ブログ

PV動画(映像制作)の作り方~PV・MVの違いとは?~【基礎】

よくアーティストの映像作品で使われている「PV」という言葉があります。
PVというのは以前までアーティストの映像と音楽を合わせた映像のことを言っていましたが、最近では「MV」という言葉も出てきて、定義がよく分からない、PVとMVの違いが分からないという方も増えてきています。

PVとMVは一体何が違っているのでしょうか?また、PV・MVを制作するにはどんな機材が必要で、どういった方法で制作できるのでしょう?
今回はPV・MVの基礎についてご紹介していきます。

・PV(プロモーションビデオ)・MV(ミュージックビデオ)の違い

まずはPV・MVはどんな違いがあるのか、解説していきます。皆さんは「PV」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
恐らくほとんどの方は、例えばアーティストの新しいシングルが発売された時に公開される音楽と映像を掛け合わせた作品だという認識かと思います。

確かにこのイメージとPVが全く別物というわけではないのですが、実は若干意味に違いがあるのです。
どういった違いがあるのでしょうか。

-PVとMV、それぞれの意味

PVはプロモーションビデオの略称です。
アーティストが新曲をプロモーションする時に作る映像作品をPVと呼ぶことは基本的に間違っていません。

一方、音楽に合わせて映像を当てはめた動画はMV(ミュージックビデオ)と呼びます。
PVはあくまでもプロモーション活動を目的に制作された動画・映像全てを指しており、MVではないものもPVに含まれます。

以前まではMVと呼ばれている動画・映像も全てPVと呼ばれていました。
なぜなら、音楽に合わせて作られた作品は、音楽を売るためのプロモーションに過ぎなかったからです。本人が歌唱している姿や世界観を映像に収めることにより、販促を促進させる働きがありました。

しかし、現在は昔のように音楽を売るために動画・映像が制作されているわけではありません。
もちろん、そういった理由も含まれるかと思いますが、Youtubeによって気軽に音楽映像が見られるようになり、音楽映像そのものの販促効果が薄れてしまったのです。

そのためプロモーション目的で動画・映像を制作するよりも、クオリティの高い映像を作り出すことでアーティストのブランディングを図る流れが出来上がっていきました。
そのため、今では「PV」ではなく「MV」で表記されるケースが増えてきているのです。

ただし、PVが全てMVに変わってしまったのかというと、そうではありません。PVはプロモーションを目的とした動画・映像全てに言えることなので、現在でもPVは制作され続けています。

-PVとMVの種類

PVとMVには「実写」と「アニメーション」という2種類に大きく分類されます。
実写は実在する人やものを撮影した動画・映像を指しており、アニメーションは2次元的な表現や3DCGやモーショングラフィックを活用したものになります。

米津玄師 「Lemon

2019年3月現在で3.2億回もの再生回数となっている米津玄師の「Lemon」という楽曲のMVは、実写に分類されます。
米津玄師自らが歌っている映像に加えて、女性がダンスしている姿が非常に印象的な作品となっています。

「君の名は。」 MV Sparkle

こちらは「君の名は。」という映画のSparkleという楽曲のMVです。映画本編の映像を織り交ぜた映像に音楽を掛け合わせており、アニメーションに分類されます。
「君の名は。」の場合、音楽は全て映像に合わせて作られたということもあって、アニメーションとの親和性も非常に高いです。

一部の事例をご紹介しましたが、最近では実写映像とアニメーションを掛け合わせたPV・MVも制作されています。
PV・MV両方でそれぞれの目的に合わせて工夫がなされているのです。

・PV・MVを制作する時に必要なもの

続いてはPV・MVを制作する時に必要なものをご紹介していきましょう。
PV・MVを制作する場合、実写撮影に必要な機材と編集するための素材ファイル、編集・加工ソフトがあれば誰でも作ることができます。

-実写撮影に必要な機材

PV・MVを実写で撮影したい場合、カメラなどの機材を使って撮影する必要があります。
基本的にはカメラがあれば撮影できるのですが、カメラを固定するための三脚や顔や商品などを綺麗に映すことができる照明も用意しておくと良いでしょう。
本格的な実写を撮影したい場合は、カメラの画質にもこだわるべきです。

-素材ファイル

動画・映像を編集する場合、その元になる素材ファイルが必要です。
素材ファイルは動画だけではなく画像や音声のみのファイルも作成します。
実写のPV・MVを制作する時はあらかじめ撮影した動画ファイル(.mp4など)の不要な部分をカットしたり、必要な音楽や効果音、テロップなどを加えたりしながら制作していきます。

アニメーションの場合は画像ファイルを何枚も使い、滑らかな動きを出していきます。
アニメーションを作るのに便利なソフトもあるので、そういったものを活用してみると良いでしょう。

-動画編集アプリ・ソフト

動画編集を行う場合、専用のアプリ・ソフトがないと作れません。
動画編集アプリ・ソフトにも様々な種類がありますが、ここでおすすめをご紹介していきましょう。

AviUtil

AviUtilは動画編集と動画加工が両方行えるソフトです。
フリーソフトなので無料で使用することができます。
参考書や参考サイトなども豊富に見つかるので、初心者の方にはおすすめの動画編集ソフトと言えます。

ただし、AviUtilの開発自体2013年でストップしてしまっているため、操作画面は古いままの状態です。
また、有志によって機能は拡張されていますが、拡張機能は初心者の方が活用するには難しいというケースも見られるでしょう。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは、本格的な動画編集ができるソフトです。
単体でも便利なソフトなのですが、コンプリートプランを利用すると様々な制作アプリが使えるようになります。

動画内で使う素材作りからCG合成までお手の物なので、プロ志向の動画編集ソフトと言っても過言ではないでしょう。
現在公開されている映画作品にも使用される動画編集ソフトなので、より本格的なPV・MVを作りたいという方におすすめです。

-動画加工アプリ・ソフト

通常、PV・MVを制作する際には動画編集アプリ・ソフトだけで事足りる場合が多いのですが、より高度な技術を使ってPV・MVを制作したいという場合には動画加工アプリ・ソフトが必要です。
どのような動画加工アプリ・ソフトがおすすめなのか、ご紹介しましょう。

Motion

Motionは2D映像を3D映像に変換したり、モーショングラフィックを活用したりすることができる動画加工ソフトです。
高度なカラーグレーディングなども可能なのですが、Mac専用のソフトなのでWindowsでは使えません。

Blender

Blenderは3DCGを制作できるソフトで、無料で使えるというメリットがあります。
また、日本語対応やWindows・Mac・Linksにも対応しているなど、手軽に3DCGをPV・MVに盛り込みたいという方におすすめのソフトです。

ただし機能がいくつもあったり、操作が少し独特で初心者はまずソフトの使い方から覚えなくてはならなかったりする点は、デメリットだと言えるでしょう。

・PV(プロモーションビデオ)・MV(ミュージックビデオ)の作り方

PV・MV動画は動画制作や映像制作として取り入れている企業も多いのではないでしょうか?
ここでは、実際のPV・MVの作り方をご紹介しましょう。
PV・MVは、どんな工夫を盛り込むにしても基本的な作り方を知っておけば応用できます。

-使用する曲を決める

まず、商品やサービスに適している曲を探して決定するところからスタートします。
PVであれば曲はBGMとして流れます。
どのようなイメージにしたいのか、視聴者にどのように印象付けたいのかを考え、使用する曲は慎重に決めましょう。

-PV・MVの流れを設計する

使用する曲が決まったら、続いてその曲に合わせた絵コンテを作ります。
PV・MVのテーマは何なのかに焦点を当て、商品・サービスの何を最も伝えたいのかを考える必要があるでしょう。

実写にするのかアニメーションにするのかもこの時点で決めておくとスムーズです。
フリーソフトを使って簡単なPV動画を制作する場合は、絵コンテは不要な場合もあります。

PV・MVの作成の中では難しい工程でもありますが、ジャンルが似ているPV・MVを見て想像を膨らませると良いアイデアが出る可能性もあります。
商品やサービスに合った絵コンテを決める参考にしてみましょう。

-設計した内容に合わせて、素材を集める

素材とは、動画・写真・音声・音楽などで絵コンテに必要な素材だけでなく、様々な種類のものを集めることで選択の幅も広がります。
素材は、動画・写真・音声・効果音・音楽など素材別にフリーダウンロードサイトがあるので、素材サイトを活用して集めると良いでしょう。

-動画編集ソフトで素材をつないでいく

素材を集めたら、動画編集ソフトでそれらをつないでいきます。
明るさ・コントラストなどの色調をはじめ、素材のつなぎ目の切り替え効果を取り入れたり、エフェクト・フィルターなどを適用したりなど、素材同士のつなぎ合わせを行います。

動画の画質を向上させ、適切なエフェクトを加えるなどしてインパクトのあるPV・MV動画を作りましょう。
動画編集ソフトのタイムラインという機能を使えば、動画・音声・画像などを切り貼りしていけるのでスムーズに行えます。

完成したPV・MVを見返して、修正や加工が必要な場合は繰り返し行います。
必要に応じて動画を加工し、満足のいく状態に仕上げましょう。

-エンコードして完成

PV・MV動画の編集が完了したら、エンコードを行います。
エンコードは、動画の中で削っても問題がない部分をカットして、ファイル容量を小さくする作業のことです。動画は、パラパラ漫画のように何枚もの画像を繋ぎ合わせることで動画として見せています。

そのため、不要な部分をカットせずに動画ファイルとしてしまえば、当然ファイルサイズも巨大になってしまうのです。
動画を圧縮して映像と音声をまとめるエンコードの作業が終われば完成です。

・PV(プロモーションビデオ)制作のコツと押さえるべきポイント

ここまで、PV制作時のコツについてご紹介してきました。PV制作時のコツをそれぞれ理解した上で、次のようなポイントも押さえておくとよりPVでの販売促進効果を発揮できるようになるでしょう。

-問題解決のためのプロセスを表現できているか

PVは本来、商品やサービスの販売促進のために用いられるものです。商品を購入したり、サービスを利用したりする際には必ずそこに何かしらの問題があり、解決するために購入や利用を検討します。 そのため、PVにクリエイティブな側面や面白さを追求するのも悪くはありませんが、ストレートに問題解決のためのプロセスを盛り込むことも重要です。その商品やサービスを使うことで問題は解決するのか、という点を表現できればより販売促進につながるでしょう。

-商品やサービスの解説だけに重点を置きすぎていないか

PV自体としてはもちろん商品やサービスのプロモーションとなるため、その商品がどのように使えるのか解説することは大切です。しかし、商品の機能面や技術面を前面にアピールしすぎてしまうと視聴者側からすると途中で飽きてしまったり、明らかに白けさせてしまったりすることもあります。 PVは問題解決のためのプロセスをいかにわかりやすく表現できるかが重要となるため、商品やサービスの機能面や技術面だけに重きを置かずに視聴者目線になって本質を見失わないようにする必要があります。特に開発したエンジニアが多くPVに関わっていると機能面や技術面をアピールしたくなりますが、PVは誰に何を伝えたいのかが重要となるので、周りに見てもらいながら制作すると良いでしょう。

-商品を使っているイメージを伝えられているか

PVにおいて商品やサービスを使っているイメージを伝えることで、より販売規模を大きくすることが可能となります。できるだけ、誰が見ても商品やサービスを使っているイメージができるPVとなっているかを考えながら制作することが大切です。 非常にマイナーな市場やターゲット層をかなり絞った商品やサービスでない限り、PVのターゲットとなる人は多くいるでしょう。もちろんターゲットを絞った戦略は重要ですが、不特定多数の人がPVを見ることも考えながら制作することも販売促進として重要です。 例を挙げてみると、一眼レフカメラはプロのカメラマンだけでなく今や一般の人にも多く利用されています。男性だけでなく女性も使いますし、それこそ若い世代だけでなく幅広い年齢層の人に使われているカメラです。そのため、ターゲットを一部に絞りすぎることなく、誰もが使っているイメージが重要となるのです。

-魅力をすべて伝えず要点を絞っているか

売る側からすれば、PVでその商品やサービスの魅力をすべて伝えたいと考えて制作したいと考えるかもしれませんが、PVでその魅力をすべて伝えきることは非常に困難です。商品に関してのデモをPVで行うのではなく、大切なのはあくまでも問題解決までのプロセスを提示することになります。 PVにすべての魅力を詰め込んでしまうとPVとしての本質を見失うことにもつながってしまうため、伝えたいポイントを絞り集中的に伝えることと問題解決までのプロセスをいかに伝えるかに重点を置いて制作してみましょう。

-5W1Hを考えられているか

PV制作時だけではなく、動画制作時において「5W1H」を考えることは非常に重要となります。「いつ」「誰が」「どこで」「なにを」「なぜ」「どのように」をPV制作する前に企画段階で考えておくとPVの方向性を見失わずに制作できるでしょう。 また、5W1Hの中でも「誰が」「なぜ」という点は非常に重要で、PVのターゲットは誰なのか、なぜその商品やサービスを利用する必要があるのかを伝えるためには欠かせません。「誰が」と「なぜ」を明確にしておくだけでもより視聴者に伝わりやすいPVとなるでしょう。

-長すぎないPVになっているか

PVが長すぎてしまうと、どうしても伝えたいポイントが多くなり本当に伝えたいことがまとめられていない状態になってしまいます。テレビCMなどを参考にしてみると、テレビCMの場合伝えたい内容をかなり絞って15秒から長くても60秒の間で内容を入れ込んでいます。PVはもう少し長くても問題はありませんが、あまりに長くても視聴者に飽きられてしまうことになるので、気を付けましょう。

-テロップやナレーションを駆使し理解しやすい内容になっているか

PVの中で、テロップやナレーションを駆使することは非常に視聴者側からしても理解しやすい映像となるため効果的と言えます。映像だけでなくテロップで強調したいところをピックアップしたり、ナレーションを付けてみたりするだけでも記憶に残りやすいPVとなるでしょう。 テロップやナレーションを入れる際には、ここぞというところで使用するのが最も効果的でしょう。あまり全面的にテロップやナレーションを入れすぎてしまうと、どうしても強調したいことや伝えたいこと以外にもフォーカスが当たってしまい、何が重要なのか、何を伝えたいのかが曖昧になってしまいます。

-質の高い音声になっているか

PVはあくまでも販売促進をするための映像ですが、映像だけでなく視聴者の記憶に残りやすい音声を活用することもより高い効果を上げるためには大切です。無料素材のBGMを用いたり、ナレーションを内製化したりすることでコストは下げられますが、PV効果を十分に発揮するのであれば有料素材を活用したり、ナレーションはプロに依頼したりすることも視野に入れてみましょう。

⁻テンポのいいPVとなっているか

テンポの悪いPVは視聴者からすると見ていて飽きやすいです。そのため、画面の切り替えや商品のズームアップなどを活用しテンポの良いPVとしましょう。そうすれば、視聴者に最後まで飽きられないPVとなります。

-PVの内容はストーリー性を持っているか

PVにおいて問題解決のためのプロセスを盛り込むことが重要だと前述しましたが、その際により視聴者を惹きつけるためにPV内容にストーリー性を持たせることをおすすめします。より視聴者に飽きられないPV、またPVの世界観に入り込めるものとなれば販売促進効果も非常に高くなります。ただし、あくまでも問題解決のためのプロセスが重要なのであまりにかけ離れたストーリーではなく、問題解決に沿うようなストーリーを構築していきましょう。

・まとめ

今回は、PV(プロモーションビデオ)・MV(ミュージックビデオ)の違いや制作方法などをご紹介しました。
近年では、動画編集ソフトや素材ソフト等を活用すれば誰でもPV・MV動画を制作できるようになりました。

何らかの商品・サービスをプロデュースしたいならPV動画、特定の音源に適した映像を付けたいのであればMV動画というように、それぞれ目的や到達点を明確にして最適なものを選ぶようにしましょう。
加工ソフトを使って、魅せ方を工夫するのもおすすめです。
それぞれの特徴を理解し、魅力的なPV・MV動画を制作してみてください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>