ブログ

「防災アニメーション動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

災害は突然前触れもなく訪れます。
地震や津波、噴火、豪雪などの災害が起こった際に十分な準備をしていないと、大きな被害を受けることになってしまいます。

防災アニメーション動画では、防災のために必要な準備や心構えについて、アニメーションを用いた動画にすることで防災についての理解を深め、注意喚起する効果があります。
今回は、防災アニメーション動画に関する制作事例や制作フローをご紹介していきます。
これから防災アニメーション動画を作成したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

・「防災アニメーション動画」とは?

防災アニメーション動画とは、防災のために必要なものや準備しておくべきもの、災害の被害について、災害が起こった時に実際に取るべき行動などの内容をアニメーション映像によって紹介している動画です。

キャラクターが出てくる場合も多く、実際に災害が起こった時に取るべき行動がキャラクター達のアニメーションの動きによって表現されています。
防災アニメーション動画を観ることで、視聴者は災害時の適切な判断や行動について学ぶことができます。

-何を目的にした動画か

防災の際には、子どもから大人まで気を付けなければならないことや知っておきたいことが多くあります。
突然災害が起こった時に備えて、小さな子どもでも防災意識を持つことは重要です。
防災アニメーション動画では、主に小学校低学年などの子どもが見てもわかりやすいようにキャラクターをアニメーション映像で動かしながら防災について学ぶことができる内容になっています。

防災のために気を付けなければならないことは多いですが、全てを言葉で説明しても小さい子どもにとっては理解しにくいでしょう。
そんな時に防災アニメーション動画を見せれば、防災に関する多くの情報や災害の恐ろしさについての情報が、一度で分かりやすく伝わります。

-利用シーン

防災アニメーション動画は子ども向けに制作されるものが多いので、主に小中学校などで利用されるケースが多いです。
自治体が企画・制作する防災動画も多く、各自治体でも流れていることがあります。
各自治体の防災部ホームページやYoutubeの公式チャンネルでも公開されています。

-効果

地震や津波などを始めとする災害の恐ろしさや正しい知識を視聴者に伝えることができます。
また、アニメーションを映像に採用することで、小さい子どもたちにも災害時の的確な判断力や適切な避難行動を見に付けてもらえる効果が期待できるでしょう。

頭の中で災害時に取るべき行動が分かっているつもりでも、具体的にイメージできていない人も多いです。
防災アニメーション動画を観ると、映像内の登場人物の行動を参考にして自身の取るべき行動を再認識できます。

・「防災アニメーション動画」の制作事例!

それでは実際に、防災アニメーション動画の制作事例をご紹介していきます。

-東京都総合防災部

東京都総合防災部では、都民に向けて防災に関する理解を深めてもらい、災害に対する備えを万全にするための試みを行っています。
こちらの映像は、防災普及活動の一環として制作された防災アニメーション動画です。

「もしも今、東京に大地震が起きたら!?」というタイトルで、突然大地震が起こった時を想定して、災害時に都民が取るべき行動が簡潔にまとめられています。

-制作上でのこだわり

こちらの防災アニメーション動画では、動画に採用する色を黄色と黒の2色に統一することで、地震の危険性をより印象的に表現しています。
また、「防サイくん」というオリジナルのキャラクターをアニメーションで動かし、見ている人が親しみやすさを感じやすくなっています。

防サイくんが実際に行動している内容の説明を文字テロップで適宜表示しており、テロップもアニメーションで動かして視聴者の目に留まりやすくしています。
画面の下部には日本語テロップを英訳したテロップを表示して、日本人以外の人が観ても内容を理解しやすい工夫がなされています。

・「防災アニメーション動画」の制作のポイント

防災アニメーション動画の制作において意識したいポイントをご紹介しましょう。

-見やすさ・分かりやすさ

防災アニメーション動画のメリットは、防災に関心を持ちづらい小さな子どもでも楽しく気軽に防災について学ぶことができる点です。
子どもがターゲットの場合、何よりも見やすさや分かりやすさを重視しなければなりません。
アニメーションの動きやテロップの説明を簡潔にして、誰もが一目観て内容が分かる動画に仕上げることが重要です。

-親しみやすいキャラクターを採用する

防災動画にアニメーションを用いることの大きなメリットの1つは、堅苦しさを軽減して多くの人に関心の間口を広げられることです。
そこで防災アニメーション動画を制作する際には、視聴者にとって親しみやすさを感じる可愛らしいキャラクターを採用し、防災行動をさせるのが効果的な方法になります。

・GJCの「防災アニメーション動画」制作フロー!

防災アニメーション動画を外注したい方は、動画・映像制作を得意とするGJCにぜひご依頼ください。
GJCの動画制作フローをご紹介します。

-サービス内容

GJCはこれまで3,000社以上の動画制作実績を持ち、あらゆるジャンルの動画を高品質・低価格で制作しています。
豊富な動画カテゴリに自信を持っており、防災アニメーション動画においてもアニメーションだけでなく、3DやCGなど多くの技術を組み合わせることでクオリティの高い動画制作を実現しています。

電話やメール、スカイプなどを利用した素早いレスポンス体制を徹底しており、各主要都市にスタッフを置いているので、全国どこからの依頼であっても綿密な打ち合わせが可能です。

修正費用も無料で納期も早く、他社と比較しても圧倒的な低価格で高品質な映像・動画を提供しています。

-制作フロー

GJCでは、正式発注までの相談、ヒアリング、打ち合わせ、ご提案までを完全無料で受け付けています。
各種動画内容による製作費や概算の見積り、動画の要望などあらゆるご相談をお待ちしています。

ご希望があれば対面での打ち合わせも可能です。オリジナルのヒアリングシートや打ち合わせを行い、納得いただけたら正式発注の流れになります。

実際の制作では、撮影が必要な場合はロケや商品撮影から始めます。
ナレーションやBGMも数百曲のバリエーションから最も適したものをお選びいただけます。

映像完成後は納品前に映像チェックをしていただき、修正希望があれば無料で請け負います。
映像納品後のアフターフォローも充実しており、簡易修正や動画に関する活用情報も提供します。

-問い合わせ

防災アニメーション動画を制作する際には、アニメーション以外にも3DCGなどを活用するとより効果的に防災の呼びかけができます。
GJCはCGや3DCG、アニメーション等に特化した専門のスタッフが映像制作を行うので、質の高い映像に仕上げられます。

防災アニメーション動画の制作を希望している方は、ぜひお気軽にGJCまでお問い合わせください。

https://gjc.me/case/3dcg/

・まとめ

小さな子どもからお年寄りまで、幅広い範囲の人達に対して防災に関する知識を周知させるために、防災アニメーション動画は有効です。
防災アニメーション動画を観ることで、普段は地震や津波などの各災害に対して意識が低かった人でも、気軽に楽しく防災について学ぶことができます。

各自治体や学校などで防災アニメーション動画を制作・利用したいと考えている方は、より高品質な映像制作のためにも専門家に依頼するのが良いでしょう。
GJCでは同業会社からも外注を受ける程、高いコストパフォーマンスを誇る動画制作が可能です。
防災アニメーション動画制作の際には、ぜひGJCまでご依頼ください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>