ブログ

「安全啓蒙動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

人々が安心・安全に暮らしていくためには、一人ひとりが安全を意識していくことが大切です。
そういった一人ひとりの安全に対する意識を高める活動を、「安全啓蒙活動」と言います。

様々な分野で安全啓蒙活動が行われていますが、その中で動画を活用するシーンが増えてきています。
これから安全啓蒙活動を実施したいと考えている方の中には動画制作・映像制作を行いたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、安全啓蒙活動に活用できる「安全啓蒙動画」について詳しく解説していきましょう。
実際の制作事例や安全啓蒙動画を制作する際のフロー、効果的な動画を制作するためのコツもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

・「安全啓蒙動画」とは?

まずは安全啓蒙動画とは具体的にどういったものか、利用シーンや効果などについてもご紹介していきます。
その前に、皆さんは安全啓蒙がどういった意味かご存知でしょうか?

啓蒙が持つ意味は、「道理・知識を人に教え導く」になります。
つまり、詳しい人や専門家が正しい知識を広めるために行っている活動を啓蒙活動と指すのです。

啓蒙活動と似たような言葉で「啓発活動」というものがあります。啓発の意味は物事に対する考え方を教えて自分自身で気付けるように導いていくことを啓発と言います。
意味も似ていますが、知識を全て教えるのが啓蒙で、知識は教えつつ自分がどうすればいいのか気付かせるのが啓発です。

啓蒙は知識を教えてあげると捉えられやすく、中には上から目線だと感じる方もいるでしょう。
実際は上から目線という意味は持ち合わせていないものの、気になる方も少なからずいるので、公的な文書では啓発という言葉が使われがちです。

-何を目的にした動画か

安全啓蒙動画とは、安全に関する知識を広めていくために活用される動画です。
そのため、動画の内容は安全性を向上させるためにはどうすれば良いのか、より良い安全な生活を送るためにやるべきことなどを解説しているケースが多く見られます。

下記の「利用シーン」でも詳しくご紹介していきますが、様々な安全啓蒙活動の中で活用されているため、目的などはそれぞれの利用シーンごとに異なります。
ただ、共通して言えるのは「安全に関する知識を詰め込み、多くの人に知ってもらうことが目的」であるということです。
多くの人に見てもらうための動画になっているので、老若男女問わず見やすい動画制作・映像制作が行われています。

-利用シーン

安全啓蒙動画の利用シーンですが、例えば交通安全の啓蒙活動で使われることが多いです。
日々の暮らしの中で交通ルールを守ることは、自分の安全・他人の安全を守ることにつながります。
交通安全の啓蒙活動は一人ひとりの交通ルールに対する意識を高め、交通事故防止を図っているのです。

他にも、電化製品を安全に使用するための安全啓蒙動画なども作られています。
身近な電化製品としてスマートフォンを挙げてみます。
スマートフォンは私達の生活に欠かせないものであり、いつも持ち歩いているという人がほとんどです。

しかし、スマートフォンも電化製品であるため、何らかの原因で破損・故障してしまうと、発熱や発火、発煙などの症状が表れる可能性もあります。
特に突然ショートして火花が散り、他のものに引火すれば大惨事を招いてしまうことも考えられるでしょう。
このような危険性をできるだけ回避し、安全に使うために安全啓蒙動画が制作されているのです。

他にも振り込め詐欺を防ぐために高齢者向けの安全啓蒙動画が作られたり、企業が実施している安全啓蒙活動を撮影された動画もあったりします。
様々な安全啓蒙動画が作られ、人々が安全な生活を送れるように動画を通した啓蒙活動を行っているのです。

-効果

安全啓蒙をわざわざ動画にする理由は、正しい知識をよりたくさん知ってもらうためです。
イラストや画像、文章だけでは限られた情報しか伝えることができません。

しかし動画ではそれ以外にも音や動き、時間軸といった情報まで加わるので、より多くの情報を短時間で伝えることができるのです。
多少複雑でも動画なら理解できるというケースも珍しくありません。

また、人間にはミラーニューロンという神経細胞が存在しています。
ミラーニューロンは他人が行った行動を自分が行ったように認識し、その時の感情を脳内でシミュレーションできる細胞です。

例えば交通安全に関する安全啓蒙動画でリアリティのある事故現場のシミュレーション映像が流れた時、映像を見た時の感情がミラーニューロンによって脳内でシミュレーションされ、恐怖や不安、焦りなどを引き起こします。
まるで自分に起きたことのように感じ取れるため、一人ひとりの安全意識を高めることができるのです。

さらに、動画だと多くの人の目を引きつつ、脳に長期間記憶として定着しやすいと言われています。
これは既に研究でも明らかになっており、文章を読むだけでは10%しか定着していなかった記憶が、動画になると20%まで引き上がることが分かったのです。

体験は75%で記憶が定着するため、例えば安全啓蒙活動時に動画と体験を織り交ぜながら活動することで、参加した人の記憶にかなりの割合を定着させられることを意味しています。
安全啓蒙動画なら「啓蒙」が持つ意味通り、多くの正しい知識を普及させていけるでしょう。

・「安全啓蒙動画」の制作事例!

安全啓蒙動画についてご紹介してきましたが、実際の制作事例についてもご紹介していきます。

-MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)

MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)では、主にモバイルコンピューティングシステムの普及や各業界での事業化を促進させるため作られた法人団体です。
そんなMCPCではスマートフォンなどの利用者増加に基づき、利用者の安全を守るために安全啓蒙活動を実施しています。

正しいスマートフォンやモバイルバッテリーの使用を促すために、動画制作・映像制作が行われています。動画はスマートフォンを使う時に見られるような行為が多く、具体例として紹介しています。
一つひとつが非常に短い動画ではあるものの、イメージしやすいため注意しようという気持ちになりやすいでしょう。

また、もう一つ音楽に合わせてスマートフォンの形をしたキャラクターが踊りながら、充電する時に注意したいポイントを紹介する安全啓蒙動画も見られます。
スマートフォンを使用することが多いのは、やはり若い世代が多いです。
そんな若い世代に向けて覚えやすく、頭に残りやすいようにキャラクターや音楽を入れた安全啓蒙動画になっています。

・「安全啓蒙動画」の制作のポイント

適当に作ってしまうとメッセージが伝わりにくく、安全啓蒙としては効果が薄い動画になってしまうかもしれません。
その失敗を防ぐためにも、ここで動画・映像制作のポイントをご紹介しましょう。

-目的やメッセージの基本を明確化させる

動画・映像制作を行うために、そもそも誰に向けて、どのようなことを伝えたいのか目的・コンセプトを決める必要があります。
ここで決めていくのはターゲットと訴求したメッセージ、話し手(スピーカー)の3つです。

ターゲットとは、安全啓蒙動画を視聴してもらいたい人の人物像です。
伝えたい内容によって見てもらいたいターゲットは異なるので、動画・映像制作の目的をはっきりさせた上で設定してください。

同士に最終的に何を伝えたいのかメッセージも考えていきます。
ターゲットやメッセージが定まることで、ブレのない動画・映像制作を行うことが可能です。

そして、安全啓蒙動画にどのような話し手に登場してもらいたいか考えることも重要です。
例えば、業者目線なのか顧客目線なのかによって表現やストーリーは変わってきます。
動画・映像の構成をスムーズに考える上でも、スピーカーも決めておくと良いでしょう。

-動画の構成や予算を決定する

目的やメッセージなどの基本が固まったら、次にどんな動画・映像に仕上げるのか構成を考えていきます。
安全啓蒙動画は分かりやすく伝えなくてはならないため、話の流れは非常に重要です。
最終的に伝えたいメッセージに到着できるように、話の構成を考えていきましょう。

また、動画・映像制作には撮影から編集までに様々なコストが発生します。
自作か業者を利用するか、どこまで業者に任せるのかなどによって予算は大きく異なります。
また、映像のクオリティも高くなればなるほど費用は大きくなるでしょう。
制作会社はそれぞれ料金が異なるので、相場を把握した上で予算を確保してください。

-目的やメッセージを具体的に固めていく

構成や予算が固まってきたら、目的やメッセージをより具体的に固めていきましょう。
最初の段階は曖昧な点も少なくなかったはずです。
ある程度構成ができてくると、盛り込みたいメッセージやよりはっきりとしたターゲット像が見えてきます。
ターゲットと照らし合わせながら、訴求ポイントを掘り下げてクオリティの高い動画を考えていきましょう。

-「安全啓蒙動画」は表現やストーリーが重要

安全啓蒙動画は日常生活において意識したい内容が含まれています。
しかし、視聴者の興味や関心を誘えないと、上手くメッセージは伝わりません。

意識的に視聴してもらうためにも、「面白い」「気を付けないといけない」などの感情を引き出せる表現やストーリー、発想が重要となってきます。
ストーリーをしっかり練り、新しい発想と様々な表現を取り入れ、視聴者の印象に長く残る動画を考えていきましょう。

・GJCの「安全啓蒙動画」制作フロー!

安全啓蒙動画を外注するのであれば、動画・映像制作の実績が豊富なGJCにお任せください。
ここからはGJCのサービス内容や安全啓蒙動画の制作フローについてご紹介していきます。

-サービス内容

GJCは動画制作満足度96%を誇る動画・映像制作会社です。
2019年6月時点の制作実績は3000社を超えており、大手企業の動画・映像も多数手掛けています。

弊社の強みはハイクオリティなのに低価格、その上に高反応な動画を制作できることです。
全国各地に現地社員がいるので打ち合わせや撮影がスムーズで、編集を札幌で集中させることによりコスト軽減を図っています。そのため、低価格で動画・映像を提供できるのです。

また、動画・映像制作では各工程は専門スタッフが担当するので、ハイクオリティで好反応な動画に仕上がります。
安全啓蒙動画においても、しっかりメッセージを伝えられる動画に仕上げるのでお任せください。

- 制作フロー

GJCでは、ご相談から提案、お見積りまで無料で対応しています。
電話か対面でのヒアリングでは、動画・映像制作の目的や要望などを伺うので、お気軽に伝えてください。

初めのヒアリングは効果的な安全啓蒙動画を制作する上で重要な作業です。
伺った内容を基に専門知識を持つ作家が企画や構成を提案します。
正式な発注前での確認となるので、イメージに合わない、希望する動画じゃなかったというリスクを回避することが可能です。

正式な発注となったら、制作規約や発注書などの契約を締結させて、動画・映像制作のスタートです。
提案した企画や構成に基づき、撮影や画像・アニメーションの作成、ナレーション・BGMの選択を行います。
素材が揃ったらプロのスタッフが編集を行い、1つの動画に仕上げます。

グラフィックは内製なので、イメージ通りでありながら非常にスピーディーな動画・映像制作が可能です。
完成した動画は納品前にチェックを行い、必要に応じて修正対応します。基本的に修正は無料ですが、大掛かりな修正は別途費用がかかるのでご了承ください。

修正も完了したら、ご希望の形式で納品となります。
通常、納品まで早くて2週間、長くて1ヶ月の期間がかかるので、お急ぎの場合はあらかじめご相談ください。

- 問い合わせ

安全啓蒙動画は分かりやすく、内容が伝わる演出が求められます。
そのため、プロの作家に構成や台本を手掛けてもらうと効果の高い動画・映像制作を実現可能です。

動画・映像制作を考えている方はもちろん、予算や内容、納期の都合で他社に断られたという方もお気軽にGJCへ相談してみてください。
豊富な実績と制作経験から高クオリティな安全啓蒙動画を柔軟な対応力で提供します。

・まとめ

安全啓蒙活動は至るところで行われていますが、口頭の演説以外で伝える方法として動画が活用されています。
実写やアニメーションによるストーリー仕立てやテロップ・グラフィック表示により、子どもから大人まで理解でき、安全に対する意識を芽生えさせられる安全啓蒙が可能です。

安全啓蒙動画は講演会・イベントでの活用だけではなく、WebサイトやYouTubeなどの動画共有サイトなどで発信し、大勢の人に伝えることもできます。
クオリティが高く、効果のある安全啓蒙動画をつくりたいという方や動画・映像制作が始めてという方は、ぜひGJCへ相談してみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>