ブログ

千葉県柏市での動画・映像制作

千葉県の北西部に位置する柏市は、駅前には多くのデパートやグルメスポットが存在し、若者が多く集まる街として千葉県の中でも賑やかなイメージを持っているエリアです。
その一方で、自然溢れる公園や神社も多く点在し、動画撮影や映像制作のロケ地としては最適なエリアとも言えます。

今回はそんな柏市内の中でも特におすすめできる撮影ロケ地をご紹介していきましょう。
動画撮影を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

■こんぶくろ池自然博物公園

緑溢れる木々や草花だけではなく、美しい池を一緒に撮影したい場合には「こんぶくろ池自然博物公園」がおすすめです。
柏市の北部に広がる公園で東京ドーム4個分ほどの大きさとなっています。

暖かい地域でもある千葉県ですが、公園周辺は気温が低いので冷温帯の植物も多く生息しています。
そのため、関東エリアの中でも珍しい植物を撮影したい場合には向いていると言えるでしょう。
また、湿地林に生息している珍しい昆虫や可愛らしい野鳥にも出会える可能性があるので、植物と動物を同時に撮影することも可能です。

春には山桜が咲き誇り、夏には爽やかな木々の緑が広がり、秋には真っ赤に映えた紅葉を楽しむことができます。
冬には雪も降るので白く薄化粧をした木々も撮影できるでしょう。
季節によって違う表情を見せる公園となっているので、柏市の四季を感じられる動画撮影をしたいのであれば訪れてみてはいかがでしょうか?

■あけぼの山農業公園

花の名所として知られる美しい「あけぼの山農業公園」には、柏市のシンボルとも言われているオランダ型の風車も存在します。
美しく咲き誇る花々と風車は動画撮影にもピッタリと言えるでしょう。

あけぼの山農業公園は、訪れる季節によって咲く花に違いがあります。
2月中旬頃からは可愛らしい梅の花が咲き、春先には桜が咲くので多くの観光客で賑わいます。

4月中旬頃からは多くのチューリップや芝桜で公園内が埋め尽くされるので風車と一緒に撮影することで、美しい動画を撮影できるでしょう。
梅雨の季節には花菖蒲やアジサイ、スイレンなどが咲き誇ります。

7月中旬からは可愛らしいヒマワリが咲くので明るい雰囲気の動画撮影ができるのではないでしょうか?
秋にはコスモスやヒガンバナなど多くの種類の花々で公園が彩られるので、美しい花を中心に映像制作をしたい場合にはおすすめできるスポットとなっています。

■南増尾小鳥の森緑地

数々の野鳥を撮影したいのであれば「南増尾小鳥の森緑地」がおすすめです。
住宅街の一角にある広さ7,500㎡ほどの雑木林に作られた緑地で、オナガやメジロ、モズやツグミなどの柏市に生息している様々な野鳥を観察することができます。

森の中には観察塀もあり、じっくりと観察するには最適なスポットです。
また、緑地内は自由に入ることができ、野鳥だけではなく生息している木々や草花も撮影できるでしょう。

住宅街の中にあるのでアクセスも非常に便利です。
手軽に柏市の自然を動画撮影したい場合にはおすすめできるスポットとなっているので、利用してみてはいかがでしょうか?

■柏の葉T-SITE

2017年3月にオープンしたばかりの「柏の葉T-SITE」は、柏市ならではの都会適な雰囲気と美しい自然の両方を撮影できるスポットです。
柏の葉T-SITEは、柏の葉スマートシティ内にできた商業施設で、アパレルや雑貨、カフェやレストランなどのオシャレな施設だけではなく、家族で楽しめるトイショップなども出店しています。

可愛らしい外観で動画撮影には最適なほか、池や芝生のあるアクアテラスも存在しているので、美しい景色と一緒に近代的な建物を撮影したい場合にはおすすめできるスポットです。
オシャレな空間で若者にも人気のスポットとなっているので、若い世代の人たちにも興味を持ってもらえる映像を制作できるのではないでしょうか?
近代的で都会的な雰囲気の動画撮影を望んでいるのであれば、一度訪れてみましょう。

