ブログ

LINE動画広告を徹底解説!運用方法とメリット・活用事例

種類の多いSNSの中でもユーザー数が多いと言われているLINEでは、動画広告を掲載することができます。
WEB関連の広告が世間に広がりを見せている中、LINEの動画広告においては費用対効果が生みやすいと言われています。

今回は、LINE動画広告の種類や掲載場所、気になる料金について解説するほか、LINE動画広告のメリットやうまく活用するコツなどをご紹介していきましょう。
実際の活用事例もご紹介していくので、LINEに動画広告の掲載を考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

・LINEの動画広告とは

まずはLINEの動画広告についてご紹介していきましょう。
LINEでの動画広告の仕組みを知ることで、動画広告の配信がより的確になります。

-LINEとは

LINEは、スマートフォンやタブレット、フィーチャーフォンに対応しているコミュニケーションアプリの一種で、チャットのようにリアルタイムで友人や家族とメッセージのやりとりを行うことができます。
日本国内だけではなく、海外に住んでいる人ともメッセージを送り合うことができ、写真や動画も送り合うことが可能です。

また、電話も無料で利用することができるだけではなく、グループ機能を活用すればグループ内全ての人たちと会話を楽しめます。
便利に利用できるLINEのユーザー数は年々増え続けており、月刊アクティブユーザー数は2019年4月時点で8,000人を超えている状態です。

ユーザーの属性も男女比率がそれほど大きくなく、若い世代から高齢者まで幅広く利用者が存在します。
今後もスマートフォンが普及し続けることで、多くの人たちに利用されていくでしょう。

-LINE広告の種類・掲載場所

世間からコミュニケ―ションアプリとして注目されているLINEは、近年広告分野でも企業から注目を集めています。
圧倒的なユーザー数を誇るLINEなので、動画広告を配信することで幅広い属性のユーザーに商品を広めていくことができ、集客率のアップや売上アップなどを見込めるのです。

LINE動画広告には、LINEに会社の公式アカウントを開設することで友達登録をしてくれたユーザーに向けてメッセージの送信やタイムラインをすることができる『LINE公式アカウント』の他に、企業が店舗にきて友達登録してくれたユーザーに向けてメッセージやアプローチができる『LINE@』などがあります。

また、2016年6月から提供がスタートされた『LINE Ads Platform』と言われる広告も存在します。LINE公式アカウントと比べると費用を抑えながら広告を掲載できるので、高い注目を集めているのです。

LINE Ads Platformに関しては、以前までタイムラインとLINE NEWS内しか掲載できませんでしたが、2018年4月から以下の場所に掲載することが可能となりました。

・タイムライン

・LINE NEWS

・LINEマンガ

・LINE BLOG

・LINEポイント

さらに、静止画広告と動画広告の2種類を掲載することが可能です。

・LINEの動画広告の料金形態についての解説

LINE動画広告の料金携帯について確認していきましょう。
ここでは、動画広告が掲載できるLINE Ads Platformの料金について解説していきます。

LINE動画広告においては、クリック課金とインプレッション課金の2種類があります。
クリック課金は静止画像広告に採用されており24円から入札に参加できます。

一方、インプレッション課金は400円から入札に参加できる仕組みで、動画広告が該当します。
動画広告は1000回表示されるごとに400円の広告費がかかるため、クリックされればされるほど動画広告の方が静止画広告よりもコスパが良くなります。

基本的に他のSNS動画広告と変わらず、入札形式が採用されており、単価は企業側で指定することが可能です。
LINEで動画広告を出すならあらかじめ予算を設定しておくようにしましょう。

・LINEの動画広告のメリット

様々なSNSの中からLINEで動画広告を出した方が良いのはなぜでしょうか?
LINEならではのメリットをご紹介しましょう。

-ユーザー数の多さ

LINEに動画広告を掲載する最大のリットとしては、ユーザー数の多さが挙げられます。
日本人口の半数以上が利用しており、様々な年代のユーザーにアプローチすることが可能です。

幅広い年代のユーザーがいることで、他のSNS広告ではアプローチできない層にも広告を観てもらうことができるので、集客率のアップにもつながるでしょう。

-ターゲティング精度の高さ

他のSNSにもあるように、LINEの動画広告においてもターゲティングを行うことが可能です。
性別や年齢、地域などの属性だけではなく、細かい情報を元にして興味のありそうなユーザーに向けて配信できます。

例えば、公式アカウントに登録しているショップにスポーツ系の店舗が多ければ、スポーツに関する広告を配信することで興味を引くことができます。
その他にも、掲載できる関連アプリによってターゲティングすることも可能です。

若年層に広告を観てもらいたいなら、LINEマンガに道具広告を掲載することで訴求効果が得られます。
LINE BLOGに掲載することでエンターテインメントに興味のあるユーザーにアプローチすることも可能となるので、より精度の高いターゲティングが行えるでしょう。

-アクティブ率の高さ

LINEはコミュニケーションを図るには最適のアプリケーションです。
そのため、1日に何度も利用するユーザーが多くいます。
他のSNSと比較をしてもアクティブ率が高いので、より多くの人たちの目に動画広告が留まるでしょう。

-LINE@との連携が可能

LINE@と連携することでユーザーの心をさらに引きつけることが可能です。
LINE@では、獲得した顧客に対してメッセージを配信できるので、お得な情報をユーザーに知らせることができます。

