ブログ

youtubeを使った動画マーケティングを成功させるために抑えておきたいポイント

動画サイトとして世界規模を誇るyoutubeは、動画マーケティングを活用する場としても使われているサイトです。
しかし、youtubeでの動画マーケティングがどう効果的なのか、どうすれば動画マーケティングを成功させることができるのか、知っている方も少ないかと思います。
今回はこれから動画マーケティングをyoutubeで行おうと考えている方に、成功させるために抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

■youtubeで動画マーケティングが行われる理由

youtube以外にも様々な動画サイトがありますが、中でも動画マーケティングに優れているのはやはりyoutubeと言えます。
youtubeを中心に動画マーケティングが行われるのは、様々なメリットがあるためです。
まずはそのメリットを知っておきましょう。

・検索した時に上位に来やすい

大手検索サイトとして知られるGoogleは、youtubeとの関連性が強く、評価が高い動画に対して動画検索結果の他に、ウェブを検索した時に検索結果として動画が表示されます。
そのため、動画を最初から探していない人がGoogleでキーワードを検索した場合でも、動画が目につきやすくなるのです。

・ユーザー数の多さ

youtubeと他の動画サイトとの違いは、圧倒的なユーザー数が挙げられます。およそ2000万人の人がyoutubeを利用していると言われており、2位のニコニコ動画との差は倍以上になります。
そのため、幅広い年代の人が見る動画サイトとして、動画マーケティングに最適なサイトと言えるのです。

・無料で簡単に始めることができる

動画サービスは基本的に無料で利用することができるので、広告費を掛けずに宣伝することができます。
それでも大きな集客が見込めるため、少ない広告費で売上促進へ期待できるのです。

■youtubeの動画広告「TrueView」とは?

youtubeではTrueViewと呼ばれる動画広告を利用します。
TrueViewとは、広告の商品に興味があった人がクリックしたり、一定数以上の視聴があることで料金が発生したり、商品に興味がある人だけを絞って宣伝することができる仕組みで、非常に費用対効果の高い広告と言えます。
また、AdWordsのリマーケティング機能を活用することで、セグメントを絞った広告だけでなく、マーケティング対象となる母体数を増やすことも可能なのです。

TrueViewには3つの動画フォーマットを選択することができ、それぞれをうまく活用することも重要なポイントと言えます。

・インストリーム

動画を再生した際に本編の前に始まる広告を指します。
5秒間は必ず流れ、その後スキップすることもできるのですが、30秒以上視聴されないと広告料金は発生しません。
また、動画のジャンルに合わせて広告を出すことができるため、活用しやすいフォーマットです。

・インサーチ

youtube内で動画検索を行った際に、検索された結果よりも上位に表示される広告です。
検索されたキーワードと似ているものに関して、動画広告を表示させるので、インストリームよりも興味のある人に対してアピールすることができます。
こちらは視聴時間関係なく、表示をクリックされた時点で料金発生となります。

・インディスプレイ

youtubeで動画を見ている横に、現在視聴している動画に関連性の強い動画が一覧表示されているのですが、インディスプレイではその関連性の強い動画一覧に広告を表示します。
広告も関連性の強いものが表示されているので、興味のある人や興味が潜在的にあるかもしれないという人に対しても広告を出すことができます。
クリックされて動画が再生された時に料金発生となります。

■動画を検索上位表示にするには?

youtubeで動画マーケティングを行う際に、クオリティーの高い動画を制作したとします。
しかし、それが誰かの目に止まらなければ広告の意味が一切なくなってしまうのです。そのため、まずは検索された時に動画が上位表示になって人の目に付きやすくする必要があります。

では、どうすれば検索された時に動画が上位表示されるようになるのでしょうか?ポイントは動画のSEO対策がしっかりとできているかどうか、というところにあります。

SEO対策とは検索エンジン最適化対策の略で、検索エンジンの仕様に合わせてコンテンツやリンクを対策することで検索結果の上位に表示されるようにすることを指します。
動画広告でSEO対策を行う場合、キーワードをタイトルや説明文に盛り込むことと、タイトルと動画内容が一致していて最後まで動画を視聴する人を増やしていくことでSEO対策となります。

■動画にキーワードを盛り込ませる

「何かいい商品はないだろうか?」という漠然としたイメージで検索する場合、商品名ではなくキーワードで検索されます。例えば、サンダルを探している際は「サンダル」というキーワード、もしくは複合キーワードを付けて検索されることが多いです。
「サンダル メンズ」「サンダル オススメ」などの形で検索される方も多いのではないでしょうか?

そのため動画にもキーワードを盛り込むことで検索した時にヒットさせやすくするのです。
このキーワードは動画内というよりも、タイトルや説明文に盛り込ませる必要があります。

では、このキーワードを見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか?最適なキーワードを見つけるためには、まずキーワードプランナーを使って使いたいキーワードの需要を調べ、次にGoodKeyWordを使って複合キーワードは何が適しているのかを調べます。

動画制作の前にキーワード調査を行っておくと、複合キーワードにまで合わせた動画制作が可能となり、キーワードとの関連性が高い動画が作れるため、検索上位表示されやすくなります。
なるべく動画は最後まで見てもらうことが大切なので、より良い内容にするために最初に適切なキーワードを探しておきましょう。

タイトルをつける時の注意点として、キーワードはなるべく最初の10~15字以内に収めることがポイントとなります。
また、タイトルを見ただけでどんな内容なのかがある程度分かること、単純なタイトルではなく面白そうと感じられるタイトルであること、数字や固有名詞を使うことで具体性を高めることを意識してタイトルを付けてみましょう。

