ブログ

Vtuberとは?動画・映像で収入を得る仕組みとビジネスとしての今後

2017年から一気に話題を集め、現在でも注目されている「Vtuber」をご存知でしょうか?
Vtuberは一般的なYoutuberとは異なる特徴を持っており、場合によってはVtuberにしかできないようなこともあります。

ではVtuberはなぜ注目を集めていて、多くのユーザーから支持されているのでしょうか?
今回は、Vtuberの基本概要や現状、収益を得る仕組みや人気Vtuberまでご紹介していきます。
Vtuberについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

・Vtuberとは?

まずはVtuberが一体何なのか、ご紹介していきましょう。
Vtuberとは「バーチャル(Virtual)Youtuber」の略称であり、CGキャラクターを通してYoutube投稿を行っている投稿者を指します。一般的なYoutuberとは異なり、CGキャラクターを通して様々な動画・映像を投稿することになるので、身バレの心配をせずとも安心してYoutuberとしての活動ができます。

元々CGキャラクターやイラストを通してゲームなどを行う動画は投稿されていましたが、初めて「Vtuber」という言葉が使われ始めたのは2016年の年末から活動している「キズナアイ」をきっかけに用いられるようになりました。
キズナアイの人気が上がってからは動画投稿者の中でもVtuberが注目されるようになり、2017年に入ると「電脳少女シロ」や「ミライアカリ」、「輝夜月」などが活動し、さらなる人気を集めています。

Vtuberはキャラクターも個性豊かで幅広いのですが、投稿されている動画の種類も非常に幅広いものとなっています。
例えば実験・検証を行う内容のものから毎回違うゲストを呼ぶ対談動画、ゲーム実況、歌やダンス動画などが挙げられます。
2018年にはネット流行語大賞として「バーチャルYoutuber/Vtuber」がノミネートされており、金賞を受賞する結果となりました。

また、Vtuberというのは個人で活動している方だけでなく、事務所に所属し企業のバックアップを得て活動しているケースが多く見られます。
例えばキズナアイはActiv8株式会社に所属しており、キャラクターデザインや3Dモデル、モデリング監修などは全て別の作者が存在しています。
さらに投稿されている動画には依頼を受けた企業の商品・サービスをPRするような内容で作られているものもあります。

・Vtuberが注目されている理由

企業の広報としても活躍できるVtuberですが、企業に注目されている理由はいくつか挙げられます。
1つ目は、生身の芸能人やYoutuberを使うよりもスキャンダルにつながるリスクが低いという点です。
芸能人やYoutuberは顔や素性が比較的知られているため、一度スキャンダルが発覚してしまうとイメージダウンにつながり、スポンサー企業にも悪影響を及ぼしてしまいます。

しかし、Vtuberの場合は素性が分かる部分は声くらいで、顔などは明かされないため万が一本人がスキャンダルを起こしてしまっても、事務所やスポンサー企業の影響は少ないのです。
こうしたメリットがあることから、Vtuberをマーケティングに採用する企業が増えてきています。

2つ目は、キャラクター設定の時点で商品を絡めたストーリー展開がしやすいという点です。
Vtuberは現実に存在する人間ではないため、無理にリアルな設定を持ち込む必要はありません。そのため、キャラクター設定に自社商品やサービスを絡めてしまっても問題ないのです。

例えば、ロート製薬が制作した「根羽清ココロ」はドライアイで乾燥肌という設定を持っています。
この設定を活かしてロート製薬の商品を紹介しているのです。さらに、弟が存在しているので男性用アイテムの紹介も可能になります。

3つ目は自由にアバターを作れるという点です。芸能人やYoutuberはさすがに顔やスタイルなどを自由自在に変更できませんが、Vtuberであれば企業の好きなようにキャラクターデザインを作ることができます。
企業イメージに合った見た目にしたり、企業カラーを取り入れたりするなどは、Vtuberの大きな魅力だと言えるでしょう。

こうしたメリットから、企業側はマーケティングにVtuberを活用するケースが増えてきていますが、実はVtuberを演じている、いわゆる「中の人」にとってもVtuberはメリットの大きい存在になっています。
例えば、身バレの心配がないため、学校に通っていたり兼業で動画投稿を行っていたりする人にとっては助かる存在と言えます。

また、Vtuberはキャラクターの外見に個性を出しやすいため、これまでYoutuberとして人気が出なかった方でもある動画や配信をきっかけに視聴者数・チャンネル登録者数を増やすことができます。
このようなメリットがあることから、多くの方がVtuberへの参入を果たしているのです。

・Vtuberが動画・映像で収益を得る仕組み

Vtuberが収益を得る仕組みは、基本的にYoutuberと同じく広告収入によって収益を得るようになっています。
事務所に所属していると事務所や企業を通して中の人に収益が渡るので、個人で行っている方よりも実際は少ない収益になってしまうかもしれません。
ただ、再生数が多ければそれなりの収益は得られます。

Youtubeでは1回の再生につき約0.05円~0.1円稼ぐことができると言われています。例えば、キズナアイの動画で2019年1月30日現在最も再生数の多い動画は、約427万回再生数を記録しています。
仮に1回の再生数につき0.05円発生するとしたら、1本の動画だけで約21万円の収益があったと考えられるでしょう。

これはあくまでも再生数のみの収益であり、他にも投げ銭システムやグッズ展開によって収益を増やすことは可能です。
投げ銭システムとは、YoutubeやShowroomといった一部の動画配信サイトにおいて、生配信中に直接お金を相手に送れる仕組みを指します。
Youtubeでは投げ銭ではなく、スーパーチャットという名称の機能です。

投げ銭システムによって得た収益は、動画配信で得た収益とは異なり事務所を通さないで直接収益となるため、配信に力を入れているVtuberも少なくありません。
もちろん、事務所によっては投げ銭による収益も管理している場合があります。

グッズについては、個人のVtuberよりも事務所に所属しているVtuberの方が展開しやすいと言えます。
既に有名Vtuberではキーホルダーやステッカー、アクリルスタンド、パーカーなど、様々なグッズ展開を行っています。

このような仕組みによってVtuberや事務所は収益を得ています。
Vtuberも注目され人気になれば、将来的に稼げる仕事として紹介されるかもしれません。

・Vtuberの現状

Vtuberはテレビをはじめとした各メディアでも取り上げられており、人気が伸び続けています。
今後も成長が見込まれていますが、Vtuberの現状はどうなっているのでしょうか?
Vtuber数やファン数、企業での活用事例を見ていきましょう。

-現状のVtuber数・ユーザー数・ファン数

株式会社ユーザーローカルの調べでは2018年9月12日時点で、Vtuberの総数が5000人を超えたと公表しています。
同社によると2017年12月から数が増え、2018年3月以降は月間約1000人のペースでVtuber数が増えているとのことです。
2018年1月末の時点では181人であったため、そこから爆発的に拡大したことが分かります。

一方、Vtuberのチャンネル登録ユーザー総数は2018年1月時点で428万人でした。
しかし、同年7月末には3倍以上の1394万人に拡大しています。
この統計から月日が経っているので、登録ユーザー数はもっと増えていることでしょう。

数々のVtuberがいますが、ファン数を最も獲得しているのはVtuberブームのきっかけとなった「キズナアイ」です。
株式会社ユーザーローカルが運営する「バーチャルYoutuberランキング」のファン数を見ると、キズナアイのファン数は2019年1月末時点で242 4447人となっていました。

-企業の活用例と動画例

Vtuberの人気に各企業も注目しており、コラボ動画も展開されています。
どのような企業が活用しているので、動画例と共にご紹介しましょう。

-花王「ワイドハイターEXパワー」の事例

花王は自社商品の「ワイドハイターEXパワー」で月ノ美兎とコラボしました。月ノ美兎はオリジナルキャラをライブ配信できる「にじさんじ」の公式Vtuberです。
清楚で真面目な委員長という設定ですが、マニアックなサブカル知識やトーク・迷言がファンの心を掴んでいます。

花王は「月ノ美兎のバーチャル“生”お洗たく大作戦」というイベントを開催しました。
これは洗濯機になってしまった月ノ美兎と生で話しながら、ファンの萌Tシャツを洗濯し、ワイドハイターEXの効果を実感してもらう内容となっています。
花王の公式チャンネルではそのレポートムービーを公開しています。

-ローソン

ローソンはキズナアイとのコラボを行い、オリジナルグッズの販売や店内放送を行っていました。
東京・大阪・福岡にあるローソンではコラボ店舗を展開し、多くのファンが訪れた様子です。

