ブログ

動画を使って企業理念を伝える方法とその事例

企業の魅力や取り組みを人々に理解してもらうためには、企業理念を伝えることが大切です。
企業理念は主に企業のホームページで見ることができ、最近は文字だけではなく動画で紹介するケースが増えてきました。

文字だけでも伝えることは可能ですが、なぜ動画が採用されているのでしょうか?その理由は動画ならではのメリットがあるからです。
今回は企業理念の紹介に動画が良い理由や動画制作・映像制作にあたって必要な要素、弊社の実績をご紹介しましょう。

・企業理念を伝えるのに文字だけではだめなの?

ほとんどの企業は企業理念を文字で伝えています。
文字でも伝えられますが、動画ならより明確に伝えることが可能であるため、採用する企業が増えているのです。

そもそも企業理念とは創業者が会社に託す思いであり、社員の行動指針や企業の姿勢を表すものです。
簡単に言えば何を目的に経営しているのか、将来的にどうしたいのかなどが盛り込まれています。
企業の魅力を伝える要素でもありますが、いまいち分かりにくいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

企業のホームページに記載された企業理念は分かりにくい表現になっているケースが多く、場合によっては従業員に浸透していない可能性があります。
一方、動画は文字と比べて感覚的に理解できるメリットがあるので、企業理念を伝える手段として最適なのです。

・動画を使うべき理由

企業理念の紹介に動画を活用するべき理由は、主に2つの内容が挙げられます。

- 視覚と聴覚に訴えることができる

文字は視覚オンリーとなりますが、動画なら映像による視覚と音による聴覚の両方で訴えることが可能です。
片方での訴求よりも視覚と聴覚の両方で表現した方が記憶に残りやすくなり、誤りなく理念を浸透させられます。

- 短時間で多くの情報を伝えることができる

動きのある映像で紹介するので、短い時間の中にたくさんの情報を詰め込めます。
全て文字で詰め込もうとすると大量の文章になり、見る人はますます混乱するでしょう。
しかし、動画なら文字にしなくても映像の動きと音から認識でき、情報量が多い分、具体的に企業をイメージできます。

文字に比べて簡易的で分かりやすく、ストレスなくメッセージを受け取れることが動画の大きなメリットなのです。

・どういう企業におすすめなのか?

企業理念動画はBtoC企業など幅広い企業に適していますが、中でもBtoB企業での活用がおすすめです。BtoB企業は企業名や業務内容を認識されにくい傾向にありますが、印象に残りやすいブランティング動画を通じて親近感を与えられます。
そして、知名度がアップすれば事業内容や企業自体に関心を寄せられやすくなり、営業や人材獲得の面で多大な効果に期待できます。

・企業理念動画の作成にあたって必要なこと

実際に企業理念動画制作・映像制作を行う場合、何から決めていけば良いのか分からない方は多いでしょう。
作成において必要な要素があるのでご紹介していきます。

-目的を決める

まずは何を目的に動画制作・映像制作をするのか明確にしていきます。
企業理念の紹介動画であるはずが、販売促進や認知拡大の意識が強くなるとただのキャンペーンCMとなってしまう恐れがあるでしょう。
一過性な動画ではなく企業の将来を描いた動画にするためにも目的を定め、軸がぶれないように意識して作成することがポイントです。

-ターゲットを決める

どんな人が動画を見るのか想定した上で作ることも重要です。
メインとするターゲットの定めることで、その層に強く訴えられる要素を織り交ぜた企業理念動画が作れます。

-コンセプトを決める

次に企業のコンセプトを確認して、動画のコンセプトも定めていきます。
コンセプトから外れた動画となると、目的の軸がぶれた内容となってしまうことが多いです。
そのため、コンセプトも明確に定め、それに基づいて動画を作っていきましょう。

-以上の内容を共有する

広告代理店や動画・映像制作会社で企業理念動画を作る場合、上記3点の情報共有が求められます。
動画制作・映像制作のプロであってもすぐに良い提案が集まるわけではなく、また価値観の違いから理想と違った作品になってしまう可能性があります。
目的とターゲット、そしてコンセプトが理解できれば、最善の提案が可能です。

そのため、打ち合わせの際は上記3点を制作会社と共有するようにしましょう。
できれば、コンセプトが決まるまでの経緯などを伝えると、より効果的な動画の提案が行えます。

・企業理念作成実績

弊社はこれまで3000社を超える動画・映像制作を手掛けており、経営理念動画の作成実績も豊富です。
実際にどのような動画を作成しているのか、実績の一部をご紹介しましょう。

-株式会社デジタルハーツ

人材・リクルートを目的とした企業紹介の動画です。動画は働く従業員の姿を映しつつ、社長や従業員へのインタビュー形式を採用しています。
冒頭ではどんな事業内容や取引実績、沿革、市場状況を交えつつ企業理念をナレーションで伝えています。

また、インタビューではどういう人材を求めているのか、どんな仕事をしているのか、仕事へのやりがいなどを伝えています。
生の声を取り入れることで、企業の魅力や働くイメージを明確に伝えられるように工夫しました。

なかなか伝わりにくい企業理念は動画で表現することで、分かりやすく的確に伝えられます。
理念を浸透させるだけではなく、認知度のアップにも期待できるでしょう。
まずは動画を作る目的とターゲット、コンセプトを考えて、効果的に伝わる企業理念動画の作成をぜひ検討してみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>