タイトルの他に動画の説明文も重要です。
説明文には店舗名や商品購入サイトのURL、店舗・企業で行っていることなどが書かれていますが、それだけではなく先程のキーワードも文章に盛り込むことで検索エンジンに拾われやすくなります。

■関連動画対策を行う方法

キーワード対策を行い、動画制作が完了したら次に行うべきことは関連動画の対策です。
関連動画は先程も紹介したように、視聴動画の隣にある動画一覧を指します。
例えば自社のサービスに関わるキーワードの動画で、一番再生数の高い動画の関連動画に、自社の動画が入ってくるとその分多くの人の目に留まるため、自社の動画広告の再生数もアップさせることができます。

どうすれば人の関連動画の中に自社で作った動画を入れることができるのかということを説明していきます。
まずは自社が提供するサービスと似ているものや同じ業種の中でも一番再生数の多いものを選択します。

次にその動画のソースからどんなタグがあるのか調べてみましょう。
タグはキーワードと同じようなもので動画の内容に合ったものを選ぶ必要があります。
そしてタグが分かったら自社の動画のタグに入れておくことで完了です。

■動画からWEBサイトに引き入れるには?

動画は見てもらうだけでも宣伝やブランド力の強化につながりますが、実際に商品購入など最終的な目的へつなげる必要があります。
動画からWEBサイトに引き入れるには、最低限説明文にランディングページや公式サイトへのURLを掲載しておきましょう。
また、動画の最後に説明文のURLにつながる文章を記載しておくことも可能です。

動画からWEBサイトへのアクセス数がこれで増やすこともできますが、実際のお問い合わせや商品購入につながるかは、動画だけではなくランディングページや公式サイトで申込みしやすい状況にしておかないといけません。
ですから、動画マーケティングを成功に収めるためには、動画広告だけに力を入れるのではなく、実際の申込みやお問い合わせ、詳細な商品紹介につながるサイトページも最適化させることも重要です。

■動画のシェア・拡散も意識する

動画広告は検索で見られるだけでなく、SNSで拡散されて見られることも多いです。
SNSでシェア・拡散されると近年マスメディアから離れている若年層に対してもアピールにつなげられるため、ターゲティングが若年層の人には動画のシェア・拡散はかなり効果的な広告手段になります。

SNSでシェア・拡散されるためにはSNSユーザーの興味をそそる動画を制作する必要があります。
SNSでシェア・拡散されるための動画制作を自社だけで行うのはかなり難しいですが、動画広告制作のプロに依頼することも有効な手段と言えるでしょう。

■youtubeチャンネルも利用しよう

youtubeチャンネルは、会社として動画をいくつかアップしている時にまとめて掲載できるものになります。
例えば、制作した動画に興味を持ったユーザーがチャンネル登録をすると、そのチャンネルでアップされた新作動画にすぐユーザーがアクセスしやすくなるため、youtubeチャンネルの登録数が多ければ多いほど、動画だけではなく企業のファンを増やしていくことができます。

youtubeというコンテンツは、単純に動画をアップし、それを視聴するだけのサイトではなく、ユーザー同士がコミュニケーションをとったり、動画に対する評価を行ったりすることができる動画サイトです。
会社のファンを増やしていけるような動画を作り、youtubeチャンネルを使ってユーザーがより見やすい環境を作ることで、自社ブランドや他商品のアピールにもつなげることができます。

■動画制作時に気を付けたいポイント

動画を制作する際に気を付けておきたいポイントは、目的に応じて内容や時間を決めることです。
例えば、新しいユーザーを確保することが目的の動画を作りたい場合、その動画の内容がずっと商品の説明をしていて5分以上ある動画だと、全部を見終わる前に興味のないユーザーは動画から離れていってしまいます。
新しいユーザーは基本的に興味があまりない、もしくは興味は少しだけあるといった人になるので、興味を持たれるような内容にする必要があります。

新しいユーザーへの宣伝であれば1分~1分半の短い動画にすることで、飽きずに見させることもできます。
また、インパクトのある内容や、話題になりそうな面白い動画にすると、そこから拡散される可能性も高くなり、また新たなユーザーを引き入れることができるでしょう。

既に自社のサービスや商品を購入したことがあるという人には、1分~1分半の動画ではもっと情報が欲しくても物足りないと感じてしまう場合が多いです。
そのため、5分以上の動画を制作し、商品やサービスに関する詳しい内容を説明するような動画を制作しましょう。
このように、既にサービスや商品を購入したことがある人と、新しいユーザーに対しての動画広告は別で複数作った方がより効果的になると言えます。

■オウンドメディア化させることも大切

オウンドメディアとは、自社が持っているWEBサイトやブログ、SNSアカウントなどを指します。
中でもウェブマガジンやブログを指すことが多く、動画をオウンドメディア化させることが可能です。

オウンドメディア化させるためには、長期にわたり動画を配信していく必要があり、中身も充実した情報を配信していかなくてはなりません。
しかし、動画のオウンドメディア化に成功すればサイトの信頼性も向上し、キーワードが検索された際に上位での表示にもつながるのです。

例えば、世界各国で小売店を展開している企業では、料理などの食に関するオウンドメディアを運営し、その中には動画配信も行っています。
画像や文章だけだと伝えにくいレシピを、調理の様子を動画に収めアップしています。
レシピ動画は人の役に立つコンテンツでもあり、その動画を見ることで商品購入につながりやすいため、オウンドメディアとして取り入れている企業も増えてきているのです。

動画は文章を読むよりも、ずっと記憶として定着しやすいものになります。
人の記憶に残りやすい効果と多くの人がシェアしやすいという効果により、大きな費用対効果を打ち出すことができるのです。
せっかく動画広告を制作するのならオウンドメディア化させ、大きな成功につなげられるようにしていきましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>