ブログ

福岡県北九州市での動画・映像制作

福岡県北九州市には、歴史的な建造物や国の天然記念物に指定されているスポットまでたくさんの観光名所があり、動画制作・映像制作にもぴったりなロケーションが多く点在しています。
今回は、福岡県北九州市で撮影する際におすすめのスポットをご紹介していきましょう。
福岡県北九州市での動画制作・映像制作を行う際には、ぜひ参考にしてみてください。

■小倉城

福岡県北九州市小倉に位置している小倉城は、江戸時代に造られたお城で幕末に一度は焼失していますが、1959年に再建されています。
日本でも珍しい唐造りの天守を望める唯一の場所です。
唐造りとは、最上層が下の階層よりも張り出しているような造りをしており、日本でも小倉城でしか見ることのできない天守閣となっています。

小倉城は、春になると桜の名所としても有名で、多くの観光客だけでなく地元の人でも賑わっているスポットです。
美しい桜と小倉城の景観は、まさに絶景となっているので撮影に訪れる際には桜の見頃を狙っていくことをおすすめします。

また、小倉城に隣接している小倉城庭園も小倉城へ訪れたら足を運んでほしいスポットです。
侘び寂びを感じさせる庭園は、秋になると紅葉で色づき、庭園内にある書院造りの建物から綺麗に整備された庭園と赤く染まった紅葉を一望することができます。

庭園全体がしっかりと手入れされているおかげで、紅葉の美しさもより引き立てられて見えるでしょう。
書院造りの建物から小倉城の天守閣も見えるため、また違った雰囲気の小倉城を撮影できます。

さらに、小倉城周辺では夜になるとイルミネーションも点灯されており、小倉城から見える夜景も楽しめます。
イルミネーションが点灯される時期に、撮影に訪れてみるのもおすすめです。

四季折々で違う顔を見せてくれる小倉城は、撮影スポットとして絶好のポイントと言えるでしょう。
城内の撮影は許可が必要になる可能性が高いため、事前に問い合わせてから撮影するようにしてください。

■門司港駅

門司港駅は、駅として日本国内でも初の重要文化財に指定されたことで知られています。
創建は大正時代となっており、2012年から行われている保存修理作業も現在は佳境を迎え、歴史を感じさせる外観を撮影できるまでになりました。
保存修理作業中には見ることのできなかった門司港駅の姿は、大正ロマン溢れる景観となっており、見る人に感動を与えてくれるでしょう。

そんな門司港駅は木造2階建てのネオルネサンス様式と言われている駅舎となっており、歴史的価値も非常に高いと言われています。
駅の中で国の重要文化財として指定されたのは、この門司港駅と東京駅の2つのみとなっていて、どちらもレトロな雰囲気を撮影することができるスポットです。

日中に訪れて綺麗に修復された門司港駅を撮影しても良いですが、日が暮れて電気が点灯した門司港駅も撮影におすすめです。
電気が点灯して暗闇に浮かび上がる駅の姿は、とても幻想的でまるで別の時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれるでしょう。

また駅周辺は、レトロな雰囲気を感じさせる建物が随所に並んでいます。
撮影には、門司港駅からほど近くにある門司港レトロ展望室からの眺めがおすすめです。

門司港レトロ展望室からは門司港や駅などを一望でき、その夜景は絶景と言えるほどでしょう。
門司港駅での撮影時には、ぜひ門司港レトロ展望室まで足を運んでみてください。

■河内藤園

河内藤園は、世界的にも美しいことで有名な絶景スポットです。2015年にアメリカCNNで「日本の最も美しい場所31選」にも選定されたことも記憶に新しいのではないでしょうか。
藤が見せる美しい絶景は、最近ではSNSや口コミでも拡散され話題となっているスポットです。

河内藤園の最大の見どころは、入場後すぐにある藤のトンネルでしょう。色ごとに連なっている藤は、グラデーションのように彩られており、幻想的な空間となっています。

他では見ることのできない藤の美しい景観を満喫できる藤のトンネルは2本あるため、どちらからでも同じように美しい絶景を撮影できます。
トンネル内には様々な種類の藤を楽しむことができるので、トンネルの入り口付近でトンネル全体の景観を撮影してから、それぞれ咲き誇る美しい藤を一つひとつゆっくりと撮影してみてはいかがでしょうか。

トンネルの先にはドーム状の藤棚もあり、そこでは360度たっぷりと藤の景色が堪能できるでしょう。
また、藤のトンネル同様見ごたえ抜群となっている大藤棚もおすすめです。

大藤棚は、まるで空から藤が降ってくるような感覚になってしまうほどの藤で覆いつくされており、その景色はまさに圧巻の一言でしょう。
満開時には目の前まで藤の房が垂れ下がるため、背の高い方であれば藤をかき分けなければ進めないほどとなっています。

ぜひ、河内藤園で藤の魅力たっぷりな動画・映像を制作してみてください。
藤の見頃は、例年ゴールデンウィーク頃となっているので、過ごしやすい気候の中で藤を撮影できるでしょう。

■皿倉山

皿倉山は福岡県北九州市八幡東区に位置しており、新日本三大夜景のうちの一つとしても知られています。
皿倉山の山頂からは北九州市が一望できるパノラマ展望台があり、そこから北九州市全体を撮影することをおすすめします。

標高は622mとなっており、山頂まではケーブルカーとスロープカーを乗り継いで向かいます。
車でも山頂に向かうことはできますが、ケーブルカーやスロープカーからの景色も撮影してみるとより皿倉山を楽しめるでしょう。

山頂での景観は、日中には北九州の名所を上から一望できます。
皿倉山の最大の魅力は、前述した通り新日本三大夜景にも選定されているほど美しく輝く夜景です。

北九州市では「100万ドルの夜景」とも称している皿倉山の夜景は、その名に恥じないくらいキラキラと幻想的な夜景となっています。
北九州市の夜景を撮影するのであれば、皿倉山へぜひ訪れてみてください。

夏にはビアガーデンが山頂広場で催されていたりするので、夜景を見ながらお酒を楽しむこともできます。
皿倉山は最寄り駅であるJR鹿児島本線の八幡駅からも程近いため、アクセスもしやすく動画制作・映像制作の撮影に訪れやすいスポットです。

■千仏鍾乳洞

千仏鍾乳洞は、北九州市小倉南区にある国指定の天然記念物としても有名です。
カルスト台地の雨水によって自然成形された鍾乳洞には、国内でも最大級とも言われている数の鍾乳石を見られます。
長い年月をかけて自然にできた鍾乳石や石柱に直接触れることもでき、自然の雄大さを感じられるでしょう。

撮影には、鍾乳石が垂れ下がっているスポットがおすすめです。
大小異なる30ほどの鍾乳石が連なっている景観はまさに絶景と言えます。

千仏鍾乳洞の中は小川が広がっており、その中をじゃぶじゃぶと進まなくてはならないため、足もとには十分注意しながら撮影してください。
鍾乳洞内は、気温が年間を通して約16℃、水温も約14℃を保っているため、春や夏だけでなく、少し肌寒い秋や冬にも楽しめるスポットとなっています。

雨天時には少し小川が増水してしまうようですが、観光は可能となっているので安心してください。
国内でも珍しい水流の中を歩くことのできる千仏鍾乳洞で、冒険さながらの動画・映像を撮影してみましょう。
工夫次第ではとてもユニークな動画・映像を制作できます。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>