ブログ

動画広告が効果的な理由

スマートフォンやタブレットが普及したことによって、動画サイトやSNSなどの利用者が年々増え続けています。それに合わせて動画広告をウェブ上に掲載する企業が増え、現在では非常に広く使われている広告形態となりました。そのため、これから動画広告を始めようと考えている人はとても多いと思います。しかし、「動画広告って本当に効果があるの?」と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、動画広告が効果的である理由をご紹介したいと思います。動画広告に興味があるが、よく知らないので手を出しにくいという方、動画広告を始めたいと考えられている方はぜひ参考にしてみてください。

■モバイル端末の進化

スマートフォンの普及が急速に進み、動画広告の需要が日増しに高まっています。これまでは、動画は動画を見たい人がパソコンを通して見ることが多かったと思います。しかし、スマートフォンの普及に伴い、誰でも気軽に好きな端末で動画を楽しむことができるようになりました。「動画を見る」という行為が、人々のライフスタイルの一部になってきているのです。そのため、動画広告は消費者の生活スタイルにマッチした広告手段であると言えます。

スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の進化が、映像視聴の構造を変化させています。これまでの場合、広

  • 告を配信する際には、多額の費用をかけ不特定多数の人に見てもらうことが常識とされていました。そのため、テレビCMや新聞などを使っての広告が主流であったと言えます。しかし、ウェブ上で動画広告を配信することでより多くの「特定の人」への配信が可能になりました。女性向けの商品であれば女性がよく利用するサイトで配信する、閲覧履歴からユーザーの興味がありそうな広告を配信するなど、ターゲットを絞ることでより動画を効果的に使うことができるようになったのです。

    ■伝えられる情報量

    動画広告の効果的な側面の一つに、文字だけでは伝えることのできないことを伝えることができるという点があります。テキストと動画では伝えられる情報量に大きな差があります。限られたスペースの中で広告を配信しなくてはならないため、ほんの少しのテキストや画像のみで伝えたいことを伝えなくてはなりません。そのため、掲載する情報量に制限ができ、掲載したくてもすることができない情報が必ず出てきてしまいます。

    動画広告の場合には、音楽やナレーション、動きによって様々な情報を1つの広告の中に取り入れることができます。限られたスペースで商品やサービスの魅力を最大限に引き出し、伝えたいことを的確に伝えることができます。さらに、動画は視界に入りやすく、ユーザーの目を引きやすいものでもあります。全く興味のなかったことでも、動画次第では大きな効果を発揮することもあるのです。

    また、企業や商品の名前や看板をアピールすることで企業ブランドや商品ブランドの価値を高めることができます。動画によって、制作者の思いや表情を伝えることで、ユーザーはイメージを掴みやすく親近感を持つことができます。動画広告を配信する上で、企業のブランドイメージ、商品イメージを作ることはとても大切なポイントになります。

    ■動画は記憶に残りやすい

    人は、テキストや静止画だけでなく、視覚と聴覚を一緒に使うことで記憶の定着率が倍になると言われています。広告は、多くの人に見てもらうことができても記憶に残らなければ十分な効果は発揮できません。動画を多くのユーザーの記憶に残すためには、ユーザーの感情を動かすことが重要なポイントになります。動画の内容と一緒に動画を見た時の感情を記録することで、記憶は定着しやすくなるのです。そのため、「ためになった」「面白い」「良さそうな企業」といった感情を持ってもらえるような動画広告は、大きな効果が期待できます。この感情は文字や静止画では得ることのできない信頼感や説得力を生み出します。

    ■低予算で始めることができる

    動画広告の配信で最も使用されている掲載サイトがYouTubeです。YouTube以外にもニコニコ動画などの動画サイトで、動画の前や後、途中に流れる動画広告を見たことがある方はたくさんいらっしゃると思います。このような動画サイトの多くが、「一定秒数再生されたら課金される」体系をとっています。そのため、予算の少ない人でも気軽に広告を掲載することができるようになりました。動画広告と言うととても高額なイメージがありますが、テレビCMや新聞を使っての広告と比べると非常にリーズナブルな広告媒体なのです。

    また、ウェブ上に動画広告を掲載することで動画の効果を明確にすることができるのもよい点です。テレビCMの場合も非常に大勢の人に見てもらうことができるよい方法ですが、費用も莫大にかかるうえイマイチ効果がわからないということが少なくありません。

    ウェブ上であれば、動画広告を見たうちの何人が最後まで動画を視聴したのか、何人がウェブサイトに飛んでくれたのか、ということをデータとして見ることができます。動画の効果がちゃんとあったのか、ということが明確にわかるようになりました。その結果、多額の費用をかけたにも関わらず、効果がわからずじまいということが起こらなくなったのです。

    ■配信形式が選べる

    現在使われている配信形式の中で一番多いものがインストリーム広告です。インストリーム広告とは、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで動画の前や後、途中で流れる動画広告です。動画サイトは多くの人が利用していて、目につく機会も多いため、インストリーム形式を使う企業はとても増えています。動画と変わらない画面サイズで配信できるため、テレビCMにも負けない影響力があると言えます。インストリーム広告はこれからも成長すると言われており、これからもしばらくは最も利用される配信形式となりそうです。

    また、近年どんどん増えている配信形式にインスクロール広告があります。これは、TwitterやFacebookのタイムラインなどに埋め込まれている動画広告です。タイムラインに自然と埋め込むことができるので、ユーザーに見てもらいやすく拡散されやすい形式になります。
    インストリーム広告の場合、動画を早く見たいユーザーから不快感を抱かれやすくなりますが、インスクロール広告はスクロールしてしまえば視界に入ることはなく、動画も簡単に閉じることができるため嫌な印象を与えづらくすることができます。

    この2つの配信形式以外にも配信形式は複数あり、配信形式によって特徴や効果は異なります。自分の企業や商品にはどの配信形式がよいのかを確認し、より効果が期待できる形式を選ぶことがポイントになります。

    ■動画サイト以外にも掲載できる

    YouTubeやニコニコ動画などの動画サイト以外にも、TwitterやFacebook、instagramなどのSNSメディアに動画を掲載することができるのも非常に大きなポイントになってきました。TwitterやFacebookなどのSNSの利用者は日々増加しており、その影響力は凄まじいものになっています。先述した通り、動画広告を使用する企業が増えてきている要因には、SNSの普及が大きく関係しています。

    動画を見たことで、「面白い」「ためになった」など何かしらの感情を持ったユーザーには、その感情を「他人と共有したい」という思いが生まれます。これによって、Twitterでは「リツート」Facebookでは「シェア」などという他人に拡散する行動を起こしやすくなります。そのため、より多くの人に動画広告を見てもらうことができ、口コミなどと一緒に拡散されることで動画の効果は何倍にもなるでしょう。動画次第では、制作者が想像もしていなかった程の効果を発揮することもあるのです。

    SNS以外にも、ターゲット層が頻繁に利用しているサイトに掲載したり、動画に関係している記事が載っているサイトに掲載したりすることで動画の効果をより高めることができます。

    ■動画広告とその他の広告の違い

    そもそも、動画広告と動画広告以外の広告ではどのような違いがあるのでしょうか。ウェブ上の広告を大きく分けると、「テキストのみの広告」「テキストと簡単な静止画がある広告」「動画を使った広告」という3種類の広告があります。

    この3種類の広告の大きな違いは2つあります。1つは、制作する費用と難易度の違いです。テキストだけの広告の場合は、簡単に、低予算で制作することができるのがよいところです。静止画を入れた場合も、テキストだけの広告とそこまで変わることなく、比較的簡単に低予算で制作することができるでしょう。しかし、動画広告の場合には、時間も費用もかかるうえに制作の難易度もかなり高くなります。そのため、素人では制作が難しく、これまでに動画広告を制作したことがない人にとってはハードルが高いと感じる方が多いと思います。 もう1つ大きな違いは、伝えることのできる情報量の多さです。制作の難易度は高くなりますが、伝えられる情報量はテキストや静止画をはるかに超えることができます。また、テキストや静止画に比べ、動画広告はクリック率が高くなることがわかっています。このことから、動画広告は人の記憶に残りやすく、テキストで見るよりもインパクトや内容が伝わりやすいことが分かります。そのため、動画広告を利用する企業がどんどん増えているのです。

