ブログ

企業が動画広告・動画マーケティングを活用するための方法

最近大手企業はもちろん、中小企業も含めてマーケティングに動画広告・動画マーケティングを取り入れている企業が増えてきています。
市場規模もかなり大きくなってきており、各社が商品・サービスを広めるための戦略を立てているようです。

これから動画広告・動画マーケティングを取り入れようと検討されている企業もあるかと思いますが、どのように動画広告・動画マーケティングを活用するのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
動画広告を制作し効果の高いマーケティングを行うには、単に宣伝動画を作っても意味がありません。

そこで今回は、企業が動画広告・動画マーケティングを活用するための方法についてご紹介していきます。
ぜひこちらを参考に、動画マーケティングの活用方法を把握しておきましょう。

■動画広告の形態を知ろう

動画マーケティングを行う前に、まずは動画広告の形態を知っておく必要があります。
動画広告の形態は大きく分けて2種類あり、動画配信プラットフォームで再生される「インストリーム広告」とSNS上にある広告枠で動画が再生される「アウトストリーム広告」に分けられます。
それぞれの特徴を踏まえた上で、どちらを活用するか決めていきましょう。

■インストリーム広告

インストリーム広告は、例えばYoutubeといった動画配信プラットフォーム内で動画を再生する時に、動画本編の前後、もしくは途中で差し込まれる動画広告を指します。
動画本編前に配信されるプレロール動画広告は、広告が流れてから数秒でスキップできるものと、スキップできないものの2種類があります。
視聴してもらいたいとなるとスキップできない方を選んでしまいがちですが、こちらはかなり短い時間での再生に限られてしまうので注意が必要です。

一方、ミッドロール動画広告はテレビCMと似たような形で動画本編の間に差し込まれます。
離脱は少ないのですが、あまりにもミッドロール広告が多くなってしまうと離脱率も上がってしまうでしょう。

動画本編が終わってから流れるポストロール動画広告は、動画本編は終了しているため視聴者がストレスなく見られるというメリットがあります。
ただし、次のコンテンツに移動されてしまうケースも多く見られます。離脱されないようにインパクトのある動画広告にする必要があるでしょう。

■アウトストリーム広告

アウトストリーム広告にもそれぞれ種類があります。この種類は全て配信される場所によって異なります。

例えば、ディスプレイの広告枠に配信されるものをインバナー動画広告と呼びます。
バナー広告として既に設置されているため、多くの人に動画広告を見てもらうことができます。
ただし、見てもらえてもバナー広告であるということが分かりやすく、なかなかコンバージョンアップにつながりにくくなってしまうというデメリットが挙げられます。

サイトの記事コンテンツの中に入っているインリード動画広告は、動画広告が画面に表示されると再生ボタンを押さなくても再生されるようになっています。
スマートフォンだと動画が占める面積も大きくなるので、インリード動画広告は特にスマートフォンユーザーに有効だと言われています。

もう一つ、インフィード動画広告というのは主にSNSなどのフィード上で表示される動画広告を指します。
フィードの間に動画広告のフォーマットが差し込まれており、そのSNSのコンテンツと似たようなものを作れば広告だと意識されずに宣伝することも可能です。
また、SNSだとかなり細かくターゲティングを行うこともできます。
最近注目される動画広告の形態の一つです。

■動画広告・動画マーケティングの主要メディア

続いて動画広告を配信するための主要メディアを紹介していきましょう。
動画広告を配信できるメディアはいくつもありますが、やはりそれぞれのメディアごとに特徴が挙げられます。

・Youtube

日本のみならず世界で知られる動画配信プラットフォームです。現在、多くの企業がYoutubeへ動画広告の配信を行っています。

主にインストリーム広告が中心で、ターゲティングも検索やユーザーの履歴などに基づいて設定することが可能です。
ただし、多くの企業が動画広告を配信しているということもあって、Youtubeをよく視聴している人にとっては動画広告に対しあまり良いイメージを持っていない人も多く、すぐにスキップしてしまうということも多く見られます。
そのため、そういった人でも興味を持ってもらえるようなインパクトの大きい動画広告の冒頭を制作する必要があると言えるでしょう。

