ブログ

動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント

最近は多くの企業で「動画マーケティング」が取り入れられるようになってきました。
やはり、インターネットが普及したこと、若者がテレビ・新聞などのマスメディアではなくインターネットから情報を取り入れるようになったことなどが理由として挙げられます。

動画マーケティングは動画を用いないマーケティング方法よりも、一度にたくさんの情報を紹介することができるため、企業側にとってもメリットが大きいと言えます。
しかし、単純に動画を作ったからといってそれが売上拡大につながらない場合もあります。

今回は動画マーケティングで売上拡大を実現させるための重要なポイントをいくつかご紹介していきましょう。
現在動画マーケティングを行っているが、なかなか良い結果に結びつかないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

■視聴ユーザーの増加、ターゲティングが行えるなど、メリットが多い動画マーケティング

現在、動画のトラフィックは2015年~2020年の間に年平均約26%と早い数値で成長を続けています。
また、全体的なデータトラフィックの中で動画が占める割合も、2017年では70%だったものが、2020年には82%にまで割合は増えると言われているのです。
こういった動きを見ると毎日の生活の中で動画を見る機会というのは、今後も増えていく可能性は十分に考えられると言えます。

動画マーケティングにおいて売上拡大につなげるためには、まず多くの方、もしくはターゲットで狙った方に向けて動画広告を「見てもらう」必要があります。
詳しくは下記項目で述べますが、動画市場では年々ユーザーの母体数が増えているため、多くの方に見てもらうには最適な環境となっているのです。

テレビCMに比べるとリーチ範囲が低くなってしまう印象があるという方もいるかもしれませんが、動画広告ならテレビCMとは違ってターゲティングも可能です。
見てもらえるユーザーの母体数が増えている現状で、ターゲティングから動画広告を配信することができるというのは、効率的なマーケティングにつながっていると言えるのではないでしょうか?

■ユーザーに「見てもらう」動画を作る

では、動画マーケティングにおいてさらなる売上拡大につなげるにはどうしていけば良いのでしょうか?ここからは売上拡大を実現させるための重要なポイントをご紹介していきます。

まず、動画サイトを視聴しているユーザーに対して「見てもらう」動画作りをしていかなければならないという点についてです。
昨今は多くの企業が動画マーケティングを取り入れており、Youtubeでの動画広告はもちろん、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでも動画広告の配信は当たり前になってきました。

こういった現状であるため、動画広告に関して「鬱陶しい」と感じているユーザーが多いという点も考慮する必要があります。
動画広告に鬱陶しさを感じてしまうのは仕方ないこととも言えますが、その鬱陶しさが企業のイメージダウンにもつながってしまうので気を付けなくてはなりません。

また、結局YoutubeやSNSで配信していたとしても、スキップされてしまったりタイムラインで飛ばされてしまったりすることは多いです。
そのため、動画広告を制作する際には「いかに動画を最後まで見てもらうか」が重要になってきます。

■動画制作にかかるコストを節約しなければ費用対効果にはつながらない

ユーザーに見てもらう動画を作るために重要なことは、「最初のスキップされない数秒間でインパクトを与えられるか」ということ以外にも、動画広告の質が重要となってきます。
動画広告の質が悪ければつまらなさを感じてスキップされてしまう可能性が高いです。
しかし、動画広告を高品質に手掛けるためには、その分コストもかかってしまいます。

単純にコストをかけて良い動画広告を作り、それによって売上拡大ができたとしても、費用対効果で見ればあまり良い結果とは言えません。
もちろん、動画の質は高い方が良いのですが、コスト面も考慮して制作する必要があります。
例えば、既存のコンテンツを活用したり、動画広告の制作業者を選ぶ時にコストがあまりかからないところを選んだりしておくと、費用対効果の高いマーケティングにつながる可能性が高いです。

■動画サイズや時間にも注目する

動画広告を制作する際に、動画サイズや時間なども設定しなくてはいけませんが、意外にも動画サイズや時間が見てもらえるかどうかが決まってくることもあります。
動画サイズや時間は動画広告の質とあまり関係ないのですが、サイズや時間によっては動画を見ることなくスキップされてしまう可能性もあるので注意しなくてはなりません。

まず動画サイズについてですが、動画サイズというとテレビやSNSのタイムラインから「4:3」もしくは「16:9」をイメージされる方も多いかと思います。
しかし近年はスマホでの動画視聴をするユーザーが増え、スマホ画面のような縦長で動画を見ることに対し抵抗感も薄れてきているため、縦長動画が増えてきているのです。
縦長なら横長よりも動画以外の情報が入りづらくなるということから、企業側にとってもメリットがあります。

従来の横長は問題があるというわけではないのですが、視聴してもらいたいユーザーによっては縦長の方が良いと言えるでしょう。
例えば、デジタルネイティブ世代をターゲットとして見ているのであれば縦長の方が良い場合もあります。

続いて動画時間についてですが、動画広告を作成する際にどうしても「これも入れたい」「あれも入れたい」ということで動画時間が長くなってしまうことがあります。
あまりに長い動画は最初の数秒間でインパクトを与えて見てもらえたとしても、その後動画の長さから飛ばされてしまう可能性が高まってしまうので注意が必要です。

動画広告はコンパクトな内容で重要な1点もしくは2点程度に抑えて伝えるようにしましょう。
もし、現在長い再生時間の動画広告があるという場合は、一度再編集してコンパクトにし、もう一度配信すれば効果が期待できる可能性も高まります。
これはSNSだけではなくYoutubeのインストリーム動画広告にも言えることなので、再生時間にもぜひ注目してみてください。

