ブログ

動画広告・動画マーケティングの効果

動画を使ったマーケティングで成功している企業は多く、その影響を受けて動画広告・動画マーケティングを導入する企業も増加しています。
しかし、具体的にどんな効果があるか理解した上で、目的や戦略に基づいた動画を制作しないと効果を最大限に得られない可能性があります。
動画広告・動画マーケティングではどんな効果が発揮されるのか、また目的にあった動画を制作する方法などについてご紹介しましょう。

■注目される動画広告・動画マーケティングの活用シーン

動画マーケティングと聞くとテレビCMを連想されると思いますが、他にも街頭や駅・電車内で流す動画広告や、ネットで公開されるプロモーション動画、企業説明や研修などに使われるプレゼン動画なども含まれます。
最近はモバイルデバイスで動画を視聴する層が増えているので、特にWebと動画コンテンツを活用したマーケティングは、企業の戦略に良い影響をもたらすでしょう。

動画マーケティングのメリットは、わずかな時間の中にたくさんの情報を取り入れ、それを視聴者に面白く・分かりやすく伝えられることでしょう。
教えたい全ての情報を数十ページに及ぶWebページで公開しても、少し興味がある人もそのうちに飽きが来てしまう可能性もあります。

しかし、動画なら数十ページの情報も数分に収められ、最後まで情報を伝えられやすいと言えます。
もちろん、最後まで見てもらうためには、視聴者の目を惹く工夫も必要で、動画広告・動画マーケティングはその点も考えて展開しなければなりません。

■多くの企業が動画広告・動画マーケティングをはじめる理由

企業が動画広告や動画マーケティングをはじめる理由は単純に流行ではなく、注目される理由が存在します。
理由は様々なものがありますが、まず挙げられるのが動画コンテンツのアクセス数が増加しているということです。
スウェーデンのEricsson社の調査では、動画コンテンツのトラフィクスは年平均成長率が55%となっており、2021年には70%を占めると予想されています。

他にも、動画配信プラットフォームの増加によりWeb上で動画配信が容易になり、広告費も最低限に済ませることができます。
動画制作会社の利用も以前より簡単で、動画マーケティングに力を入れる制作会社も増えています。
このことから、動画コンテンツの配信に対して敷居が低くなっており、一定の効果を得られる期待から導入する企業が増えているのです。

■動画広告・動画マーケティングの活用シーン

動画広告や動画マーケティングは様々なプラットフォームで活用されています。
具体的に、どんな場面で活用されているのかご紹介しましょう。

・動画配信サイト

動画配信サイトの活用なら自ら動画サイトを運営するよりもコストを抑えて展開することが可能です。
Youtubeであれば企業アカウントを設けて動画広告を配信する形になるでしょう。
また、多くのユーザーを視聴に誘導するために、Youtube内のインストリーム広告などのオプションを利用することで視聴者が見ている動画に関連した動画を配信でき、潜在ニーズへのアプローチが可能です。

・SNS

情報発信ツールとして法人のSNSアカウントを取得している企業は多いと思いますが、SNSでも動画コンテンツは人気があります。
SNS上で配信すれば拡散されやすく多くの人に見てもらいやすいでしょう。
その結果、ブランティングやファンを呼び込む効果に期待できます。

・LP(ランディングページ)

商品購入やサービス利用を促すために活用するLPですが、その多くはテキスト画像の構成となっています。
テキスト量が多くなりがちなLPも、動画で短く商品・サービスの訴求を行うことで高いマーケティング効果を得られるでしょう。

■動画広告・動画マーケティングに秘められた効果とは?

インターネットの活用が増えていることで動画広告を視聴する機会も大幅に増えています。
数年前まではバナー広告などが一般的でしたが、スマートフォンが普及しFacebookやTwitterなどのSNSの利用者が増えたことで、さらに動画広告は発展を見せてきました。
動画広告市場もこの数年で大幅に伸び、これからもさらなる発展が予想できます。

動画広告の効果を最大限活かすためにも、動画が持っている価値を知ることが大切となるので、これから動画マーケティングに参入しようと考えている企業の方は動画マーケティングに秘められた効果を知るためにも動画が持っている価値を把握することから始めてみましょう。

■動画の価値は科学的に優位性がある

動画広告は科学的に見ても、そのほかの広告と比べると有意な点がいくつかあるので、それぞれ解説していきましょう。

・動きで目を引くことが可能

人間は静止しているものよりも動いているものに目が向きやすいです。
その理由としては「本能」になります。

敵から身を守るためには動いているものに瞬時に反応しなくてはいけないので、動きがあれば自然と目を向けてしまうのです。
そのため、伝えたい情報を動画にすることで様々な人たちの目に留まり、観てもらうことができるでしょう。

・情報が多く伝えられる

人間はおおよそ0.1秒で画像の内容を認識していると言われています。
反対に文字であれば何倍もの時間が掛かります。
静止画と文字を比べてみても、理解できるスピードは静止画の方が早いのですが、動画であると認識できるスピードはさらに早くなるのです。

動画であれば映像だけではなく文字や動きのほか、音や色など様々な要素が含まれているので、静止画よりも伝えたい内容を短時間でわかりやすく伝達することができます。
また、色や音楽によって企業や商品のイメージを植え付けることも可能です。

・シミュレーションできる

人間は他人の行動や映像を観ることで自分に置き換えてシミュレーションすることができます。
「ミラーニューロン」というモノマネ細胞と呼ばれる細胞の作用によって引き起こされる行動なのですが、笑顔の人物を見ると自分も自然と笑顔になることはありませんか?
この症状はミラーニューロンの作用によって行われているのです。

動画広告ではこの性質をうまく利用することで心に残る動画広告を作成することができるでしょう。
商品を紹介する場合には、シミュレーションができるように作成することで実際に自分でも使用してみたいという感情を引き起こすことが可能になります。

・記憶に残る

上記のようにシミュレーションすることによって脳内では動画広告の内容が記憶されやすいと言われています。
動画広告を作成しても記憶に残らなければ何も意味がありません。

アメリカ国立訓練研究所によれば人間は文字を読んだときの記憶に残る定着率が10%に対し、動画は20%になると言います。
そのため、シミュレーションできる動画広告は記憶に残りやすいと言えるでしょう。

■拡散性の高さによって得られる動画の価値

広告の効果を高めるためには拡散性が欠かせないものとなっています。
SNSが普及したことで動画広告を目にする機会は格段に多くなりました。それと同時に動画広告はシェアされるようになったのです。

シェアとは簡単に言うと引用や拡散を意味します。良いなと思った動画広告をFacebookやTwitterなどのSNSでシェアすることで、動画を家族や友人に共有してもらうことができ、話題となるだけではなく一緒に感動を分かち合ったりして感情も共有することができるのです。

シェアした動画を友人が気に入れば、さらなるシェアが見込めるので動画広告がより多くの人の目に留まりやすくなり、商品やサービスについて周知してもらうことまで可能となります。
そのため、動画広告をシェアしてもらいたいのであれば共感できるような内容にすることが大切となるでしょう。

■SEO効果でさらに効果を上げることが可能

SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で日本語では検索エンジン最適化となります。
インターネットを利用して調べ物をする際には、Googleなどの検索エンジンを使って調べたいことを入力し検索していきますが、検索結果で自社サイトを多く表示させることや上位に表示させる対策のことを「SEO対策」と言います。

Youtubeにおいては検索エンジンとしてGoogleに次ぐ第2位となっており、Youtube内で動画を検索する人が多いということがわかります。
さらに、YoutubeはGoogle傘下であるのでYoutubeに動画広告を表示させるとGoogleで検索をした際に動画広告を上位に表示させることも可能となるのです。

そのため、より多くの人の目に留まることができるでしょう。
また、公式ホームページなどのWEBサイト上に動画がアップされていると検索エンジンで上位に表示されやすいのです。文章だけのサイトと比較してもおおよそ50倍上位表示される可能性が高まるので、SEO対策として動画広告を作成してみるのも良いでしょう。

■効果を測定することも可能

動画広告のアクセス状況を把握するには、Youtubeアナリティクスの効果解析ツールを利用することで動画広告に対しての反応をリアルタイムで把握することが可能となります。
調べる方法としては、動画をアップロードしたアカウントでYoutubeにアクセスし、検索ボックスの右側にあるアップロードからアナリティクスを選択します。

すると、アナリティクス画面が表示されアカウントで管理している動画のパフォーマンスを確認することができるのです。
再生回数やユーザー層、再生場所やトラフィックソース、端末や視聴者維持率なども確認できます。
集計したデータを基に新たな動画を作成することで、より有効的な動画広告の作成ができるようになるでしょう。

動画広告の価値を理解することで効果のある動画広告の作成ができると考えられるので、動画マーケティングの戦略を練る際には上記の事柄を参考にしてみてください。

■目的にあった動画が制作できるGJC

どんな目的でどのような動画をつくりたいかは、企業によって様々です。
たくさんの動画・映像制作会社はありますが、それぞれのニーズに適した動画を制作してくれる制作会社の利用が望ましいです。

GJCは幅広い目的に対応した動画制作が可能です。
例えば、テレビCMから商品・サービス・会社・店舗の説明・紹介動画、CG・アニメーションなど制作でき、撮影のみの依頼もできます。

GJCは3000社以上の動画制作を行っている実績があり、各業界・業種のノウハウも持っています。
効果的な動画広告をつくり、動画マーケティングに活かすことが可能です。

■動画を導入した後の効果事例について

今まで色々な動画制作に携わってきたGJCですが、実際に動画を導入したことで動画広告・動画マーケティングの成果を得た企業は多いようです。
具体的にどのような効果があったのか、事例をご紹介しましょう。

・商品説明動画の効果事例

今まで自社でテレビショッピング番組の企画・制作・運営・放送までトータルに行っており、常に商品紹介や効果的な売り方に追求してきました。なので、数ある動画ジャンルの中でも得意分野の動画です。

導入実績によると動画を導入したECサイトではコンバージョンが35%に上昇しました。
別の健康食品会社のECサイトでは導入後、アンケートの「購入を決めた理由」という質問に対して、「動画を見て決めた」という回答が多数寄せられたようです。

・サービス紹介動画の効果事例

サービスに関しては商品以上にイメージが湧きにくく、動画にすることで内容や利用するメリットを具体的に伝えることができます。
自治体や教育機関などのネットワークサービスを展開する中央コンピューターサービスが動画を導入したところ、サービス価値が伝わりやすくなり、過去最高の67商談を獲得した事例があり、その効果に関して動画で紹介されています。
他にも、テレビCMや動画広告をGJCで制作して導入した法律事務所やホームサービスなどは、問い合わせや売上が2倍に増加した事例もあります。

■動画と合わせられるサービスも提供

GJCは動画制作だけではなく、配信プラットフォームでの運用や効果検証、オリジナルの動画配信サイトの作成などのサービスも提供しています。
動画広告や動画マーケティングを始めたくても具体的に何をすればいいか分からない企業も、運用サービスや動画配信サイト制作サービスを活用することで、効率よく導入することができるでしょう。

動画は効果的なマーケティングを行う上で求められるコンテンツになりつつあります。
しかし、動画マーケティングを成功させるためには、効果を得られる動画制作が必要です。
豊富な実績を持つGJCは多様な知識と柔軟力で、動画マーケティングに強い高品質な動画を制作できるので、導入後の成果に期待できるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>