プロモーション動画の活用事例やコスト削減のポイントをご紹介! | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blogプロモーション動画の活用事例やコスト削減のポイントをご紹介!

プロモーション動画は、情報量の多さや訴求力の高さから、販促活動において必須だと言われているツールです。短い時間で情報を的確に伝えられる媒体である動画は、販促効果を高めたい場合に有効な方法のひとつになっています。

販促に有効な方法ではありますが、効果的な活用事例を把握しておかないと思ったような結果が得られない可能性があります。また、プロモーション動画を作成するにはコストもかかるのでそれも踏まえて考えなければいけません。当記事では、効果的な活用事例やコストを削減する方法について解説していきます。

プロモーション動画の具体的な活用事例

プロモーション動画は、様々な場所で活用されています。まずは、効果が期待できる活用場所について解説していきます。

店頭で配信する

作成したプロモーション動画を店頭で流しているケースは増えています。商品棚に小型のモニターを設置し、プロモーション動画を流している場面を目にした経験がある人もいるでしょう。インストア動画と呼ばれており、販促効果の向上を目指して流しています。

インストア動画を採用すると、アイキャッチ効果が高まって購買行動につなげやすくなります。また、それぞれの店に合わせた表示ができること、利用するシーンがイメージしやすくなること、といったメリットも期待できるため有益な手法です。街中だとポスターや看板があって情報が埋もれがちになってしまいますが、インストア動画であれば目に留まりやすく興味を持ってもらえます。

提供している商品やサービスの魅力、使い方などを伝えられるような動画を作成できれば、店員が少なくても顧客満足度の向上へとつなげられる可能性もあります。人員の問題などで十分な接客が難しい場合にも、インストア動画の採用は効果的です。

自社イベントや展示会で流す

BtoB企業であれば、自社で開催するイベントや展示会でプロモーション動画を流すケースも多く見られます。競合となる同業種の会社が出展する展示会では、自社のブースを埋没させないような工夫が必要です。そして、来場している人から興味を持ってもらうためにも、プロモーション動画の活用は効果的です。

大型のスクリーンを使って印象深い映像を流せば、潜在顧客をブースに引き寄せられる可能性があります。商品やサービスを説明する際にも、動画が流れていれば理解が深まりやすくなります。実際に商品を手に取るなどしてもらえば、使用する際のイメージもつかんでもらうことができ、契約や購入につながる可能性も高くなるのです。

イベントや展示会でプロモーション動画を使用するのであれば、周りのブースの音が気にならないような工夫を凝らしましょう。動画の尺は1分以内に収めて、解説のテロップをつけるのがおすすめです。動画の尺が短ければ最後まで見てもらいやすくなり、テロップがあれば周りの音で説明がかき消されても理解してもらえるからです。

営業先で見てもらう

プロモーション動画は、SNSや道外配信サイトで配信するのが一般的です。さらに、営業のツールとして活用している事例もあるのです。営業スタッフが同じプロモーション動画を利用することで、同じ情報をどの顧客にも伝えられるというメリットが生まれます。

既存のやり方では、営業スタッフの知識に頼ることになり、商品やサービスについての情報が同じように伝わっていなかったという状況もあり得ます。しかしプロモーション動画を使えば、誰が営業をしても同じ情報を的確に伝えられ、営業トークのきっかけも作りやすくなるのです。

また、営業でプロモーション動画を使うと、商品説明に労力を割かずに済みます。営業スタッフは顧客との会話や先方が抱えている問題を解決するための思考に集中できます。どのような問題を抱えているか、どのような商品・サービスで解決へと導けるのか、といった点に目を向けられれば、効率的な営業も実現できるでしょう。

プロモーション動画制作のコストを削減するには

プロモーション動画は、内容にこだわるほどコストがかさんでいきます。しかし、宣伝広告費に使える予算はあらかじめ決まっていて、大きな金額になると難しくなってしまうケースもあります。そこで続いては、プロモーション動画制作のコストを削減するためのポイントをご紹介しましょう。

あらかじめ予算を決めておく

プロモーション動画の作成に掛けられる予算をあらかじめ決めておくことは、コスト削減のために押さえておきたいポイントのひとつです。商品やサービスの販促効果を高めることが目的のプロモーション動画であれば、あらかじめ予算を決め、その中でできる最高レベルを目指すようにしましょう。

毎月の売上が1,000万円の商品を例に挙げて予算の割合を考えてみます。売り上げの内5%をプロモーションの費用に充てるとしましょう。広告費用とのバランスを見ながら、プロモーション動画にはどのくらい充てられるのか決めていきます。

毎月50万円のプロモーション費用を捻出できるなら、1年間の予算は600万円です。プロモーション動画を1年に1回制作すると仮定しましょう。そうすると、予算の内10%(60万円)を割り当てられるといったように、予算を配分できます。

撮影のプロセスを最低限にする

プロモーション動画のターゲットやストーリーテリング、方向性の決定など動画制作会社に依頼する前に決められる部分はいくつもあります。もちろん、シナリオの作成やポストプロダクションまで専門的なスキルや知識も必要です。しかし、動画制作における各ステップでどのような作業が行われているのかわかっていれば、自社で対応できる部分も見つけられます。

自社で対応できる部分を請け負うようにすれば、その分コストは削減されます。また、追加で費用がかかるロケは行わないようにする、照明機材の数を最小限に抑えられる屋外を活用する、カメラの台数をできるだけ抑える、といった工夫もコスト削減に効果的です。

自社の従業員をキャスティングし、タレントなどの起用にかかるコストを抑えようとするケースもあります。インタビュー撮影などであれば問題ありませんが、演技が必要となる場合は逆に撮影時間がかかってコストが膨らんでしまう恐れがあります。そのため、動画化したい内容によってキャスティングをどうするのか考えた方が得策です。

徹底的に事前準備をする

予算だけが決まっていても、動画制作会社はどのようなプロモーション動画にすればいいのかわかりません。動画のストーリーテリングなどの事前準備も徹底的に行う必要が合えるのです。そして、制作会社とどのような目的か、どこをゴールとして定めているのか、などを共有しておく必要があります。

プロモーション動画を制作する目的や具体的な完成イメージ、動画の尺、アニメーション(CGを含む)・キャスティング・ロケハン・ナレーションの有無、おおまかな納期は、最低限洗い出しておきましょう。理想形や譲歩可能な部分についても、明らかにしておくとスムーズに進みやすくなります。経験や実績を豊富に有する動画制作会社であれば、目的を達成するためのアドバイスや提案もしてもらえます。

まとめ

プロモーション動画は、販売促進効果が大きい宣伝方法として注目されています。効果的な活用場所を把握していれば、より大きな効果が期待できます。どのような場でプロモーション動画を活用すればいいのか迷っているという場合は、今回紹介した店頭やイベント会場、営業先などでの利用を踏まえた動画を目指すのがおすすめです。

コストを抑えるためのポイントも把握しておけば、予算内で収めやすくなります。実績が豊富な動画制作会社なら、予算の中でより効果が期待できるような動画を生み出してくれます。

依頼先を迷っているのであれば、GJCにお任せください。これまでの実績や培ってきたスキルを駆使し、予算や希望の内容に合わせて適切な提案をさせていただきます。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact