プロモーション動画とは?メリットデメリットと活用事例をご紹介! | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blogプロモーション動画とは?メリットデメリットと活用事例をご紹介!

マーケティングには様々な手法がありますが、近年注目されているのがプロモーション動画を活用したマーケティングです。一体なぜ、多くの企業から注目を集めているのでしょうか?

今回は、プロモーション動画の特性や活用事例などについてご紹介します。動画制作を検討している企業は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロモーション動画が注目されている理由とは?

動画を活用したマーケティング手法が注目を集めている理由として挙げられるのは、インターネットの普及です。これまで以上にインターネットが私たちの身近な存在となったことで、動画を目にする機会が格段に増えました。

以前までインターネットを使用する際は、パソコンを立ち上げるのが一般的でしたが、今はスマートフォンさえあればいつでもどこでも気軽に利用できます。こうした情報媒体の需要変化によって、企業の戦略も変わりつつあるのです。

動画の特性を上手く活かすことで、大きな広告効果が得られるほか、情報をより細かく正確に伝えることが可能になりました。様々な企業が採用しているプロモーション動画とは、動画を通して広告活動を行うことであり、画像やテキストとは異なる特性を持っています。では、具体的にどのような特性を持っているのでしょうか?

プロモーション動画の特性

ここでは、プロモーション動画の特性についてご紹介します。

幅広い表現方法で細かなニュアンスを伝えられる

誰が見てもわかりやすいように伝えるだけではなく、幅広い表現方法を使って細かなニュアンスを伝えることが可能です。映像であれば、画像やテキストでは上手く伝えられないような情報も細かく表現できるため、商品やサービスの良さを伝えやすくなります。

また、動画内で使用する映像やCG、デザイン、BGMなどを工夫することで、他社の商品との差別化を図ることができ、販売促進効果を高めやすくなるというメリットもあります。自社商品に他社との類似商品があった場合、プロモーション動画を活用して広告活動をするのがおすすめです。動画内に利用者の意見を取り入れるなど、ほかにも効果的な演出はたくさんあります。

短時間で多くの情報を伝えられる

1分の動画にはWebサイト3600ページ分の情報量が詰まっていると言われており、文字にすると180万字にも及びます。動画はテキストよりも効率的に情報を取りこむことができるため、短時間でより多くの情報を伝えられるのです。

一般的に、動画広告は15秒、30秒、1分ほどの長さで制作されているものが多いですが、その短い時間でも十分な量の情報を取りこむことができ、しっかりと内容も理解できます。映像や画像、テロップ、BGMを使うことで、より簡潔にまとめられるようになり、多くの人々に商品やサービスの特徴や魅力を認知してもらえるようになるのです。

SNSで拡散・共有されやすい

動画コンテンツは記憶に定着しやすいことから、SNSで拡散・共有されやすい傾向にあります。現在、SNSの普及率は極めて高いため、拡散・共有されることによって幅広い世代の人々に情報が届けられるようになるのです。商品や・サービスの認知度が上がることが期待できるほか、動画の内容による思わぬ広告効果を生む可能性もあります。

繰り返し何度でも使える

パンフレットやチラシといった紙媒体とは違い、動画は繰り返し何度でも使えることが特徴的です。企業のホームページや展示会、営業、イベント、採用活動など、様々なシーンで活用できるため、新たな広告を作る手間が省けます。

一度作ってしまえば、あとはその動画を繰り返し使えば良いだけです。広告費にかかるコストをできる限り抑え、効率良く制作したいのであれば、プロモーション動画の活用がおすすめです。

活用事例をご紹介!

では、実際にプロモーション動画はどのようなシーン・用途で活用されているのでしょうか?ここでは、様々な分野での活用事例についてご紹介します。

学校紹介動画

入学する学校を検討する際、その学校に関する情報を集めることが欠かせません。学校紹介を目的に制作されるプロモーション動画は、学校の雰囲気や業内容、年間行事など、具体的なイメージができるよう、制作されています。

発信されている情報は、入学を検討する上で大切な判断材料となります。また、在籍している生徒たちの授業風景やインタビューを取り入れることで、どのような日常生活を送っているのかが伝わりやすいです。入学前に不安を抱えている子どもたちは多いため、動画を通してより具体的な学校生活のイメージを持ってもらうことは非常に重要です。

ゲーム紹介動画

多くのゲーム紹介動画は、実際にプレイしているシーンを映していることが多く、どのような楽しみ方ができるのが伝えています。購買意識を高める効果があることから、ゲームのプロモーション動画は大きな効果が期待できると言われています。

また、幅広い世代の人々に楽しんでもらえるよう、動画内ではゲームの内容だけではなく、ゲームをプレイしている人に焦点を当てている場合もあります。例えば、イラストゲームだった場合、絵を描くのが苦手でも楽しめるといった趣旨の内容で制作されているようです。より、多くの人々にゲームの魅力を伝えられるように、様々な工夫が施されています。

啓蒙動画

物事の必要性や重要性を伝えるために制作される啓蒙動画は、画像やテキストとは違い、動画を活用することによって高い効果を得られるようになっています。難しそうな内容であったとしても、イラストやテロップを使うことで、多くの人々が理解できるように制作できるのが動画の強みです。

実際に制作されている啓蒙動画では、病気を放置してしまうことの危険性などについてわかりやすく説明しています。身体や精神に違和感を覚えていたとすれば、動画内で紹介されていた項目に当てはまる場合、一度病院で受診してみようと考える人も増えます。

動画制作には注意しなければいけない点がある

プロモーション動画の特性や活用事例を見ると、多くのメリットがあり、様々なシーン・用途で活用されていることがわかりました。しかし、動画制作を行う上で注意しなければいけない点があることを忘れてはいけません。

注目されるようなクオリティの高いプロモーション動画を作るためには、専門的な知識や経験、制作ノウハウが必要になります。十分な技術力がなかった場合、時間やコストをかけて制作したにも関わらず、販売促進効果が得られないケースもあるため、注意しなければいけません。

また、完成した動画のクオリティや内容によっては、見ている人にマイナスな印象を与えてしまう恐れがあります。知識や経験が足りず、クオリティの低い内容になっていたり、不適切な内容が含まれていたりする場合、動画を配信した企業が炎上する可能性もあるのです。

このような事態を回避するためには、動画制作のプロに依頼するのがおすすめです。動画制作を専門としているため、自社で制作するのとは違い、豊富な知識やこれまでに培ってきたノウハウをフル活用できます。

まとめ

今回は、プロモーション動画の特性や活用事例などについてご紹介しました。プロモーション動画の制作を検討しているのであれば、動画・映像制作のプロであるGJCに依頼するのがおすすめです。

GJCはこれまでに、4000社以上の企業の動画制作を手掛けてきた実績があり、満足度も96%と極めて高いことがわかります。専門のデザイナーが在籍しているGJCでは質の高いデザインを実現すると共に、業界相場の半額の費用で依頼することが可能です。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact