Blogホンダ65周年記念CM Honda「Hands」が海外で話題に

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

海外で話題になっているCMをご紹介します。

それは、Hondaの創業65周年を記念して、イギリスのHondaが制作したCM「Hands」です。
この映像を見ると、Hondaがこれまで歩んできた道のりと、 技術革新により世の中に与えてきた功績を大まかに知ることができます。

内容のはじまりは、手の中にある1つのナット。
それが瞬く間にモーターになると、バイク、自動車、草刈機と歴代の製品、そして、懐かしのロボットの「アシモ」も登場し、次々と変化していきます。
近年の燃料電池電気自動車やロボット、ジェット機に至るまで「魔法の手」、まさに「Hands」は何でも作り出し、好奇心の可能性を感じさせてくれます。
洗練された映像に加えて、ファンには嬉しい細部のこだわりも見逃せません。
例えば、スポーツカー「NSX」の登場シーンでは、開発に携わったアイルトン・セナの故郷ブラジルの国歌が流れたり、車のナンバープレートもセナに贈った「BSS-8888」となっています。

「全ての機械は人の手から生み出される」と言うメッセージが伝わってきます。
コメント欄は「映画のような素晴らしい作品だ」「ホンダのエージェントがまた優れたものを作った」「最高にクール「素晴らしい」「カッコイイ」」と賞賛するメッセージが多数あふれています

以前にもHondaは、「負けるもんか」というCMでも話題になっていました。

技術開発は失敗が99%。新しいことをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。さあ、きのうまでの自分を超えろ。きのうまでのHondaを超えろ。
負けるもんか

CMを通してHondaのメッセージが伝わる良い広告だと思います。

初期費用無料の動画制作は、こちら >>

Honda “Hands”

Honda CM「負けるもんか(プロダクト)篇」

««相場の半額でお見積りします»» 動画制作をご検討の方はこちら

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact