ブログ

「暖房器具火災実験動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

寒い冬が訪れるとエアコンだけでは寒さを防げず、様々な暖房器具を使用しているという方は多いでしょう。
しかし、暖房器具を使用する時は正しい使い方を行わないと火災に発展する可能性があります。

暖房器具を使う冬は空気が乾燥しているため、夏に比べると火災が発生しやすい時期になります。
火災を発生させないためにも暖房器具の正しい取り扱いを普及していかなくてはなりません。

今後、正しい取り扱い方法の情報を普及していくためには「暖房器具火災実験動画」を制作し、分かりやすく伝えていった方が良いでしょう。
そこで今回は、暖房器具火災実験動画の参考になる制作事例から制作フロー、動画制作・映像制作を行う際のコツなどをご紹介していきます。

・「暖房器具火災実験動画」とは?

暖房器具の正しい取り扱いやリスクを知ってもらうために、暖房器具火災実験動画が活用できます。
まずは暖房器具火災実験動画がどのような動画なのか、利用できるシーンや効果まで解説していきましょう。

-何を目的にした動画か

暖房器具火災実験動画は、暖房器具によってどのように出火するのかを火災実験によって解説した動画です。
暖房器具は寒さを凌ぐために冬になると多くの家庭で活用されていますが、実は暖房器具が原因の火災事故は2013年から2017年までの5年間にNITE(製品評価技術基盤機構)へ連絡が行った事故情報は1,064件にも及んでおり、中には住宅の全焼や死亡事故にもなっています。

製造上何らかの不具合が出てしまうリコール製品によって火災事故が発生するケースもありますが、誤った使い方によって出火するケースが多いです。
特に70代以上の高齢者による死亡事故は全体の76件中54件と7割近い数字を示しています。

こういったことから、暖房器具の正しい使い方や住宅の全焼・死亡事故に発展するリスクがあることを広く認知させていく必要があるのです。
暖房器具火災実験動画は認知・普及を目的に作られる動画と言えます。

-利用シーン

暖房器具火災実験動画がよく利用されているシーンは、主に消防庁が運営する火災予防教室で利用されることが多いです。
火災予防教室では暖房器具に限定されているわけではないものの、住宅火災で起こり得る原因やどのようなリスクがあるのかを認知・普及を目的に解説していきます。
子どもから高齢者の方まで幅広く理解してもらうために、暖房器具火災実験動画を制作しています。

また、暖房器具火災実験動画ではありませんが、家電メーカーからも連動型住宅用火災報知器のメリットを伝えるために、火災実験映像が公開されています。
現在は見つかりませんが今後火災予防・防災グッズを紹介するためにメーカーから暖房器具火災実験動画が公開される可能性は十分に高いです。

-効果

暖房器具火災実験動画の効果は、何と言ってもリアリティと分かりやすさが両立できる点です。
文章や言葉だけで説明しても内容が全て伝わりませんし、結局は一人ひとり火災のリスクをイメージして理解することになるので、全員への認知や普及にはつながらない可能性があります。

実際に教室を開き、その中で火災実験を行うことも可能ですが、場所や安全面から火災実験を行えない場合もあります。
暖房器具火災実験をあらかじめ動画でまとめておけば、わざわざその場で火災実験を行わなくても暖房器具による火災のリスクを広めることはできるのです。

・「暖房器具火災実験動画」の制作事例

現在Youtubeでも多くの暖房器具火災実験動画が投稿されています。その中でも制作事例を1つご紹介しましょう。

-消防庁 『暖房器具火災の真実』-高齢者の生活実態を踏まえた火災検証実験-

消防庁では多くの火災実験動画を公開しており、日常生活に潜んでいる火災リスクを紹介しています。
こちらの動画は暖房器具火災の中でも、高齢者の生活実態を踏まえた実験を行い、どのような火災リスクがあるのか解説しているのです。

実験内容は一般的な暖房器具火災実験動画と同様に、日常生活に近い環境を作りその中で暖房器具を誤った使い方を紹介し、どれくらいで火災となるのか、どのような広まり方をするのかが分かるようになっています。
ただ、消防庁が制作した動画では専門家による解説があったり、高齢者の生活実態に内容を絞ったりすることで、より分かりやすい動画内容に仕上がっています。

