ブログ

効果の高い動画制作・映像制作を依頼するための方法とは?

個人から企業まで、動画はあらゆる人々が活用しているコンテンツです。
SNSの普及と併せて衰えることなく市場は拡大しており、活用するのが当たり前と言っても過言ではないでしょう。動画市場が伸び続ける理由は、動画ならではの有効性があるからです。

動画の有効性を活かすためには、効果の高いものを作ることが求められます。
効果の高い動画・映像を制作するには、どんな方法があるのでしょうか?

■「動画コンテンツ」だからこそ得られる効果

動画コンテンツが効果的とされている理由は、動画ならではの様々な効果があるからです。具体的にどんな効果が得られるのかご紹介しましょう。

・たくさんの情報を適切に伝えられる

人間は画像の内容を約0.1秒で認識できるとされており、ビジュアルに対して反応が素早い性質を持っています。
一方、画像の内容を文字で説明する場合は、認識に何倍もの時間がかかるとされています。

動画はビジュアルだけではなく、音や動き、時間軸などの要素で伝達するため、文字や画像だけで説明よりもたくさんの情報を瞬時に伝えられます。
複雑な内容でも動画にすると短時間で正確に伝達できます。
さらに、情報やイメージを視聴者に均質できるので、企業やブランドのイメージアップにも効果が期待されるでしょう。

・動きで注目を集める

人間には自分の身を敵から守るために、動きに対して本能的に注意する性質を持ちます。
なので、数多くの広告やコンテンツの中で人々の目を惹くためには、「動き」で注目を集める方法が効果的です。
なので、人やものが動く動画は視聴者の注目を集める上で高い効果があるとされています。

・感情的なつながりが生まれ

脳内には「ミラーニューロン」という神経細胞があります。この細胞は他人の行動を見た時、まるで自分も同じ行動をとっているように認識してしまう性質を持ちます。
例えば、人が笑った時につられて笑ってしまうのも、ミラーニューロンの働きが関わっています。

動画コンテンツは脳の性質を活かすことができ、視聴者とブランドを感情的につなげられます。
例えば、365度動画は映像でありながら、その空間を立体的に把握できるので関心や信頼を集めやすいと言えるでしょう。
感情的なつながりは強い信頼感や説得力をもたらす効果があります。

・記憶に残りやすい

記憶に残らなければ有効性のある動画コンテンツも効果が半減してしまいます。アメリカ国立訓練研究の「ラーニングピラミッド」では、文字を読む方法での記憶の定着率は10%です。
一方、動画は20%の定着率で、視覚や聴覚で情報を伝える方法は文章での情報よりも記憶が残りやすいと分かっています。

動画コンテンツは感情移入しやすいので、感情と動画の内容が脳に記憶されやすいとされています。
そうなると記憶は変容されにくいので、長く記憶に残るというわけです。

■動画制作・映像制作は企業に依頼すべき?個人に依頼すべき?

機材や編集技術などが乏しい場合、企業もしくはフリーランスといった個人に外注して動画制作・映像制作を行うことになります。
効果的な動画制作・映像制作を行うには、どちらの方法が良いのか迷う方は多いでしょう。
それぞれメリット・デメリットがあるので、それを理解して選ぶことが大事です。

■企業に依頼するメリット・デメリット

まずは企業に動画制作・映像制作を依頼するメリットとデメリットからご紹介しましょう。

【メリット】

・動画制作・映像制作の実績が多い

動画・映像の制作を専門にしている企業なので、知識や実績を豊富に持っています。
経験が多い分、培われたノウハウを活かして効果的な動画・映像に仕上げてもらえます。

・突然のアクシデントでも対応可能

スタッフやカメラマンは複数の現場を抱えることが多いので、急にアクシデントが起きる可能性があります。
企業はたくさんのスタッフが在籍しているので、アクシデントが起きた場合は別のスタッフで対応されます。

・信頼感がある

一企業として社会的責任を背負う立場なので、取引で決定した業務内容や納期はきっちり対応してくれます。
安心感や信頼感を持って制作を依頼できるでしょう。

【デメリット】

・コストがかかりやすい

企業の場合、作業を分担して行うので案件に関わるスタッフの人数が多く、その分、人件費も個人の倍になります。
撮影と編集を依頼した場合、30万円ほどかかるでしょう。
あくまでも目安の相場なので、実際は会社によってもっとかかる可能性があります。

・対応に遅れが出ることもある

動画制作・映像制作では追加要望や修正指示を出すことがあります。
企業の場合、同時に多くの撮影を受け持つスケジュールを組んでいることが多いので、要望や指示の対応が遅れることもあるでしょう。

・納品は納期通り

企業は定休日や多くの案件を抱えている事情から、動画制作・映像制作はスケジュールどおりに進捗します。
信用問題に関わるので納期を遅れて納品することは基本的にありませんが、逆に納品が大幅に早くされることはほとんどないと言えます。
事前にしっかり納期を確認しておきましょう。

■個人に依頼するメリット・デメリット

次に個人に動画制作・映像制作を依頼するメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

・質の高い動画に期待できる

フリーランスで活動されている人の中には、長年制作会社に勤務して経験を積んできている人がたくさんいます。
個人差はありますが経験豊富で質の高いフリーランスであれば、費用対効果の高い動画・映像に仕上げてくれます。

・コストが安価

企業とは異なり人件費を大幅にカットできるため、コストを抑えながら動画制作・映像制作が可能となります。
企業に依頼すると30万円程はかかりますが、個人なら15万円前後が目安です。
ただ、こちらも企業と同じく費用には個人差があるので注意しましょう。

・迅速な対応に期待できる

個人は企業に比べて急な追加要望や変更でも、迅速に対応してもらえることが多いです。
複数の案件を抱える人もいますが、自分の手に負えない量を抱えることはまずないので、素早い対応を望めます。

【デメリット】

・アクシデントに弱い

個人は素早い対応に期待できる一方、アクシデントに弱い一面があります。企業は急なアクシデントに対しては別のスタッフで対応可能です。
しかし、フリーランスは完全に個人なのでアクシデントで撮影がキャンセルされることもあるでしょう。
納期は余裕を持って確保しておくと、万が一の時に安心です。

・質の高いフリーランスを探す必要がある

効果的な動画・映像に仕上げてもらうためには、知識や技術、経験が多いフリーランスに依頼する必要があります。
経験や技術、実績はバラつきがあるので、数多くのフリーランスの中から質の高いフリーランスを見つけるのは簡単なことではありません。
人気のあるフリーランスは依頼が埋まりやすいので、希望の納期に合わせて制作できない可能性もあるでしょう。

■動画制作・映像制作会社の選び方

企業への依頼と個人への依頼のメリット・デメリットを見てきましたが、効果の高い動画・映像を作るなら制作会社に頼ることをおすすめします。
企業は幅広いジャンルの動画・映像を手掛けていることが多いので、各専門知識を活かして効果的に仕上げてくれます。

動画制作・映像制作会社はたくさんあり、企業によって強みや実績の多さなどに違いがあります。
イメージと違うものや、効果が得られない動画・映像に仕上がらないように、制作会社を選ぶ時のポイントを覚えておきましょう。

■動画・映像制作の目的と相手の強みが合っているか確認する

動画・映像を制作するにあたり、まずは目的を決めることから始めます。
目的が明確でないとメッセージが伝わらず、効果は半減してしまうでしょう。目的が決まれば伝えたいメッセージや動画のコンセプトを考えられます。

そして、制作会社を選ぶ時はこちらが求めている目的に対して、それを実現できる強みを持っているかどうかが重要です。
求めるニーズと相手の強みがあれば、効果の高い動画・映像を制作してもらえます。
制作会社の強みや実例・実績を確認して、目的を達成できる動画制作・映像制作が可能か見極めましょう。

■制作に優先順位を達成できるか確認する

費用を抑えたい、納期を早くしてほしい、クオリティ重視と制作の優先度はそれぞれ異なります。
動画制作・映像制作会社を選ぶ時は、自分達の考える優先順位を達成できる会社であるか確認することも大事です。