・Twitter

人気のSNSの一つでもあるTwitterは、匿名性が魅力的でかなりアクティブ率の高いSNSと言えます。
10~30代といった若者がよく利用する傾向にありますが、比較的40~50代以上の人も利用しているため、幅広いユーザーへのターゲティングも可能です。

Twitterの場合、インフィード広告が中心となります。
Twitterの特徴として「リツイート」による拡散機能が備わっているため、ためになると感じられた動画広告に対してリツイートでその人のフォロワーに向けて動画広告が拡散される可能性もあります。

・Facebook

FacebookはTwitterよりも比較的ユーザーの年齢層が高いSNSです。
30~50代前後のユーザーが多く利用しているため、動画広告もターゲットに合わせた商品・サービスが有効だと言えます。

Facebookでは動画広告の配信に力を入れており、他のSNSよりも精度の高いターゲティングを行うことができます。
他のSNSでは履歴や内容などを参考にターゲティングが行われているのですが、Facebookの場合はプロフィールで登録されている情報からターゲティングできるのです。

動画広告・動画マーケティングで活用される主要メディアをご紹介してきましたが、この他にも動画配信プラットフォームやSNSなどで動画マーケティングを行うことは可能です。それぞれのメディアでは利用する人の年齢層や男女比なども異なってくるので、自社の商品やサービスに合わせて動画マーケティングを行うメディアも決定するようにしましょう。

■動画広告・動画マーケティングをECサイトで活用する方法

ネットの普及でECサイトの市場は拡大傾向にありますが、その分競争率も激しさを増しています。
なので、競合他社と差別化を図り競争力の向上を目的に、動画広告や動画マーケティングは有効な手段となるでしょう。

そもそも、なぜECサイトに動画の活用がおすすめなのかというと、動画コンテンツの需要が高っているからです。
アメリカのAnimoto社の調査では、ECサイトを利用する意思決定につながったきっかけとして、85%のミレニアル世代が動画による商品紹介だったと回答しています。
そして、70%の人が運営企業に関連した動画を視聴したいとも回答されていました。
動画でいろいろな情報を得たいと思う人が多いので、ECサイトと動画は相性が良いのです。

■ECサイト特有の商品に関する不安を払拭できる

実店舗は実物の商品を手に取ってみることで、どんな商品であるか理解することができます。
しかし、ネット上でサービスを展開するECサイトは、注文して商品を購入するまで実物を直接見ることができず、購入に失敗するケースは珍しくありません。
通販の場合は個人的な理由や開封後は返品できないケースも多く、その点が消費者の不安を煽っている要素とも言えます。

商品説明を見ただけでは欲しいと思う商品であっても、不安が残ってしまうと購入も躊躇ってしまい、コンバージョンを遠ざけてしまいます。
なので、ECサイトの運営側は不安を払拭できるように、動画を使って商品への理解を深めると良いでしょう。
例えば、商品の外観を360度動画で好きな角度で見てもらったり、原材料や製造工程を紹介して信頼感をアップさせたり、商品の使い方や使用シーンの再現、質感や動きをアピールする動画などで商品をアピールできます。

■動画があるECサイトのSEO効果

検索エンジン経由で集客するためには、SEO対策が求められます。
Googleで検索した時、動画が導入されたサイトやページは上位に上がる傾向があり、動画にはSEO効果を期待できます。

YoutubeはGoogleに次ぐ検索エンジンですが、商品の情報や使い方を知りたい人が直接検索することもあります。
なので、ECサイトや商品ページに動画を導入して、適切なSEOを行えば広告に頼った集客でなくても、流入数をアップすることができるでしょう。

