ブログ

動画制作・映像制作の費用はどれくらいかかる?一般的な費用相場をご紹介!

動画は自主制作できる環境が整いやすくなったことで、視聴するだけのコンテンツではなく、作って公開するコンテンツとして身近になりました。
誰でも気軽に作れますが、動画は目的に合わせて最適な演出や工夫が求められます。
視聴している人にとって分かりやすく、そしてクオリティを意識した動画を作りたい場合は、プロの動画制作・映像制作会社への依頼がおすすめです。

動画制作・映像制作への外注は制作費用が発生しますが、これは会社ごとに少し異なってきます。
業者を比較する際にも役立つので、動画制作・映像制作にかかる一般的な相場を確認しておきましょう。

・動画別の一般的な相場

動画には色々な種類があり、その種類に応じて相場も変わってきます。
まずは、動画制作の依頼が多い、以下3つの種類の一般的な相場から見てみましょう。

会社・店舗紹介動画50~150万円
CG・3D・アニメーション50~100万円
テレビCM100~300万円

この3つの動画は尺の長さや内容、さらには撮影と編集方法に応じて相場は大きく変動します。登場人物の人数が多かったり、尺が長かったりすると費用はその分上がっていきます。

また、ドローンや360度カメラなどを使った特殊な撮影や、追加するエフェクトのクオリティなども費用に反映されます。
CG・アニメーション動画ならキャラクターのデザインの複雑や表情、クオリティ、世界観・演出へのこだわりで費用はプラスとなります。

・動画制作の費用は主に2種類に分けられる

動画制作の費用はざっくりと分けると、人件費と機材費の2つになります。

人件費30~100万円
機材費10~50万円

-人件費

動画制作には最低でも次のスタッフが必要です。

プロデューサー:プロジェクト全体の企画と管理を担当
ディレクター:各スタッフを動かす司令塔
構成作家:動画のシナリオ担当
カメラマン:動画の撮影担当
編集スタッフ:撮影した動画を編集する担当

人件費はこの5人がベースになります。
ナレーションが必要な動画となればナレーター、モデルなどを起用する場合はヘアメイク、スタイリストも人件費にプラスされます。
作業工程が多くなれば、それに比例してスタッフの人数も増え、人件費は増えていきます。

-機材費

カメラは業務用のハンディカメラから、肩に担いで使用する放送用カメラ(ENGカメラ)、映画撮影に使用されるデジタルシネマカメラなどがあり、それぞれグレードが異なります。
また、撮影では他にも三脚や照明なども必要で、これらも個々にグレードが存在します。
使用する機材のグレードに応じて、機材費も上昇する仕組みです。

動画制作会社ごとに費用が変動する最も大きな理由には、機材費が大きく関わってきます。
ハイグレードな機材を常備している会社は、購入費やメンテナンス費に充てるために、必然と制作費用も大きくなります。
ただ、機材の性能は映像のクオリティに関わるので、機材費が極端に安いところは気を付けた方が良いでしょう。

・動画制作にかかる費用の内訳

大まかに動画制作の費用の仕組みをご紹介しましたが、細かくすると制作工程に応じて単価が決まっています。
各制作工程の単価相場を見てみましょう。

企画構成3~15万円
ディレクション5~25万円
台本作成5~10万円
撮影依頼10~50万円
編集5~25万円
音響効果3~15万円
ナレーション3~10万円

-企画構成とディレクション

動画制作は企画構成から始まり、総合的な演出を決めるディレクションというプロセスがあります。
このプロセスはプロデューサーとディレクターの人件費が区分となり、企画構成は3~15万円、ディレクションは5~25万円が相場です。

-台本作成

どんな内容、演出にするのか動画のシナリオを具体的に書いていくプロセスです。
構成作家の人件費が区分となり、相場は5~10万円になります。

-撮影

撮影ではカメラマンの人件費だけではなく、機材の運搬やセットを行うスタッフも含まれます。
ロケ地に応じては現場へ移動するための出張費が発生しますが、会社紹介動画など撮影場所が決まっているケースは省略されることも多いです。

-編集

撮影が終了した後は、企画した尺に収め、エフェクトやテロップなどを加えて視聴者に伝わりやすい1つの動画にまとめる編集作業となります。
このプロセスは編集スタッフの人件費に区分され、5~25万円が相場です。

-音響効果

動画では効果音やBGMは一般公開されている音源を使用するケースと、1から音源を作成し、収録して使用するケースに分かれます。
どちらのケースで音響効果を付帯するかによって費用は変わり、相場は3~15万円です。

