ブログ

熊本県での動画・映像制作

熊本県と言えば、阿蘇山や熊本城といった有名な観光スポットが数多く点在していて、撮影にも適しているロケーションがたくさんあります。
雄大な山々や歴史ある建築物などを有している熊本県には、定番スポット以外にもまだまだ動画制作・映像制作にもぴったりな撮影スポットが多く見られます。

今回は、そんな熊本県のおすすめ撮影スポットをご紹介していきましょう。
熊本県での撮影を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

■阿蘇山

熊本県阿蘇地方に位置している活火山である阿蘇山は、熊本県が「火の国」と呼ばれている由来の山でもあります。
九州を代表する阿蘇山の名前を一度は聞いたことがある方が大半ではないでしょうか。

阿蘇山は、現在でも噴火を繰り返している活火山ですが、登山も楽しめます。
阿蘇山の噴火状況によっては登山規制がされており、登山ルートによっては行けないところも出てきてしまうので、事前に調べてから訪れることをおすすめします。

阿蘇山を訪れた際には、ぜひ火口見学をして火口部の撮影をしてみてください。阿蘇山中央火口丘のうち、中岳の火口を見学できます。

立ち入り禁止規制もあるため十分に注意して見学するようにしてください。
火口部では、地鳴りの音も激しく音とともに噴き上げられる様子を撮影でき、大地の驚異的なパワーを直に感じられるでしょう。

阿蘇山の西側にある草千里ヶ浜は、広大な草原地帯も撮影にはおすすめのスポットとなっており、雨が降った後の水溜まりには水面に青い空や新緑の草原、雄大な阿蘇山が映り、とても幻想的な美しい景色が撮影できます。
散策路もあるため、ゆったりとハイキング気分で撮影したい時には烏帽子岳周遊ルートをおすすめします。

また、山頂付近には火山博物館などの観光施設もあるため、少し疲れた際には休憩がてらそちらから阿蘇山を撮影してみても良いでしょう。
登山している時とは違った角度から阿蘇山を眺められ、リフレッシュした気分にさせてくれます。

■熊本城

築城から400年以上経過している熊本城は、日本三名城としても名高いお城です。
熊本県を代表する熊本城は、現在地震の影響で復旧作業中となっていますが、見学可能なスポットもあるため撮影に行く価値はあるでしょう。

熊本県熊本市の中心部に位置している熊本城は、熊本県のシンボル的な存在です。江戸時代初期に武将加藤清正がその当時の最先端技術を用いながら建てられたお城で、外観だけでなく内観も素晴らしい建造となっています。熊本自身でも被害を受けた石垣は、武者返しの異名を持っていて反り返る石垣の様は中世の要塞をイメージさせるでしょう。

熊本城内の見どころは満載で、中でも宇土櫓や本丸御殿、天守閣は絶好の撮影スポットとなっています。
宇土櫓は、築城から現在まで残っている櫓で、20mもの高さからそびえ立つ櫓は難攻不落の熊本城の象徴とも言えるでしょう。
西南戦争の際にも戦火を免れることのできた熊本上最大の櫓としても知られており、歴史を感じさせる櫓は撮影しがいがあります。

本丸御殿は、宇土櫓とは違った趣向で豪華絢爛な空間となっています。
熊本城復元整備計画によって復元された本丸御殿は、その優美さから熊本城の中でも高い人気を誇ります。

最大の見どころは煌びやかな金色に輝いている昭君之間で、正面に描かれている中国・漢時代の王昭君をイメージした障壁画はまさに圧巻と言えるでしょう。
天井にも60枚の天井画が格子状に並んでいるので、360度どの方向を撮影しても良い画が撮れるのでおすすめです。

また、熊本城での撮影を行うのであれば、天守閣を忘れてはいけません。
西南戦争で焼失してしまった天守閣は、1960年に再建されました。
天守の最上階は展望台となっており、熊本市内を360度見渡せる大パノラマを楽しめるでしょう。

特に、夜には熊本市内の夜景を撮影できるのでおすすめです。
大天守の階段は一部急な箇所もあるため、展望台へ登る際には注意してください。

熊本城は毎日夜11時まで天守閣や本丸御殿のライトアップがされているので、暗い夜に浮かび上がる美しい城の景観を望めるでしょう。
昼間とは違う幻想的な熊本城を撮影してみてはいかがでしょうか。

■水前寺成趣園

熊本県熊本市中央区にある水前寺成趣園は、江戸時代の熊本藩主である細川家の殿様が清水湧くこの土地を気に入り、御茶屋を作ったのが始まりとされています。
それから水前寺成趣園は、東海道五十三次を模して造られていて桃山式回遊庭園として整備されています。
園内には、湖に見立てて造られた池や富士山をイメージして造られた築山など見どころ満載です。

歴史ある日本の風流を感じられる庭園は撮影にもぴったりで、ゆっくりと園内を散策しながら撮影してみてはいかがでしょうか。
園内にある古今伝授の間では、美しい庭園を眺めながらお茶やお菓子がいただける体験もできます。

四季折々のイベントも催されているので、事前に調べてからイベントを狙って訪れてもいいでしょう。
春には園内の桜も咲き誇り、新緑の庭園と美しい桜のコントラストを楽しめるので、撮影にもおすすめの季節となっています。
熊本市電水前寺公園駅から徒歩5分程とアクセスも良好となっており、熊本市内での撮影時にも立ち寄りやすいです。

■﨑津教会

熊本県天草市に位置している﨑津教会は、珍しい畳敷きの堂内を見学できる教会です。
天草は元々キリスト教が伝来された土地としても有名で、天草各地にキリシタンの歴史が刻まれている史跡や施設が数多く点在しています。

ゴシック様式の﨑津教会はとても美しく、海の天主堂とも呼ばれていたそうです。
﨑津教会のある﨑津集落は世界遺産にも登録されたことでも知られていますが、シンボル的な存在である﨑津教会は世界遺産ではありません。

しかし、とても神聖な雰囲気を感じることのできる﨑津教会は、一見の価値があります。
﨑津教会の美しい外観や周辺ののどかな景観なども撮影できるので、一度訪れてみても良いでしょう。

外観からも見えるステンドグラスは、可愛らしい配色で見ているだけでも楽しい気持ちにさせてくれます。
教会内部の撮影が禁止されている可能性があるので、訪れる前には必ず教会内の撮影が可能かどうか問い合わせてみることをおすすめします。

■阿蘇神社

阿蘇神社は、熊本県阿蘇氏に位置している2000年もの歴史があると言われている神社です。
阿蘇国造りの神々が祀られている阿蘇神社の宮司である阿蘇家も、日本最古の家柄に数えられるほどの由緒ある歴史を持っています。

阿蘇神社の参道は、拝殿に向かっているのではなく阿蘇山頂に向かっている横参道となっており、全国的にも珍しい参道です。
また、その参道沿いには桜の木が立ち並んでおり、春にはきれいな桜が咲き誇る参道を歩くことができます。

境内には随所にパワースポットもあり、訪れる人にも人気が高いスポットとなっています。
願い事を叶えてくれるとされている願かけ石や縁結びにおすすめの高砂の松など、見どころ満載です。 国の重要文化財にも指定されている一の神殿・二の神殿・三の神殿・楼門・神幸門・還御門の6棟は、見応え抜群となっているためぜひ動画制作・映像制作の撮影に訪れてみてはいかがでしょうか。
ただ、現在震災の影響もあり復旧作業中となっているので、訪れる前に現在の復旧状況を確認してから訪れてみましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>