ブログ

動画広告はどのような業界に向いているのか?

動画広告は紙や看板を媒体にした広告よりも高いプロモーション効果があり、インターネットの普及の影響も受け、たくさんの企業で導入が始まっています。
ネットは拡散力もあるので、動画広告をきっかけに企業や商品・サービスの認知度やエンゲージメント率を効率よくアップできますが、中には広告と相性が悪く成果を出せないケースもあるようです。

一体、どのような業界が動画広告の良さを最大限に活かせるのでしょうか?
相性の善し悪しは効果に強く影響するので、動画広告に向いている業界や業界別の傾向、マーケティングポイントについてご紹介します。

■動画広告に向いている業界をピックアップ

先進的なウェアラブルデバイスは検索ボリューム数が少ないため、販促を目的にしたリスティング広告は不向きです。
広告は商品やサービスによって相性があり、動画広告にも商品・サービスの相性が存在します。
相性が悪ければ、広告やLPを工夫しても高い効果に期待できません。

動画広告は様々な企業で取り組まれていますが、成果が出ている企業は広告のクオリティだけではなく広告と商品・サービスと相性が良かったと考えられます。
具体的にどのような業界に向いているのか、アメリカで動画マーケティングを展開しているadform社が2015年に調査したデータを元に見てみましょう。

■車、スポーツ商品など個人の趣味・興味系

adform社が動画広告のクリック率を調べたところ、最もクリック数が多かったのは自動車やスポーツ商品など、個人の趣味や興味に関する業界でした。
クリック率は0.82%となっており、他の20分野の平均は30%から40%台が多いので、それよりも約2倍を上回る数値です。

個人の趣味や関心、こだわりが重要因子となる業界の場合、たくさんの情報を提供して消費者を納得させる必要があります。
動画は短い時間で多数の情報を要約できるので、動画広告と相性が良いのです。
ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツやBMW、スニーカーやスポーツ関連商品を販売するNIKEなどの企業は動画広告を積極的に導入し、マーケティングの成果を上げています。

■美容・ファッションなどのショッピング系

同調査で美容やファッションといったショッピング系業界は0.67%のクリック率となっており、個人の趣味・興味系に次ぐ割合となっています。
アパレルや美容品はデザインやコーディネート、使用感がプロモーションでは重要なので、静止画よりもメリハリのある動画方がインパクトを与えやすいのです。

■転職やコンサルティング、語学などビジネス系サービス

転職やコンサルティング、語学といったビジネスに関わるサービスはショッピング系よりもやや低い、0.62%のクリック率でした。
こちらもサービスを利用するメリットを消費者が体感するためには、サービスの利用シーンを動画で再現する方法が有効です。
文章や写真では伝わりにくい内容も動画で実際に様子を見ることでイメージしやすくなり、サービスに興味や関心を持つ人、実際に利用したいと思う人が増えやすくなります。

■業界別に見る動画広告の傾向

動画広告と相性の良い業界をピックアップしましたが、各業界はどのような動画広告を制作しているのでしょうか?
業界によって動画広告の特徴や傾向性があります。
この傾向性を理解することも、動画マーケティングを成功させる上で重要なポイントと言えます。

例えば、クリック率が高い自動車・二輪メーカーは最先端技術を屈指した車種を開発しており、市場が拡大傾向にあります。
人生で大きな買い物の1つである自動車は人の好みで選ばれて購入されますが、選定の際にオンライン情報が大きな影響を与えるとGoogleの調査で分かっているのです。

youtubeではたくさんのチャンネルがありますが、自動車を実際に買ったオーナーの体験談を映した動画が人気を博しています。
さらにアメリカでは自動車ディーラーが専門家の目線から自動車を動画でレビューするコンテンツが人気のようです。
乗り心地や機能性などを体験談や専門的なレビューを動画で分かりやすく理解できるため、購入意欲の向上や選定に役立っています。

動画広告ではストーリー性のある動画も人気ですが、自動車業界でも制作されやすい傾向があります。
韓国のヒュンダイ自動車は南極を横断した曽祖父の冒険話をひ孫が車で再現する動画が公開されています。

