ブログ

マーケティング動画制作の種類・ジャンルまとめ

「動画を使って自社のサービスや商品をアピールしたい」「話題のfacebookやyoutubeの動画広告を使ってみたい」等、最近では動画広告の認知が高まり、様々な企業で動画マーケティングが行われてきています。

テレビCMでは、もちろん従来より動画が広告として使われてきたものの、昨今流行を見せている動画広告は、掲載するプラットフォームが異なり、テレビではなくfacebookなどのSNSやyoutubeなどの動画サイトに掲載をするものとなっています。

マーケティング用の動画を「どこに載せるか?」というのも大変重要ですが、一方で「どのような動画を作るのか?」というのは、これまで動画マーケティングを行ってこなかった企業にとってはなかなか決めるのが難しいものです。

そこで今回は、動画マーケティングを行う際に、よく使われる動画の種類とその手法をご紹介させていただきましょう。

まず、動画マーケティングに使われる動画の種類として、大きく分けて「実写」か「アニメーション」かという分け方があります。
まずはそれぞれの手法についてご紹介していきましょう。

■実写によるマーケティング動画

実写とは文字通り、現実の人物や風景を利用した映像になります。実写動画のメリットとしては、東京在住者に向けて作る動画であれば、ユーザの見慣れた街の風景を使うことで、共感を呼びやすいという点が上げられます。

もちろん、動画内で使用する役者の年齢層やファッションをターゲットユーザに近いものにすることで、共感度を向上させることにもつながるでしょう。

①インタビュー動画

企業や商品、サービスの認知度向上や、消費者へ機能以外のメッセージを伝えるための方法として有効なのが、インタビュー動画です。

例えば、企業の採用サイト等では、実際にその企業で働く社員へのインタビュー動画を掲載することで、テキストだけでは伝えることのできない企業の社員の生の声や雰囲気を伝えることができます。

実際にどのような現場で、どのような人が働いているのか、どのような思いを持って働いているのか、自分がその企業に合うのかといったことを、視聴者に疑似体験 させることができます。

また、商品やサービスの開発者へのインタビュー動画を掲載すれば、その商品やサービスの機能面だけではなく、どのような思いでその商品やサービスを開発したのかといった面をアピールすることができます。企業や商品に対する愛着を深める効果があると言えます。

②イメージ広告動画・ブランド広告動画

テレビCMなどでもよくあるように、商品やサービスの機能、価格をアピールするのではなく、視聴者の感情や感覚に訴えかける表現で、その企業のブランディング向上、ブランド・商品のイメージアップを狙うための動画です。

その動画を見たことによって、直接すぐに商品やサービスの勾配に繋げることを目的とするのではなく、特定のキーワードでの第一想起を狙ったり、企業やブランドとユーザの関係性を深めることを目的とした動画です。

③ドキュメンタリー動画

できるだけ広告色を排し、商品やサービスを使って、実際に起こったことをあまり編集せずに、「リアル」に伝えるためには、実写のドキュメンタリー動画という手法が向いています。

ごてごてと装飾されたいかにも「広告的」な動画よりも、本当の良さが伝わり、視聴者から好感を得られる場合があります。

④ドラマ動画

一方で、完全に架空のストーリーを作り、ドラマ仕立てで商品やサービスを紹介する手法も当然あります。

ストーリー構成とキャスティングを練り、ターゲットとなるユーザの心を震わせるような動画を制作することで、ストーリーの中に含まれる商品やサービスの良さを伝えます。

⑤ハウツー動画・マニュアル動画

実際に人を使って、商品やサービスの使い方、活用方法を紹介する動画です。このジャンルの動画は、どちらかと言うと、商品やサービスへの不安を取り除き、購入へのあとひと押しをするという意味合いが強いでしょう。

長文のテキストによる説明よりも、動画で実際に商品やサービスを使って伝えるほうがユーザにとって手軽でわかりやすい場合が多いため、有効な手段であると言えるでしょう。

■アニメーションを用いたマーケティング動画

CG(コンピュータグラフィックス)やアニメーションを用いた動画のメリットとしては、表現の豊富さがあげられるでしょう。

世界中を飛び回ったり、多くの登場人物を登場させたりなど、実写では予算上難しいような表現ももちろん可能になります。

また、アニメーション動画には、極端なキャラクターデザインや演出を排せば、誰にでも受け入れられる親しみやすさもあります。

コスト面や表現の自由さという面で、有効な手段と言えるでしょう。

①キャラクターアニメーション動画

アニメーションを用いた動画として、人気が高いのがキャラクターを使ったアニメーション動画です。

サービスの利用シーンや、ユーザが日常生活で抱えている課題を、動かすキャラクターに体験させ、サービスや商品を利用することでそれらの課題が解決され、より良い生活・人生を送ることができるようになるといったストーリー仕立ての表現が人気です。

②モーショングラフィックス動画

いわゆる「アニメ番組」のように、全てをアニメーションによって動かすのではなく、写真やテクスチャ、ロゴや文字等の素材を組み合わせて動かす方法です。

こちらは、パワーポイントでのプレゼンテーションのように、数値やグラフを効果的に見せたり、複雑な説明をわかりやすく伝えることができるという特徴があります。

また、他のアニメーション動画の手法に比べて、製作工数を抑えることができるため、低コストでの作成が可能です。toB向けのツールや、ウェブサービスの紹介動画としてよく見られるマーケティング動画の手法になります。

いわゆる固い商品やサービスほど、こうしたアニメーションを用いた動画を使うことで、ユーザや視聴者への心理的ハードルを下げ、これまでアクションを起こしてこなかったユーザの問い合わせや購買を促進させる働きがあります。

③手書き風アニメーション動画

手書き風の線、配色によって作られたアニメーションは、どこか温かみを感じさせるものとなり、他とは一線を画した表現が可能になります。

キャラクターアニメーションと同様に、ストーリー仕立てでの表現が多く見られます。一方で、しっかりとターゲットに狙いを定め、表現にこだわった動画制作を進めないと、ターゲットユーザに刺さらない動画になってしまう場合もあるため、注意が必要です。

■実写動画とアニメーション動画を組み合わせる手法

これまでご紹介してきた実写動画とアニメーション動画の手法ですが、もちろんこれらは組み合わせることも可能です。

途中まで実写動画で、ある場面からアニメーションに切り替わったり、背景に実写動画があり、ところどころ画面上にアニメーションによる補足の説明が入る、といった動画表現もあります。

ただし、中途半端に実写とアニメを組み合わせると、その動画の世界観がぶれてしまう場合もあるため、動画の構成を考える時点で、しっかりと取りうる表現を列挙し、取捨選択しておくことが大切です。

■まとめ:マーケティング動画制作の種類・ジャンル

いかがでしたでしょうか。

今回はマーケティング動画制作の種類・ジャンルをまとめてご紹介させていただきました。動画マーケティングへのニーズと期待が高まる一方で、「動画マーケティングにチャレンジするにはノウハウが無くて…」と二の足を踏まれている方が多くいらっしゃると聞きます。

今回ご紹介させていただいたように、マーケティング動画には様々な種類と手法が存在します。
マーケティングの目的を達成するためには、作成する動画の適切な種類・手法の選択が不可欠です。
動画を見て欲しいターゲットとなるユーザに合わせて、最も効果的な動画のジャンル・手法を選択することで、伝えたい内容が効果的に伝えられるようになります。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>