有料音源やJASRACなどが管理する音源は使用料がかかり、その目安は5000円からです。
オリジナルの音源を作成・収録する場合は、作成スタッフの人件費、機材費、スタジオの利用料が費用に反映されます。

-ナレーション

ナレーションが必要な場合、作成と収録の相場は3~10万円です。
ナレーションとスタッフの人件費、さらにスタジオの利用料金が反映されます。さらに、起用するナレーターや収録時間の長さによっても費用は変動します。

動画制作・映像制作は尺の長さやクオリティ、制作工程に応じて費用が大きく変動します。注意点としては、業者に応じて一定の料金で対応している範囲です。

料金に含まれていると思っていたら企画にシナリオが含まれていなかったり、修正は別途だったりするケースもあるので、その料金でどこまで対応するのか事前に確認してください。
また、撮影データやシナリオを持参はコストダウンにつながるので、動画制作・映像制作会社へ相談してみましょう。

カテゴリ別相場

会社・店舗紹介動画50万円~
WEBサービス動画30万円~
求人・リクルート動画36万円~
撮影依頼18万円~
CG・3D・アニメーション30万円~
テレビCM30万円~
セールス動画34万円~
実演販売動画80万円~
翻訳動画36万円~

以下、詳細を見てみましょう。

■会社・店舗紹介動画

お客さんを増やしたい、面接希望者を増やしたい、会社の魅力を知ってほしいといったときに便利なのが会社・店舗の紹介動画です。例えば、企業選びをしている時、会社のパンフレットを見て理解するよりも、会社の紹介動画とともにパンフレットを見るのとではイメージが大きく違ってきます。
会社の雰囲気や働いているスタッフの活躍、情熱を映像にすることで、より企業に対するイメージを持ちやすくすることができます。

また、飲食店や美容室でも同じことが言えます。特に、初めて行く場所の場合には、事前にインターネットでお店の様子や雰囲気を調べる人が増えていると思います。
せっかく素敵なお店でも、写真や文章だけでは本当に伝えたい良さや雰囲気はなかなか伝わりません。

会社や店舗の様子や雰囲気、スタッフの人柄を見ることで、実際に自分が働いている様子や、食事をしている様子を具体的に思い浮べることができるため、今よりも会社や実店舗の良さを伝えることができます。
今までよりも多くの応募者やお客様に来てもらうことができるでしょう。
そんな会社・店舗紹介動画制作にかかる費用の相場は50万円になります。

■WEBサービス動画

近年では便利なサービスが増え続ける一方で、サービス内容や操作方法を理解するのが難しいものが増えてきています。
どれほどよいサービスであっても、良さを伝えることができなければ意味がありません。
これまでにない新しいサービスほど、ユーザーに具体的にイメージしてもらうことが大切なのです。

文字や画像だけの説明ではなく、音楽や動きを取り入れることでユーザーの理解を高めることができます。
よりサービスを理解し、利用者を増加させることができるため、動画は非常に有効な手段といえるでしょう。
説明が多く必要なサービスの場合、たくさんのスペースが必要になるうえ、だらだらと長い文章を読まなくてはならないのは、ユーザーにとってもストレスの大きいものです。
WEB上の限られたスペースの中で、しっかりと伝えることができるのは何よりもよいところです。

また、複雑な操作が必要なサービスでも、実際の画面で操作方法を含めて紹介することで、商品を利用するのが初めての方や、年配の方にも具体的なイメージを持ってもらうことができます。
説明不足や誤解で操作方法がわからず、問い合わせをする利用者は非常に多くいます。手順を説明する動画を加えるだけで、問い合わせの件数も少なくすることができるでしょう。
そんなWEBサービス動画制作にかかる費用の相場は30万円になります。

■求人・リクルート動画

近年では求人やリクルート動画を利用する企業がとても増えてきています。
これは、求人雑誌や求人サイトに掲載しても、応募者が思うように増えないという理由があるためです。
利用者が多く目につきやすい雑誌やサイトですが、その反面、求人情報も多いため自社をアピールするのが難しいのです。
例え、利用者の目に留まったとしても、雑誌やサイトからの情報だけだは企業のイメージを具体的に感じ取ることができず、応募するまでにあと一歩及びません。

また、掲載情報の多い雑誌やサイトの場合、文章だけでは差別化が難しく、どの求人も同じに見えてしまいがちです。
そのため、求めている人材になかなか面接に来てもらえなかったり、すぐにやめてしまったりする場合が多くなってしまうのです。

