ブログ

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介

一口に動画制作・映像制作と言っても、どのような目的で、どのような動画を制作するのかによって、気をつけておきたいポイントは異なります。
そこで今回は、動画を制作する際のポイントを、制作する動画の種類ごとにご紹介したいと思います。

■店舗・会社紹介動画

店舗や会社を紹介する動画は、営業シーンやイベント、HPなどさまざまな場面で幅広く活用することができる動画です。
中小企業や個人企業の場合、自社の魅力や商品の特徴が伝わっていないことは数多くあります。自社がどのような商品やサービスを持っているのか、他社と違う魅力は何なのか、というところを伝えるためには動画が最適です。

会社や店舗の紹介動画を作ろうと考えている人の中には、これまでに紹介動画を制作したことがある人もいます。
その中には「一度動画を制作したら、その動画を何年も使い続けたい」と希望される方が多くいますが、古い動画を使い続けることは会社のイメージを悪くすることに繋がりかねません。
見るからに動画が古い、内容が古い場合には、できるだけ早く新しい動画を制作することをおすすめします。
また、動画を制作する際には、2~3年程は使い続けることのできる動画を制作してもらえる制作会社を選ぶことも大切です。

・他社との差別化

会社の成長率や今後の展望を表やグラフにして紹介することで店舗や会社の優位性をアピールすることができます。
特に、飲食店や美容院などの店舗が自社をアピールするために動画制作を行うことが増えてきています。写真やテキストだけでは店舗の魅力を伝えきれていないことが多く、サイトに広告を出しても思うような効果が得られないことも多いのです。
広告に動画を加えることで宣伝の効果が上がることが期待できるでしょう。

■求人・リクルート動画

求人情報雑誌や求人サイト、求人アプリの利用者が増え、求人広告を見てもらえる機会も増えてきました。
しかし、利用者の目に入りやすい反面、求人情報の数も多く、一つ一つの情報が埋もれてしまうようになってしまったのです。
また、静止画やテキストだけでの差別化は難しく、求人情報雑誌や求人サイトを使用しているのもかかわらず応募者が思うように伸びないことも多くなりました。

そこで便利なのが求人・リクルート動画です。
動画にすることで、会社の雰囲気や業務内容をより具体的に理解することができます。
よい求人動画を制作するためには、「就職活動をしている人が求めている職場」とはどんな職場なのか、企業のどんな部分が知りたいのか、を理解しなくてはいけません。
会社の映像や社員が働いている風景、会社の業績を動画に取り入れることも大切ですが、これだけでは求人サイトと同じで、他社との差別化が難しく印象に残すことは難しいでしょう。

会社の紹介動画には、大きく分けて3つの種類があります。

・会社紹介

会社の歴史や事業内容を詳しく紹介する動画です。社長の思いや会社の歴史を詳しく紹介することで、企業のことをよりわかりやすく知ってもらうことができます。

・ドキュメンタリー

職場でどのような仕事をするのか、どのような一日を過ごすのか、を紹介する動画です。社員に密着し、仕事の様子を紹介したり昼食の風景やオフィスの様子を紹介したりすることで、入社後のイメージを具体的に掴むことができるでしょう。
近年では、オフィスが注目を浴びることも多く、働いている環境や様子が他社と差別化する大きなポイントになってきました。

・インタビュー

就職活動をしている人の多くが、企業の雰囲気や実際に働いている社員やスタッフの声を気にしています。
どのような環境で自分が仕事をしていくのか、ということは企業選定をする際の大きなポイントになります。
インタビュー動画を通して、社員やスタッフの生の声を聞かせることで、企業に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

就職活動をしている人が何よりも知りたいのは、入社後にどんな仕事をし、どのように出世をしていくのか、職場の雰囲気はどのような感じなのか、という具体的な内容です。
そのため、会社紹介を取り入れる際にはできるだけシンプルにまとめ、入社後の具体的な内容について詳しく説明することで印象に残すことができるでしょう。

働いている社員にインタビューをしている描写を入れる場合には、固くかしこまっているようなインタビューではなく、同僚と雑談している合間にさりげなく聞くなどして、本音を聞き出しているように見せる工夫が必要です。
社員の自然体な姿を見せることで、より親近感のある動画になるでしょう。 また、自社に入ることでどのような得があるのか、他社にない魅力があるのか、ということも大きなポイントになります。
気を付けるポイントは、企業の良い点ばかりを全面に出さないことです。
企業の魅力を伝えることは大切ですが、良い点を前面に出し過ぎてしまうと返って不信感が生まれ、引かれてしまうでしょう。
社員のインタビューと同じで、社長や社員が自然にさりげなく伝えることが何よりも説得力のある言葉になるのです。

■テレビCM

せっかくテレビCMを制作するなら、商品が売れるCMを制作したいですよね。
テレビCMでは、売りたい商品の良い点や、商品を買うことで得られるメリットを伝えることが大切です。CMを見た視聴者に商品の魅力を伝えることができれば、CMの効果を感じることができるでしょう。

多くのユーザーにCMを見てもらうためには、ユーザーを惹きつけることのできるCMでなければなりません。
しかし、多くの場合テレビCMというものは、素晴らしさをアピールすればするほど、噓臭く面白みのないCMになってしまうのです。
CMを長期的に使いたい場合や、長期的に売れる商品にしたい場合は、お洒落で洗練されているCMを制作することをおすすめします。

