ブログ

「医療安全対策動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

何か病気になった時や怪我をした時、頼りになるのは病院です。
病院ではたくさんの人々が治療を受けており、その医療行為を実行するには正しい知識と技術を持ち、安全管理に徹底する必要があります。

そんな安全性が問われる医療の現場では、近年「医療安全対策動画」を制作して取り入れるところが増えました。
そもそも医療安全対策動画とは何が目的で、どのような効果に期待できるのでしょうか?今回は医療安全対策動画の特徴や制作事例、動画・映像制作をする際のポイントをご紹介していきます。

・「医療安全対策動画」とは?

まずは医療安全対策がどのような目的で作られ使われているのか、そして期待される効果について解説していきましょう。

-何を目的にした動画か

医療安全対策動画は医療行為に対する安全性の確保を目的とした、主に医者や看護師などの医療従事者や医学生などに向けて制作されている教育動画です。医療現場では安心・安全で、高品質な医療の提供が必須であり、安全管理と事故防止対策が求められます。
医療事故のリスクを回避するためには、医療従事者は未然の防ぐための知識や技術が必要です。

医療安全管理に関する知識や技術を身に付ける目的として、医療安全対策動画は制作されているのです。
例えば、患者確認の重要性を伝える内容や安全な点滴・投与の方法、院内感染の制御対策など、実演やテロップを加えて分かりやすく解説しています。

-利用シーン

医療安全対策動画が活用されるシーンは院内研修や医療関係のセミナー、医学生向けの講義など人材教育の場です。一般的に医療従事者に必要な知識・技術をまとめた内容から病院独自の医療安全管理についてまとめた動画と、内容は様々なものが制作されています。
実演やテロップ、ナレーションなどで紹介しているため、テキストと画像オンリーの講義よりも分かりやすく、短時間で理解できることが利点です。

また、医学生や医療従事者向けの教材DVD用、e-ラーニングの講習用、医療従事者向けオウンドメディアでの配信、病院紹介など多岐にわたって活用できます。

-効果

医療安全管理の内容を動画にするメリットは、短い時間で分かりやすく解説できることが挙げられます。
医者や看護師は非常に激務であり、また医療は次々に新しいものが登場しているので、時間を割いて新しい知識を身に付けなければなりません。
忙しい医療従事者が医療安全管理について手早く、的確に学ぶ上で、視覚と聴覚で伝えやすい動画は有効な手段です。

動画は短い時間にたくさんの情報を詰めることができ、文章や画像だけの書類よりも理解しやすい傾向にあります。実習研修のように実際のシーンを見ることができるので、イメージが湧きやすく、印象にも強く残せるのです。
一般の講義は話し手の話し方などによって聞いた人の解釈や認識が変わる可能性がありますが、動画なら解釈と認識のズレが軽減され、均一な情報を与えられるという利点もあります。

また、院内や学校内で動画を配信したり、DVDを提供したりすれば、いつでも視聴できるようになります。
講義などに参加できなかった人も視聴でき、再度視聴して確認するなどの使い方も可能です。

・「医療安全対策動画」の制作事例!

医療安全対策動画は様々なところで活用され、Webサイトで視聴できるものもあります。
どのような動画が公開されているのか、ここで医療安全対策動画の事例をご紹介しましょう。

-岩手県立胆沢病院

岩手県立胆沢病院は、「患者誤認防止」に関する対策動画を作成し、岩手県のYouTube公式チャンネルにて配信されています。
胆沢病院での患者の確認方法を紹介する動画となっており、医療従事者だけではなく一般患者に向けて医療安全管理を徹底していることのアピールにもなっていました。

動画では、医者が患者を誤認してしまった事例を実演で挙げながら、正しい防止方法を分かりやすく紹介しています。また、誤認してしまった際の対応の実演もあるので、もしもの際の対応も身に付けることが可能です。
一方、患者は本人確認が必要性を理解できる動画となっています。

・「医療安全対策動画」の制作のポイント

医療安全対策動画で重要となるのは、見た人にとって分かりやすいかどうかです。
例えば、医療行為の正しい手順を紹介する動画の場合、実際の手順の実演があると分かりやすく説明できます。
基本はナレーションで説明し、特に注意したいところやポイントはテロップを付けるなど工夫するとより理解しやすい動画となるでしょう。

NG事例を挙げた上で、正しい事例を紹介するのも良いでしょう。
具体的な事例を入れることで、見た人は何がダメで、何が良いのかイメージしやすくなります。

医療安全対策動画の内容は多岐にわたるので、内容ごとに動画を制作するのも良いでしょう。
全てまとめてしまうとかなり長い動画となり、視聴する人も集中力が切れてしまう可能性があります。
「~○○編~」という形で短くまとめておくと、視聴者にとって本当に必要な情報を手に入れられるようになるのでおすすめです。

また、主に医療従事者と医学生が対象となりますが、一般患者に向けた対策動画を作るケースもあるでしょう。
一般患者に向けて作る場合は専門用語を極力控えた、誰でも分かる表現で作る必要があり、またどんな情報を求めているのかニーズを理解して内容の構成を考えなくてはなりません。

一方、医療従事者や医学生は専門用語を交えた高度な動画となるでしょう。
ただし、新人研修や医学生向けの場合、勉強中で分からない専門用語などが出てくる可能性があります。
視聴する人のレベルに合わせることも大事です。

・GJCの「医療安全対策動画」制作フロー!

GJCはこれまでたくさんの動画・映像制作を手掛けており、医療安全対策動画の制作実績もあります。

-サービス内容

全国に現地スタッフが在籍しており、どこでも打ち合わせや撮影に対応可能です。
専門知識を持つ作家が企画・構成を立て、映像のプロがイメージ通りで効果の高い動画の編集を行います。

GJCはコスト削減にも力を入れており、高品質な動画を低価格で提供しています。
例えば、30~180秒の動画で企画・台本の作成や撮影なども依頼する場合、動画・映像業界の相場では半分ほどになる10~30万円の範囲で作成可能です。
修正も基本的に無料となっているので、最後まで納得できる医療安全対策動画を作成できます。

-制作フロー

GJCには動画・映像制作の知識だけではなく、業界・業種のノウハウも得ています。
そのため、要望を反映しつつ目的に合った最適な企画を提案することが可能です。
発注前の提案となるので、お見積りも含めて無料対応となっています。

要望に応じて撮影やアニメーション制作、ナレーション・BGMの選択なども可能で、編集で使用するグラフィックも内製なので完成までスピーディーです。
通常は2週間~1ヶ月で完成し、納品前に確認してもらい、必要に応じて修正対応をしてから納品となります。

-問い合わせ

動画・映像制作は機材や編集ソフトがあれば個人的に行うことは可能です。
しかし、完成までにはかなりの時間がかかり、また制作の知識がないと分かりにくい動画になってしまう可能性があります。
GJCでは、分かりやすくハイクオリティな医療安全対策動画を制作できるので、気軽にご相談ください。

https://gjc.me/case/3dcg/

・まとめ

医療安全対策動画は医師や看護師、医学生の人材教育から一般患者に向けて安全管理が行われている病院のアピール目的に導入されています。
具体的な例を挙げながら感覚的に伝えられるため、医療安全管理について分かりやすく説明できます。

病院や療養所などは個人で動画・映像制作が難しい現場です。
実績が豊富なGJCでは、目的に合わせたハイクオリティな医療安全対策動画を制作できます。
動画・映像制作を外注したい時は、ぜひGJCへお問い合わせください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>