ブログ

プレロール広告の基礎知識-プレロール広告を効果的に使う方法とは?

現在、動画広告は様々なフォーマットにより公開されています。
そのフォーマットの種類には「プレロール広告」というものがありますが、どのようなスタイルの動画広告なのか、ご紹介していきます。

■プレロール広告とは?

YouTubeなどのネット動画を視聴する前に、動画広告が自動的に再生されます。
その広告のスタイルがプレロール広告です。
フォーマットの種類には動画の中間で動画広告が再生されるミッドロール、動画視聴後に動画広告が再生されるポストロールがあります。

しかし、動画サイトのほとんどはプレロール広告とされています。
動画コンテンツのマネタイズもプレロール広告が全体の8割以上を占めており、動画広告のフォーマットでも主流であると言えるでしょう最近では動画サイトだけではなく、TwitterなどSNSでも採用が拡大しています。

■スキップできる広告とできない広告

自動再生される動画広告に煩わしさを感じるユーザーの多く、そのようなユーザーは動画をスキップすることが多いです。
プレロール動画にスキップ機能があるかというと、比較的に動画が長い場合はスキップができます。

しかし、スキップができるまで最低5秒以上の視聴を必要とすることが多いです。
また短い動画の場合はスキップができない表示の仕方をするケースもあります。
YouTubeの場合は、スキップができるスキップパブル広告とスキップ不可の完全視聴型広告、そしてモバイル向けのバンパー広告の形態があるのです。

・スキップパブル

15~30秒以上ぐらいの広告動画が一般的で、一定視聴時間の超えるとスキップすることができます。
課金形態は視聴完了、もしくは30秒の視聴、ユーザーがタイトルなどをクリックした場合です。

・完全視聴型

完全視聴型の場合は広告動画の再生時間が15秒以内であることが条件です。
また、広告動画を完全に視聴する形式なので、課金形態は視聴完了となります。

・バンパー広告

近年はパソコンよりもスマホなどモバイルユーザーの動画視聴が増加しているため、少しでも動画広告で企業や商品をアピールするためにモバイル向けでサービスが始まりました。
この広告はわずか6秒間の再生となるのでスキップができず、なおかつ多くの人々に見てもらえるメリットがあります。

このように、プレロール広告ではスキップできる動画広告とスキップ不可能な動画広告がありますが、スキップされないためにはユーザーを惹きつける工夫が必要です。
また、動画広告内にバナーなどを設置し、サイトの誘導なども効果的でしょう。

■スキップできるプレロール広告、効果はあるの?

プレロール広告はスキップが可能ですが、それでは広告としての効果が薄いと感じる人も多いでしょう。
動画広告に関するアンケート結果を見たところ、YouTubeで動画広告を見たことがある人が83%にもおよびます。

そして、5秒待機でスキップできる広告動画の視聴経験がある質問では、なんと4割以上はスキップをしなかったというのです。
中には最後まで視聴した人もいる一方、広告内容は理解せずにボーッとしていて最後まで視聴した人も少ないようです。

では、5秒間の視聴でスキップしなかった人はどのような理由でスキップしなかったのでしょうか。
その回答について、46%の人がインパクトの強い映像に魅了されたと答えました。
また、他にも自分の趣味や趣向に合致している、演出の意外さに驚かされたなど、工夫された動画広告に惹かれていることが分かります。

動画広告だと視聴して終わりという印象も強いですが、映像に影響されて自社サイトや商品ページなど広告元へアクセスする人も、17%いるという結果もあります。
なので、映像のインパクト次第ではスキップできる動画広告でも十分アピール効果に期待できるでしょう。
また、課金形態では30秒の視聴が条件となるケースも多いので、15~30秒の間にユーザーを惹きつける工夫が重要となります。

■動画広告に嫌悪感もあり?スキップしてしまう理由

動画広告を最後まで視聴した数が多い企業や商品は良いイメージが強いと思われるでしょう。
しかし、視聴後の意見では厳しい意見も飛び交います。

動画広告の視聴後の印象に関する質問に対して、ブランドに対して良い印象を持つユーザーは約28%です。
その一方、ブランドに対して悪い印象を持つと答えるユーザーは約34%と良い印象を上回っています。

スキップできない広告動画の場合は悪い印象がさらに上の約39%ですが、電車内で表示される動画広告に関しては約24%少ない結果です。
動画コンテンツやWebサイトは普段からよく活用するツールだからこそ、動画再生に対して煩わしさを感じる可能性があります。
動画コンテンツだけが良いとは思わず、他の表示方法を検討する必要もあるでしょう。

また、動画広告をスキップする理由の70%が習慣と答える人も多いようです。
興味の有無に問わず習慣的にスキップしてしまうという理由は、広告主にとっては厳しい実態と言えます。
スキップから逃れるには、ユーザーが楽しい、面白いと思える映像内容を考える必要があるでしょう。

■スキップされない条件と対策

スキップができるプレロール広告は、全体の65%はスキップされていることが分かっています。
ユーザーがスキップするまでの平均時間は15秒の広告で5.5秒、30秒の動画で7.4秒です。

30秒の動画はわずか2秒ほど視聴時間が長くなっていますが、いずれにしてもスキップ可能になってからすぐにボタンを押していると分かります。
スキップをする理由にはブランドに興味がない、広告が面白くないなどの意見がある一方、7割以上のユーザーは習慣的にスキップしているという回答が多いようです。

スキップしない人でも購入意欲がある人もいれば、購入意欲がない人もいます。
購入意欲を持つ人は動画広告に対して良い印象や楽しい印象を持った人が多いです。
しかし、購入意欲がない人は動画が短いから待っただけと消極的な意見も目立ちます。

なお、ユーザーと動画の関係性については意思の有無に問わず、比較的に少ない回答でした。
動画広告ではユーザーの関連性も重要視されますが、スキップに関しては楽しめる動画であるか、楽しめない動画であるかが左右されると言えるでしょう。

また、動画広告のスキップ率では、「以前に広告の商品を購入したことがある」「ブランドに対して意見や印象を持っている」「年齢層が高め」という視点によって、スキップ率が上がる傾向があります。
このことからターゲティングの設定によってはスキップ率を下げることができるでしょう。

その一方、広告クリエイティブ、コンテンツの内容、デバイスではスキップ率に関して大きな差はみられません。
しかし、広告動画の再生時間については、短い動画の方がスキップされにくい傾向が強いです。

■テレビCMと同じような動画広告をつくらない

プレロール広告をスキップされる理由には、制作側がネットユーザーへの理解度が足りないと言えます。
ネットユーザーの多くはテレビなどよりも、無駄の少ないネットでエンタメを楽しむ傾向が強く、無駄と判断した動画広告もスキップしてしまいやすいと言えます。

なので、スキップが難しいテレビCMと同様なつくりではスキップ率を高めてしまう可能性があります。
ネットで流す広告動画は、ネットに合わせたものを制作する必要があるのです。

例えば、スキップ可能な待機時間は5秒間なので5秒以内にユーザーのエンゲージメントを上昇させる工夫が重要です。
また、モバイルユーザーの場合は30秒以上の動画よりも10秒以下の動画の方が、約2倍もの広告効果があるという調査結果もあります。
他にも、誰かにシェアしたくなるような映像内容も重視されるポイントです。

■スキップされてもある程度の効果がある?

スキップされてしまった広告は全くメリットの効果がないと考える人もいますが、そんなことはありません。
視聴者がどれだけプレロール広告に注目を集めていたかを測定したアイトラッキング機能を見てみると、非常に高いアテンションを維持していることがわかっています。
視聴者に興味があるかないかは別として、視聴目的である動画のコンテンツの前に挿入することでスキップされていない広告との差はさほどありません。

スキップされなかった広告には、「好意を抱いている」「自分に関連しているな」「良いブランドだ」などの項目に関しては高い結果が残っていますが、購入意向があるという項目に対してはどちらも高い効果を残しているということがわかっています。
例えスキップされてもブランドリフト効果が期待できるので、スキップ率を下げる要素も十分考えられるでしょう。

■広告スキップをしない人の理由とは?

7割以上の視聴者が広告スキップをするというのに対して、スキップをしないという視聴者も存在しています。
その理由は、「もともと興味があったから」「広告が面白かったから」「そのブランドが好きだから」という内容が最も多くあげられました。
また、「広告時間が短かったから終わるまでスキップしなかった」という消極的な声もあります。

中には広告内容が自分に関係していたからという意外な回答も寄せられていたようです。
では、広告スキップが習慣になっている視聴者の理由は一体何なのでしょうか?これは、スキップしない人の理由にもあるように、自分との関連性がどれだけあるかがポイントになっているようです。

自分に関係のない広告であれば、視聴しても楽しめないという理由が最も多く、広告時間が長かったりすると動画の内容と関係なくスキップするという行為が習慣化してしまうようです。
このようにスキップ率の上がり下がりは、そのブランド商品を過去に購入したことがあるかどうかで大きく左右されています。

また、短い広告の方がスキップ率も下がるという結果も出ています。
YoutubeのTrueView広告のように、スキップした場合は、課金されないシステムもあります。

スキップされても費用面で痛手を負うことはなくでも、せっかく配信するのであれば少しでも高い効果を目指したいものです。
動画広告市場は今後も高い進化の可能性を秘めているため、今後も動画広告の攻略法や効果が期待できるでしょう。

■Twitterでもプレロール広告配信が可能に!

Twitter上でプレロール広告を活用すると、どのような効果があるのでしょうか?Twitterは、ライブ動画配信アプリ「Periscope」を配信した動画でプレロール広告の提供を開始することになりました。
Twitterでライブ動画をプロモーションツイートとして配信できるライブコンテンツを拡張するために、プロモライブビデオやインフルエンサーによってライブ動画の活用を行っていきます。

このようにPeriscopeのライブ動画に広告を流すことで、ブランドを強めてより多くのメッセージを届けられるようになります。
広告主は、より多く速く視聴者にリーチできるようになるため今後も加速していくだろうという期待も持てるでしょう。

プレロール広告は、広告主が様々なライブ動画とオンデマンドを活用して、ブランドの関連性が強いライブ配信をされる前にメッセージを送ることが可能です。視聴者は、臨場感あるPeriscopeライブ動画に自分も参加しているような感覚を楽しめるため、体験にあわせて作成されたプレロール広告に親近感を感じることでしょう。
視聴者にとってもメリットの大きいPeriscopeのプレロール広告は、広告主にも大きな影響を感じるものです。
簡単にスマートフォンからライブ配信やプロレベルの動画配信を視聴することができる上、360度のライブ配信まで多様なフォーマットまで展開され、最適なストーリーを獲得することができるでしょう。

■Periscopeのプレロール広告の使用方法について

Periscopeのプレロール広告は、Twitterの他の動画広告と同様の機能も搭載される予定です。
これまで以上にライブ配信が手軽になっているため広告主もユーザー利用者どちらも利用率が高まっていくことでしょう。

現在、Twitterは広告主とコンテンツパートナーによる協力のもと、オーディエンスにリーチできるようカスタム化を図っています。
以前までのTwitterでのライブ配信は、一度Periscopeのアプリを起動してからでないと動画撮影をすることができませんでした。
しかし、今後新しくアップデートすることにより、ライブ配信も少ないタップ数で獲得することができるようになります。

もちろん、コメントやいいね!機能もTwitterから直接追加できるようになるので、TwitterとPeriscopeの親和性はどんどん深まっていくことでしょう。難しい操作をしなくても、これまで以上のライブ配信が楽しめることで非常に注目が集まってきています。

Periscopeの動画配信はリアルタイムで行うため、快適な配信環境が求められます。
回線が遅い場合は、ライブ配信の臨場感を100%体験することができないので、必ず配信環境を整えてから視聴するようにしましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>