海外版イヤホン製品紹介動画制作事例 リオン株式会社様 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Video海外版イヤホン製品紹介動画制作事例 リオン株式会社様

海外版イヤホン製品紹介動画制作事例

動画制作の背景

リオン株式会社様が開発・販売を手がける補聴器「Calm」は、デザイン性と機能性を両立したこれまでにない製品。海外の製品アワードにエントリーすることが決まっており、そこで製品PRのために使用する紹介動画を作成したいというご要望をいただきました。

動画の内容

新製品に搭載された機能がいかに画期的なものであるか、そこにフォーカスしたストーリー仕立ての内容です。一見、補聴器に見えないデザインと充実したサポート性能。これまで補聴器の見た目を気にしていた方に選んでもらえる商品であることをアピールしています。

構成のポイント

冒頭では製品の3DCGを用いて、様々な角度からデザイン性の高さをアピール。その後、モデルが日常生活で使用するシーンを通じて機能性の高さや、生活が豊かに送れるベネフィットを伝えています。ちょっとしたストーリー仕立ての演出で、視聴者の共感を獲得しながら、補聴機能部分の優位性は実際の操作を再現するなど具体的にアピールし、製品紹介に深みを持たせています。

デザインのポイント

製品CG・実写映像・操作画面それぞれのパートに馴染み、統一感を出すためのデザインです。アプリ画面のモックアップ用のスマホは、イラスト調を使うことも多いですが、ここでは実写と合わせた密度のリアルな質感をチョイス。
背景も含めて、平面的にならない画面構成にしています。冒頭と最後のCGシーンでは、中間色のブルーグレーで製品を際立たせつつ、映像全体を引き締めました。

撮影のポイント

今回の撮影は、住宅内のシーンが撮影できるハウススタジオと呼ばれる施設で行いました。撮影前にはロケハン(撮影の下見)を行い、製品が魅力的に見えるようなアングルを検証したり、動画の中で出てくる小道具(ケトルやミキサーなど)などがスタジオにあるかなど細かい確認を行いました。準備を念入りにしたことで、撮影当日はスムーズにクライアント様がイメージしていたカットを撮影をすることができました。

編集のポイント

デザイン性の高い製品のPR動画ですが、単純にカッコいい+オシャレという映像ではなく、機能性やデザインがもたらすベネフィットが最大限伝わるように編集しています。様々なシチュエーションに対応できる補聴機能の説明部分では、どんな操作がどのように行われているか、しっかり理解できるようなスピードや動きにすることで、機能性の高さを伝えています。また、ナレーションではなくテロップのみで解説していく動画のため、視聴者が分かりやすく理解できるように、テロップやカットの表示時間を何度も調整しています。

関連動画

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact

無料相談・無料見積り依頼 資料ダウンロード(無料)