キズナアイのチャンネルではローソンの店員になりきってコラボの詳細を紹介している動画が公開されています。
またコラボでは抽選会が実施されており、抽選に外れてもオリジナル動画が視聴できるレアな特典が付いていたそうです。

この他にも先程ご紹介したように大手製薬会社の「ロート製薬」では根羽清ココロというVtuberを運営し、原宿系ファッションブランドの「42(FORTYTWO)」は複数のVtuberとコラボした実績があります。現実に存在する芸能人やYoutuberはスキャンダルのリスクがありますが、Vtuberはそのリスクが低いためブランドのイメージを害さないメリットがあります。
さらに、プロジェクトやプロモーションに対応しやすい点も選ばれる理由なのでしょう。

・人気のVtuberの紹介

ファン数のトップはキズナアイですが、他にも「四天王」と呼ばれる4人の人気Vtuberが存在します。
Vtuberは数を増やしているので人気の入れ替わりが早いと思いますが、現時点で人気のVtuberをご紹介しましょう。

-キズナアイ

キズナアイはActiv8株式会社が制作したVtuberで、2017年2月あたりから韓国などでブームになり、日本でも人気が広まっていきました。
2つのチャンネルを持っており、登録ユーザー数は2019年1月時点で述べ360万人以上で、総視聴回数は2億6000万回以上です。まさにVtuberの代表と言える存在です。

人気の理由は森倉円氏が手掛ける可愛らしいキャラクターデザインに綺麗な3DCG、雑談や小ネタ、やってみたなど色々なジャンル動画にチャレンジしているところです。
更新本数が多いところも、動画を待ち望むファンの心を掴んでいるのでしょう。

-輝夜月(かぐやるな)

2017年12月にデビューを果たした人気急上昇中のVtuberです。
銀髪のツインテールが特徴的で可愛らしい見た目ですが、テンションが高く着地点が見えない動画展開が面白いと評判です。
また、たまに男勝りで、まるでおっさんのようなドスの聞いたツッコミがあり、他にはない独特のノリを持っています。

強烈なキャラクターですが、快活や元気さを感じられ、親しみを感じるという声もあります。
声にも特徴があり、一度聞くと何度も聞きたくなるとリピートに拍車をかけているようです。

-ミライアカリ

金髪のサイドテールと青いリボンが特徴的なVtuberで、初音ミクのキャラデザを担当したKEI氏が手掛けています。
人気ゲームFFのディレクターが動画制作に関わっており、その点も注目度を高めた要素になっているようです。

ミライアカリは記憶喪失という設定なので、詳しいプロフィールは明かされていません。
ゲームや音楽を中心に動画を展開しています。
可愛い見た目とは裏腹に下ネタが好きな一面を持ち、またユニークな言動が多さから人気が集まっています。

-電脳少女Youtuber シロ

株式会社アップランドが運営するVtuberで、アイドルを目指す電脳世界の住民という設定を持ちます。
穏やかな雰囲気と優しいボイスが特徴的で、たまに出る天然発言が可愛らしいと人気です。
笑った時にイルカのように「キュッ」と高い声を発するところがチャームポイントです。

定番のトークやゲームだけではなく、英会話など面白い演出で教材系動画も配信しています。
たまにファンも「謎」と声を上げる企画動画を上げており、ユニークな企画にも注目が集まっているようです。

-バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

正式な名前は「ねこます」ですが、「のじゃおじ」や「のじゃロリ」で親しまれています。
狐耳の可愛らしい見た目ですが、声が完全におじさんというギャップが人気に火を付けました。

VtuberはAIキャラクターが話している設定が基本ですが、「みみこ」というキャラクターの体を借りて、ねこます氏が喋っているという設定が他にはない設定です。
設定上、リアルな身の上話が多いのでファンに親近感を与えています。

・まとめ

サブカルチャー文化が浸透している現代では、可愛い容姿で面白いことにチャレンジするVtuberは親和性高い存在と言えます。
海外でも日本のサブカルは人気が高く、動画はインターネットを通じてどこからでも視聴できるので、Vtuberは国内外問わず注目を集めているのでしょう。

注目度の高さから企業やYoutuber同士のコラボも増えています。
10~20代に人気が集中しているので、そこをターゲットにした商品やブランドには最適なコンテンツと言えるでしょう。
現状約5000人のVtuberが存在しますが、ブームは当面続き、ますます数を増やしていくと予想されます。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>