ブログ

石川県金沢市での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

加賀百万石の城下町である石川県金沢市は、京都の町並みに良く似ていることもあり、「加賀の小京都」とも呼ばれています。
金沢市で特に知名度が高いのは、日本三大名園の1つでもある兼六園、前田利家が金沢入城したことにちなんで始まった百万石まつりではないでしょうか。
また、駅や美術館は非常に近代的な造りになっているため、伝統的な建造物と近代的な建造物を楽しめるエリアでもあります。

今回は石川県金沢市で動画制作・映像制作を行うのであれば外すことができないスポットをご紹介します。
金沢市の魅力を引き出すことができる動画制作・映像制作ができるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

■兼六園

兼六園は、水戸の偕楽園や岡山の後楽園と共に、日本三大名園に数えられています。
金沢市といえば多くの人が兼六園を思い浮かべると思いますが、それほど定番のスポットになっているということなのです。
そんな兼六園は、廻遊式の庭園になっていて、色々な時代の庭園手法を活用して作られているため、非常に見応えもあります。

また、四季の変化によって様々な表情を見せてくれる庭園でもあります。
春は儚く美しい桜、夏は清々しい緑、秋は赤く色づく美しい紅葉、冬は雪景色と全く違う表情を見ることができるのです。
これらは、金沢市が変化にとんだ情景を見せてくれることを表しているため、金沢市の魅力を知るためには欠かすことができないスポットになっています。

そんな兼六園では、日本庭園ならではの魅力を伝えることができるだけではなく、金沢市の魅力を知ることができるでしょう。
そのため、石川県金沢市の観光スポットを紹介する動画制作・映像制作を行う場合は、ロケ地の1つに兼六園も選択することをおすすめします。

■金沢城公園

金沢城公園は、兼六園と同じように金沢市観光の定番スポットになっています。
金沢城公園には金沢城があり、兼六園と隣接していることから、観光客も足を運びやすいのではないでしょうか。
金沢城公園内の見どころは、旧第六旅団司令部や玉泉院丸庭園、本丸園地、湿生園、三十間長屋などです。

平成になってからは、復元工事が行われたことによって、今まで以上に風情のある雰囲気になりました。
そんな金沢城公園では、毎週金曜日・土曜日の日没から21時まで夜間開放が行われ、ライトアップされます。
その様子は、昼間とは違う幻想的な雰囲気で、金沢城公園の違った表情を見るチャンスです。

石川県金沢市には、様々な名所が存在していますが、金沢城公園は兼六園と同じように外すことができないスポットとなっています。
金沢市の観光地を紹介する動画制作・映像制作のロケ地に悩んでいる場合は、金沢城公園を忘れずにチョイスしてみてください。

■主計町茶屋街

主計町茶屋街は、昔ながらの街並みが続いていて、料亭や茶屋などが建ち並んでいます。
夕方には三味線の音が聞こえることもあり、非常に風情のある街並みと時間を堪能することができるエリアといえるでしょう。
金沢の和の文化を知るためには欠かすことができない場所の1つでもあります。

金沢市内にある茶屋街は、ひがし茶屋街やにし茶屋街など方角を示す名称がついていますが、主計町茶屋街は違います。
それには、主計町が花街になったのが明治に入ってからだったという理由があります。藩政期に「東の廓」と「西の廓」というように区分けされていましたが、明治時代にはそのような区分けがなかったことから、町名を呼ばれるようになったのです。

主計町茶屋街は、他の茶屋町よりも落ち着いています。そのため、幻想的で静かな雰囲気を楽しみたいという方には、主計町茶屋街と言えるでしょう。
石川県金沢市にある茶屋街は、それぞれ雰囲気が異なるので、その雰囲気を活かして動画制作・映像制作を行うと良いでしょう。

■ひがし茶屋街

ひがし茶屋街は、主計町茶屋街と同じように昔ながらの雰囲気を楽しむことができる茶屋街ですが、京都の祇園に並ぶ花街だと言われています。
木虫籠という美しい造りの出格子がある建物は現在では珍しく、石畳が当時の面影を残しています。
日が暮れる頃には、建物に明かりが灯り、昼間とは違う美しさを楽しむことができるので、幻想的な雰囲気の中でデートなども楽しめるでしょう。

2001年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれました。
それからは、「街並みの文化財」として保存する動きが見られています。
ひがし茶屋街にある志摩、懐華樓、お茶屋文化館では、茶屋の内部を見学することもできるため、興味がある方は足を運んでみると良いでしょう。

非常に魅力があるひがし茶屋街は、主計町茶屋街やにし茶屋街と共にロケを行うと良いでしょう。
石川県金沢市で今でも残っている美しい街並みは、多くの人の心に残るはずです。
そのため、動画制作・映像制作の際には、ひがし茶屋街の魅力も発信していくと良いでしょう。

■にし茶屋街

主計町茶屋街とひがし茶屋街を紹介したら、にし茶屋街を紹介しないわけにはいきません。
にし茶屋街は、他の茶屋街と比べて芸妓さんが多くなっています。
主計町茶屋街とひがし茶屋街と比べると小さい茶屋街ではありますが、魅力的なスポットはたくさんあるので、おすすめスポットと言えるでしょう。

そんなにし茶屋街には、金沢市西茶屋資料館があり、小説家の島田清次郎の歴史を知ることができます。
また、資料館の2階は伝統的で趣のある和室を再現しています。
真っ赤な壁と畳が非常に美しく、日本人ならではの美意識に刺激を受けることでしょう。
その他にも、オシャレなカフェやお菓子やさんなど見どころがたくさんあるエリアなので、にし茶屋街にもぜひ足を運んでみてください。

石川県金沢市にある茶屋街はどこも、昔にタイムスリップしたような気持になります。
にし茶屋街も他の茶屋街同様、昼と夜で全く違う表情を見せてくれる場所なので、主計町茶屋街とひがし茶屋街とともに動画制作・映像制作のロケ地に選ぶと良いでしょう。
茶屋街の文化や雰囲気を知ることで、金沢について知るきっかけにもなるはずです。

■卯辰山公園

卯辰山公園は、ひがし茶屋街からほど近い場所にある公園です。
園内にある卯辰山からは、金沢市内を一望することができるので、景色を楽しみたいと言う方には特におすすめの場所です。晴れている日は、日本海も見ることができます。

そんな卯辰山公園には、花菖蒲園や花木園、四百年の森、見晴らし台、望湖台、横空台、運動場、軽スポーツ広場、卯辰山健康交流センター千寿閣、卯辰山工芸工房、卯辰山相撲場などがあり、大人から子どもまで幅広い年代が楽しめるスポットです。
四季折々の美しい表情を見せてくれるだけではなく、パノラマな景観を楽しむことができる見晴らし台、日本海まで望める望湖台からは金沢市内の美しい夜景も見ることができるので、ロマンチックな雰囲気でデートを楽しめるでしょう。
そして、横空台からは立山連邦を望むことができるので、雄大な日の出の様子も撮影できます。

卯辰山公園は、スポーツなどのアクティビティーを楽しむことはもちろんできますが、美しい景色を堪能するために足を運ぶ人もいます。
石川県金沢市内で美しい景観を楽しめるスポットを紹介する動画や映像のロケ地、家族で体を動かしながら楽しむことができるスポットを紹介する動画や映像のロケ地を探している場合は、卯辰山公園を候補に入れておくと良いでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>