ブログ

各SNS動画広告の特徴

同じSNSでも媒体によってアクティブユーザーの年齢や性別、さらに広告の種類に課金制度も違うので確認していきましょう。

-Twitter(ツイッター)

Twitterは月間約4万人の国内アクティブユーザーが利用しており、ユーザーの年齢層は10代~40代までと幅広いです。
半数を占めるのは10~20代なので、リーチは若者がメインとなるでしょう。

動画広告は動画付きプロモツイート(プロモビデオ)として配信可能です。
テキストの本文と一緒に配信でき、CTAボタンも備わっています。
アプリインストールや最整数など目的に応じてキャンペーンを設定できます。

-Facebook(フェイスブック)

Facebookは月間約2,700万人の国内アクティブユーザーが利用するSNSで、主に30代~40代のユーザーが多いです。
そのため、主婦やビジネスマンの興味を引くような広告動画がおすすめです。
広告はインフィード型となっており、タイムライン内に表示できます。
課金のタイミングはキャンペーンに応じて異なります。
例えば、動画の再生数を狙った場合は表示回数に応じて課金されるインプレッションか10秒以上の再生で課金となります。
アプリインストールの場合は、表示回数またはクリック数、インストール数に応じて課金されるケースがほとんどです。

-Instagram(インスタグラム)

Instagramは月間1,600万人の国内アクティブユーザーが利用しており、利用している年齢層は10代~30代です。
中でも20代~30代の女性はコアなファンが多く見られます。

動画はタイムラインに表示されるインフィードに加えて、ストーリー内に24時間限定で動画広告を配信することも可能です。
課金制度はFacebookと基本的に一緒ですが、ストーリー内広告は表示回数に応じて課金される仕組みとなっています。

-LINE(ライン)

LINEは月間6,600万人の国内アクティブユーザーが利用しています。
10代~50代と年齢層はSNSの中でも特に広いので、幅広い動画広告の配信に活用できます。
日々のコミュニケーションツールとして使われているので、10代へのリーチにも最適でしょう。

動画広告はタイムライン内の「VIDEO AD」にてインフィード型で配信可能です。
課金はインプレッション課金だけとなっています。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>