ブログ

動画制作事例

企業:株式会社ハウスコミュニケーション 様

用途:HP(求人用)



「創造します。未来の住まい。」

をキャッチフレーズにしている大阪と神戸の不動産販売会社からご連絡をいただきました。

「新卒募集にあたって動画を用いて効果的に伝えたい。
でも、どういう動画が効果的か分からない。」

これが最初に頂いたお問合せでした。

リクルート用の動画は各企業様の<色>を出すことが必要不可欠となります。
そこで、どういう社風なのか?どのような人材に入社して欲しいのか?をヒアリング。

すると、話すにつれて仕事に対しての思いや、全員で会社を形成していくんだという熱い想いが電話越しに伝わってきました。

どの様な動画にするかは明白でした。営業担当が口を開き一言。
「今お伝えして頂いたその思いを動画にしましょう。」

動画や映像と聞くとアニメーションやCG等を想像する方が多いかもしれませんが、
しかし、実写でありのままを伝えるという表現方法は直接感情に訴える事が出来ます。

こちらの動画を制作するにあたり、ハウスコミュニケーション様に協力して頂いたことは、普段の業務中の模様を撮らせて頂く事と少しのインタビュー。

この2つで<想い>を形にすることは可能なのです。

これはリクルートに限ったことではありません。
会社紹介はもちろんの事、製品やサービスの紹介なども
ありのままを撮影し繋げる事で感情に直接訴えかけるのです。

それは<演出をしない>という演出なのです。

実際に働いている方々の生の声は

「上場!」「関東進出!」と具体的な目標を語っていて、既存の仲間達に刺激を与え

自分たちの会社を成長させるのは自分たち一人ひとりであるという認識を持たせる、教育ビデオにもなりました。

さらに短く編集すればSNS広告にも使えるので、

求人動画を1つ作るつもりが3つの目的の動画を同時に作れてしまいました!!!

今回は動画1つから拡散して期待を超える効果で企業様にご協力できた事例をご紹介させていただきました。

「こんなこともできるんだ!」って驚きと発見をこれからも皆様にお伝えし続けていきます。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>