ブログ

Vimeoとは?YouTubeとの違いを比較

近年YouTubeを筆頭に様々な動画配信サイトが作られています。
中でも、「Vimeo」は配信されている動画が高品質だということで話題を集めています。

そもそもVimeoとはどんな動画配信サイトなのか、まだそれほど知名度が高いわけではないVimeoになぜ多くの高品質動画が集まるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、Vimeoの特徴やYouTubeとの違い、高品質動画が集まる理由についてご紹介していきましょう。

・Vimeoとは?

まず、Vimeoがどんな動画配信サイトなのか、特徴をご紹介していきます。
VimeoはYouTubeやニコニコ動画などと同様に動画を共有し、視聴できるサイトです。2004年に運営が開始され、これまで多くの動画配信を行ってきました。

Vimeoは設立者であるジェイコブ・ロドウィック氏が考案したもので、videoとmeを合わせた造語となっています。
さらにmovieのアナグラムの意味を持ち、ユーザーが自分自身で作ったビデオを投稿したり、動画を楽しんだりするサイトという意味合いを持っているようです。
こうした意味合いを持っているということもあり、商業作品を転載したり、自分自身が作った動画出なかったりする場合は、投稿を削除されてしまうという特徴を持っています。

日本における知名度は他の動画配信サイトと比べると低いです。その一つの理由として、まだ正式に日本語サイトがオープンしていないことが挙げられます。

Vimeoを利用する場合、まずは登録が必要となります。プランはBasic、Plus、PRO、Businessの4種類です。
最初に登録した時点ではBasicとなっており、その後プランを変更することができます。
それぞれのプランごとに月額料金やストレージ、プライバシー設定機能などが変わってくるので、プラン別の特徴もご紹介していきましょう。

-Basic

Basicは月額料金が掛からないプランであり、ストレージは週500MB、1年間で25GBという最小ストレージのプランになっています。
そこまで動画を見ないという方であれば問題ないかもしれませんが、Vimeoに投稿されている動画をたくさん視聴したいという場合には向いていないでしょう。
お試し感覚で使えるプランです。

動画パス機能やベーシックなサポートは受けられるものの、動画プレイヤーのカスタマイズができなかったり、動画販売も行えなかったりします。
仕事でVimeoを活用したいとなると少し厳しいです。

-Plus

Plusは、月額700円から利用できるプランとなっています。1週間で5GB、1年間で250GB投稿でき、Basicに比べるとストレージ面は大きく変化していることが分かります。
さらに、Basicでは動画変換が順番に変換されていましたが、Plusからは優先的に変換されていくため、投稿する際の時間短縮につながるでしょう。

その他にもプライベートリンクとの共有や動画プレイヤーのカスタマイズが可能です。
ただし、同時アカウント管理ができなかったり、動画販売も行えなかったりします。
そのため動画を販売したい方には向いていません。

-PRO

PROは、月額2000円で利用できるプランです。月額料金が上がった分、Plusよりもストレージは4倍の容量を誇っています。
さらに、PROはプライバシー設定で検索エンジンから検索された時に公開するか非公開にするかを選択できるようになります。

また、PRO以上のプランからはVimeoに投稿した動画の販売が可能になります。
クリエイターやアーティストはPRO以上のアカウントを用意しておくと良いでしょう。

-Business

Businessは、月額5000円でVimeoの全ての機能が活用できるプランとなっています。
1週間における動画アップロードの容量に上限がなく、年間5TBまでとなっているため、多くの動画を投稿できるでしょう。
また、優先的に動画変換されたり、統計データでもエンゲージ数と視聴時間のグラフをチェックしたり、Googleアナリティクスとの統合が可能だったりと、動画で稼ぎたいと考える方にとっては有用なプランです。

さらに、Eメールキャプチャーを使って見込み客を獲得することができ、その中で動画をリンクさせることも可能です。
一般的な活用であればBusinessプランを選ばなくても十分ですが、名前の通りビジネスに活用するのであればこのプランを選択すると良いでしょう。

・VimeoとYouTubeの違い

動画投稿サイトといえば多くの方はYouTubeを思い浮かべるかと思いますが、VimeoとYouTubeにはどんな違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴を挙げながら違いを比較していきます。

-広告の有無

まず一番大きな違いとして、広告の有無が挙げられます。
YouTubeでは動画を視聴する前や最中、視聴後に動画広告が表示されており、動画を検索した際にもPR動画の宣伝が混ざっています。
こういった広告を邪魔だと感じている方も多いのではないでしょうか?
Vimeoの場合広告表示は一切ないため、視聴しやすい動画配信サイトだと言えます。

-Wi-Fi環境の必要度

YouTubeだと容量が大きい動画を視聴する時は、Wi-Fi環境でないと低画質で再生されてしまうことがあります。
これはYouTubeだけではなく他の動画配信サイトでも言えることなのですが、実はVimeoだとWi-Fi環境でなくても高画質の動画を視聴することが可能です。

なぜVimeoだとWi-Fi環境がなくても高画質動画が視聴できるのかと言うと、あらかじめスマートフォンにダウンロードしておき、後から視聴することができるためです。
この機能があることで、自宅のWi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば外出先でも高画質動画が楽しめるようになります。

-クリエイターが作った個性豊かな動画

Vimeoは規約が厳しい反面、プロのクリエイターやアーティストによるクオリティの高い動画が揃っています。
YouTubeの場合は多くの動画が投稿されていますが、中にはクオリティの低い動画も投稿されており、目当ての動画を探す時も一苦労です。
そのため、クリエイターやアーティストが作った、クオリティの高い動画を検索したい場合はVimeoが適しているでしょう。

-公開設定が可能かどうか

YouTubeの場合、動画の公開範囲を決める設定はありますが、Vimeoほど詳細に決められません。
Vimeoの場合は例えばメルマガの会員だけが見られるように範囲を設定できるので、あらゆる場面に使いやすいと言えます。
さらに動画が再生されるサイトまで制限することができるので、動画を販売している方にとってはコピーされる心配も払拭されるでしょう。

このように、VimeoとYouTubeには同じ動画配信サイトでありながら、違いがたくさんあるため活用方法も違ってきます。
それぞれの特徴を踏まえた上で適した活用方法を取り入れてみてください。

・Vimeoに高品質な動画・映像が集まる理由

Vimeoでは高品質な動画が集まると言われていますが、それはなぜなのでしょうか?その理由は上記でご紹介したYoutubeとの違いに鍵があるようです。
では、Vimeoで高品質な動画が集まる理由をいくつかご紹介しましょう。

-広告がない分、ユーザー体験を損なわない

Youtubeでは再生前、または再生の途中で広告が入ることがあります。
これは有料会員に入ることで表示をなくせます。
一方、Vimeoには元々広告配信の仕組みが導入されていないので、視聴を中断されることなく視聴でき、そのおかげでユーザー体験を損なわれにくいことがメリットです。

ユーザー体験とは製品やサービスを使用することで得られる体験を意味しますが、近年は動画を通じて疑似的に体験を楽しむ人が増えています。
しかし、その最中に広告が挿入されるとユーザー体験を損ねてしまいます。
広告がなくなれば視聴に集中できるので、最適なユーザー体験が可能となるので、クオリティを重視する投稿者から指示を得ているわけです。

-オリジナル動画に特化しているので、クリエイティブな動画が多い

Youtubeでは素人が撮影した動画から企業PV、テレビ番組、コメディなど幅広い動画が投稿されています。
Vimeoは規約が厳しいため、オリジナル動画のみ投稿できる使用です。この規制の厳しさも高品質な動画を集める理由と考えられます。

オリジナル動画だけ集まるので、クリエイターにとって活動しやすい場であると言えます。
クリエイターも多くの人に見てもらおうと競争心が生まれるので、クオリティが高い動画が自然と集まるのでしょう。

-転載されにくい

通常、動画を投稿すれば全ての人が視聴できますが、Vimeoは公開範囲や配信するサイトの指定ができます。
Youtubeは動画をダウンロードできるツールが数多く存在するので、高品質な動画はコピーされることが多いです。
個人視聴のレベルなら良いとしても、中には自分が作成したかのように無断で投稿したり、SNSにアップしたりする無断転載もあります。 ネットが身近になったことで色々発信できるようになったものの、著作権に対して無知な人による無断転載に悩むクリエイターは少なくありません。
しかし、公開範囲や再生サイトを指定できるのであれば、コピーや転載のリスクを減らすことが可能です。

公開範囲の限定により収益化も実現できます。例えば、有料メルマガの購読者限定公開や、動画の販売などで収益化可能です。
自分の作品で収益を得たいクリエイターも多いので、活動する場としてVimeoが選ばれるのでしょう。

-モバイル環境で活用できる

高画質な動画は容量が大きいのでモバイル環境だと視聴だとスムーズに再生できず、データ容量もあっという間に制限が来てしまいます。
この理由から、Wi-Fi環境がない場合は低画質再生が一般的でしょう。
一方、Vimeoは動画を一時的にダウンロードし、オフラインで視聴できる機能が備わっています。

この機能によりWi-Fiがない環境でも高画質の動画を視聴できるわけです。
動画視聴は若い世代を中心にモバイル環境に集中しているため、高画質な動画を見てもらいたいクリエイターにとってVimeoはニーズがあります。

・Vimeoの高品質な動画・映像実例

Vimeoではどのような動画が投稿されているのでしょうか?
数ある高品質の中から、おすすめの動画事例をご紹介していきます。

-GRADES – KING

ロンドンに在住する木村太一監督が制作したミュージックビデオです。
こちらの動画は実写とアニメが上手く融合された面白い内容となっています。
舞台は昔ながらの小学校で、勉強中の女の子がテレビを見つけ、それを再生するとアニメが流れ、そのうちに自分にもアニメと同じショットガンが腕に備わります。

廊下に出ると敵が現れ、軽快なダンスを踏みながら少女が倒していくストーリー仕立てです。
イギリス映画祭2015などで数々の賞を受賞しており、コメントでも高評価する声が多く見られます。

-Shinya Kimura - Chabott Engineering

カスタムバイクのビルダーである木村信也さんの短編ドキュメンタリームービーです。
やや暗めの色味が映画に近い雰囲気を出しており、ドキュメンタリー内容とマッチしています。
静と動の表現を上手く使い分けており、メリハリのある表現はクリエイターからも高い評価を得ています。

Vimeoは世界の人々が視聴するのでコメントは英語での字幕表記もされており、海外の人も内容を理解できる動画となっています。
動画ページのコメントではシンプルでありながら、パワフルさもあり、細部までこだわった撮影に素晴らしいと評価されています。

-Onbashira Matsuri, Nagano

長野県諏訪地方で寅と申の年に開催される御柱祭を映したショートムービーです。
動画には巨大な丸太に数人の成人男性が乗り坂から落とす木落としや、同じく丸太に成人男性を数人のせ、太い綱を引っ張り川に落ちる川越しのシーンが映されています。
緊張感あるBGMと海外風ドラマをイメージさせるカメラの視点が魅力的です。

お祭りを盛り上げようと奮闘する男性や子ども、それを見守る地元民の姿が見え、動画を通じてお祭りに参加している気分になるでしょう。
実物を見てみたいと思わせてくれる魅力的な動画です。

・まとめ

今回はYoutubeと比較しながらVimeoについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?
Youtubeにはたくさんのジャンルの動画が投稿されていますが、高品質な動画を視聴するならVimeoがおすすめです。
個人からチームで動画を制作するクリエイターの魅力的な作品を手軽に視聴できます。

広告配信がないのでスムーズな視聴ができ、動画の内容はプロレベルなので見応え抜群です。
中には国内や世界的に活躍する監督やクリエイターも投稿しているので、そのようなプロの動画もスマホやパソコンから気軽に視聴できる点もVimeoの強みです。

日本は無名のクリエイターは評価されない傾向があり、新人クリエイターや無名のクリエイターは活動が難しいと言われています。
しかし、Vimeoならクリエイターが手掛ける高品質な動画のみ集まっているので、プロや新人、無名問わず気軽に投稿し、世界の人々に見てもらえます。

ネットは拡散力に優れているので、誰かが共有すれば知名度を上げるきっかけになるでしょう。
高品質な動画を広告なしで見たい、または自分の作ったオリジナル動画を多く見てもらいたい人はVimeoを選んでみましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>