像制作をしたい方はお気軽にお問い合わせください。

https://gjc.me/

・まとめ

食品安全動画は食品の安全性や衛生・管理などについて伝える動画です。
食品関連会社や製造工場での人材育成を始め、一般家庭用の注意喚起など色々な用途で使われています。
動画では、言葉や画像だけでは伝わりにくい内容も分かりやすく伝えることが可能なので、取り入れる企業や自治体が増えてきているのです。

食品安全動画を作りたいと考えている場合は、GJCへの外注を検討してみてください。
実績と制作経験の豊富さを武器に、予算や目的などそれぞれのニーズに適ったハイクオリティな動画を提供します。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>