例えば、納品の速さを最優先にする場合、どんなに安い費用の会社でも指定した納期に間に合わなければ達成されたことになりません。
依頼側も制作工程のチェックし、修正や変更を入れることもあるので、お互いがスムーズに対応できるスケジュールを立ててもらえるかがポイントです。
トラブルを未然に防ぐために優先順位を決めて、それを達成できる制作会社を選びましょう。

■正確な料金を確認する

動画制作・映像制作会社では費用を提示していますが、詳細に書かれていないことがほとんどでしょう。
動画・映像は企画から始まり、取材、撮影、編集という流れで作られています。
予算内に収めて制作したい場合は、提示されている料金がどこまで適用されるのか確認しておきましょう。
特に追加要望や修正指示で追加料金が発生する場合もあるので、確認しておくと予算を立てられやすくなります。

正確な料金が分かるとコストを抑える工夫も考えられるでしょう。
例えば、動画の企画と撮影は独自で行った場合、イメージ通りの内容で編集だけ依頼すれば撮影までのコストを削減することが可能です。
予算が限定されている時は、予算内でどこまでできるか確認してみましょう。

■動画制作を依頼する際の流れ

動画・映像の制作会社を見つけたら、次は制作を依頼する段階に入ります。
動画制作の依頼はどのような流れで行われるのか気になる方は多いでしょう。
企業ごとに依頼の流れに違いはありますが、一般的な流れをご紹介していきます。

■無料相談・打ち合わせ

まずは制作会社に電話やメールフォームから問い合わせて、動画制作に関して相談をしてみましょう。
制作の工程や費用、アイデアなど不安なこと、疑問に思っていることは無料相談で解消しておくと安心です。
不安や疑問が解消されたら、ヒアリング・打ち合わせとなります。

ヒアリングでは動画制作を依頼する背景や目的、演出の要望などを電話もしくは対面で確認していきます。
対面の場合は問い合わせの際に希望日を伝えておきましょう。
イメージどおりの動画に仕上げるためには最初のヒアリングが重要なので、イメージや要望を用意して必ず伝えてください。

■動画の企画・構成・見積もりの提案、発注

ヒアリングや打ち合わせが終わると、その情報をもとに制作会社は目的を達成できる企画や構成を提案していきます。
正式に発注する前に全体の企画や構成、デザインを確認することで、イメージや求める動画の相違などを回避できます。
トラブルは受注後に多いので、この段階でしっかり企画や構成のイメージを形作っていきましょう。

提案や見積もりの内容に納得できれば正式に発注を依頼することになります。
発注の際は制作の規約確認や発注書などを締結します。
契約に関して不明なところがあれば、締結前に確認してください。

■制作開始~納品まで

企画に合わせて動画制作が本格的に行われていきます。
納品までの目安は2週間~1ヶ月程度なので、急ぎの場合は事前に伝えておきましょう。

撮影が必要の場合は制作会社のスタジオや企画に合わせたロケ地で撮影を行います。
また、画像加工やイラスト、アニメーションといった素材の作成、ナレーションやBGMの選択も可能です。
動画に必要な素材が揃ったら、プロのスタッフが企画通りの作品に編集してくれます。

動画が完成したら納品する前に映像を確認し、必要であれば修正指示を出しましょう。
最終確認した動画に問題がなければ、希望の形式で納品されます。動画制作会社では、WebやSNS、テレビ放送、DVDなど様々な形式に対応しているので、用途に応じて納品形式を伝えておきましょう。

動画制作・映像制作会社では専門的な知識や技術を活かした提案ができるので、目的を達成できる効果的な動画・映像を制作できます。
ただ、強みや実績は企業ごとに違うので、特徴をしっかり確認して選ぶことが大事です。動画制作だけではなく、活用方法など色々アドバイスしてくれる企業だと、もっと高い効果を得られるでしょう。
ご紹介したポイントを参考に、効果の高い動画制作・映像制作を実現してみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>