ブログ

不動産・物件の紹介動画撮影のコツ!メリットと活用事例

賃貸住宅の仲介サイトを見ると、最近は物件の紹介動画や360度のパノラマ動画を公開されているケースが増えてきました。
様々な場所で活用されている動画ですが、不動産業界でも浸透しつつあります。

不動産業界に動画を導入するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?
今回は効果が高いとされる紹介動画やパノラマ動画が不動産業界にどんなメリットを与えるのか、さらに魅力的な動画を撮影するコツや活用事例について詳しくご紹介しましょう。

・不動産業界が物件の紹介動画を導入するメリットとは

不動産業界で物件の紹介動画を用いることで、様々なメリットが与えられます。
まずはどんなメリットが得られるのか見ていきましょう。

-見る人にとってのメリットが大きいこと

一番のメリットは物件を探すためにサイトを見ている閲覧者にとって親切で、大きなメリットを与えられることです。
通常、物件紹介では間取り図と外観や各部屋を映した数枚の写真が掲載されています。
写真から部屋の雰囲気やデザイン性、機能性はある程度確認できるものの、部屋の一面しか映されておらず、また全体的に見られないので位置関係の把握が困難です。

その点、動画なら外観から玄関に入り、各部屋を回る映像を数分の動画にまとめることが可能です。
どこにどんな部屋があるのか臨場的に把握でき、奥行きや生活動線までも把握しやすくなります。
部屋のイメージがより分かりやすいので、物件探しの時間短縮にもつながり利用者の満足度を高められるでしょう。

閲覧者が紹介動画を見て物件を気になれば、不動産会社は問い合わせや内覧参加が増えるメリットを得られるでしょう。
内覧時で起きるギャップの軽減にもなり、成約数のアップにも期待できます。

-プラスαの情報で付加価値を伝えられる

成約数をアップさせる上で、付加価値を訴求することも重要と言えます。
動画なら短い時間でも動画と合わせて、周辺環境の紹介など付加価値の訴求が容易に行えることがメリットの1つです。

例えば、物件紹介では最寄り駅や買い物スポットなど周辺環境を紹介した写真を載せるケースがありますが、写真では位置関係や雰囲気などが掴みづらいです。
動きのある動画なら街並みや通学路などの周辺環境の雰囲気を紹介でき、生活に関わる施設との位置関係も伝えられます。
物件と一緒に周辺環境も映すことで見た人は生活の場を具体的にイメージしやすくなり、「ここに住みたい」という意欲も向上させられます。

他にも物件のおすすめポイントなどを紹介動画内で伝えることで、親近感を与えて来店の催促にもつながります。
ただ物件の間取りを紹介するのではなく、プラスαの情報を加えることで付加価値がアップされ、成約数の向上にも良い影響を与えてくれるでしょう。

-SEO対策にもなる

不動産会社が運営するサイトのほとんどはSEO対策をしているでしょう。
動画はSEO対策にも効果的と実証されています。アメリカで行われた調査では、動画を掲載しているサイトと掲載していないサイトを比較した場合、Googleの検索結果の1ページに載る確率は最大53倍もの差があることを明らかにしています。

最近は検索エンジンで自然検索をかけると、youtubeなどの動画サイトが上位に表示されるケースが多く、動画にSEO効果があることを実証していると言えるでしょう。
動画のサムネイルに惹かれてクリックする閲覧者も多いので、売り込みたい物件の紹介ページに誘導するメリットにも期待できます。

・より魅力的な動画撮影のために

効果のある紹介動画にするためには、魅力な動画にしなければなりません。撮影に必要な機材や編集ソフトはお手頃な価格で入手でき、スマホからも撮影から編集までできるアプリが登場しているので自主制作は可能です。
魅力的な動画を自主制作していく際に、事前の準備や撮影・編集のコツについてご紹介していきます。

-事前に準備するもの

紹介したい物件を撮影する前に、機材や編集ソフトの準備が必要です。
一般的に必要となるものをご紹介しましょう。

【撮影に必要なもの】

画質が重視される時代なので、できるだけ鮮明に映し出せる高画質で撮影できるカメラを選びましょう。
最近は高画質の動画が撮影できるスマホも多いので、機材費を節約したい場合はスマホでも十分です。

