ブログ

若年層向けの動画マーケティングのノウハウとは?

動画マーケティングではターゲティングという部分が非常に重要なポイントとなります。
中でも一番動画を見る世代でもある若年層に向けた動画マーケティングに成功すれば、大きな宣伝効果を生み出し、実際の収益拡大にもつながる可能性を秘めています。

ただ、普通に動画広告を作成してもなかなか若年層には受け入れてもらえない可能性があります。
どうすれば若年層向けに動画マーケティングを成功させることができるのでしょうか?今回は若年層向け動画広告のノウハウについて、ご紹介していきます。

■動画は若年層へのアプローチに最適!

広告に力を入れているにも関わらず、なかなか10~20代といった若年層の顧客を拡大させることができなくなってきているという企業も少なくありません。
現在の若年層はミレニアル世代と言われ、生まれた時からネット環境が比較的整っており、パソコンやスマホなどが使えて当然という世代となります。

ネットを使う環境が当たり前ということは、動画を見る環境も整っているということです。
今ではスマホなどでも手軽に動画が見られるようになりました。そのため、若年層へのアプローチとして動画は最適なのです。

実際、今まで広告のコンテンツとして最適だと言われていたテレビCMは、テレビを見る視聴者の高年齢化、さらに若年層のテレビ離れが進んだことで、若年層に対して効果が若干薄くなってきていると言われているのです。
完全に効力を失ってきているというわけではありませんが、今後若年層をターゲティングした広告は、テレビCMよりも動画広告に流れてくる可能性は否定できません。

商品のアピールする方法も企業側が変えていかなければ、若年層に響く広告を生み出すことが難しくなってきています。
ミレニアル世代をターゲティングするには、まずこの世代の人の特徴を知っておくべきです。

特徴として見られるのは、まず実際に見たり経験したりすることを重要視しており、物欲よりも旅行などの経験に対してお金を使う傾向があります。
また、会社への帰属意識は低い傾向にあり、仕事よりもプライベートを重視する若者が多いです。ブランド志向は低く、ブランド品を買うよりも安くても自分に合ったものを選ぶことが多くみられます。

こうした特徴を見てみると、ブランドや会社という強いものからアピールされたものよりも、自分にとって良いと感じたものにお金を使ったり、評価したりする傾向にあるようです。
いかにこうした共感を得られるかが、若年層向けの動画マーケティングでは大切になってきます。

■若年層に向けてどういった動画制作を行うべきか?

若年層にアプローチをかけるには、コミュニケーションに重点を置いた動画が最適です。
現在の若者はデジタルネイティブやスマホネイティブと呼ばれており、以前の若者とはコミュニケーションの取り方はもちろん、感覚にも違いがあります。

例えば、若者に人気のコミュニケーションツールといえばTwitterやInstagramなどのSNSです。
SNSはオープンなコミュニケーションですが、フォローやフォロワーは限定的な傾向があり、限定した人物に情報を提供したいという心理が見えます。
中には複数のアカウントを使い分ける人も珍しくはありません。

メールの変わりにLINEも普及しています。
LINEでは個人的なやりとりはもちろん、一定のユーザーによるグループトークも可能です。
参加者を制限してやり取りができることも、クローズドコミュニケーションをとりたがる若者の傾向性と言えるでしょう。

以前の若者の間で人気だったのがブログです。
しかし、個人ブログをしている若者は少なくなり、芸能人や有名人のブログを見てコメントを送る人の方が多いでしょう。ブログをする人が減った理由は短文の環境に慣れてしまっていることが考えられます。
Twitterの場合は280文字と短い文章での投稿となります。メールでも以前は長文が集中ですが、LINEではリアルタイムでの会話のように短文やスタンプでの会話が基本です。
つまり、以前の若者と比べて長文を好まない傾向が分かります。

長文を好まないということは、短時間で物事を理解しやすい動画は若者にとってトレンドになりやすいコンテンツです。
SNSでも話題の動画に関しては拡散されやすくなるため、若者のコミュニケーションに引用されやすい動画を制作することが最適なアプローチ法だと言えるでしょう。

■コミュニケーションにつながる動画とは?

・視聴環境に対応したサイズ

若者はパソコンよりもスマホから動画を視聴しやすい傾向があります。
スマホのサイズも以前より大きくなり、横持ちも大変です。

そこであえて縦長の動画にすることで見やすくなることも、再生につながるきっかけとなります。
視聴環境に合った動画を制作しましょう。

・クリッパーの採用

大半は商品やサービスの良いところを伝える内容が多いです。
しかし、若者はブランドのイメージや雰囲気はあまり重視していません。自分が欲しいと思えるものであるかが重要なのです。

クリッパーとは芸能人やモデルがアピールしたいブランドを撮影する方法です。
実際の使用感などを伝えることでリアリティさが増し、視聴者の関心を掴んでエンゲージメントにつなげることができます。

・シェアを意識する

ただ商品説明をしただけではシェアはされにくいと言えます。
面白いからシェアしたいと思わせるユニークさも必要です。

他にも便利や賢いと感じる動画もシェアされやすい傾向にあります。
若者にシェアされることを意識する動画制作をしましょう。

例えば、飲料なら飲料に適したレシピや飲料のアレンジレシピの紹介が考えられます。
ハウツーが向かない商品やサービスの場合はドラマ仕様でのアピールも有効です。

■若年層向け動画マーケティングのノウハウ

若年層ユーザーのスマホシフトが進む中、オンライン動画はさらなる盛り上がりを見せています。
スマホのタイムラインやTwitter、Facebookなどでも動画投稿が当たり前となり、スマホを手にした時は動画を見ない日はないといってもいいでしょう。
このような環境を理由に、動画マーケティングに対する若年層の活用意欲が高まりつつあります。

企業の商品情報をより明確に伝えるために動画マーケティングを採用するWEB担当者も多くなってきています。
そこで動画マーケティングに有効なノウハウについて解説していきましょう。

■動画マーケティングを成功させるためには?

スマートフォンやタブレットなどのデバイス保有率は、2014年の段階ですでに64.7%に達していることがわかっています。
そのうち20~59歳までの男女の保有率は80%以上にも及んでいます。

このスマートデバイスが普及することで動画の閲覧環境が確実に変化し、メディアやプラットフォームでも動画を扱う場面が増え、若者が動画視聴をする頻度や時間が大きく増加してきていることは事実です。
動画マーケティングを成功させるためのポイントもこういった状況をふまえると以下の4つに絞ることができます。

・ターゲットや目的の明確化

動画の活用目的やターゲットを定めます。
認知や関心であればリーチを目的に、理解や共感であればさらにエンゲージメントを強化、比較検討であれば購入をあと押しすることに直結します。

・メッセージ開発/コンテンツ

見込客の興味や関心をとらえ、購買検討を促す動画コンテンツにすることで顧客のリピート・ファン化を左右することができます。

・メディア戦略

トリプルメディアに対してターゲット目的や役割を明確にします。不特定多数に発信し対話や拡散するためのアーンドメディア戦略が有効です。

・効果測定/PDCAサイクル

定量データからの数値分析やアンケートによる定性調査をもとに効果検証を行います。
施策や改善など次につながるメソッドを蓄積していきます。

■掃除機の商品理解を狙った動画施策事例

上記の4つの施策を実行するにあたり以下の3パターンの動画を制作しました。

動画A:掃除機の取り扱い説明
動画B:You Tuber起用のバイラル
動画C:利用シーンに分けたハウツー
これらの施策を行い検証できたことは「バイラル企画はシェア数が圧倒的に多く拡散性が高い」「利用別に分けた商品説明は様々な場面で活用できるといった理解が深まる」といった内容です。
動画Bと動画Cの商品理解を掛け合わせると、より成果につなげることができるという結果も得られました。若年層が目指す動画マーケティングには、データ分析をもとにいかに改善・評価できることがプロセスになると言えます。

