ブログ

企業のための動画制作・映像制作を成功させるコツ

テレビよりもインターネットで動画を視聴する人が増え、インターネット上では動画コンテンツが充実しており、街中や交通広告でも動画広告が用いられるようになりました。
テレビCMとは少し違った形で、動画による商品・サービス紹介が当たり前の時代となっており、また企業をアピールにも動画が採用され始めています。

企業プロモーションは企業の認知度のアップや効率良く人材確保するために重要なコンテンツですが、企業のためになる動画はどう制作していけば良いのでしょうか?動画コンテンツの増加に伴い「炎上」にも注意が必要なので、企業のための動画制作を成功させるコツをご紹介しましょう。

■企業のための動画制作・映像制作で意識すべきポイント

企業プロモーションの動画を作成するにあたり、どんな内容で動画を作るか決めなければなりません。
就職先を探す人にとって「ここで働きたい」と思ってもらえるような内容にする必要があります。
企業のための動画制作では何を意識するべきか、ポイントを見ていきましょう。

■新卒や女性目線に合わせる

企業プロモーションは主に新卒向けの制作することになるので、若者世代が見て「面白い」と感じる動画を制作する必要があります。
女性も働ける企業であれば、働きたいと思う女性にとってもメリットが感じられる内容を心がけましょう。
では、新卒や女性目線で制作するポイントをご紹介します。

・音声を優先する

伝えたい情報が多いと動画にテロップを差し込みがちになりますが、若い世代は文字を読むよりも、聞くことを得意とする傾向があります。なので、視聴者の見やすい動画を制作することを意識し、伝えたい情報は文字よりも音声にした方が印象に残りやすいのです。
音声で情報を伝える場合、社長や従業員のインタビューにすることでナレーションよりもメッセージ性があり、視聴者に親近感を与えます。

・若手社員を出演させる

企業プロモーションは社長など上層部の人間が出てくるケースが多いのですが、企業規模が大きいと「接する機会はない」と思い、あまり魅力に感じていません。
むしろ年代が近い人の方が親近感は湧きやすいので、興味を持つきっかけになるでしょう。

年齢層が高い人ばかりが出演する動画は堅苦しい印象も強くなるので、若い世代にはうけない可能性があります。
歴史の長い企業の場合は風格を感じられる演出も必要ですが、年の近い若い世代も活躍しているというアピール要素を加えてみましょう。

・女性に働きやすさを加える

女性の中には結婚後や出産後も働き続けたいと思う人は多いので、女性が働きやすい環境であるかアピールすることも大事です。
どのくらいの女性従業員が働いているのか業務の様子を映したり、妊娠や復帰後のエピソードを話す従業員インタビューなどの演出を加えたりしてみると良いでしょう。

・チャレンジしやすい環境であるか

若い世代はチャレンジ精神が旺盛なので、自分が成長できる職場であるか重視して選ぶ傾向があります。
成長しやすい環境なのにそれがアピールできていないと、「ここでは成長が難しい」と思われてしまうので、どんなことにチャレンジできるのか伝えられる内容を加えてみてください。

■会社の目標は分かりやすく伝える

企業プロモーションでは会社の目標を明確に伝えることも大事なポイントです。
目標をはっきりさせることで、入社前に会社のイメージを掴みやすくなり就活生の不安を軽減することにつながります。

魅力を伝えることにばかり意識が向かってしまうと、就活生の気持ちに配慮できない動画になってしまいます。
どうしてこの仕事が必要なのか、具体的な目標を誰でも分かりやすく伝える内容を考えてみましょう。

■働く現場のデザインも好印象に映そう

実際に働いている現場が動画の舞台となりますが、就活生はどんな環境で働いているかも気になっているポイントです。
どんなに待遇や目標が良くてもオフィスや工場の印象が悪いと、就活生はそのイメージが強く残ってしまいます。

好印象の現場とは色調豊かな環境です。色数が少ない無機質なデスクでも、カラフルなペンやファイルを置いただけで華やかな印象になります。
また、照明が暗いと雰囲気が悪く見えるので、蛍光灯から明るい白熱灯に変えてみるのも良いでしょう。
環境の印象も人材確保に関わるので現場の環境を見直してみてください。

■企業のための動画が炎上しないようにするには?

動画コンテンツは拡散力があるため良い意味で注目される動画もあれば、悪い意味で炎上してしまう動画も数多くあります。
炎上は会社の印象にも悪影響を与えますし、クレームが多くなればせっかく制作した動画を削除が必要になり、会社の損失にもつながります。

では、企業のための動画で炎上を回避するにはどうすれば良いのでしょうか?炎上を回避する動画制作のポイントをご紹介しましょう。

・動画の内容と広告主旨に適しているか

動画広告では強く印象に残る内容が求められますが、それを意識するあまり広告主旨から外れてしまうと企業プロモーション動画では良い印象を与えません。
「結局何が伝えたいのだろうか」と自社の魅力が上手く伝わらない可能性があります。 そもそも動画広告は「面白かった」で終わらせるのではなく、目標の効果が生まれてこそ成功と言えます。
ターゲットは誰なのか、何のために動画をつくるのか目標を立てて、そえを達成できる動画を作成しましょう。

・制作段階で色々な人の意見を聞こう

炎上しない企業プロモーション動画を制作するためには、制作の時点で色々な人に見てもらい、動画に対する意見を聞いて改善していく対策が効果的です。
すでに完成して動画の場合、一から全てやり直しになってしまい、時間もコストも改めてかかってしまいます。
しかし、制作段階なら比較的に時間とコストをかけずに修正できるので、炎上しにくい動画にすることが可能です。

・年齢問わず好ましい動画であるか

企業プロモーションであれば新卒生や就活生がターゲットになりますが、ターゲット層ばかりを意識するのではなく、どの年代でも好まれる内容にしましょう。
動画はネット上で拡散することができるので、ターゲット以外の年齢層による拡散をきっかけにターゲットに動画が伝わる可能性があります。
ターゲット以外の不特定多数が視聴することを意識してください。

・差別表現をしていないか

現代は男女問わず肩を並べて働ける時代なので、性別の差別や否定的な表現は炎上のきっかけになります。
男女共に視聴しても不快感を与えない内容することを心がけましょう。

■動画・映像を作る時に気を付けたいこと

では、実際に動画を作る際にはどのようなことに注意しなければならないのでしょうか?動画を作る上では、企画・構成においてどのように情報を整理し、まとめていけるかが焦点になります。

【メッセージ・コンテンツをまとめる】

まず1つ目は、動画に伝えたいメッセージやコンテンツを整理することです。様々な情報を適切に整理できていないと、動画を制作していく際に訴求したい内容が右往左往してしまうでしょう。
短く端的に多くの情報を伝えることのできる動画だからこそ、メッセージやコンテンツを整理し、まとめておくことが大切なのです。

【シナリオ構成】

動画を作る際には、会社の様々なコンテンツを当てはめる必要があります。
まず、視聴者にどのような商品・サービスなのかをわかりやすく冒頭で伝えるように組み込みます。

次に、ビジネス展開の経緯や商品・サービスの強みや特徴、魅力などを端的・具体的に表現していくのです。
こうすることで、最後の商品・サービスの魅力を効率良くスムーズに伝えられます。
重要なのは、シンプルに明確な内容に整え、視聴者にインパクトを与えることのできる動画作りと言えるでしょう。

【動画のイメージ】

言葉にすると、伝えたいメッセージは自然と長くなってしまいます。
しかし、伝えたいことをしっかりとガイドしていく手段として動画があることを理解し、商品の部分的な要素とそれに応じたコメント、適切な訴求が必要不可欠です。
画像では伝わりにくい部分を、動画だからこそできる表現で視聴者に伝わりやすくすることが大切です。

■動画・映像の適切な時間を考える

基本的に動画の時間制限はありませんが、より多くの方に視聴してもらうには、適切な時間内にする必要があるでしょう。
動画で何を伝えたいのか、どんなことを動画で観て欲しいのかを明確にすると、それに必要な時間が自然と見えてきます。

また、視聴者の立場に立って、この動画はどれくらいの時間であれば苦に感じることなく見続けることができるかというのも大きなポイントです。
知りたいと思える内容を動画広告にて視聴する場合、2分以内が適切だと言われています。

興味がなかったとしても、2分以内であれば最後まで見続けてくれる可能性が高いのです。
適切な時間内で見続けることができる動画は、配信後も視聴率が高く、集客率も上がっていくでしょう。

2分以内の動画は、文字にするとおよそ600文字以内となり、原稿用紙1枚半分に相当します。
文字数だけで見ると、それほど多くないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に動画が加わるといかに集約していくべきか悩むことも多いでしょう。
動画を作る際には、これらの情報量をどのようにして意識的にまとめていくのかをしっかり見極める必要があります。

■動画制作・映像制作を依頼するとどうなる?

動画制作を依頼した場合、要望を細かくヒアリングし、その内容を基にして制作されていきます。
最初に行う企画によって大きくその後の動画の仕上がりが変わってくるため、要望やアイデアを細かく伝えることが大切です。
制作側は、それらをしっかりと理解して具現化し、音声を付け加えながらより効果的な動画を制作してくれるでしょう。

動画の撮影を行う際には、映像制作に特化した経験を所有するスタッフが担当し、希望の内容を基にして制作していきます。
専用の特殊な機材を使用して撮影することが多く、中には専用の撮影スタジオを完備しているところもあります。
特殊な機材や専用スタジオを設けている所では、よりクオリティの高い動画を制作することができるでしょう。

その後の編集ではコンピュータの技術と活かして、グラフィックや視覚効果の高い映像を実現することができます。
説得力のある動画や、より端的かつ具体的な動画にしたいという場合には、こういったポイントに注意して依頼すると良いでしょう。

■効果の高い動画・映像を制作するには

そもそも動画はその会社の特徴をいかに魅力的に伝え、商品・サービスの宣伝をするかを映像に施すということになります。
会社の印象を左右することにもなるので、視聴者のターゲティングもしっかりと行っておく必要があるでしょう。

年齢・職業・ライフスタイルなど、あらゆるポイントをピックアップして絞り、ターゲットに効果的に動画を視聴してもらうことが利益を生むコツとなります。
企画・構成の段階で、視聴して欲しいターゲット層の興味や関心、利用シーンなどを踏まえて様々な仮説を立て、分析もしっかりと行っておくことが大切です。そのためにも、経験や実績、幅広いノウハウを持つ会社に依頼すると良いでしょう。

■依頼するメリット・デメリットは?

動画を制作会社に依頼するメリットは、すぐにクオリティの高い動画を作ることができるという点が大きいでしょう。
また、安定した利益が欲しいという会社にとっては、自作よりもコストがかかっても依頼した方が効率も上がります。

そもそも撮影場所、専用の機材などを揃えるというのもコストがかかります。
コストパフォーマンスを考慮しても、制作会社に依頼する方がメリットも大きいのです。
質の高い動画を作り、集客率や売上アップを図りたいと考えているのであれば、プロに任せることをおすすめします。

一方で、制作会社に依頼するデメリットはどのようなことが挙げられるのでしょうか?近年では、動画サイトの普及によって動画制作を提供する会社も増えています。
しかし、技術力には大きな差があるため、過去に制作した動画や動画制作の流れなどを確認しておく必要があるでしょう。

また、動画制作に必要とされるコストも制作会社によって異なります。
動画制作にかかるコストは、少なくとも20万円ほどと言われています。ここにCGやアニメーションを加えると、さらに高額になりますが、あまりにも低いコストの場合は、動画の質の低くなってしまう可能性が高いです。

予算の都合上、とにかく安い制作会社でと考えている会社もあるでしょう。
しかし、利益を出す動画を作るためにも、デメリットをしっかり理解しておかなければなりません。

今回は、動画制作を成功させるためのコツとして、意識すべきポイントや制作する際に注意することなどを詳しく紹介してきました。
動画制作において、企画・構成の段階でしっかり整理し、具体的な希望を出すことは大きなポイントになります。
自作・依頼どちらにしても、綿密な計画の基、より効果と質の高い動画を制作していくことが大切です。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>