お洒落で洗練されているCMは、華やかな演出や詳しい説明はせず、シンプルな内容で制作します。
このようなCMにすると、商品の特徴や素晴らしさが伝えきれず、視聴者にとっても何の商品のCMなのかイマイチわからない場合があります。
ですが、会社のイメージを視聴者に残すことはできるでしょう。
広く名前を知られることで、自然とお客さまからの信頼が得られるようになり、商品が長期的に売れることが期待できます。

商品の特徴やメリットを最大限にアピールして視聴者に商品の素晴らしさを伝えるのか、洗練されたシンプルなCMで企業のイメージを作るのか、よく打ち合わせをした上で決めるのがよいでしょう。

また、テレビCMにはタレントを起用することをおすすめします。
タレントを起用する場合、タレントの出演料は基本的に年間契約になります。タレントの起用と聞くと、数千万、数億といったイメージがありますが、月に数十万円で出演してもらえるタレントは数多くいます。

タレントを起用することで得られる効果はとても大きいものです。特に、そのタレントが有名であればあるほどCMの費用帯効果は高くなるでしょう。
タレントを起用することで、CMを視聴したユーザーの印象に残りやすくできる上、ブランドや企業のイメージを作りやすくなります。

例えば、誠実なイメージ、洗練されているイメージのあるタレントを起用することで、企業にも同じようなイメージを持ってもらうことができるでしょう。
動画によって、ブランドや企業のイメージ作りができるところもテレビCMの魅力です。

また、広告を出す際には、テレビCMだけでなく、ポスターやチラシなどの複数のメディアを使って広告を出すことが多いと思います。
タレントを起用していると、メディアが違っていても広告に統一感を出すことができるのも魅力といえるでしょう。デザインやロゴだけでは、広告の統一感を出すのは思っているよりも難しいものです。
タレントを見ることで、同じブランドや企業であることを認識されやすくなります。

■セールス・実演販売動画

商品やサービスの購入に直接繋げることのできるのがセールス・実演販売動画です。
初めて使う商品やサービスの場合、パンフレットや説明文だけで商品の魅力を理解することは難しいものです。
動画を制作することで、商品やサービスの使い方や他の商品にはない魅力などをしっかりと伝えることができるでしょう。
セールス・実演販売動画を制作する際には、お客様が実際に商品やサービスを使用している姿を想像したり、その商品を購入することで得られるメリットをイメージさせたりすることが必要です。

また、商品やサービスを購入する際に何に重きを置くかは、人によって異なります。そのため、商品やサービスの魅力を様々な角度から紹介することも大切です。
例えば、商品のデザイン性がアピールできるものであれば、いかにデザインが素晴らしいものかをアピールすることが大切です。
商品の特徴や使い心地よりもデザインを重視している人は少なくありません。

近年では、商品やサービスの購入には口コミやネット上での評価も大きなポイントになってきました。
便利な通販サイトや通販アプリが増え、通販を利用している人の数は増えてきています。
そのため、商品やサービスの口コミを誰でも簡単に見ることができるようになりました。
自分が買おうと思っている商品を実際に使用したことのある人の意見は、とても参考になります。
加えて、多くの人が絶賛しているものは自分も使ってみたくなるものです。
そのため、人気サイトや人気雑誌で紹介されたことがあり、高い評価を得られている、などという情報を教えることで動画の効果を高めることができるでしょう。

魅力を紹介した後は実際に商品を使用しているところを見せ、使い心地を説明しましょう。
この際に、「耐久テストに〇〇万回クリアした」などという実績を交えて紹介するとより効果的です。

また、商品を買う際には一度では決めず、他社の商品と比較することは、現在では当たり前のことと言えるでしょう。
そのため、自社の商品が他社の商品より優れていることを、視聴者に納得してもらう必要があります。
セールス・実演販売動画では、商品の魅力や特徴を理解してもらう、そして、「納得」してもらうことがとても重要なことなのです。
「これだけ覚えてください」といった、何よりもアピールしたい点、覚えて欲しい点を伝えるのもよいでしょう。
また、「この動画を見ている人限定」などといった、動画を見ている人、見る人には得があることをアピールするのもおすすめの方法です。

■動画を見てもらうことの重要性

動画を活用することでユーザーの理解度を高めたり、商品の認知度を上げたりすることはできますが、動画を制作したからといって何もしなくてもユーザーが集まることはありません。
動画を視聴してもらうためには、動画にユーザーを誘導し、動画を視聴し終わったユーザーを購入に導くための工夫をしなくてはいけません。
そのためには、自社のHP以外の場所にインターネット広告として動画を掲載する、サイトの購入ページの目立つ場所に動画を掲載するなどの行動をしましょう。

また、動画を視聴した後のユーザーの行動を想定しておくことも大切です。
動画を視聴した後の次の行動への導線がなければ、何もしないまま離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。
動画内で紹介している商品などの紹介ページやお問い合わせフォーム、購入ページなどをわかりやすい位置に表示しておくことで、より動画の効果が高くなるでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は様々な種類の動画制作・映像制作をする際のポイントについてご紹介させていただきました。

どんな動画を制作する場合にも、「誰に見て欲しいのか」「何を目的としているのか」を明確にしてから制作する必要があります。
これは、制作者の目的によって、動画の撮影方法や構成が変わるためです。また、動画が完成した際に動画をどのように活用していくのかによって、企業や商品に合っている告知方法も変わります。

また、「動画制作において何が一番大切なのか」を決めておくことも大切です。
短期間で完成するものがよい、とにかく予算内で制作したい、費用はかかってもよいから品質にこだわって制作したい、など動画を制作する上で何を最優先に進めていくのかを決めておきましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>