■動画マーケティングの割合増加に対応するために

商品の売上げに直接占める動画コンテンツの割合は、従来のインストリーム広告よりもアウトストリーム広告の割合の方が圧倒的に高くなってきていることがわかっています。
ターゲットに合わせたプランニングや新しい動画広告ラインナップ拡張、動画広告技術の新開発を柱に動画マーケティングを提案しています。
若年層や女性をターゲットにした動画広告やアプリなどの商品開発を手がけるためには、データに基づく広告効果やPDCAサイクルの構築が必須となるでしょう。

■若年層を中心とした最新SNSもチェックしましょう

スマートフォンやタブレットが急速に普及されたことでSNSの利用者も爆発的に増えています。
中心的でもあるTwitterやFacebookのほか、LINEやInstagramなどでも若年層に人気のSNSは多くあります。

そして、動画マーケティングでSNSを使用すればさらなる集客効果が期待できるので、近年は多くの企業で若年層をターゲットにした動画広告が配信されているのです。
そこで、若年層に人気のある様々なSNSをご紹介していきましょう。

■自撮りでSNSに投稿できる「SNOW」

タレントやモデルなどもSNOWを利用して撮影した動画や写真をSNSに投稿しているのをよく見かけるでしょう。
撮影した写真や動画に種類豊富なスタンプを貼ったりフィルターで加工を施したりすることで、ユニークで可愛く返信することができるのです。

撮影した写真や動画はSNOWで共有することができるほか、TwitterやInstagramなどほかの媒体に投稿することも可能です。
小顔に見せたり綺麗な肌に加工したりできるので、特に若年層の女性に人気があります。

SNOWは共有できることが最大のメリットなので、動画広告ではその部分を利用することができます。
企業がSNOWとコラボレーションすることで、製品やキャラクターの限定スタンプを利用できるようにすることで、撮影した写真や動画を共有し、拡散させることができるのです。

■中高生に人気の「Mix Channel 」

「ミクチャ」と呼ばれて中高生に大きな人気があり、ユーザーは500万人以上です。
5つのカテゴリがあり、友人やカップル同士で動画を投稿することができ、動画にメッセージやイラストを加えることで独自の動画を作成することが可能となっています。
そんなMix Channelでは2016年から新しいサービスが始まりました。

スポンサードコンテンツ広告と言い、人気のあるユーザーをキャスティングしてモバイル用の動画クリエイティブを制作することが可能なのです。
中高生に向けた商品を船団したい場合には有効的でしょう。

■配信も視聴も無料の「SHOWROOM」

スマートフォンのアプリをダウンロードすることで、動画を生配信することが可能なSNSでユーザーはバーチャルアイテムを有料で贈ることもできます。
一般人からアイドルなどの有名人まで様々な人の配信を視聴することができるので、若年層以外にも様々な世代のユーザーが存在しています。
生配信で紹介した商品を購入することができるテレビショッピングのような配信も行うことができるので、企業の商品などをより知ってもらうことができるほか、販売促進にもなるので活用できるでしょう。

■ライブ配信を行える「Twit Casting」

課金型の配信サービスとなっており、放送をするのは無慮となっています。twitterと連携をしたことでユーザー数も増え、若年層にも人気のあるSNSです。 女性のユーザーの割合が多く、カテゴリに分かれて多くの配信がなされています。配信する側が自分の作品に広告を貼ることが可能なので、人気のある配信者に依頼をすることで、多くのユーザーに企業や商品について興味を持ってもらうことができるのです。

このように、若年層に人気のSNSを活用することで動画広告を配信することも可能です。
ターゲットも絞り込むことができるので有効的でしょう。

若年層に向けた動画マーケティングを行うなら、ターゲティングをしっかりと行い、最新SNSなども活用したマーケティングが重要となります。
自社の商品・サービスを若い世代に向けて発信したいという方は、ぜひ今回の記事を参考に動画マーケティングを行なってみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>