ブログ

犬専用テレビ局「DOGTV」がアメリカで大ヒット・・日本でも・・

アメリカで話題のちょっと変わったテレビチャンネルをご紹介します。

それは、犬向けの番組を放送する 『DOGTV(ドッグTV)』

2012年の2月にスタートし、史上初の犬専用チャンネルとして、アメリカで大ヒットし、アメリカ以外の国でも放映が開始されました。
現在はオンラインでの番組提供も開始され、世界中の犬が DOGTV を視聴可能となっています。

では、いったい私たち人間が見ている映像と何が違うのでしょうか?

カナダブリティッシュコロンビア大学名誉教授の Stanley Coren 氏に尋ねたところ・・・・

実際、犬でもテレビを視聴可能だそうです。
ただし、犬がテレビ番組を視聴するには、いくつかの光学的要因が整う必要があるといいます。
光学的要因で最も重要なのは、テレビ受像機のリフレッシュレート。
人間の目には十分な60Hz のリフレッシュレートでも、犬には不十分で、画面はかなりちらついて見えるらしい。
犬の鑑賞に耐えるには、最低でも75Hz のリフレッシュレートが必要だそうです。

 

そこで DOGTV が放送されている地域のテレビ受像機は120~240Hz のリフレッシュレートを実現しており、犬の目から見ても静止画の連続ではなく、動画として認識可能な番組が提供可能になっているとのことです。

また、テレビの設置位置も重要とのこと。
犬は「見上げる」という動作があまり得意ではないので、テレビを犬の目線に合わせ、低い位置に設置する必要があるそうです。

犬の好む映像は、地面すれすれの低いカメラ位置で撮影されたもの。
撮影対象は動き回る動物がよく、犬であればベストだそうです。

DOGTV のプロモーションビデオは、YouTube の「DOGTV チャンネル」で視聴可能です。
ご自宅の犬が、これを視聴前には、モニターのリフレッシュレートの確認をしてください。

追記

日本でも「DOGTV」が開始されるようです。

NTTぷららおよびアイキャストは4月7日、両社が運営する「ひかりTV」のテレビサービスにおいて、ペット専門チャンネル「DOGTV」を、2014年6月より提供することを発表しました。

DOGTV(Ch880)は、月額1,944円(税込)のプレミアムチャンネルとして提供されます。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>