■効率的に拡散させる方法を取り入れる

実際に動画マーケティングにおいて効率的に拡散させるには、どのようにしたら良いのでしょうか?この項目からは、SNS上に動画を配信することに焦点を充てて見ていきます。

そもそもFacebookやTwitterなどのSNSでは、フォロワー数が多く抱えているアカウントであっても、動画を配信しただけでは十分なリーチを得ることはできません。
そのため、効率的に動画広告を拡散させることが重要なポイントになってきます。

■SNSにおけるターゲット設定

SNSの動画広告は、ユーザーの属性を踏まえて細かく設定することができます。
年齢や性別、属性、エリアなどを設定することで、宣伝したい商品やサービスにより興味関心があるユーザーに向けて配信することができるのです。

ただ、そのように細かくセグメントすることによって、リーチできるユーザーが少ない場合もあるため、広告コストに対して適切なサイズでのセグメントにすることが大切です。
そのためには、どのようなユーザーがその情報を求めているのか、しっかりと分析することが必要となってきます。

■動画広告はいくつか制作する

動画広告を制作するとなると、商品やサービスに合わせてセグメントし、ポイントを踏まえてインパクトのあるコンテンツ内容にする必要があります。
しかし、その商材や配信するタイミングによっては、ターゲットやユーザーの反応は変わってくるでしょう。

そこで、構成や構図を差し替えたコンテンツをいくつか用意し、SNS上で同じターゲットに対して配信すると、どんなシーンに最もユーザーの反応が良くなるのかを把握することができます。
元々の動画素材をベースとして、3種類の動画クリエイティブを展開している企業も中にはあります。

コンテンツ内容のパターンをいくつか用意することで、ユーザーが共感する動画を明確にすることができ、どうすればクリック率が高まるのか理解することができるのです。
配信効率の高い動画に徐々に広告費を寄せていくのは、売上拡大を効率的に図るために重要なポイントと言えます。

■SNSの特徴を理解した上で配信する

SNSは動画を効率的に拡散する上で優れた環境です。
特に、FacebookやInstagramはユーザーへの認知を拡散するために適していると言われています。

しかし、ブランドや商品によっては、ユーザーにどれほど認知されているかによって、動画を配信すべきSNSも変わってきます。
Instagramについては、比較的若い世代のユーザーが多く集まっているように感じている方も多いですが、実際に動画配信した企業では、若い世代以外のユーザーからの購買率も高くなっていることがわかっています。
SNSそれぞれの特徴やユーザー層を踏まえて、選択することも大切です。

■最終的なコンバージョンを設定する

KPIは、様々な種類の業績評価指標が使われる中でも最も重要とされる指標のことを指し、最終的な目標に向けて適切に進められているか見極めることができます。
企業の売上拡大のためには、動画に行きついたユーザーが興味関心を抱き、購買意向持った方の行動をKPIに設定することがポイントになります。

例えば、動画を10秒以上再生しており、その先のランディングページに60秒以上滞在したユーザーとして定義することです。
動画の視聴時間・商品ページの滞在時間から定義していくことで、能動的に情報を取得しようとしている基準を定義して、購買意向を持っているユーザーを判断することができます。

また、動画マーケティングで売上拡大を目指すのであれば、認知目的の動画・コンバージョン目的の動画の2つの段階に分けて提供するのも効率的な方法と言えるでしょう。
初期の認知目的設定において、前述したKPIに定義すると、動画を10秒以上視聴したユーザー・ランディングページに60秒以上滞在したユーザーとで分けることになります。

続いて、動画をそれに伴い変更し、コンバージョン目的の動画を配信することで、コンバージョンをしっかりと構築することができます。
この時、そのターゲットに対して配信することがポイントです。

■マーケティング分析の指標について

そもそも、ネット上で動画マーケティングの効果を分析するには、どのような指標が適しているのでしょうか?動画マーケティングの効果分析には、総再生回数や時間帯別の回数・合計再生回数・1回当たりの平均視聴時間・1人当たりの平均視聴時間・視聴率・再生率・再生完了率・瞬間視聴時間・ランディングページ全体のCVRなどが多く使われる指標と言えます。
また、動画広告をいつ配信するのか、またそのタイミングでのできごとなどをチェックしておくことで、ランディングページへのアクセス率はもちろん、コールセンターへの問い合わせ率や購買率、成約率などを追跡したり、それらをさらに分析したりすることもできるでしょう。

■効果分析に取り組むには

動画マーケティングの効果分析に重要となる指標は非常に多く、それらを基に分析していくことで、より効果的に売上拡大を図ることができます。
では、上記のような分析指標を基に効果分析を進めていくにはどのような方法があるのでしょうか?

例えば、Youtubeには「Youtube Analytics」と呼ばれるクリエイター向けツールがあります。
Youtubeに動画広告を配信する場合は、これを使うことでチャンネルのパフォーマンスやリーチの傾向を掴み、分析することができます。

また、ネットではそれぞれの利用者の端末と接続しているため、アクセス数やそのサイトから経由して動画にたどり着いたのかを知ることができるのです。
それ以外にも、その後のアクションで何をしたのか、どのような効果があったのかなども数値データとして大量に得ることができるのです。
そのようなインターネットの特徴を活かした市販の分析ソフトも多数あり、算出された数値データを活用して効果分析を行うこともできます。

今回は、動画マーケティングにおいて売上拡大を図るために押さえておきたいポイントをご紹介してきました。
動画マーケティングにおいては、制作する段階でも、実際に配信する商材においても、その効果や影響は大きく違ってきます。
だからこそユーザーに視聴してもらいやすい動画を効率的に拡散し、効果分析を行うことが大切です。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>