Blog動画編集の料金相場は?依頼する際の注意点や費用を抑えるコツも紹介

動画は、人々により多くの情報を伝える際に有効な手段として用いられています。
普段、能動的に視聴する場合もあれば、受動的に目にする場合もあると思いますが、誰でも気軽に配信・制作できるようになった今、動画に触れる機会が増えました。
私たちにとってより身近な存在となった動画を編集または依頼したい場合、どれくらい費用がかかるか気になるという人は少なくありません。
編集にあたって作業時間や費用、期間など、あらかじめ見通しを立てておくことで、スムーズに動画が完成します。
そこで今回は、動画編集にかかる費用相場や、業者に依頼する際の注意点についてご紹介します。
コストを最小限に抑えたいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

動画編集の料金相場とかかる期間

動画を見るという習慣が定着してきていますが、重要なのはコンテンツとして価値があるかどうかです。
見る価値があると思えば、企業が配信している動画であっても再生回数は伸びます。
動画の強みは、一度に多くの情報を伝えられるという点です。
画像や映像、音声を使うことで、人々の記憶に残りやすい、詳細を伝えられるといったメリットがあります。
また、動きで情報を伝えられるという特徴があるため、より分かりやすく価値を訴求したい場合にも適したコンテンツです。
私たちが日常的に目にするマーケティングを目的とした企業の動画は、一体どのように作られているのでしょうか?
動画編集は、自社で撮影した素材を制作会社に納品して、編集作業を行ってもらうのが一般的です。
動画制作において、最も大変なのが編集作業であるため、制作会社に依頼するというケースが増えています。
以下では、内容別に料金相場や期間についてご紹介します。

$編集のみの場合$

時間短縮のために編集のみを依頼する場合、料金相場は動画1本あたり10,000~30,000円といった価格帯になります。
これは、とにかくコストを抑えたい人向けの料金相場です。
編集内容は主に、動画内のテロップ挿入、SE(効果音)の挿入、明るさ調節、BGM挿入、画像挿入などです。
料金は動画の長さに応じて変動が生じるということを把握しておきましょう。
編集のみの場合は、1~2週間ほどで完成します。
また、動画のサムネイルの作成をするかどうかは制作会社によって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

$編集、企画・構成の場合$

撮影以外の作業を依頼するのであれば、50,000~100,000円が相場となっています。
自社で行うのは撮影のみで、あとは動画を通して「何を伝えたいのか」ということをしっかり決めておきましょう。
目的を明確にしておくことによって、視聴者に主旨が伝わりやすくなります。
期間は2~4週間と少し長めですが、企画・構成が加わることで動画のクオリティが向上します。

$編集、企画・構成、分析、運用支援、コンサルの場合$

コンサルを依頼する場合、料金相場は300,000~500,000円以上の価格帯です。
企画や内容に対するアドバイス、チャンネル運用など、コンサルティング業務を行うため、価格が高額になります。
ネット上に動画を公開したからと言って終わりではなく、その後のSNSとの連携など、様々な分析を行うのも制作会社です。
分析した結果を、アドバイスとして伝えています。
他とは違い、動画1本あたりの料金ではなく、月いくら払うのかの月次運用が一般的です。

動画編集を依頼したい場合の選び方

視聴者に価値があるコンテンツだと認識してもらうためには、依頼先を慎重に決めることが重要です。
制作会社に動画編集を依頼したいと考えている場合、どのように選べば良いのでしょうか?
初めて依頼するのであれば、選定基準が分からないという人も多いはずです。
ここでは、依頼先を選ぶ上で重要な項目について解説していきます。

$選び方$

まず初めにしなければいけないのは、各社の料金を比較することです。
広告などで「動画1本あたり○○円から!」と謳っていても、実質必須なオプションとして、追加料金を取られる可能性があります。
実際、当初取り決めた見積りの金額から、どんどん値段が高くなっているといったケースが発生しています。
映像ブームが到来しているとは言え、業界の整備が不十分であることからこのような事例が報告されているのです。
見積りを出してもらう場合は、オプションなどを追加したトータルの料金であることを確認しましょう。
次にチェックしておくべきことは、担当者との相性です。
編集するにあたって何度も打ち合わせを重ねますが、担当者との相性が良ければスムーズに進みます。
打ち合わせの段階で担当者がどのような人物なのかを観察しておくことによって、制作会社を選び直すような手間も省けるので、しっかり確認しておきましょう。
さらに、動画マーケティングに精通しているかどうかも重要なチェックポイントです。
質ではなく、動画マーケティングやビジネス理解に長けているかどうか確認しておくことで、動画による効果がより期待できます。
依頼する制作会社の強みをあらかじめチェックしておき、後悔することのないように対策をしましょう。

動画編集を依頼する際の注意点

情報を発信するコンテンツとして動画の需要が高まってきていることに伴い、編集・制作を行う人々も増加しています。
上手く活用すればマーケティングとして有効な手段ですが、必ずしも効果が得られるとは限りません。
依頼先選びを失敗すると、思わぬトラブルにつながる可能性もあります。
ここでは、制作会社に依頼する際に注意すべき点についてご紹介します。
損がないように、以下の注意点を踏まえて依頼するようにしてください。

$注意点$

依頼する際に気を付けなければいけないのは、動画のクオリティです。
マーケティングに精通した制作会社に依頼する場合は問題ありませんが、フリーランスで活動している場合は、注意しましょう。
動画編集の重要が高まっていることで、フリーランスのクリエイターは増加しています。
しかし、中には経歴を詐称しているクリエイターもいるため、安易に依頼してはいけません。
見極めるためには、打ち合わせの段階で色々な質問をしてみましょう。
また、依頼する作業内容を明確にしておくことも重要です。
動画編集は、依頼する内容によって料金に大きな差が生じるので、必ず作業を細分化してください。
自社のコンテンツを丸投げしないよう、あらかじめ目的を明確にしておき、依頼する作業内容を決めましょう。

動画制作費用を抑えるには

制作費用は低く抑えたいと思う人がほとんどです。
訴求力が高い動画の制作・編集にはそれなりの値段がするとはいえ、安く抑える方法もあります。
では、制作費用を最小限に抑えるには、一体どのようなことをすればいいのでしょうか?
これから始めようと考えている人は、紹介するいくつかのポイントを押さえておきましょう。

$方法$

費用を抑えるためには、撮影場所を固定してみてください。
毎回、異なる場所で撮影すると時間もお金も無駄になってしまうため、非常に効率が悪いです。
撮影場所さえ固定しておけば、あとは企画を考えたり、必要な道具を揃えたりするだけです。
また、撮影場所を固定する場合は、グリーンバックを上手く活用してみてください。
室内での撮影時のみ使用できるものですが、グリーンバックを使うことで様々な背景を設定できるので、動画に変化を与えられます。
他にも、視聴者を増やすために動画のテンプレを作ってみましょう。
パターン化することによって、効率的に動画を運用できます。
更新頻度や公開される曜日など、あらかじめテンプレの構成を考えておくことがおすすめです。
費用を抑えたいのであれば、自社でできる最大限のことをしておきましょう。

まとめ

今回は、動画編集にかかる料金の相場や、制作会社に依頼する際の注意点についてご紹介しました。
作業内容によって料金は異なりますが、費用以上の高い価値を求めるのであれば、動画・映像制作会社のGJCに依頼してみてはいかがでしょうか?
GJCの強みは、徹底した業務効率と制作ジャンルに合わせて人員を配置することによって、コストの抑制、品質の安定化、短納期を実現していることです。
料金は業界最安値となっており、動画制作に関する相談や見積りは無料で行えます。
なるべくコストを抑えて動画編集を依頼したいという人は、ぜひGJCに依頼することをおすすめします。

【下記関連リンク】
https://gjc.me/price/

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact