ブログ

多忙なマーケティング職をより効率的に!SNS動画でPR

各企業のマーケティングの部署では企業内でのマーケティングの活動はデザインや広告の制作などから市場調査なども行います。
マーケティング職の仕事はデザインや広告を掲載し商品やサービスを広報するために切磋琢磨します。
またマーケティング部署は市場のニーズを掴むために購買者や市場の調査等も非常に重要です。
売上や利益に繋がるように効果的に動画や映像の広告も出していきます。
市場調査、マーケティング戦略の立案・実行、商品企画から販売促進、営業企画、広告戦略など近年のマーケティング職は多忙です。動画や映像を利用して販売促進に繋がるような活動を行い、近年はインターネットを活用してバナー広告なども使用して宣伝として活用し、広報のためイベントなどに参加、企画して企業の商品やサービスの売上を上げるために部署にて様々な活動を行います。
そのためどのような媒体で宣伝していくのかも大きなポイントになります。

■市場調査をしてからSNSやSEOをして広告を配信

企業のマーケターは情報収集も担います。
有力な情報を得ることが出来るように競合他社の調査や、市場の値段調査なども行いますが、ここでマーケターに求められるのは情報処理能力です。
しっかりとした情報収集が出来ているか、また市場の正しい値段調査を行歌目にGOOGLE ANALYTICSなどを使用してキーワード検索回数を調査したり、キーワードや観覧回数を調査したりします。
その後にキーワードを選定してSNSやSEOをして広告を配信します。

○大手企業ではマーケターはEXCELで図表を作成しグラフ化してデータ収集

企業が求めているのは早く、正確な情報収集が出来る人材です。
細かく毎月毎年分の正確な情報を収集しリストにします。
大手企業ではEXCELで図表を作成し、時期ごとにグラフにしてデータ収集を行います。
マーケターに求められるスキルはデザインや動画制作だけでなくデザイン面だけでなく情報収集能力も必要とされています。

○マーケティング戦略の立案・実行

マーケティング職において、マーケティング戦略の立案、広告戦略は欠かせません。
自社サイトなどをデザイン、商品やサービスの広告を作成したり、広告戦略を担うマーケティングでは広告から、企業のイメージをデザインしてきます。
その後にSNSやSEOをして宣伝をしていきますが企業ではイメージや社風にあった広告を制作するなどして行きます。

マーケティング部署では商品を含めカタログの制作や、ポスター、CMなどにおいてもマーケティング職において作業をし、販売促進につながるような広告戦略を担う仕事でもあります。
どのように広告を出し反響を得るかはかマーケター次第です。
良いマーケターがいる企業等マーケティングの部署が機能していれば企業でも大幅に利益を伸ばすことができたり、SNS動画マーケティングやYOUTUBEを利用してして販売促進を行うことが可能です。
国内のシェアだけでなく海外シェアを広げるためにも重要な職なのです。
マーケティングの戦略を練り実行し各行事に携わるので、商品や季節ごとに仕事をするので非常に忙しい仕事でもあります。

■企業のマーケティングは商品やサービスの認知度を高める

マーケティングの手法は広告だけに限らず、商品企画をしてイベントに参加したりして商品やサービスのより多くの人に広める事も担います。そのイベントの告知にもSNS動画、映像広告を利用すると多くの人にいとどでお知らせをすることが可能です。
イベント出展を企画をしたりもし新商品の披露会なども行うマーケティングでは宣伝する手間が省けて有意義な宣伝が可能です。
そのためマーケティングを担うマーケターは実績や経験も必要で企画力も求められます。企画の部署がある企業ではマーケティングと企画で商品企画やイベントを協力して開催したりします。
イベントは様々、ユニークなイベントを開催しコンサートや、ショーから社員旅行までの企画にも携わる多忙な職がマーケティングです。
イベントなどは動画にして配信するとファンや顧客に活動を伝えることが出来るのでSNS上で動画配信をして企業の社員全員でシェアをすれば多くの人に会社の魅力を伝えることが出来ます。

■SNS上で動画配信、商品やサービスを広報

新商品の発表はイベントなどを通して積極的に行うことで注目を得ることが出来ますさらなる販売促進、営業のためにSNS動画広報活動は短時間で多くの人にお知らせすることが可能なので利用する他ありません。

シェアをすれば多くのメディアや個人ユーザーが商品を取り上げシェアするので効果的なマーケティングが可能です。
幕張メッセ、横浜レンガ館、東京ビッグサイトなどで開催されている大々的なイベントに参加したり動画配信をすることで商品の広報にも繋がります。

○限られた予算で企画、宣伝、広告をするマーケター

大規模なイベントに参加すれば商品やサービスを十分にアピールでき、顧客への大きな宣伝効果になり結果、売上や利益を上げることが出来ます。
マーケティングの部署は企画の部署と協力して、イベントに参加し様々な商品のアプローチを計画していきます。マーケティングは限られた予算で企画、宣伝、広告をだして、売り上げ、利益が上げるように促進します。
そのため広告費の面でもSNSマーケティングは非常に経済的で多くの人にリーチが可能な宣伝方法なのです。

■売上に反映させる広告戦略を

大手メーカーのマーケティングは動画広告等を出して売上に反映させる広告戦略を担いますが、大手メーカーは広告を載せるために広告費を支払い観覧率の多いサイト、テレビ、ラジオなどで宣伝をしています。
しかし実際のところは何員が広告を見ているのかははっきりしませんし、広告戦略は大手メーカーの広告はかけることができる宣伝費も異なります。
しかしSNS動画マーケティングを実施すれば中小企業にもそれに勝るマーケティングは可能で、FACEBOOK広告に料金を払い宣伝することで大きく売り上げや利益に反映させることが出来るようになります。
競合他社に勝つために、自社の商品やサービスを宣伝することも可能です。

○デジタルマーケティング

企業のマーケティングにおいてもWEB戦力は最重要で、近年は多くの企業が効果的にホームページを活用し、自社のサービスや商品のサービス情報などを公開、宣伝しています。ホームページを活発に展開していない企業は、反響も少なく結果的に売上や利益が出なくなるので、ITを活かしたマーケティングはサービスや商品、PRの認知名度を高めるためには必須です。
SNSマーケティングは時間をかけずとも一度で大人数に動画コンテンツをシェアをすることが出来、スタッフ同士でコメントをかけばさらなる反響を得ることが出来ます。
SNSマーケティングは必要な情報やメリットを顧客に伝えることで多くの方にリーチすることが可能す。

○SNS動画でキャンペーン情報をコマーシャル

SNS上でキャンペーンを行ったりしながら集客を得ることも可能で、ITで商品やサービスをより多くの人に伝えてまた、イメージや企業の印象アップに繋げます。
更にサイトやランディングサイトを利用してショッピング機能を付帯させる等して販売促進に繋げることが可能です。

■まとめ

マーケティングは市場調査からマーケティング戦略の立案・実行までを行い、商品企画、販売促進、営業企画、広告戦略、デジタルマーケティング、新商品の紹介とデザイン面でも企業イメージを構築しながら市場調査までを行う分析力等もします。
そのため多忙を極めるためにSNSマーケティングを利用して宣伝できる情報はSNS上で発信していくと便利です。

企業のメージづくりに貢献し、購買を促進する責任もあります。
予算内で宣伝をするならばSNS動画マーケティングは非常に利用価値が高く簡単に広告宣伝が可能です。またSEO、市場調査などの調査能力や情報処理した上で宣伝をしていくことでさらなる効果を得ることが出来るようになります。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>