ブログ

愛知県豊田市での動画・映像制作

愛知県豊田市は、西三河地方に位置する中核都市です。世界的にも大手の自動車メーカー・トヨタ自動車株式会社あるため、知名度も高くなっています。
豊田市には自動車メーカなどがあることから、工業の街として知られていますが、実は自然も豊かな場所なのです。

工業の町の魅力を活かした動画を撮影することができるのは、豊田市ならではと言えるでしょう。
他では見ることができないような工場と美しい景色などは撮影のロケーションに最適です。
今回は、そんな愛知県豊田市で動画制作・映像制作をする際におすすめのロケ地をご紹介しましょう。

■豊田市美術館

豊田市美術館は、市街地の中心部にあり、七州城が建っていた高台の一部に建設されている美術館です。現代美術に関する展示が多く、現代美術に関する企画展はとても意欲的に行われています。
そのため、20世紀美術とデザインの収蔵に関しては、地名とが高まっています。
また、豊田市美術館はワークショップにも力を入れています。
講師に美術作家を招き、児童や生徒向けのワークショップを頻繁に行っているのです。ワーゥショップの一環として『ワーク・イン・プログレス:プロジェクト・イン・トヨタ・シティ』というプロジェクトを行うなど、様々な取り組みを行っている美術館でもあります。

豊田市美術館の主な所蔵品は、ウルリッヒ・リュックーム「無題(石柱)」、ジェニー・ホルツァー「豊田市美術館のためのインスタレーション」、松澤宥「白鳥の歌」、堀内正和「D氏の骨抜きサイコロ、エドワード・ウィリアム・ゴドウィン「ドロモア城の食器棚」などです。
国内外の作品を多数見ることができるので、現代美術に関する動画制作や映像制作のロケ地におすすめと言えるでしょう。

■三州足助屋敷

三州足助屋敷は、古き良き日本の暮らしや風景を今に残し、技術の伝承を目的として造られた観光施設です。
民俗資料館のような役割を持っている施設となっています。
鍛冶や機織、炭焼、紙すきなどの職人が実際に手仕事を行っているため、臨場感のある見学ができる施設です。

三州足助屋敷は、興味がある人なら老若男女問わず楽しむことができます。
そのため、訪れる観光客の年代も幅広く、トヨタ自動車の視察のためにやってきた外国人が足を運ぶこともあるようです。
三州足助屋敷の敷地内には飲食店もあるため、1日を通して楽しむことができるでしょう。

そんな三州足助屋敷は、昔ながらの生活を身近に感じることができる貴重な観光施設と言えるでしょう。
鍛冶や機織、炭焼、紙すきなどの職人の手仕事や当時の生活などを取り上げるような動画制作や映像制作のロケ地に最適です。

■挙母神社

挙母神社は、豊田市駅から徒歩7分くらいの場所にあります。
緑に囲まれている神社なので、境内は非常に落ち着き、静かな空間となっています。特に歴史を感じることができるクスノキは必見です。

「子守大明神」という別名もある挙母神社は、古くから安産祈願や初宮参り、七五三参りの神社として利用されてきました。
境内には、子守稲荷社もあるので子どもと一緒に参拝する人の姿を多く見かけます。その他にも、有名な挙母祭りや輪くぐり神事の時期になると、観光客の姿も多く見かけるようになります。

愛知県豊田市の中でも有名な挙母祭りは、神社への山車曳きこみや七度参りなど見どころがたくさんあります。
そのため挙母神社は、西三河地区の祭りを特集する動画や映像を制作する際のロケに最適と言えるのではないでしょうか。
他では見ることができない珍しい光景を映像に残すことができるはずです。

■香嵐渓

香嵐渓は、真っ赤な待月橋が有名な渓谷で、紅葉がとても美しい場所でもあります。
自然が豊かな観光地なので、四季折々の表情を楽しむことができるのも大きな魅力です。
季節の移ろいを感じることができる香嵐渓は、癒し効果が抜群なので、観光客の姿も多く見かけられます。

そんな香嵐渓では、春を知らせる山野草や夏の爽やかな緑、秋を彩る紅葉、雪が積もり趣のある冬といったように本当に豊かな表情を見ることができます。
1年を通して様々な発見がある場所なので、それぞれの季節に足を運ぶ人もいるくらいです。
とても豊かな自然が魅力的な香嵐渓、愛知県豊田市の中にある豊かな自然をアピールする動画制作や映像制作のロケ地に最適と言えるでしょう。
ただし、最近はネイチャー関係の撮影マナーなど厳しくなっているので、香嵐渓を管理している足助観光協会に確認をしてからロケを行うようにしてください。

■小原ふれあい公園

小原ふれあい公園がある豊田市小原地域は、四季桜という桜が有名なエリアです。
四季桜は、春と秋の年に2回花が咲く種類の桜で、秋の方が花を多くつけます。秋の桜は、紅葉の時期に満開になるため、紅葉と桜という珍しいコラボを見ることができるのです。

小原ふれあい公園には、約300本の四季桜があり、秋には真っ赤に色づく紅葉との満開の桜を楽しむことができます。
公園であれば気軽にそのコラボレーションを見ることができるので、おすすめの場所と言えるでしょう。
また、紅葉と桜は11月に見頃を迎え、その時期になると小原ふれあい公園を中心にした四季桜まつりが行われるので、賑わいを見せます。

四季桜と紅葉のコラボを見ることができるスポットは多くありません。
そのため、なかなか見ることができない日本の絶景を取り上げる動画や映像制作のロケ地としてもおすすめです。
しかし、香嵐渓と同じようにきちんと許可を取って撮影をしなければいけない場所なので、事前に許可を取るようにしてください。

■キューピー挙母工場

キューピー挙母工場は、豊田市の観光スポットの1つで、マヨネーズの製造過程を見学することができます。
1時間ほどで全ての工程を見学することができ、普段は見ることができない光景を見ることができるので貴重な時間を過ごせるでしょう。
高速割卵機は1分間に600個もの卵を割るので、まさに圧巻と言える光景です。

工場見学をすると、キューピーの製品をお土産にもらうこともできるそうです。
また、工場内に併設されている売店では、オリジナルの商品を販売しています。
他では手に入らない商品を手に入れることができるので、キューピー挙母工場に足を運んだ際はぜひチェックしてみてください。

キューピー挙母工場では、工場を見学するだけではなく、試食会など味わって楽しめるイベントも行っています。
普段は見ることができない貴重な光景を見たり、キューピー製品を試食できたりするキューピー挙母工場は、豊田市の観光スポットを紹介する動画や映像制作のロケ地にもおすすめです。

■ふじの回廊

ふじの回廊は、毎年ゴールデンウィークの時期くらいに藤が見頃を迎える観光スポットです。
約370mの藤棚には、何種類かの藤が植栽されています。毎年春には美しい花を咲かせ、多くの人に癒しを与えているのです。

ふじの回廊に植栽されている藤には、淡い青みがかった花を咲かせる九尺藤や白い花を咲かせるシロバナ藤があります。
4月下旬から5月上旬に見頃を迎え、美しいふじの回廊を散策することができます。
その光景は、息を飲むほど美しいものです。

ふじの回廊は藤岡町にあるのですが、藤の花を活かした町おこしに取り組んでいます。
ゴールデンウィークにはふじまつりが開催され、地元の特産品を購入することもできます。豊田市の絶景スポットを紹介する動画制作や映像制作をする場合は、ふじの回廊も取り上げてみると良いでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>