    ■動画広告が向いている商品

    では、動画広告はどんな業界や商品に向いているのでしょうか。動画広告を制作することでクリック率はぐんと高くなりますが、業界や商品によっても大きく変わってきます。動画広告の制作をする場合には、自分の業界や商品が動画広告との相性がよいのかを確認することが大切です。そうすることで、動画広告を配信した際のクリック率やインパクトが予測しやすくなるでしょう。

    動画広告を配信した際にクリック率の高いものには、車やスポーツ、ファッションや化粧品などの個人の趣味や興味のあるものがあげられます。そもそも、自分が興味のあるジャンルは興味を持ちやすいものです。車やスポーツ、ファッションや化粧品といったものは、老若男女問わず多くの人が興味を持ち関心の高いジャンルです。そのため、「格好良い」「可愛い」と思わせることができれば、そのままクリック繋がることが多いのです。

    アルバイト探しや転職、語学教室といったビジネス業界の広告動画もクリック率が高い傾向にあります。このように、より多くの人が関心を持っている業界の場合には動画広告は非常に効果的であると言えます。

    反対に、動画広告の効果があまり期待できない業界は、パチンコなどのギャンブル系、占いなどのスピリチュアル系はクリック率が低い傾向にあります。ギャンブルや占いの場合、興味や関心よりも「怪しい」と不信感を抱きやすく、ほとんどの人がクリックを避けてしまう傾向にあります。

    ■動画広告をより効果的にするためには

    動画広告はユーザーが見ようとしなくても目に入れることができるのがよい点です。YouTubeなどの動画サイトで動画を視聴する時、動画の前や途中で動画広告を流すことができます。それがたった5秒であっても見てもらうことが大切なのです。そこで良い印象を与えることができれば、他社と大きく差をつけることができるでしょう。

    広告動画を作る際に大切なことは、宣伝臭さを感じさせないことが大切なポイントになります。ユーザーが見ている動画サイトやホームページなどで、動画広告は否応なく流れてしまいます。そこであまりに宣伝色が強すぎる動画広告を流してしまってはマイナスイメージを持たれかねません。また、動画によってはコンテンツサイズが大きく、ページが重くなってしまうことがあります。その場合、動画が再生される前にページを閉じてしまうことも多いでしょう。ユーザーに不快感を与えない工夫や、掲載の仕方を考えなくてはいけません。

    また、動画広告を効果的にするためには、ターゲットに合わせた配信形式を選ぶことがとても重要です。先述した通り、動画広告の配信形式には様々な種類があり、種類によって特徴や効果が異なります。配信する動画と配信できるメディアを選択することのできる環境ができあがり、各企業の予算やマーケティング戦略に合わせて広告を配信することができるようになりました。スマートフォンやタブレットを使って、これまでとは違うアプローチをしていくことが今後重要な戦略となるでしょう。

    ■まとめ

    いかがでしたでしょうか。動画広告が効果的な理由についてご紹介させていただきました。

    動画広告の最大のメリットは、伝えることのできる情報量の多さと伝わりやすさです。動画広告は、文字だけでは伝えることのできない思いや、商品の良さを最大限に引き出してユーザーに伝えることができます。これだけ多くの情報を短時間で配信することのできるメディアは動画広告以外にありません。注目度が日増しに高まっている昨今、動画広告の配信を検討されてみてはいかがでしょうか。


  • 動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
    今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
    動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

    動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

    動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
    動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
    動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
    その他の記事はこちらから >>