そんなときに便利なのが求人動画です。制作にかかる費用の相場は36万円になります。
会社の社風や経営理念、業務内容、雰囲気、働いているスタッフの情熱をより現実的に感じることで、応募するきっかけができるのです。そのため、応募者数を増やすために求人動画を使用することは、とても効果的な手段といえるでしょう。
求人・リクルート動画制作にかかる費用の相場は36万円になります。

■撮影依頼

動画を制作しようと考えたときに、自分たちだけでは上手く撮影することができない場合や、スタジオやモデルの手配が難しい場合があると思います。
そんなときには、プロのカメラマンに撮影のみを依頼することもできるのです。

セミナーや講演、会社撮影、結婚式、スポーツビデオなど、あらゆる場面や状況に合わせて、そのジャンルに合った撮影技法で撮影を行ってもらうことができます。
プロのカメラマンが撮影を行うので、もちろん機材も本格的なものを使用して撮影を行います。プロと素人が撮影したものでは、やはり仕上がりに違いがでてきます。
よりよいものにしたいと考える場合にはプロにお願いするのもよい方法です。

また、撮影は自分たちで行い編集を依頼するということも可能です。
お客さまが撮影した動画や写真に様々な編集を加え、完成度の高い動画を制作することができます。
そんな撮影依頼の費用の相場は18万円になります。

■CG・3D・アニメーション

WEBサイトやパンフレットを制作する際に、文字だらけになってしまい「これでは伝わりにくい」と悩んでしまうことは少なくないと思います。
文字だけではユーザーにサービスのイメージを具体的に持ってもらうことが難しいことはもちろん、文字ばかりでは気が滅入ってしまい、全体に目を通してもらうことすらできないかもしれません。

動画にすることで親近感を持たせ、よりユーザーの印象に残るものにすることができます。
サービスの良さを知ってもらうためにも、より具体的にイメージし理解してもらうためにも、アニメーションを取り入れた動画作りは非常によい方法です。

例えば、車の事故現場の様子や薬が胃の中で溶けていく様子など、実際に行うことが難しい場合や、費用がとても高くなってしまう場合などにとても便利な技術です。
ロケ費用や人件費の削減もできるため、低コストでの動画制作が可能になります。
そんなCG・3D・アニメーション制作にかかる費用の相場は30万円になります。

■テレビCM

普段の生活の中で最も目にする広告が、テレビCMかと思います。
商品の問い合わせ数を増やしたい、商品の売り上げを伸ばしたいと考える企業はとても多いのです。

テレビCMは15秒~90秒で制作されますが、15秒のものを一番多く見かけると思います。
15秒という短い時間の中で伝えたいことを的確に、そして確実に伝えなければなりません。しかし、宣伝ばかりに気を取られて制作をしてしまうと、宣伝臭さを視聴者に感じ取られてしまいます。
そのため、サービスの内容を具体的にイメージすることができ、より惹きつけられる動画作りをしなくてはいけません。

わたしたちが惹きつけられるCMの中には、キャッチコピーやナレーションが素敵なもの、近年ではストーリー性を持たせているものや音楽が胸を打つもの、様々なものがありますよね。テレビCMはたったの15秒の動画ですが、工夫次第では無限の可能性があるのです。
そんなテレビCMの制作にかかる費用の相場は30万円になります。

■売れるセールス動画

商品やサービスの売り上げを伸ばしたいと考えるとき、商品購入に直接結びつけることのできるセールス動画を作ることはとてもおすすめの方法です。

初めて使う商品やサービスを紹介されるとき、パンフレットや説明文を読んでもその魅力を感じることができる方はとても少ないのです。
動画にすることで、実際に自分が使っている姿を想像したり、商品やサービスが活躍したりしているところを具体的にイメージすることができ、商品やサービスの購入に繋がるのです。
動画次第では視聴者を釘付けにすることができるかもしれません。

しかし、文字の場合だと読みにくい部分や読みたくない部分は、その部分を飛ばして読んでもらえることがありますが、動画の場合はつまらないとそのまま見てもらえない可能性が高くなってしまいます。
売れるためのセールス動画を作るためには、視聴者を惹きつける動画の構成や演出、キャッチコピーが非常に大切になってくるのです。
そんなセールス動画制作にかかる費用の相場は34万円になります。

■動画で実演販売

テレビの通販番組などで、つい商品を買いたくなってしまったことがある方は意外とたくさんいるのではないでしょうか。
その理由は実演販売士にあります。
プロの実演販売士は、商品を売るための心理学や販売技術を学んでいる販売のプロです。
通販番組はそんな実演販売士によって、つい商品が欲しくなってしまうように構成されているのです。