コミュニケーションが密になるので、より高いマーケティング効果を得られます。
結果的に集客率のアップや売上アップも見込め、企業が設定している目標に近づいていくでしょう。

・LINEの動画広告の活用するコツ

LINEの動画広告を運用するにあたり、効果を高めるためには動画のクオリティ以外にも様々な工夫が求められます。
具体的にどのように工夫すればいいのか、活用するコツをご紹介しましょう。

-目的とターゲットは明確にする

まずは動画広告を作って配信する目的を考え、誰に向けて宣伝したいのかターゲットを明らかにすることから始めていきます。
集客やブランティングなのか、目的によって配信する情報や動画の演出は大きく変わってきます。
また、LINE広告の特性と合っていないと効果が薄れてしまうので、目的やターゲットの明確は掲載先がふさわしいかどうかの選定においても重要です。

ターゲットの設定では誰にアプローチしたいのか、利用してもらいたい場面、使用してもらいたい頻度など、利用者や利用シーンをイメージすると明確にできます。
年齢や性別以外に具体的なターゲット像を決めると動画広告の配信対象が明らかになり、動画の方向性も考えやすくなります。

-目的とターゲットに応じて掲載場所を選ぶ

LINEではタイムラインを始め、5つの広告枠に配信できます。
配信枠に応じて特徴から利用ユーザー層、利用シーンが異なるので、動画広告の目的やターゲットと合った枠を選びましょう。
例えば、エンタメ関連の内容で10~20代に向けて配信したい場合は、LINEマンガの広告枠と親和性が高いです。

-動画広告を配信するタイミングも重要

動画広告の訴求力を高めるためには、ターゲットごとに適切なタイミングで配信することも重要です。
LINEは個人情報の入力が少ないため、細かいセグメントでの広告配信は難しい傾向にありました。
しかし、2017年10月からSupership株式会社と提携がスタートし、Supership株式会社が保有するデモグラフィックスデータや興味関心データが活用できるようになっています。

2社のデータと自社の持つ会員情報などを組み合わせれば、より精度の高いターゲット設定でのセグメントが行えます。
ユーザーの情報や過去の行動ログなどを元に分析することで、適切なタイミングで配信できるようになるのです。

-ペルソナを用意して広告枠に適した動画を作る

広告枠に応じてルールが存在するので、ルールに沿った動画広告を用意します。
動画制作・映像制作では、どんなユーザーが視聴し、どういう場面で見るのか想定して考えて作ることがポイントです。
そこで必要となるのがペルソナ像です。

ペルソナとはターゲット像を深掘りした架空の人物像で、年齢や性別、住所といった属性データ以外に性格、趣味、特性なども細かく設定します。
ペルソナを作ることで関係者の間で認識を共有でき、動画のイメージを統一することが可能です。
ユーザー視点で物事を考えら得るという点でも役に立ちます。

-広告配信後は効果検証を実行する

動画広告は配信して終わりではなく、効果検証を繰り返し実行することも大切です。
なかなか効果が出ない場合は改善が必要なので、改善点の把握には検証が必要となります。
どこに問題があるのか仮説を立てて改善し、そして検証という作業を繰り返すと効果の最大化につなげられます。

・LINEの動画広告の活用事例

-モバイルストライク

モバイルストライクは自分で部隊を構成して育成するミリタリー戦略ゲームです。
タイムラインに動画広告を配信しており、内容はゲームのプレイ映像となっています。
また、動画と共にタイムラインに表示される文言にもこだわっています。

モバイルストライクの場合、ターゲットの年齢に応じて異なる文言の広告を用意しています。
例えば、20代の男性に向けた広告では「ハマりすぎ注意(特に20代男性)」と宣伝しています。
ゲーム系の広告では年齢や性別などのターゲットを明確に表記して、アプローチする活用事例が多いです。

-Hidden City

Hidden Cityは様々なアイテムが描かれたイラストから特定のアイテムを見つけ出すゲームです。
タイムラインに掲載された広告では、新聞の紙面風の画像を使っています。
「君は30秒で見つけられる?」というキャッチコピーが一面の見出しに書かれ、興味を引く工夫が施されていました。

動画広告は実際のプレイ映像が流れるので、ゲームの内容や操作方法を知ることができます。
最後はアプリのダウンロードを促す仕様となっており、広告や動画内容からゲームに興味を持った人を効率良く誘導することが可能です。

-みずほ銀行

みずほ銀行はテレビCMの内容と連動させた動画広告をタイムラインで配信しています。
テレビCMと組み合わせることで、より認知されやすくなるとことが利点です。
また、みずほ銀行ではキャンペーンの告知もLINEを活用しています。

LINEでは友達登録しているユーザーに対してお得な情報を配信できます。
登録ユーザーだけに届くというプレミア感に興味や関心を寄せる人は多いです。
みずほ銀行の事例のようにテレビCMと組み合わせて認知度を高めたり、プレミアな情報を提供したりする手段に活用できます。

・まとめ

LINEは日本国内での利用者が多く、年齢や性別を問わず色々な人にアプローチできます。
コミュニケーションツールとしてアクティブ率が高いことも特徴であり、他のSNSを利用していないユーザー層にも訴求できることも大きなメリットです。

広告枠が複数あるため、動画広告を出す目的やターゲット像に合わせて選べる点も魅力と言えます。
広告枠に合った動画を掲載するためにもターゲットの明確化やペルソナの設定などをしっかり決めて、動画広告を活用した効果の高いマーケティングを行っていきましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>