・「暖房器具火災実験動画」の制作のポイント

これから暖房器具火災実験動画を制作したいと考えている場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

-目的やターゲットを明確にする

暖房器具火災実験動画だけでなく動画制作・映像制作全般に言えることですが、効果的な動画を制作するためには、「何のために暖房器具火災実験動画を制作するのか」という目的と「誰に向けて暖房器具火災実験動画を制作するのか」というターゲットを明確にしておきましょう。
目的やターゲットが明確でないと、制作が進むに連れて軸がぶれてしまい、結局何を伝えたいのかが分からない動画になってしまいます。

-動画の質を高める

暖房器具火災実験の様子を撮影して何も手を加えず火災予防教室などで活用したとしても、火災のリアリティを伝えることはできますが、それだけでは興味を引かれるような動画に仕上がったとは言えません。
例えばテロップや音楽などを入れた方が、分かりやすさにもつながります。

また、できればクリアで鮮明な映像の方がよりリアリティが増すため、カメラにもこだわってみましょう。
ただし動画を撮影する予算が決まっていて良いカメラを購入できないという場合は、動画制作のプロに撮影を依頼することを検討してみてください。

・GJCの「暖房器具火災実験動画」制作フロー

動画制作満足度96%、動画制作実績が3,000社以上にも及ぶGJCでは、暖房器具火災実験動画の制作依頼も可能です。

-サービス内容

GJCでは商品・サービスの映像広告や店舗紹介映像、テレビCM、3DCG・アニメーション、映像・スチール撮影など、各産業に向けた多種多様な動画・映像の制作に携わっています。
圧倒的な低価格を実現していますが、しっかりと高品質な動画・映像に仕上げます。

また、通常であれば2週間~1ヶ月は動画制作に時間がかかってしまうものの、GJCは作業を分担することで効率化させ、短期間での納品も可能にしています。
修正箇所があったとしても無料で修正対応を行うため、納得のいく暖房器具火災実験動画に仕上がるはずです。

-制作フロー

GJCで暖房器具火災実験動画を制作する場合、まずは公式ホームページの入力フォームまたはお電話からお問い合わせください。
その後、ヒアリングや対面打ち合わせを実施します。
ヒアリングではGJCオリジナルのヒアリングシートを活用し、目的やターゲットなどを明確にしていきます。

プロの映像構成作家によって動画構成が練られ、概算見積もりと一緒にご提示させていただきます。
見積もりのご提示までは無料で利用できます。
まずは相談だけしたいという方もお気軽にご相談ください。

正式に発注が決まったら撮影・編集を行い、問題がないか映像チェックを行ってから納品する流れになります。
GJCは納品後のアフターフォローにも対応しており、納品後の簡易修正なども承っております。

-問い合わせ

暖房器具火災実験動画はただ火災実験の映像を流すだけよりも、テロップやアニメーションなどが加わった方がより分かりやすい内容へと仕上げることができます。
特に、子どもや高齢者など幅広い年代に向けて内容を伝えやすい動画に仕上げたい場合は、3DCGやアニメーションの活用が便利です。

ぜひプロの撮影技術や3DCG・アニメーションを暖房器具火災実験動画に取り入れ、質を高めたい場合はGJCまでお気軽にご相談ください。

https://gjc.me/case/3dcg/

・まとめ

暖房器具火災実験動画は日常生活に潜むリスクを伝えるために活用されている動画です。
消防庁などでは既に映像が制作されていますが、暖房器具メーカーが正しい使い方を伝えるためや、火災報知器などの防災アイテムの魅力を伝えるためにも暖房器具火災実験動画は活用できるでしょう。

暖房器具火災実験動画を高いクオリティで制作し、普及・認知効果を高めたい場合にはこれまで数多くの動画制作・映像制作を行ってきたGJCにお任せください。
業界相場よりも安く、なおかつ見積もりまで無料でご利用いただけるので、動画制作にお困りの際はぜひお問い合わせください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>