視聴者を引き込むようなオープニングトークから始まり、商品を実際に使用しているところや商品の価値を伝えることで、購買意欲を高めることができます。
実演販売動画の最も大きなメリットは、視覚、聴覚を使って商品の特徴や伝えたい情報を的確に伝えることができるところです。
文字や画像だけでの情報よりも、実際に見たり聞いたりすることで、視聴者の記憶に鮮明に残すことができるのです。

しかし、商品の過剰なアピールやわざとらしい演出の動画を作ってしまうと、視聴者はすぐに嘘臭さを感じてしまいます。
本当に伝えたい商品やサービスの魅力を最大限に生かし、視聴者を惹きつけることのできる動画を作らなくてはなりません。そんな実演販売動画の制作にかかる費用の相場は80万円になります。

■翻訳動画制作

海外に向けて商品やサービスの宣伝がしたい、外国人にわかりやすく商品を伝えたいなど、そんなときには翻訳動画の制作がおすすめです。
ビジネスのグローバル化やオリンピックの開催が決まり、外国人に向けてプロモーションをする機会が増えてきました。
そのため、翻訳テロップを入れた動画を制作する企業は年々増加しているのです。

グローバル化が進みWEBでの翻訳ソフトも増えてきていますが、直訳で翻訳されてしまうため、外国人からすると違和感のあるものも少なくないそうです。
わたしたちも、新しい商品やサービスを使用したいと考えるとき、ぎこちない日本語を使われると信用できるのか不安に思うことがあると思います。
きちんとした文章で伝えることで、外国人ユーザーの信頼や理解を得ることができるのです。

字幕翻訳や吹替サービスなどを工夫した、わかりやすい動画をつくることが大切です。
例えば、字幕の場合だと実際に話している人の音声が残るので、語り手の離し方や熱意、雰囲気がより伝わりやすくなります。吹替よりも制作が簡単なため、費用も少なくすることができるのもよいところです。
そんな翻訳動画制作にかかる費用の相場は36万円になります。

動画と一緒に制作できるもの

オリジナル楽曲制作20万円
チラシ・パンフレット制作16万円
WEBサイト制作40万円

以下、詳細を見てみましょう。

■オリジナル楽曲制作

動画を制作する際には、動画で使用する楽曲も非常に重要な役割を持ってきます。近年ではCMソングが話題になることも多くその重要性がわかりますね。
みなさんの中にも、つい口ずさんでしまうような耳に残る歌があるのではないでしょうか。
このように、CMや店舗でオリジナルソングを上手く利用することができれば、聞いている人に大きなインパクトを与えることができるのです。

楽曲を使用することで商品やサービスの印象を大きく残すことができ、宣伝効果をもっともっと引き上げることができるのです。
そんなオリジナル楽曲制作にかかる費用の相場は20万円になります。

■チラシ・パンフレット制作

新商品や新サービスの宣伝をする際に動画制作とともに、チラシやパンフレットの制作を考える場合は多いと思います。
動画制作の打ち合わせをしながら、さらに他の業者にチラシやパンフレットの制作依頼をするのはとても手間がかかりますよね。
そんなときには、動画制作と一緒にチラシやパンフレットも依頼することができるのです。

動画制作での打ち合わせや会議で、ユーザーにどのように伝えたいのか、特徴やアピールポイントは何なのか、というところをしっかりと理解しているため、スムーズかつ低コストで制作することができます。
そんなチラシ・パンフレット制作にかかる費用の相場は16万円になります。

■WEBサイト制作

動画を制作したいと考える方の中には、WEBサイトも新しく制作したい、リニューアルしたい、と考える方も少なくありません。
そんなときにも、動画制作に加えWEBサイトの制作依頼をすることができるのです。

WEBサイトの場合も、複数の業者に依頼すると何度も商品の説明やイメージを伝える必要がありますよね。
実は、この作業が一番大変なのです。動画の効果を上げるためには、企業の方向性を明確にし、それをもとに制作することが大切になります。
そのため、ひとつの業者で行うことで動画とWEBサイトを結びつけることができ、動画の効果を上げることができるのです。
そんなWEBサイト制作にかかる費用の相場は40万円になります。

■まとめ

動画制作は、金額だけ見てしまうととても高いように感じてしまいますよね。
しかし、動画を使用することで売り上げが上がる、応募者数が増えるといった効果がきっとあらわれるはずです。
これまで、文字や画像だけでしか伝えることができなかった、商品やサービスの価値や魅力を存分に引き出すことができるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>