■ECサイトの動画広告活用事例

・enku

藍染された革製品を展開しているenkuでは、実際に革を藍染する工程の動画を公式サイトにアップしています。
工場見学を体験しているような動画から日本の伝統技術を理解でき、また研究の積み重ねで美しい藍染革ができていることが分かり、商品の品質や良さを把握できるでしょう。
動画というと音も人を惹きつける要素ですが、英語表記による国際化に対応している関係もあり、あえて無音という点も動画に集中できるポイントでしょう。

・Bento&Co

Bento&Coは、海外向けに日本製のお弁当箱や雑貨などの商品を販売しているECサイトです。
Youtubeに公式チャンネルを設けており、そこでは海外ユーザー向けに弁当箱の作り方や雑貨の使用方法、商品紹介などの動画が公開されています。
また、オーダーしてから届くまでの流れを動画で紹介しており、細かくイメージしながらECサイトを使うことが可能です。

・KELTY

アメリカのアウトドア用品を販売するKELTYでは、商品ページの一部に動画が活用されています。
商品紹介や活用シーンも含め、テントの立て方やアウトドア用品の使い方などを解説しています。
ナレーションによる解説ではなく、出演者が自分の言葉で説明しているので、まるで店頭で使い方を教えているような感覚で視聴できるでしょう。

■動画制作の課題とは?

動画を活用する目的で特に多いのが、「顧客教育」、「認知拡大」、「エンゲージメントの獲得」の3点です。
これらの目的は動画マーケティングでは常に認識されているものですが、他にもWebサイトへの誘導や売上アップ、リードの獲得などの効果もプラスされます。
なので、動画マーケティングを活用する時は、3つの目的を意識すると他社との差別化につながるでしょう。

ただ、動画制作には課題も残されています。動画マーケティングを成功させている企業が感じた課題は、戦略策定の不足や予算の確保、競争力に優れたコンテンツなどが挙げられています。
戦略策定や予算を確保するためには、過去の施策結果を可視化した上で検討が必要です。
また、類似するコンテンツが多いので、どう差別化して競争力のあるコンテンツにするか考えることも大切でしょう。

■外注を活用する企業が増えている

最近はスマートフォンでも高品質な動画編集ができ、本格的な編集ソフトも入手しやすく、社内で動画制作をはじめる企業も少なくありません。
しかし、7割以上がすべて自社で制作を行うのではなく、制作会社への外注と併用して社内制作しているようです。

撮影や演出などはプロの視点を頼りに企画し、実際の編集や運用は社内でまかなうことで、コストを抑えながら有効な動画広告を制作できます。
そして約2割は動画制作のすべてを社外で外注しており、高品質な動画でマーケティングを展開しているようです。
いずれにしても、効果的な動画広告・動画マーケティングを行うために、プロの視点は欠かせないという考えが多いと言えます。

■安く効果的な動画を制作するならGJC

3000社以上の制作実績と豊富な動画制作に対応したGJCは、業界相場の半額で動画制作が可能な制作会社です。
安さの理由は全国の現地スタッフが打ち合わせや撮影を行う、編集は札幌で行うことで無駄なコストを省いています。
また、各分野に特化したスタッフが得意分野に集中して作業を効率化しているので、コストを省くと同時に高クオリティな動画を制作することが可能です。

様々な目的に対応しており、小規模な撮影や社内制作の併用向けに撮影だけでも対応しています。
ECサイトの商品紹介など型が決まった動画を定期的に制作したい場合には、格安プランも用意されており、ニーズにあった動画制作が可能です。
演出はプロのライターが考えるのでクオリティは高く、微調整といった修正は無料対応なので予算内で高品質な動画制作を実施しています。

動画広告・動画マーケティングの活用は企業にとって様々なメリットをもたらしてくれるでしょう。
どんな目的で活用するのか、またどこで活用するのかによっても戦略や動画への工夫は変わってきます。
動画マーケティングに強いGJCは企業の目的に合わせた動画制作を提案するので、これから活用をしたい企業や「すでに活用しているが思うような効果を得られていない」といったケースでお悩みの場合は、ぜひGJCまでご相談ください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>