「車があればどこでも行ける」というメッセージがあり、ストーリーとブランドの自然なつながりは説得力があり、継続的なファンを生むきっかけになっているようです。
また、継続的なファンとの関係維持や構築のために定期的な発信に取り組んでいる傾向もみられます。

■美容業界は個人発信やHow to動画の傾向性

美容業界でキーパーソンとなるのがインフルエンサーです。
ファッションと同じく化粧品には流行があり、インフルエンサーの個人発信が売上に影響すると言っても過言ではありません。

肌質や肌色によって合う化粧品は異なり、さらに上手く使えこなせるか、流行の商品であるかなど様々なリスクを持つ分野なので、口コミを重視されています。
個人発信では商品の良さと悪さの両方を伝えつつ、使い方などを紹介しているので、購入を検討している消費者にとってメリットが大きい存在なのです。

youtubeのチャンネルでは企業と比べて個人発信は登録数が多い傾向にあります。
特にメイク方法など商品の使い方に関するHow to動画は人気があり、動画によっては使用した商品名やURLが掲載されているのでビジネスにもつながりがあるのです。

また、フランスの大手化粧品メーカーのロレアルは個人発信やインフルエンサーの傾向を活かすため、5人のインフルエンサーと共に商品レビューやイベントレポートなどの動画コンテンツを配信しています。
ロレアルは参加者と独占契約は行っておらず、レビューやイベントについて参加者が自由に何でも語れる体制になっています。
消費者の商品に対する本音や仕事に対する誠実な姿勢をアピールすることで、ファンを増やしているようです。

■食品・飲料業界はユニークさブランド価値を重視する傾向

食品や飲料業界は奇抜なキャラクターや有名人や作品などとコラボしたユーモラス溢れる動画広告が多く見られます。
例えば、ペプシコーラで有名なペプシコが発売したエナジードリンクにはマウンテン・デューと果汁、カフェインの3つが組み合わされており、その例えとして犬、猿、赤ちゃんが融合した奇妙な動物が動画に登場しました。
独特なキャラクターにネットでは賛否両論の評価がありましたが、Twitterでは一時的にトレンドに上がるほど話題となり、売上は前年同期比で34%の増加に成功したようです。

他にも商品ではなく、ブランド価値を重視した動画広告も多くみられます。
リオデジャネイロオリンピックが開催される前の7月にアメリカの清涼飲料水・ゲータレードは、陸上のウサイン・ボルト選手の成長ストーリーをアニメーションで公開し、1500万回以上も再生されました。
これは商品ではなく、トップアスリートを支えているブランドだとアピールしているのです。

乾燥スープで親しまれているクノールは味覚が似た初対面の男女を合わせ、目隠しをしてお互いに食べさせる動画を公開していきます。
共通点の味覚を通じて人との関係性ができあがるストーリーは、クノールの価値をポジティブにアピールしており、動画に映った男女の行く先に対する興味や関心からも話題を呼んだそうです。
終盤には自分の好みがわかる自社の診断ページのリンクがつき、動画の影響でアクセス数が200万人以上に突破した成果もあります。

■航空業界はトリッキーな動画や斬新な企画動画の傾向

機内では安全に関する動画が見られますが、各航空会社では乗客が楽しくも機内での安全への認識や理解を高められる動画を公開しています。
バラエティのようなトリッキーでユニークな動画にすることで乗客の注意が集中しやすくなり、さらにSNSへの口コミや拡散で話題になりやすいメリットがあるのです。

また、空の旅をよりリアルに体験してもらえるように、VR動画を制作する会社も増えました。
例えば、KLMオランダ航空はフライト体験を目的にVRゴーグルを提供する企画を実施しました。

VRゴーグルと専用アプリと一緒に使うと機内サービスを視聴し、さらに座席空間を仮想的に体験できるようになっています。
この企画は話題性やエンゲージメントを構築できるメリットがあります。

各航空会社は乗客を巻きこんだイベントを開き、それを動画にしてバイラルマーケティングに成功しているケースもあります。
カナダのウェストジェット航空は冬にクリスマスイベントを開催するのが恒例になっており、その様子が動画で配信されています。

2013年は空港内にあるモニターに映るサンタに欲しい物を告げると、スタッフからサプライズでのプレゼントが渡される企画が行われ、4700万回以上の再生に達しました。
このような温かみのある演出は企業のイメージアップや、利用見込みをアップにつながるでしょう。

■動画広告によるマーケティングを取り入れる際のポイント

たくさんの情報を短時間でユーザーに伝えることができる動画広告をマーケティングに取り入れるには様々なポイントがあります。
動画広告を有効的に、そして成功させるためにもどういった動画を撮影していけば良いのかポイントを解説していくので、これから動画広告を作成していこうと考えている企業や、動画広告の変更を検討している企業の方は参考にしてみてください。

■A/Bテストを実施する

2つの異なるパターンのWEBページをユーザーに利用してもらうことで、動画広告の効果を比べることができるテストがA/Bテストと呼ばれています。
例えば、家庭教師を行っている企業が集客を伸ばすために動画広告を作成した場合、AとBの2つのWEBページを作成することで、どちらの方が集客をより多く見込めるのか判断することができるのです。
そこで、A/Bテストの効果を測定するために活用できるテスト方法を解説していきましょう。

・構成や演出を変えた動画を用意する

違う内容の動画を作る作業には手間が掛かるでしょうが、動画広告を効果的にするためにも、動画の構成や演出などを変えて内容の違った動画を作成しましょう。
最近では低いコストで動画を作成できるサービスも増えているので、大いに活用しましょう。

・文言を変更した画像を用意する

タイトルや商品の紹介、問い合わせボタンなど細かな部分の文言や色を変えるだけでも動画に違いを出すことができます。
工夫を施すことで効果的な動画を作成できるでしょう。

・ターゲットを変えて配信する

動画広告はターゲットを定めて配信することが可能です。
配信メディアを変えることも有効なので、A/Bテストによる効果の測定に役立つでしょう。

■A/Bテストをする際のポイントについて

上記のように様々なパターンで動画を作成し配信をしていきますが、テストを実施する際には大切なポイントもあるので確認していきましょう。

・目標を定めることが大切

動画広告を配信する目的は何なのか、達成させたい目標からぶれないテストを行うことが大切です。
購入や問い合わせなどのCV獲得やブランドや企業の知名度を上げることを目的とするほか、企業や商品の世界観を伝えることができるイメージづけが目標など、企業や商品によって目標は違うので最終的な目標を必ず定めて外れないことが重要です。

・比較する内容は絞って行う

A/Bテストを有効的に活用するために上記のような比較方法がありますが、比較する内容は1つに絞った方が良いでしょう。
演出、文言、ターゲットなど複数の異なる内容を入れて制作し配信してしまうと、どの内容が影響を及ぼしてユーザーの目に止まったのか確認することができません。
なので、1つに絞って作成することが大切となるでしょう。

・ターゲットの選定も大切

動画広告を配信するターゲットを選定することで、より目標に合わせた動画を配信することができるのですが、自分の企業を知らない人、興味のない人、リピーターなど視聴している人によって動画広告に対する反応には違いが出るので、ターゲット選定はしっかりと行う必要があるでしょう。

■動画広告の効果をアップさせるには?

動画広告の中でもYouTubeのインストリーム広告は、最初の5秒が肝心となります。
5秒後にスキップさせないためにも、有効的な動画を作成する必要があるのです。

・メリットをしっかりと伝える

5秒の間に最大限メリットを伝えることで、スキップされたとしても動画の印象を残すことができ、集客や商品の購入率をアップさせることもできます。

・引き込まれる動画を作成する

5秒後にも観たいと思わせるには、やはり引き込まれる内容の動画制作が重要です。
興味を引く内容は絶対条件ですが、続きの気になる動画はスキップをせずに最後まで観たくなる動画となるので効果をアップさせる手段の一つです。

動画広告には向いている業種があるだけではなく、業界によって傾向にも違いがあります。
ですが、動画広告を有効的にするためにも大切なポイントがあるので、自社の動画広告の作成時に取り入れることで目標に近づくことができるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>