カメラに関する備品には保存用のSDカードや固定して撮影する際に便利な三脚、予備のバッテリーなどを必要に応じて用意してください。
部屋の位置によっては室内が暗く映りが悪いので、カメラ用の照明があると安心です。

【編集に必要なもの】

編集にはパソコンと編集ソフトが必要です。
動画はデータ容量が大きいので、スペックの低いパソコンは編集中に処理が遅くてフリーズする場合があります。
そのため、パソコンはできるだけスペックの高いものを用意してください。

編集ソフトはフリーソフトでも様々な種類があるため、操作がしやすい、エフェクトが多いなど自分に合ったものを選びましょう。
もっとこだわった編集や加工をしたい場合は、市販されている高性能のソフトがおすすめです。ナレーションなど声を吹き込む際はマイクも用意する必要があります。

-撮影のコツ

魅力的な動画にするためには、撮影のコツを覚えることが大切です。
どのようなことに注意したらいいのか、撮影のコツを見ていきましょう。

【固定させて撮影】

歩きながら撮影すると映像がブレやすく、内容が伝わりにくい上に視聴者が酔ってしまう可能性があります。
室内を撮影する際は三脚などにカメラを固定し、見やすいスピードを意識して首振り(パン)の動きで水平に撮っていきましょう。

【ドアを開けるシーンを撮影】

物件紹介でよく使われる手法ですが、玄関ドアなどを開けるシーンから始まると擬似的に内覧を体験している気分になり、ワクワク感を与えられます。
玄関や部屋のドアを開き、まず視界に何が入り、どういう雰囲気なのか伝えられるので、動画に取り入れたいシーンです。

視聴者目線でカメラマンが開ける手法も良いですが、できれば人を映さない方が良いです。
その場合は釣り糸などを使って手を使わずに開くと、映り込みの防止ができます。

【室内を明るくする】

明るい方が部屋の雰囲気が分かりやすく、視聴者に良い印象を与えるので基本的に撮影は昼間がベストです。
採光の良い部屋なら自然光だけで良いのですが、光が入らない部分や部屋にはライトでの調整が必要です。

【声を入れると時は指向性マイクか別撮り】

カメラには内蔵マイクがあるので、音声も拾ってくれます。
しかし、カメラのマイクは雑音も一緒に録音されてしまい、編集で取り除くには高度な作業が必要です。
動画に音声を取り入れる場合は指向性マイクで音声だけを録音するか、ナレーションとして後で別撮りにすると良いでしょう。

-撮った動画を編集するコツ

撮影が終わったら次は映像を編集して1つの動画にまとめる作業を行います。
無駄なカットを省くだけではなく、色味の調整やエフェクトの追加など魅力的な動画に整える重要な作業です。

【テキストを使って分かりやすく解説】

今、どの部屋を紹介しているのか、どこがイチオシポイントなのか物件を解説するテキストを加えてと分かりやすいので良いです。
フォントや文字の色、サイズ、表示の仕方などにもこだわり、動画の雰囲気を壊さないことを前提に挿入してみましょう。

【紹介したい部分は絞り込む】

全て伝えたいとシーンや解説を盛り込みすぎるのも控えましょう。
物件紹介動画は長いと視聴者が飽きてしまい、大事なポイントを伝えられない可能性があります。
特に紹介したい部分を絞り込み、余分な部分はカットしてシンプルにまとめることが分かりやすい動画にするコツです。

もっと詳しく説明したい場合は、短い動画と一緒に5~10分程度のロングバージョンを用意するのも良いでしょう。
コンテンツを掲載するWebページやyoutubeの公式チャンネルなどに誘導するアクションを加えると効果的です。

・目的別!動画活用事例

実際に不動産業界で動画を取り入れる際には、どのように作成すれば視聴者にインパクトを与えられるのでしょうか?
大切なのは、動画を活用する目的は何なのか明確にし、目的別に作成することです。
不動産業界内で目的に合わせた動画活用事例をご紹介しましょう。

-物件の内覧も可能な360度動画

不動産業界において、物件を紹介する動画として活用しやすいのが360度動画です。
360度動画は、ユーザーが自由に角度を変えて視聴できる動画です。

その名の通り端末を動かして360度見渡すことができるので、内覧している感覚で動画を視聴できる点が大きなポイントになっています。
不動産業界では、公式サイトやパンフレット等で物件の写真を掲載しているところがほとんどでしょう。

しかし、画像だけを見た場合、想像していた物件と実際に内覧した時とでイメージが大きく変わってしまう可能性があります。
360度動画であれば、本当に内覧しているかのような感覚で室内を見渡すことができるため、実際に360度動画を取り入れれば、物件探しの際に必要な時間や労力を短縮できます。

-会社紹介動画

会社のプロモーションを作成する際に動画は有効です。
例えば、社内の雰囲気や作業風景などは実際に入社しなければ見ることができません。
しかし、会社やスタッフなどの紹介動画制作・映像制作をしてネット上に掲載すれば、その場に足を運んでいなくても会社の雰囲気や業務について触れることができるでしょう。
不動産業界においては、お客様の声やインタビュー映像が契約の決め手になったという方も多いため、契約者やお客様の声を載せるのも効果的です。

-自社サービスを紹介する動画

自社サービス紹介する際には、テキストや画像だけでは伝わりにくい場合もあるでしょう。
動画を活用すれば、サービスの魅力や重要性を感じ取ってもらいやすく、興味を持ってもらうこともできます。
短い時間に集約しても情報量は非常に多くなるので、多くの方に自社サービスを知ってほしいという時にも役立ちます。

・自分で撮影するには余裕がない場合

動画がどんなに会社にとってメリットになるとは言え、毎日のように忙しく業務に携わっている以上、会社のスタッフで動画制作・映像制作するには余裕がないという場合もあるのではないでしょうか?
そんな時は、動画制作会社に依頼してみましょう。

近年は、ネットやスマートフォンの普及によって、動画を活用する企業が増えてきています。
マーケティング戦略の1つとして取り入れているところもあるので、クオリティの低い動画になってしまうと、想定していたより効果が得られない可能性が出てきます。
会社のブランドイメージを損なわないようにするためにも、動画制作・映像制作はプロの動画制作会社に依頼する方が良いと言われているのです。

プロに依頼すると、動画を制作する目的に沿って様々な撮影方法の中から適切なものを提案してくれます。
編集技術や演出力も高く、自社で制作するよりも動画の仕上がりが変わってくるでしょう。

動画の制作には、自社で行う場合でもまとまった資金が必要です。
しかし、お金をかけて制作しても、掲載後に期待していた視聴率が得られなければ意味がありません。
動画をマーケティングツールとして取り入れ、物件やサービス利用につながるようにしていくことが大切です。

撮影や編集には、ある程度の時間がかかります。
自社スタッフで慣れない動画を制作する場合、編集作業に時間を取られてしまいクオリティが下がってしまうケースもあるでしょう。
制作時間がかかり過ぎて、自社の事業や業務にまで影響が出ないよう、スピーディに制作できるプロに任せた方が効率的です。

質の高い動画を制作するなら、株式会社GJCにお任せください。
2011年に設立したGJCでは、マーケティングに強い動画制作会社として、数多くの動画を手掛けてきました。
2019年の顧客アンケート調べでは、動画制作満足度96%を獲得し、実績は同年6月時点で3000社に上ります。

不動産業界でも、物件紹介動画をはじめ、プロモーション動画やサービス紹介など、様々な動画を低コストで制作しています。
どのような内容の動画であっても、質の高いものに仕上げるよう努めているので、動画制作会社を探している方はぜひお任せください。

今回は、不動産・物件の紹介動画撮影のポイントや動画を取り入れるメリット、目的別の動画事例などを取り上げてきました。
ネットやスマートフォンが普及している現代において、動画はマーケティングツールの1つとして多くの企業に取り入れられています。

不動産業界においても、積極的に動画を活用することは物件探しの時間短縮や周囲環境の把握など、多くのメリットがあります。
制作する目的が何なのかを明確にして、クオリティの高い動画を取り入れていきましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>