■柏の葉公園

「柏の葉公園」は、東京ドーム11個分もの広さを誇る柏市の中でも最大の公園で、毎年100万人以上の人が訪れ地域の人々にも愛されています。
そんな柏の葉公園には様々な施設が点在しています。

Jリーグ柏レイソルのホームスタジアムとして有名な柏の葉総合競技場のほか、公式公認野球場の県立柏の葉公園野球場、室内競技を行えるコミュニティ体育館や家族や知人とバーベキューを楽しめる中央広場内バーベキュー場も存在します。
動画撮影では、四季によって様々な花々が咲き美しい池のある回遊式の日本庭園の牧が原園や83種類約1600株ものバラが咲き誇るバラ園、ソメイヨシノやカンヒザクラ、オオシマザクラなどが約400本あり、開花時には多くの花見客でにぎわう桜の広場などがおすすめです。

そのほかにも、スワンボートのあるボート場や子どもに大人気の大型アスレチックがある冒険のトリデなど、様々な施設があります。
1つのスポットで違う印象の動画撮影ができることでしょう。

■廣幡八幡宮

通称、はちまんさまと呼ばれる「廣幡八幡宮」は、敷地6,000坪もある広い境内が特徴です。
子孫繁栄や子宝、安産にご利益があると言われ、毎年お宮参りや七五三、安産祈願など多くの人が訪れています。

そんな廣幡八幡宮は、動画撮影にも向いているスポットと言えます。鳥居をくぐると深い緑の木々が生い茂る長い参道があり、リフレッシュできる空間が広がっています。

1993年に造営された社殿は重厚感があり、日本の歴史を感じられます。
そのほかにも、石鳥居や境内社、御神木などもあり日本の落ち着いた空間を撮影したいときは向いていると言えるでしょう。

また、年間を通して様々な行事も行われています。
節分祭や春の大祭、夏越の大祓式や夏祭り神興渡御祭、宵宮まつりなどがあるので、賑わいを見せている廣幡八幡宮を撮影することも可能です。

■紅龍山東海寺

関東三大弁天の一つで「布施の弁天さま」として地域の人に親しまれている「紅龍山東海寺」は、約1200年もの歴史があります。
平成18年には本堂、楼門、鐘楼が千葉県の重要文化財に指定され見所の多いパワースポットとしても有名です。

本堂は享保2年に建てられたもので、彫刻や色彩に目を奪われる人も多いようです。
お釈迦様を祀るために造られた三重塔や長生きすることを祈願するぴんぴんころり地蔵、優しい眼差しに癒される布施観音像や大日如来を祀っている大日堂なども境内にあり、寺の裏側からは田んぼや利根川の土手、利根川に架かる新利根大橋などを眺めることができるので、柏市内の美しい自然を撮影することもできるでしょう。

■旧吉田家住宅歴史公園

柏市の歴史を学びたい場合に最適なスポット言えば「旧吉田家住宅歴史公園」です。
江戸時代に豪農・吉田家が建てた茅葺屋根のお屋敷で全長25m、幅5mにも及ぶ長屋門は圧巻です。
施設内には書院や蔵、庭園などが広がっており、オシャレなカフェもあるので休憩をすることも可能です。
ドリンクや軽食をいただくことができるだけではなく、吉田家が製造していた醤油にちなみ醤油を使ったカキ氷が頂けることでも有名です。

また、資料や建物によって歴史を伝えることができるだけではなく、庭園の美しさを撮影することも可能です。
春には桜が咲き誇り、歴史ある建物と一緒に撮影することで日本らしさが溢れる映像を残すことができるでしょう。
柏市内で歴史溢れる動画撮影をしたいのであれば、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>