ブログ

動画マーケティングの基礎知識

スマートフォンを使ってインターネットアクセスが容易になった昨今、マーケティング市場も大きな変化を見せており、動画を使ったマーケティングが増えてきました。
これまで動画を使ったマーケティングはCMの引用などが多かったのですが、最近では動画広告だけを制作している企業も少なくありません。

既にマーケティング方法の一つとして定番化してきている動画マーケティングですが、これから動画マーケティングを取り入れようと考えている方も多いかと思います。
そこで今回は動画マーケティングについての基礎知識をご紹介していきましょう。
まだあまり動画マーケティングについて詳しく知らないという方は、今回の記事を参考にしてみてください。

■動画マーケティングの誕生背景

そもそも動画マーケティングはなぜ誕生したのか、その背景から解説していきましょう。
動画マーケティングの誕生背景に欠かせないポイントがいくつかあります。
まず、インターネット環境が整備され、今では当たり前のようにインターネットが使える環境になっていったということが、動画マーケティングが生まれた背景にあるものと言えます。

■ネット環境が整備され動画が当たり前に見られる環境に

元々インターネットで配信されていた動画というのは、パソコンが普及し始めた1995年頃から既にあったと言われています。
この頃はまだインターネット環境が従量制を採用していたため、動画を視聴するとなるとかなり容量は重くなり、普及には至りませんでした。その後、2000年頃からブロードバンドが普及し始め、徐々にWEB上で動画が見られる環境が整備されていったのです。

WEB動画が一般的になっていったのはそこからさらに5年後になります。
2005年になると動画配信プラットフォームが徐々に増えてきました。
例えばYoutubeやGyaO、ニコニコ動画などが参入し始めてきたのです。
これらの動画サイトが出来上がったことで、インターネット上で動画を見ることが当たり前になっていきました。

■SNSの普及

もう一つ、動画マーケティングが生まれた背景には、SNSの普及も挙げられます。SNSの原点となったのは、今で言うマッチングサイトのようなものです。
みゆきネットやGoccoなど、SNSの先駆けとも呼べるサービスが1996年頃には既に誕生していました。
その後、1999年には匿名で掲示板に書き込みができる2ちゃんねるのサービスも開始されています。

2004年にはGREEやmixi、2008年にTwitter、2010年にはFacebookと、今では当たり前のように使われているSNSが続々と日本で使われるようになりました。
SNS人口が増えることによってブームのきっかけにつながるようになり、そこからマーケティングにおいてもSNSを活用した形が増えていったのです。
このように、インターネット上で動画が見られる環境が整備されていったこと、SNSが普及していったことが動画マーケティングの誕生、さらには普及につながったと考えられます。

■動画マーケティングのメリット

では、動画制作する上でどのようなことに気を付ける必要があるのか、また動画マーケティングのメリットなどをまとめてみましょう。
近年では、動画を活用することは様々な企業でも動画広告を取り入れるなど、当たり前の時代になっています。
そもそも動画には、多くの情報を提供できるという大きな強みがあります。

圧倒的な情報量を入れ込むことができる動画は、写真などの静止画と比較しても情報量の深さについては文句なしです。
また、大まかなイメージがあるというだけでも、文字や画像だけでは表現できないような動きや音を利用してユーザーに感覚的な情報を伝えることができます。

企業であれば、提供している商品やサービスなどのコンセプトや理念などを上手く表現しやすいと言えるでしょう。
特に動画は人々の記憶にも残りやすいと言われているので、動画マーケティングを上手く活用することが非常に有効であると言えます。

■動画マーケティングは3パターン

動画広告のメリットを軽くご紹介しましたが、続いては動画マーケティングを効率的に進めるための基礎的なポイントについてご紹介しましょう。
動画広告を制作する時は、一般的な購買プロセスと同様に、それぞれのプロセスに合わせた情報提供などを行う必要があります。

例えば、新聞広告では読み手の興味・関心を惹いて人はその商品・サービスについて調べ、購入しシェア・リピートにつながっていきます。
動画広告でも同じくまずは集客を目的とした集客動画、次に注文につなげるためのコンバージョンアップ動画、そして最後に顧客との信頼関係を構築し、シェアやリピートにつなげるエンゲージメント動画を制作する必要があるのです。

■集客動画の特徴

集客動画の場合、多くの方は動画内容に力を入れがちです。
もちろん、動画内容に力を入れることが悪いというわけではないのですが、集客動画の目的として重要なことは、検索エンジンで上位表示されるようにするということになります。

SEO上位表示を達成するための動画となるので、1つの質の良い動画作品を作るというよりもSEO対策を行いつつ動画数を増やすことで、検索エンジンで上位表示されやすくなります。
ただ、いくら動画広告だからといってあからさまな商品・サービスの宣伝をしてしまうと視聴する人の数も減ってくるので気を付けなくてはなりません。

集客動画の中には様々な動画の種類が挙げられます。
ハウツー動画やセミナー動画、商品やサービスのプロモーション動画などがあります。
企業の中にはバズ動画(SNSなどで拡散され多くの人に視聴されるようになった動画)を増やそうと努力しているところも少なくありませんが、バズ動画を狙って作ることは非常に難しいと言えるでしょう。

■コンバージョンアップ動画の特徴

コンバージョンアップ動画は、集客動画で集めた見込み顧客を商品・サービスの注文につなげるための動画を指します。
いわゆるここから具体的な販促につながっていくのですが、それでもあまりに商品・サービスに対して誇張したアピールをやりすぎてしまうと見込み顧客も離れていってしまう可能性が高いです。

やはり自社サイトや商品やサービスのランディングページへ見込み顧客を引き入れるための工夫は行うべきと言えます。
例えば、プロモーション動画の内容は集客動画に比べてより掘り下げた内容にすることで商品やサービスをアピールすることになるのですが、ただの商品やサービスを売り込むような内容になってしまうと、冒頭で視聴を終わらせてしまう人も多くなってしまうでしょう。
コンバージョン率を上げるための工夫としては、ユーザー目線に立った動画制作が重要です。

ユーザー目線に立って動画制作を行うには、ユーザーが分かりやすい動画にするという配慮は必須となります。
例えば回りくどい表現や独特な言葉遣いなどが動画内で使われてしまうと、ユーザーが結局何を言いたいのか分からないまま動画を見終わってしまい、そこから次の行動に移らなくなってしまいます。
動画は視聴する人に多くの情報を与えることができますが、その情報が分かりにくくなってしまうと動画の効果を得られないのです。

プロモーション動画だけではなく、クロージング動画もコンバージョンアップを目指すための動画になります。
クロージング動画では見込み顧客に向けて体験談などを交えながら関心の高い見込み客に対して商品やサービスを推し、手にとってもらえるようにします。

クロージング動画の役割としては、この商品やサービスを使うことで見込み顧客の不安を取り除きます。
本当に効果があるのか、自分でも活用できるのかという様々な不安点を解消するためにクロージング動画を制作するのです。
プロモーション動画とクロージング動画、両方をうまく組み合わせてコンバージョンアップを目指します。

■エンゲージメント動画の特徴

エンゲージメント動画は、見込み顧客から顧客に変わった後も、継続して商品やサービスを使ってもらえるよう、顧客満足度を高めるために制作する動画を指します。
消費者との距離を縮め、より信頼性を構築するための動画となります。

エンゲージメント動画は基本的に商品やサービスをアピールするというよりも、商品やブランド、企業と顧客との強い結びつきを示すために、商品やサービスの関係者達はどんな思いで作っていったのか、企業の歴史などを知ってもらうことで企業のファンを作っていきます。
エンゲージメントはマーケティングには関係ないと思われてしまいがちですが、これまでの顧客を手放さないようにするためには大切な動画広告でもあります。

このように、集客動画・コンバージョンアップ動画・エンゲージメント動画の3種類を制作することで効率的な動画マーケティングにつながります。
動画マーケティングを行う際には、ぜひこちらの3種類を中心に制作していきましょう。

■プロの視点から動画を制作した方が良い理由

動画は多くの人々に様々な情報を提供することができます。
しかし、動画コンテンツにはデメリットもあります。

そもそも動画は、ユーザーがいなければ情報提供することができません。
動画を観るためには、その動画の視聴時間が必ず必要になります。動画を最後まで観ることも、それだけの時間を割く必要があると言うことなのです。

例えば、動画を観ていても、ユーザーが途中で面白くないと感じれば、その時点で止めてしまう可能性も十分にあります。人々は、興味のある動画コンテンツは当然ながら視聴しようとしますが、興味がないコンテンツに関してはそもそも視聴されないという場合も少なくないのです。

動画は、単に製作することに意味があるのではありません。
ユーザーにとって必要のないコンテンツと判断されないよう、導入部分でしっかりとユーザーの心を掴むことが非常に重要となります。
動画マーケティングは、写真やテキストなどと異なり、適切な活用ができなければマイナスブランディングになってしまうケースもあるでしょう。

動画マーケティングで成功するポイントは、ユーザーの厳しい目をクリアできるよう工夫を重ねることです。
近年は動画の絶対数も非常に増えており、コンテンツの質が悪いと判断されればすぐに離脱されてしまいます。
そのため、動画のクオリティをいかに上げられるかもポイントになってくるでしょう。

■質の高い動画を制作するには?

では、質の高い動画を制作するにはどのように工夫すれば良いのでしょうか?
それは、プロの視点で制作することにあります。
クオリティの高い動画を制作するため、最近ではプロのプロダクションに依頼する企業も少なくありません。

動画を制作するにあたって大切なのは、ユーザーに何を伝えたいかです。
必要な情報は何なのか、どのような内容にしたら伝わりやすいのかを見極め、整理していくことが重要です。

動画は、企業の商品やサービスの魅力をより伝えられるのではないかと考えている企業が多いでしょう。
しかし、伝えたい内容によっては動画ではなく画像やテキストが適している場合もあるということも忘れてはいけません。
動画は伝えたい内容を絞り込むことで質の高い動画を制作することができます。

まずは内容をしっかりと定め、プロの力を借りることがポイントです。
逆に言えば、動画が非常に多く提供されている現在だからこそ、質の高い動画でなければ制作する意味がないということなのです。

■GJCは動画マーケティングに強い

動画制作会社GJCは、60業種以上のノウハウや目的から選択して動画を制作することができます。
売れる・伝わる動画を制作するため、60業種以上のビジネスノウハウを極め、最新のマーケティングやセールス手法をしっかりと理解して取り入れることで動画にも反映させています。
多種多様な企業のビジネスに沿って動画を制作できるため、大手企業多数含む3000社以上の実績があり、満足度も非常に高いです。

様々なジャンルの動画を制作することができるので、伝えたい内容や動画制作における本来の目的なども上手く絞り込んで制作できるため、動画マーケティングを行う企業にとって心強いパートナーになります。
また、質の高い動画を作るには、質の高い企画・構成が必須です。

GJCでは、伝えたい内容や目的に合わせて演出のプロが台本を作成し、演出につなげることができます。
修正も追加費用なしで行うため、満足できるまで動画制作が進められます。

動画制作会社は数多くありますが、動作制作をプロに依頼することで、費用が多く発生する可能性もあります。
しかし、GJCでは業界相場以下の低価格でのサービス提供も可能となっています。

動画マーケティングを考えている企業はたくさんあることでしょう。
しかし、質の高い動画を制作するためには、動画マーケティングの基礎知識を理解することが大切です。
GJCに依頼することで、プロ視点からクオリティが高く、マーケティングに有効な動画を制作してみましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>