ブログ

声優・ナレーターの選び方【男性・女性などの音声サンプル有り】

動画制作や映像制作では、声優・ナレーターによって大きく印象が変わるナレーションは重要な部分です。
目で見て伝わる情報以上に、耳での情報は人々に印象に残りやすいと言われています。
そこで今回は、動画制作や映像制作において重要な声優やナレーターの選び方についてご紹介しましょう。

・動画制作/映像制作におけるナレーションの影響

実際に配信されている動画を視聴してみると、ナレーターは男性・女性関係なく起用されていることが分かります。
しかし、男性・女性の声質は全く違う印象を受けるため、動画の内容や伝えたい事柄によっては、どちらの声質が適しているのか見極める必要があるでしょう。

-男性の声質

男性の声質は低い方が多いので、説得力があり信頼感が与えられるといった特徴があります。
落ち着いた印象を与えますが、一方で聞き取りにくいといったデメリットもあります。

-女性の声質

女性の声は、明るく高い声で聞きやすいという特徴があります。
カーナビやコンピューターの音声のほとんどは、女性の声が採用されており、汎用性も高いです。

声質は、動画や映像の印象を大きく変えると言っても過言ではありません。
落ち着いた印象を与える低い声が良いのか、軽快で聞きやすい印象のある高い声が良いのかは、性別も関係してくると言えるでしょう。

また、年齢によっても声質の印象は変わります。
スッと耳に入ってくる軽快な声は、動画の視聴者にも自然に伝わりやすい傾向があります。

・ナレーションの選び方

動画制作・映像制作におけるナレーションの影響をご紹介しましたが、実際に声優やナレーターを起用する場合、どのようにして選べば良いのでしょうか?
制作した動画や映像に合った声質の声優・ナレーターを選ぶには、以下のポイントで絞りましょう。

-ターゲットに適しているか

動画制作や映像制作をする際には、必ず誰に見せたいのかターゲットを選定していきます。
そのターゲット層はどのような特徴を持っているかによって、声優やナレーター選びも変わってきます。

低くて落ち着いた印象を与えられる声質が合っているのは、会社関係や投資関係など、説得力が必要なターゲットではないでしょうか?
逆に、明るく爽やかな声質が適しているのは、学生や女性をターゲットにした動画と言えるでしょう。
ナレーションのイメージは、ターゲットによって大きく変わるのです。

-映像のテイストに適しているか

アニメーションを使った得動画なのか、実写の映像を使ったものなのか、何を訴求するかによってテイストも違ってきます。
実写や商品紹介などを行う場合は、映像を通じて落ち着いたトーンでナレーションをすると良いでしょう。

柔らかな優しいトーンが適しているのは、アニメーションやポップな印象の動画です。
動画のテイストを考慮して声優やナレーターを選ぶことは非常に重要です。

このように、ターゲットやテイストによって、起用するべきナレーションは変わってきます。
動画制作・映像制作におけるナレーション選びは、声のトーンや調子によってもイメージが異なるので、慎重に選ぶようにしましょう。

・GJCの音声サンプル

動画・映像制作会社では、ナレーション制作や収録も行っているところが多いです。
特に、GJCは動画・映像制作会社の中でも信頼と実績のある会社です。

そんなGJCではプロの声優・ナレーターを起用したナレーションも手掛けており、声質・テイストによって希望する方を指名して発注することもできるのでおすすめです。
指定がなければ、GJCが動画・映像の内容に適した声優・ナレーターを選出します。
どのような声質の声優・ナレーターが在籍しているのか、ぜひサンプルを聞いてチェックしてみましょう。

※ブラウザによっては以下項目の音声を再生する事が出来ません。
再生ボタンが表示されない場合は、別のブラウザをお試しください。

-男性:はま

爽やかな印象・重厚感のある印象など、様々なナレーションができます。

-男性:りゅうと

落ち着いた印象のある声だけでなく、爽やかな声も得意としています。誠実な声や安定感のある声も可能です。

-男性:ユーフルカ

サウンドクリエイターとして活躍しており、プロの機材を用いた安定した声質が特徴です。

-女性:ゆかこ

元気な明るい声や、優しい雰囲気の声を得意としています。アニメーションやキャラクターの声も可能です。

-女性:まゆる

落ち着いた声質で、商品販促・ゲームなどの動画・映像に適しています。

-女性:piyokopon

柔らかく優しい印象を与える声質です。子どもの声にも対応できるので、インパクトのある動画・映像に仕上がります。

-女性(外国語):亀井

外国語に対応したナレーターです。優しい語り口調が特徴で、外国語のナレーションを起用したい方におすすめです。

GJCでは、声優・ナレーターの指名料がかからないので、声質や雰囲気を見てどのようなナレーションが動画に適しているか見極めてみてはいかがでしょうか?
サンプルには、落ち着きのある声・スタンダード・元気な声・インパクトのある声などが全て聞けるようになっているので、参考にしてみてください。

どのような動画・映像でも、ナレーション次第でブランドイメージを作ったり、訴求性を高めたりすることができます。
より多くの情報を伝え、感情表現を加えてインパクトのある動画にすれば、映像だけでは伝わらない細かな表現が可能になります。

GJCでは、プロの声優やナレーターの音声サンプルを聞き、無料相談も可能です。
ナレーション選びに迷っている場合は、GJCに相談してみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>